健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ヤクルト / 湘南化粧品工場に見学施設を新設


[2008/03/17]

ヤクルト / 湘南化粧品工場に見学施設を新設
(株)ヤクルト本社(東京都港区、堀澄也社長)は17日、神奈川県藤沢市の湘南化粧品工場に新設した見学施設を公開した。オープンにすることで化粧品のPRなどを図り、顧客拡大につなげる。総工費は約5億円。4月1日から開放する。初年度の見学者は、7,000人を見込む。 改装した工場は、従来の工場のイメージの概念とは大きく異なる。清潔で美しく、衛生的。徹底して、その部分にこだわっている。作業員の制服は、淡いピンク色で統一され、場内床はワインレッドで、その壁面も白を基調に明るさに満ちている。
ヤクルト / 湘南化粧品工場に見学施設を新設
見学ルートにはパラビオスペースとして、同社の化粧品がディスプレイされ、さながら化粧品売り場の一角のように洗練されている。随所にモニターも設置され、じっくりと作業工程のチェックもできる。大きなガラス越しには、作業員との対話もでき、コミュニケーションがはかれる。 場内に新設されたビューティエンスサロンは、ホテルのラウンジのように落ち着いた雰囲気で、飲み物サービスや肌診断、カウンセリングならびに同社の化粧品の使用感を心ゆくまで体感できる。また、場内は、心地よい香りがほんのりと漂い、ゆったりとした気分に浸れる。
ヤクルト / 湘南化粧品工場に見学施設を新設
同社の村田泰文取締役は「コンセプトは、五感にうったえる、見ていただける工場。安心・安全、清潔などに十分すぎるほど気を使いました。工場らしくない工場を作ったつもりです。石油をなるべく使わないようするなど環境面にも配慮し、さらに周辺の緑化も進めました。多くの方にみていただき、将来的にはライン増設も果たしたい」と改装の意図を説明した。 湘南工場は、化粧品部門のヤクルト原料液部門の本社合併と同時に昭和46年にヤクルト本社藤沢工場化粧品部となったことが原点。平成6年に藤沢工場敷地内に新工場を竣工し、現在の形となった。鉄筋地上3階建てで敷地面積は4,455u。延べ床面積は3,200u。
ヤクルト / 湘南化粧品工場に見学施設を新設
同工場で生産する製品は、化粧水類ではパラビオACローション、リベシィバランスアップローションなど、乳液類ではパラビオACミルクTなど、原料では乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)、ビフィズス菌はっ酵エキスなど。充填能力は、パラビオACローション換算で1日、1万8,000本。なお、見学ルートは最終工程の充填仕上げラインとなる。見学は予約制。

つぶやく
関連ニュース
セサロンの空席をパウダールームに。シェアサービス「AirPowder」提供開始/ニフティ
セ薬用育毛剤(医薬部外品)をアスタリフトから発売/富士フイルム
セ12/8 機能性表示食品の届出情報(ライ麦食パン[イオントップバリュ]等 追加3製品を公表)/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.秋の新色を限定発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO