健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / 「葛の花エキスTM」のヒト試験による抗肥満作用を確認


[2007/11/19]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、服部利光社長)は、御茶の水女子大学生活環境センターの近藤和雄教授との共同で、「葛の花エキスTM」のヒト試験による抗肥満作用を確認し、10月19〜20日に開催された「第28回日本肥満学会」で発表した。 「葛の花エキスTM」は、葛の花部から抽出した同社の独自素材で、主に7種の"イソフラボン"と3種の"サポニン"を含有している。 試験は、20歳以上65歳未満の成人男女のうち、BMI24以上かつ胴囲が男性85p以上、女性90p以上の59名を4群に分け、「葛の花エキスTM」300mg、200mg、100mg、または対照食品を、それぞれ毎日8週間摂取させた。さらに摂取期間中、男性は2650kcal/日、女性は2300kcal/日を超えないように食事指導を行いながら、摂取前、摂取4,8週間後にBMIの測定を行った。 その結果、「葛の花エキスTM」300mg摂取群では4週目以降、対照食品摂取群と比べ有意に低下し、200mg摂取群、100mg摂取群、及び対照食品摂取群では、減少傾向が見られた。さらにCTスキャン解析から、300mg摂取群では全体脂肪面積と皮下脂肪面積の変化率において、有意な減少が観察され、内臓脂肪面積では用量依存的な減少傾向が見られた。以上の結果から、「葛の花エキスTM」の継続的な摂取による抗肥満作用を確認した。
つぶやく
関連ニュース
セ産学連携の共同開発でインフルエンザの予防効果のあるシナモンを使用したマスクの開発に成功、実用化へ/常磐植物化学研究所
セ独自素材 パセノール[TM] 化粧品原料 販売開始/森永製菓
セ機能性表示食品「毎朝ヒスチジン」を新発売/味の素
ソ今週のアクセスランキング
1.東京大学との連携協定締結について/東洋新薬
2.機能性表示食品「アラプラス 糖ダウン」発売/SBIアラプロモ
3.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
4.東京大学との連携協定締結について/東洋新薬
5.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO