健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

厚労省 / 「第4回『健康食品』の安全性確保に関する検討会」を開催


[2007/11/28]
厚労省は28日、「第4回『健康食品』の安全性確保に関する検討会」を、東京・厚労省内で開催した。 議論は、日健栄協が提出した「『いわゆる健康食品』の安全性評価ガイドライン(案)」に集中した。案では、原材料に食経験が無い場合、文献調査をすることとしているが、委員からは「文献情報が少ないのではないか。また、文献調査を行う人物の能力も問われる」、「FDAが文献調査を行っているが、大変難しい。文献調査の最低限のガイドラインを作るべきではないか」といった意見が出た。これに対し、委員でもある日健栄協の林裕造理事長は、「本当に新しい原材料は少ない。また、原材料によって最低限の文献調査は異なる。文献調査のガイドラインを作ることはできない」と反論した。 また、「実行性は担保できるのか。モラルの問題もある」という委員の意見も多かった。これに対し、別の委員からは「単なるガイドラインではダメだ。透明性を確保するために、第三者に開示するシステムが必要ではないか」とするという意見が出た。さらに、案では有害成分が含まれている場合、安全性試験を実施するとしているが、「原材料に有害成分が含まれているなら使わないべきではないか」という意見が出たが、林理事長は「有害成分は製造工程で取り除くことができる」とした。 健康食品の定義にも議論が集まったが、事務局が「錠剤、カプセル状など濃縮したものを重視しなければならない」と回答した。その他、ガイドラインに「品質という概念を盛り込むべき」という意見には、林理事長が「品質規格は日健栄協で行っている」と答えた。 その他、「消費者が分かる安全性の表示の第三者認証が必要なのではないか」という意見が出た。
つぶやく
関連ニュース
セ6/28機能性表示食品の届出情報(青い瞳《フジワラ化学》)等追加1製品を公表/消費者庁
セ卵白由来プロテイン「EAP-sport PLUS(EAPスポーツ プラス)」を本格展開/セティ
セ睡眠不足による肌あれの原因を解明/ポーラ化成工業
ソ今週のアクセスランキング
1.インドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
2.風邪のつらさで眠れないとき
3.6/16 機能性表示食品の届出情報(ローヤルQ10ゴールド[日東メディック]等)追加6製品を公表/消費者庁
4.週1時間程度のわずかな運動でも大腸ポリープを予防する
5.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO