健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / 機能性素材“紅麹”でグンゼと事業提携


[2008/03/24]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、本部佐賀県鳥栖市、服部利光社長)は24日、機能性素材"紅麹"に関し、グンゼ(株)(本社大阪府大阪市、平田弘社長)と事業提携契約を締結したことを発表した。 提携により、グンゼが国内自社工場で製造する"紅麹"を使用したトクホ(特定保健用食品)の研究・開発と事業化、および紅麹発酵技術を使用した新商品の研究・開発と事業化の2つを両者が共同で実施していく。 "紅麹"は穀物を紅麹菌で発酵させたもので、昔から発酵調味料などの醸造原料として使用されている。沖縄では「豆腐よう」の製造に欠かせない食品素材として重用される。近年、悪玉コレステロールを減少させる働きや、マイルドな血圧効果作用のあることが臨床試験や動物実験によって科学的に証明されており、メタボリック対応素材として注目を集めている。 グンゼは、1985年に国内で初めて"紅麹"の清浄培養に成功し、同素材の販売を開始。以降、健康食品事業として味噌やパンなどの食品やサプリメントとして研究・開発を進め、販売を拡充している。 東洋新薬は健康食品・化粧品の受託製造にとどまらず、各種高機能性素材の研究開発に注力。また、トクホの許可取得件数は120件と日本一(2008年3月現在)で、そのノウハウを生かした独自のCRO(トクホ開発と臨床試験受託)事業も展開する。今後は、東洋新薬が"紅麹"を使用した商品群の開発・販売を実施していくのみならず、グンゼと共同で研究・開発・事業化を実施することにより、"紅麹"を使用した商品群のさらなる拡充を推進する。
つぶやく
関連ニュース
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
セ介護ストレスをためないために
セインドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
4.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
5.貿易部、オーガニック食品部を設立。原料販売の拡販、オーガニック食品の需要に本格対応/テルヴィス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO