健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

厚労省 / 「第4回『健康食品』の安全性確保に関する検討会」を開催


[2007/11/28]
厚労省は28日、「第4回『健康食品』の安全性確保に関する検討会」を、東京・厚労省内で開催した。 議論は、日健栄協が提出した「『いわゆる健康食品』の安全性評価ガイドライン(案)」に集中した。案では、原材料に食経験が無い場合、文献調査をすることとしているが、委員からは「文献情報が少ないのではないか。また、文献調査を行う人物の能力も問われる」、「FDAが文献調査を行っているが、大変難しい。文献調査の最低限のガイドラインを作るべきではないか」といった意見が出た。これに対し、委員でもある日健栄協の林裕造理事長は、「本当に新しい原材料は少ない。また、原材料によって最低限の文献調査は異なる。文献調査のガイドラインを作ることはできない」と反論した。 また、「実行性は担保できるのか。モラルの問題もある」という委員の意見も多かった。これに対し、別の委員からは「単なるガイドラインではダメだ。透明性を確保するために、第三者に開示するシステムが必要ではないか」とするという意見が出た。さらに、案では有害成分が含まれている場合、安全性試験を実施するとしているが、「原材料に有害成分が含まれているなら使わないべきではないか」という意見が出たが、林理事長は「有害成分は製造工程で取り除くことができる」とした。 健康食品の定義にも議論が集まったが、事務局が「錠剤、カプセル状など濃縮したものを重視しなければならない」と回答した。その他、ガイドラインに「品質という概念を盛り込むべき」という意見には、林理事長が「品質規格は日健栄協で行っている」と答えた。 その他、「消費者が分かる安全性の表示の第三者認証が必要なのではないか」という意見が出た。
つぶやく
関連ニュース
セアルマード社とヘルスケア市場での開拓に向け業務提携基本合意書を締結/大幸薬品
セ機能性表示食品「スリープケア」を発売/新日本製薬
セスーパーフードのピザとサラダを発売/フォーシーズ(PIZZA-LA)
ソ今週のアクセスランキング
1.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
2.顆粒タイプでは初のプロテオグリカン含有健康美容ドリンクを新発売
3.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
4.たんぱく質&食物繊維入り「ヘルシースナッキング」ブランドを展開/森永製菓
5.毛穴のカリスマ開発の乾燥肌の救世主新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO