健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / 甘藷若葉末の血糖値上昇抑制作用を確認


[2008/03/17]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、本部佐賀県鳥栖市、服部利光社長)は甘藷若葉末に血糖値上昇抑制作用があることを臨床試験により確認した。同社および(独)農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター機能性利用研究チーム長・吉元誠氏が研究に携わった。日本農芸化学会2008年度大会(3月26日、27日=愛知・名城大学天白キャンパス)で発表する。 実験は20歳以上50歳以下の健常人56人を対象に、ばらつきや思い込みなどの影響を排除するため、ダブルブラインドとクロスオーバーの両試験を組み合わせて実施。甘藷若葉末500mgを配合した粉末を水100mℓに溶かした試験食品、または血糖値に影響を与えにくい原材料を配合し試験食品との区別がつかないようにしたプラセボ食品、を米飯300gとともに被験者に摂取させ、摂取前、摂取後30分、60分、90分および120分の血糖値を測定した。 その結果、血糖値の上がりやすい被験者28人おいて、試験食品摂取時では、プラセボ食品摂取時と比較して米飯負荷後30分の血糖値が有意に低下した(グラフ参照)。 甘藷若葉末は、サツマイモの一種「すいおう」の茎と葉をまるごと粉砕し、粉末化した同社の独自素材。すいおうはサツマイモの茎葉特有のえぐみや苦味を品種改良によって改善した茎葉利用品種で、ポロフェノールを豊富に含むのが特徴。 同社では今後も同素材の機能性をさらに解明し、生活習慣病に対応した商品の開発に注力する、としている。
東洋新薬 / 甘藷若葉末の血糖値上昇抑制作用を確認
つぶやく
関連ニュース
セ男性型脱毛症と低身長に遺伝的な関連
セ3/22 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉[日清ファルマ]等 追加3製品を公表)/消費者庁
セハラール製品の輸送を実施 宗教洗浄した鉄道コンテナを利用/日本通運(日通)
ソ今週のアクセスランキング
1.パパイヤ葉使った健康茶を新発売
2.汗が過剰に出る理由は?
3.東日本大震災にともなう上場企業の被害状況を発表
4.扁桃やアデノイド摘出術後の症状を和らげる
5.植物由来型PETボトルを導入
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO