健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ハーバー研究所 / 平成20年3月期の決算報告


[2008/05/28]
(株)ハーバー研究所(本社東京都千代田区、小柳昌之社長)は28日、平成20年3月期の決算を報告した。 連結での売上高は、110億4200万円で前期より1400万円増。前期比0.1%の微増だった。売上総利益は、86億3700万円で2億1100万円減。前期比で2・4%の減益となった。営業利益、経常利益もダウンし、それぞれ前期比41.3%減の6億8100万円、43.5%減の6億4300万円だった。純利益は2億9900万円で前期比50.9%のマイナス。 伸びが鈍化した要因として、スクワランの原料高騰、それに付随する商品企画の延期などで新規顧客を取り込めなかったことなどをあげた。また、生産設備の大幅増強、研究開発体制の強化、ブランディング戦略の一環として新たな金型へ投資したこと、などにより、売上原価率が2%上昇したことなども響いた。 来期の業績予想(連結)は4.1%増益となる115億円。営業利益は22.5%増の8億3500万円、経常利益は24.3%増の8億円とした。施策としては創業25周年イヤーであり、同社の原点である「スクワラン」を中心に新規顧客の獲得はかり、10万人増をその目標に掲げた。また、メタボリック対策として高機能・低カロリー食品「カリカリクッキー」、ダイエットシェイクなどを積極展開。関連子会社の(株)信州薬品研究所の漢方「瓊玉膏」(ケイギョクコウ)なども販売強化する。
つぶやく
関連ニュース
セ訪日外国人に向け、メディカルフューチャー提供「次世代型血液検査」のサービスを開始/エイチ・アイ・エス
セ「美肌プログラム」を開発し花王と共同展開/メドピアグループ
セ植物由来プラスチックと再生プラスチック包材を使用したエコマーク付き商品(洗剤・コーヒー)を発売/日本生活協同組合連合会
ソ今週のアクセスランキング
1.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
2.6/28機能性表示食品の届出情報(青い瞳《フジワラ化学》)等追加1製品を公表/消費者庁
3.卵白由来プロテイン「EAP-sport PLUS(EAPスポーツ プラス)」を本格展開/セティ
4.しめつけ感軽減と巻きやすさを向上した血圧計が発売
5.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO