健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / フラバンジェノールのメタボリックシンドローム改善作用を確認


[2008/04/22]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、本部佐賀県鳥栖市、服部利光社長)は21日、フラバンジェノール(R)のメタボリックシンドローム改善作用をin vivoで確認したことを報告。その結果を第62回日本栄養・食糧学会大会(5月2日〜4日=女子栄養大学坂戸キャンパス・埼玉県坂戸市)において発表する。 フラバンジェノールRは同社の独自素材で、フランス南西部ランド地方に生育する海岸松の樹皮から抽出される機能性食品素材。オリゴメリック・プロアントシアニジン(OPC)を主成分としたポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用や血流改善作用など様々な生理活性を示すのが特徴となっている。 今回同社は、武蔵野大学薬学部 油田正樹教授・嶋田努助教との共同研究でメタボリックシンドローム諸症状を自然発症する遺伝素因を持ったマウス(TSOD※1)にフラバンジェノール(FG)を3%、または5%配合した高脂肪食(HF)を2ヶ月間自由摂取させ(HF+FG3%群およびHF+FG5%群)、体重の推移、内臓脂肪・皮下脂肪重量、血中インスリン濃度をはじめとしたメタボリックシンドロームに関連する項目を測定。そして、これらを指標として、高脂肪食のみを与えたTSODマウス群(HF群)と比較した。なお、対照として普通食(MF)を与えたTSODマウス群(MF群)、および普通食を与えたTSNOマウス(※2)群(TSNO・MF群)を設けた。 その結果、HF+FG3%群およびHF+FG5%群において、HF群と比べて体重増加ならびに内臓脂肪・皮下脂肪蓄積が有意に抑制され、さらに血糖値と血中インスリン濃度の有意な改善がみられた(グラフ参照)。このことから、フラバンジェノール(R)を継続的に摂取することで、メタボリックシンドロームの諸症状を包括的に予防できることが示唆された、としている。 同社では今後もフラバンジェノールの機能性をさらに解明し、メタボリックシンドローム対策商品の開発に注力していく。※1 Tumura,Suzuki,Obese Diabetesnoのそれぞれの頭文字をとった略語.内臓脂肪型肥満や高血糖など、ヒトのメタボリックシンドロームの諸症状に類似した疾患モデルマウスであることから、生活習慣病に関する様々な学術研究に用いられる。※2 Tumura,Suzuki,Non Obeseのそれぞれの頭文字をとった略語。TSODマウスの対処系統マウス。すなわち、メタボリックシンドロームの諸症状を発症しないマウス。

東洋新薬 / フラバンジェノールのメタボリックシンドローム改善作用を確認

つぶやく
関連ニュース
セ鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表
セセティが生体内でグルタチオン産生が出来る乳酸菌「ME-3」を本格展開
セ合弁会社「ニュートリション・バランス」を設立/バリューHR
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
4.サマータイム移行が短期的な脳卒中リスク上昇に関連
5.株式会社二期リゾート/内側から元気に、美しくするメニューのお知らせ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO