健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

NSI / 栗渋皮抽出の機能性原料「マロウア」の昨年半ばからの出荷量が2トンに


[2008/01/10]
NSI / 栗渋皮抽出の機能性原料「マロウア」の昨年半ばからの出荷量が2トンに
NSI(株)(本社東京都千代田区、斉藤充弘社長)の扱う機能性原料「マロウア」の昨年半ばからの出荷量が2トンに達している。健康食品、和菓子、洋菓子、パン、おかゆ、麺などの幅広い用途に採用されているのが、好調な要因だ。 同原料は、国産栗の内皮(渋皮)から特許製法で渋みを取り除き粉末化したもので、"カテキン"、"エピカテキン"などを主成分とする"ポリフェノール"5%以上含有を規格している。糖質分解酵素"α−グルコシダーゼ"や"α−アミラーゼ"の働きを阻害することで糖質吸収を抑制し、結果として血糖値の上昇を抑える。ヒトに対する糖負荷臨床試験で、その効果は明らかになっている。試験内容は、試験前日午後9時から絶食とし、試験当日に空腹時血糖値を測定、その後5名に200gのご飯と同原料の水溶液250mlを、対照群の6名に200gのご飯と水250mlを摂取させ、30分後、60分後、90分後、120分後に血糖値を測定したところ、対照群と比べ血糖値上昇を抑制することが分かった。なお、糖尿病ラットに行った糖負荷試験では、対照群に有意差をつけている。 その他に、栗渋皮ポリフェノールには血管強化、血流改善、動脈硬化予防、高血圧の改善、肝機能の改善、糖尿病の改善、抗炎症作用、解毒作用、強壮作用などの薬理効果があることが確認されている。 原料にはうすいココアのような香りがあり、味もココアやきな粉のような味があるが、製造過程を経るとほとんど無味無臭になるため、どんな食品にも適応しやすい。加工すると赤飯のような色になるため、天然着色料として使用されることもあるという。
NSI / 栗渋皮抽出の機能性原料「マロウア」の昨年半ばからの出荷量が2トンに
安全性は、焼き栗やマロングラッセとして古くからの食経験により担保されているが、『亜急性毒性試験』も行なわれており、安全という結果を得ている。「弊社では国産の栗渋皮を採用することで、より安全性を高めています」(同社・加藤洋一営業担当課長)。 また、入浴料としてアトピー性皮膚炎の患者に行った試験では、1週間後にかゆみや炎症を抑える効果が確認されている。


つぶやく
関連ニュース
セイトコラ コラーゲン低分子ヒアルロン酸 成分量UPでリニューアル/井藤漢方製薬
セ柑橘『媛小春』が肌の保湿関与成分の産生を促進する可能性について発表/東洋新薬
セヨーロッパ社、シーロード・ケイスター社(英国)を取得/日本水産(ニッスイ)
ソ今週のアクセスランキング
1.パパイヤ葉使った健康茶を新発売
2.汗が過剰に出る理由は?
3.クロックス / 疲労を軽減するシューズ「クロックス」を健康分野に訴求
4.低糖質・プロテイン飲料「キリン ライザップ プロテインボトル」を発売/キリンビバレッジ
5.サントリー / 第60回日本栄養・食糧学会大会で各種発表
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO