健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

シード・プランニング / メタボとアンチエイジング対策食品調査書を発行


[2008/01/10]
調査・コンサルティング会社の(株)シード・プランニング(本社東京都台東区、梅田佳夫社長)はこのほど、「機能性食品素材総合調査―メタボリックシンドローム編」と、「同―アンチエイジング編」を発行した。 同書は、機能性食品素材取り扱い事業者60社を対象にヒアリング調査を行い、市場の現状と将来展望を探ると共に、メタボリックシンドローム対策食品素材40とアンチエイジング対応食品素材35の市場規模とメーカーシェアを明らかにしたもの。売り上げ上位素材は、(1)錠剤やカプセル状のサプリメントだけでなく、飲料や一般加工食品にも利用可能、(2)体感性が良く、効果が分かりやすい、(3)トクホとして表示可能な素材であることが特長だ。 メタボリックシンドローム対策食品素材の1位は、100億円を超える売上高と推計される「大豆タンパク」と「難消化性デキストリン」。次いで、トクホ素材として"水溶性食物繊維"の補給ができる「ポリデキストロース」や一般的に認知度の高い「DHA」、「EPA」、「PDA」などとなっている。 アンチエイジング対策では、1位が「コラーゲン」で、体脂肪抑制効果が期待される「茶カテキン」、「ブルーベリー/ビルベリー」、「コエンザイムQ10」、「ヒアルロン酸」と続く。 今後、ヒットが予想される素材としては、"ポリフェノール"含有量が高く、強力な抗酸化作用を持つベリー類「アロニア」、生活習慣病予防の"α‐リノレン酸"、ガン予防の"リグナン"を含有する種子「アマニ」、インド伝承医学で用いられるメタボ素材で美容効果も期待できる「ニーム」、記憶力・認知力向上が期待できるインド伝承医学素材のハーブ「バコバ」、パプリカ由来色素で、加齢黄班変性症、白内障などに効果がある「ゼアキサンチン」、天然の抗酸化剤として、アンチエイジング用途での利用が期待されている「パーム由来トコトリエノール複合体」を挙げている。 税込み価格は、1冊・13万2300円、2冊セット・23万6250円。
つぶやく
・関連ニュース
医薬品成分を含有する3製品について/東京都福祉保健局
『米肌』から薬用美白化粧品を発売/コーセープロビジョン
12/7 機能性表示食品の届出更新(ブラックジンジャーEX(ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン)《丸善製薬》)等[追加8件 / 合計1,618件]/消費者庁
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.1日11時間以上座る人では死亡リスクが40%以上増大
3.ストレスチェック義務化に対応したメンタル対策強化支援サービスを開始/キヤノンマーケティングジャパン
4.FDAが手の除菌剤の安全性を問う
5.日本初の”体形百貨店”をオープン
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO