健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

公正取引委員会 / 「もろみ酢の表示に関する公正競争規約(案)」、賛成多数で設定される見込み


[2007/11/15]
公正取引委員会は15日、「もろみ酢の表示に関する公正競争規約(案)」の新規設定に関する公聴会を開催した。 同案は、「もろみ酢公正取引協議会準備会」(平良正諭輝会長)が起案したもので、もろみ酢の(1)原材料名や保存方法などの必要表示事項、(2)沖縄を連想させる表示を行う場合の特定事項の表示基準、(3)「天然」「特選」などの特定用語の使用基準、(4)公正マーク(会員証紙)の表示、(5)食酢であるかのような表示をすること、「ダイエット」「スリム」「○○病の予防に」「血液サラサラ」など不当表示の禁止を定めたもの。 公聴会では13人が公述し、新規設定に関し、日本食品添加物協会の佐仲登氏の反対意見を除き、12名が賛成を表明した。ただし、「天然」「自然」の表示については、厳しい意見が続出した。案では、「天然」・「自然」に類似する用語は、「商品中に含まれる"クエン酸"の全てがもろみ酢原液由来のもの」であれば表示できるとしているが、特定非営利法人 東京都地域婦人団体連盟生活環境部・飛田恵理子副部長は「原液100%の製品に限定すべき」、全国食酢公正取引協議会・井上陽一郎事務局長は「明確な根拠が必要」、法政大学法学部・岸井大太郎教授は「禁止すべき。もしくは限定することが必要」とした。 ほかに「不当表示にアンチエイジング・老化防止も加えるべき」(飛田氏)、「もろみ酢がトクホを取得する可能性もあるのだから、不当表示はトクホを除くの一文を加えるべき」((株)総医研ホールディングス・梶本佳孝社長)、「違反があった場合は、一般にもその情報を公開してほしい」(飛田氏)などの意見が挙がった。 公正取引委員会は、今回の公聴会の意見を踏まえ、すみやかに「もろみ酢の表示に関する公正競争規約(案)」の新規設定をするかどうかを決定したい意向だ。
つぶやく
関連ニュース
セロシアの製薬企業とロシアにおける医療機器、サプリの販売契約を締結/富士フイルム
セ管理栄養士監修シリーズmatsukiyo LAB「アスリートライン」を展開/マツモトキヨシ
セ5/25 機能性表示食品の届出情報(わたしケア体脂肪/アフリカマンゴノキ由来エラグ酸《エルベ・プランズ》)等[追加3製品 / 合計1,377製品]/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO