健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ユーグレナ / テレショップで健康食品「ユーグレナピュア」を20分で完売


[2007/12/14]

ユーグレナ / テレショップで健康食品「ユーグレナピュア」を20分で完売
(株)ユーグレナ(本社東京都文京区、出雲充社長)は11月末に行われたテレショップ番組で20分間で健康食品「ユーグレナピュア」3400個を完売した。販路は、テレショップのほか、薬局・薬店、エステサロンなど。通販会社のOEM製造も行っている。 同製品は、動物と植物の中間的生物である微生物“ユーグレナ”を主成分とする。その豊富な栄養素から、NASAが宇宙食として研究を重ねている。“ユーグレナ”には、不必要なものを排泄し、豊富な栄養素を補給するという2つの働きがある。 不必要なものを排泄する働きを担うのは、難消化性であり、β‐グルカンの結合体である高分子多糖類“パラミロン”と“クロロフィル”と“含硫アミノ酸”だ。“パラミロン”は、細かいミクロの孔を無数に持ち、水や油やコレステロールを吸着して排泄する働きを持つ。結果として、中性脂肪が減り、内臓脂肪面積が減り、便秘が改善される。実際、ネズミのエサにコレステロールと一緒に“ユーグレナ”を混ぜて与えた大阪府立大学・中野長久名誉教授の実験では、コレステロールの吸収が抑えられたことが分かっている。一方、有害重金属を排出するデトックス効果を持つのが“クロロフィル”と“含硫アミノ酸”だ。 含有する栄養素は、“ビタミンC”・“βカロテン”・“ビタミンB”群・“葉酸”・“ビタミンE”など“ビタミン”9種、“リン”など“ミネラル”8種、必須アミノ酸8種を含む20種類の“アミノ酸”、血液サラサラ効果を持つ“DHA”・“EPA”などの不飽和脂肪酸。特に“ビタミンE”は最も活性の高い天然型αトコフェノールなので、高い抗酸化力を持つ。 これらの2つの働きの結果、結果的に生体機能が調整され、基礎代謝が上がり、“アディポネクチン”(肥満や動脈硬化が進むと分泌が減る善玉物質)濃度が上がるという。実際、銀座サンエスペロ大森クリニックの大森隆史院長が行った男女6名に1ヵ月間“ユーグレナ”を摂取させた試験では、4名に血中の“アディポネクチン”濃度が高くなったことも判明している。 さらに、高年齢の女性をターゲットとしていることから、更年期障害のバランスを整える成分として、“ローヤルゼリー”、“コンドロイチン”、“月桃葉エキス”、“ビール酵母”を配合した。
ユーグレナ / テレショップで健康食品「ユーグレナピュア」を20分で完売
愛用者からは、「1〜2ヵ月で3kg痩せた」、「便通が良くなった」、「朝の目覚めが良くなった」、「貧血が治った」、「疲労感が無くなった」、「男性機能が改善した」などの声が寄せられている。 なお、同製品は、二酸化炭素を酸素に変えるという“ユーグレナ” の地球温暖化を防止する点が評価され、雑誌「ソトコト」主催の「2007年ロハスデザイン大賞」を受賞している。 税込み価格は、90粒入り・6825円、2本セットで1万2600円。

つぶやく
・関連ニュース
漢方理論と現代の栄養理論を融合させた「漢方健康食品」を健康博覧会で紹介/シンギー
微細藻類ユーグレナ粉末もしくはパラミロン粉末の継続摂取による非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の肝臓における線維化抑制を示唆する新たな研究結果を確認/ユーグレナ
サプリ「メディカプラス ビフィズス菌&乳酸菌」を発売/ユーグレナ
・関連ワードで検索
ユーグレナクロロフィルβグルカン健康食品
・今週のアクセスランキング
1.効果的な減量プログラムを見つける方法
2.「5-アミノレブリン酸と鉄の摂取による運動効率の上昇効果」研究論文発売/SBI
3.ココアが牛乳の腸内水素産生量をコントロール 研究結果発表/森永製菓
4.特定商取引法違反の連鎖販売業者(IPSコスメティックス)に対する業務停止命令(3か月)及び指示について/消費者庁
5.『機能性植物が秘めるビジネスチャンス 〜各社事例から学ぶ成分向上手法/事業活用例〜』3月末に発刊/情報機構
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO