健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / 「葛の花エキスTM」のヒト試験による抗肥満作用を確認


[2007/11/19]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、服部利光社長)は、御茶の水女子大学生活環境センターの近藤和雄教授との共同で、「葛の花エキスTM」のヒト試験による抗肥満作用を確認し、10月19〜20日に開催された「第28回日本肥満学会」で発表した。 「葛の花エキスTM」は、葛の花部から抽出した同社の独自素材で、主に7種の"イソフラボン"と3種の"サポニン"を含有している。 試験は、20歳以上65歳未満の成人男女のうち、BMI24以上かつ胴囲が男性85p以上、女性90p以上の59名を4群に分け、「葛の花エキスTM」300mg、200mg、100mg、または対照食品を、それぞれ毎日8週間摂取させた。さらに摂取期間中、男性は2650kcal/日、女性は2300kcal/日を超えないように食事指導を行いながら、摂取前、摂取4,8週間後にBMIの測定を行った。 その結果、「葛の花エキスTM」300mg摂取群では4週目以降、対照食品摂取群と比べ有意に低下し、200mg摂取群、100mg摂取群、及び対照食品摂取群では、減少傾向が見られた。さらにCTスキャン解析から、300mg摂取群では全体脂肪面積と皮下脂肪面積の変化率において、有意な減少が観察され、内臓脂肪面積では用量依存的な減少傾向が見られた。以上の結果から、「葛の花エキスTM」の継続的な摂取による抗肥満作用を確認した。
つぶやく
関連ニュース
セカロリーコントロールに!サラシアと桑の葉サプリ「ハイパーローカボ」を発売/ECGエステコスメグループ
セ清拭や手浴・足浴の日にも使える介護用入浴液/白元アース
セ独自成分(HTCコラーゲン)を配合したサプリを発売/ファンケル
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
4.新設・再生医療用培地製造工場を竣工/日水製薬
5.「90分でわかる腸・脳の健康講座」を開催/ビーアンドエス・コーポレーション
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO