健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

公取が本年度上半期の景品表示法事件概要をとりまとめ


[2005/11/07]

公正取引委員会は、「平成17年度上半期における景品表示法の運用状況及び消費者取引の適正化への取組」として、平成17年度4月から9月における、景品表示法事件に関してまとめた。これによると、平成17年度上半期の景品表示法事件の処理件数は329件。そのうち、3件が排除命令、27件が警告、残り299件は注意だった。昨年は消費税総額表示に関連して不当表示事件が多発したことから、本年度は対前年同期比では件数は減少した結果となった。 今回、排除命令3件の中で、2件がダイエット食品の不当表示となった。「パーフェクトダイエット」を販売していた日商ストックマネージメント(株)と「BOWS」を販売していたバリアスラボラトリーズ(株)が排除命令を受けている。いずれも景品表示法第4条第2項が適用された。排除命令にいたった理由として、公正取引委員会が当該企業に対し、広告に記載された内容の裏付けとなる合理的根拠を示す資料の提出を求めたところ、前者は期限内に資料の提出がなかった。後者は資料を提出したが、裏付けとなる合理的根拠を示すものとして認められず、今回の処置に至った。 また、公正取引委員会では消費者取引の適正化への取組として、「電子商取引調査員」として一般消費者80名を委嘱、インターネット上の広告表示の常時監視を行っており、その情報を景表法違反事件の発見などに活用している。平成17年度上半期には、これら電子商取引調査員から530件の報告を受け、このうち問題があると認められた15サイトについて、管理者に景表法遵守を啓発するメールを送信したとしている。

つぶやく
関連ニュース
セスポーツニュートリション向けの素材 スポーツ乳酸菌「TWK10」の供給を本格的に開始/蝶理
セ米胚芽由来グルコシルセラミドを関与成分とした粉末顆粒食品による「肌の乾燥が気になる方に適する」特定保健用食品の許可を取得 /ポーラ化成工業
セ1300人が選んだ「2017 年間ベストコスメ 30」決定!〜「コスメニスト」初のベストコスメ特集を公開〜 /全研本社
ソ今週のアクセスランキング
1.強力な酸分泌抑制薬で骨折リスクが増大
2.麻痺ラットが脳からの信号を受けずに再歩行可能に
3.容器包装の食品衛生法への適合の確認結果について
4.化学療法が女性の不妊をもたらす機序を解明
5.インターネットによる医薬品等の広告の該当性に関する質疑応答集(Q&A)について/厚生労働省
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO