健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

大正製薬がトクホ製品の粉末スティックを発売


[2005/10/31]

大正製薬がトクホ製品の粉末スティックを発売
大正製薬(株)(本社東京、上原明社長)は24日、特定保健用食品「グルコケア粉末スティック」の販売を開始した。同製品は難消化デキストリン配合で、食後の急激な血糖値上昇を抑えるのに適している。 同社では従来、2003年3月に清涼飲料水「グルコケア」を缶入りで、さらに今年2月にはペットボトル入りを発売し、シェアを伸ばしてきた。今回は携帯の利便性に着目し、粉末スティック化に踏み切ったという。 同製品の特徴としては、風味を重視している点があげられる。ターゲットとなる50代から80代に馴染みのある緑茶と玄米茶で味付けし、従来品でも好評だった風味をさらに改良するため、茶葉の産地を静岡県に限定、風味に優れる一番茶・二番茶のみを使用した。その理由として、同社リビタ事業推進室・真沢和良室長は「生活習慣病対応商品に対して消費者が求めているのは、効果はもちろんのこと、毎日続けられるかどうかという点が大きい。そのため、味には十分なこだわりを持って仕上げており、特にお湯に溶かした際には香りも楽しめる」と、述べている。 トクホ申請時の試験では、成人28名を2群に分け、対照群に「グルコケア粉末スティック」を、プラセボ群には普通の粉末緑茶をのませながら食事を摂取させ、30分後、1時間後、2時間後にそれぞれ血糖値を測定した。その結果、各時間において粉末緑茶摂取群に比べ、食後血糖値の上昇が有意に認められた。1ヵ月の摂取後に、ヘモグロビンA1c(赤血球のヘモグロビンに糖が結合した糖化ヘモグロビンのこと。平均的な血糖値の指標となる)が減少したことも確認しており、店頭ではその点も訴求していくという。 販売先は主に薬局・薬店ルートだが、スーパーなどからの引き合いも多く、それら200店舗への配荷も予定している。内容量は30包(約10日分)で2,940円(税込)。初年度の販売目標額は2億円としている。

つぶやく
関連ニュース
セ「α(アルファ)の輝」が機能性表示食品として受理/シンギー
セ植物由来の原料を使用した「バイオマテックインキ」を開発/大日本印刷
セ「豆乳とミルク バナナミックス」を発売/森永乳業
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.野菜と1日分のビタミンをおいしく補給できる「1日分のSTICK」
3.3/16 機能性表示食品の届出情報(歩くチカラ[ハルメク]等 追加5製品を公表)/消費者庁
4.エステティック ミスパリ JTBと取次提携開始
5.胃薬で消化管感染症リスク上昇
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO