健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

日清食品 / トクホ「キトサンヌードル」販売好調


[2007/12/26]
日清食品 / トクホ「キトサンヌードル」販売好調
日清食品(株)(本社大阪府大阪市、安藤宏基社長)の扱うトクホ「キトサンヌードル」の2007年度売上高が、対前年度比2ケタ%増となる見込みだ。なお、同製品のうち、「タンメン」は、「ケンコーコム」の売れ筋ランキング20位にランクインした実績もある。販路は、ドラッグストア、他社ネットショップ、他社カタログ通販。 同社では、売上高が伸びている理由について、「人間ドック協会によれば年々高コレステロールの人が増えており、2006年度には異常者頻度が25%を超えている。また、子供の頃からラーメンを食べていた世代がコレステロールを気にする年代になったのではないか。来年4月からのメタボリックシンドロームの特定健診・保健指導に向けて、コレステロール対応トクホの市場はますます拡大するのではないか」(同社マーケティング部・第7グループ・森貴芳ブランドマネージャー)としている。 同製品は、"キトサン"1000mgを麺に練りこんだもの。"キトサン"とは"食物繊維"の1種で、コレステロールの原料となる胆汁酸の吸収を抑え排泄を促すもの。胆汁酸が不足すると体内の余分なコレステロールが使用されるため、結果的にコレステロールを下げることになる。"キトサン"は+に帯電しており、胆汁酸は−に帯電していることから、結合しやすい。また、胆汁酸が排泄されることで脂肪吸収を抑えるため、ダイエットにつながる。実際に行った1日1食同製品を摂取する臨床試験では、平均238mg/dlであった血清コレステロール値が3週間後に平均209mg/dlの正常値まで落ちたことが明らかになっている。 さらにノンフライ麺にすることで、カロリーを200kcal以下に抑えた。同社の代表製品である「カップヌードル」のカロリーは364kcalだという。塩分も抑えている。味は、チキン・ポークエキスや香辛料の組合せで、多少あっさりして感じられるものの、美味しく仕上がっている。 「コレステロールを抑えるためには毎日摂取することが必要だが、ラーメン好きでも毎日は飽きてしまう。コレステロールを気にしている人がラーメンを食べたい時に摂取してもらえばいいとも考えている。今日は、コレステロール対応の清涼飲料水のトクホ、明日はコレステロール対応のビスケットのトクホ、明後日は弊社製品というように、トクホの組合せの中で摂取してもらえれば良いと思う」(同)と話す。また、ダイエット目的で摂取している人も多い中、、「カロリーが低いので、おかずなど他の食品と組み合わせてバランスよく食べてほしい」(同)としている。 種類は「タンメン」と「しょうゆ味」の2種類。「タンメン」の方が人気だという。税込み価格は、190円。
つぶやく
関連ニュース
セ訪日外国人に向け、メディカルフューチャー提供「次世代型血液検査」のサービスを開始/エイチ・アイ・エス
セ「美肌プログラム」を開発し花王と共同展開/メドピアグループ
セ植物由来プラスチックと再生プラスチック包材を使用したエコマーク付き商品(洗剤・コーヒー)を発売/日本生活協同組合連合会
ソ今週のアクセスランキング
1.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
2.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
3.しめつけ感軽減と巻きやすさを向上した血圧計が発売
4.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
5.卵白由来プロテイン「EAP-sport PLUS(EAPスポーツ プラス)」を本格展開/セティ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO