健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

日本発芽玄米協会 / 2008年度事業計画を報告


[2008/05/14]
日本発芽玄米協会 / 2008年度事業計画を報告
日本発芽玄米協会(事務局神奈川県横浜市、池森賢二会長)は14日、都内で2008年度の事業計画を報告した。 最初に昨年度の収支決算、事業報告した池森会長は「本当に販売するのが難しい商品」と芳しくなかった2007年度を振り返った。 昨年度は約8000万円を投じ、発芽玄米の普及啓蒙活動を積極展開。さまざまなイベント、プロモーション活動などを通じ、発芽玄米のすばらしさをPRした。着実に認知度もあがり始めたが、販売面では苦戦が続いた。それでも池森会長は「今期は発芽玄米を取り巻く市場環境が良化している」と語り、協会として活動量を増やしていくことを明かした。 具体的には、秋口をメドにした発芽玄米加工食品展の開催、2007年2月に制定した自主規格基準の運用事業の開始、発芽玄米健康ガイドブック普及版の発行と広報活動の強化、現物弁済米の利用促進ならびに代理入札の実施、QRコード等の配布による一般ユーザーとのダイレクトコミュニケーションの実現など、だ。こういった活動強化に伴い、同協会は年会費のアップを決定した。 今年に入り、小麦をはじめとする食料の高騰が加速。米が見直され、発芽玄米も再脚光を浴びつつある。さらにメタボ健診のスタートで、血糖値の改善作用などが報告されている発芽玄米が見直され始めている。 「普及させることが難しいものだが、今はいろいろな状況が変化していく中でチャンスが到来したと考えている。このチャンスを生かし、今期は思い切り普及させたい。ようやくその時期がきたのではないか」と池森会長は、今年度の抱負を力強く語った。
つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
4.「パロアッスル」抗肥満作用の新知見を発表/IHM
5.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO