健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

公正取引委員会 / 「もろみ酢の表示に関する公正競争規約(案)」、賛成多数で設定される見込み


[2007/11/15]
公正取引委員会は15日、「もろみ酢の表示に関する公正競争規約(案)」の新規設定に関する公聴会を開催した。 同案は、「もろみ酢公正取引協議会準備会」(平良正諭輝会長)が起案したもので、もろみ酢の(1)原材料名や保存方法などの必要表示事項、(2)沖縄を連想させる表示を行う場合の特定事項の表示基準、(3)「天然」「特選」などの特定用語の使用基準、(4)公正マーク(会員証紙)の表示、(5)食酢であるかのような表示をすること、「ダイエット」「スリム」「○○病の予防に」「血液サラサラ」など不当表示の禁止を定めたもの。 公聴会では13人が公述し、新規設定に関し、日本食品添加物協会の佐仲登氏の反対意見を除き、12名が賛成を表明した。ただし、「天然」「自然」の表示については、厳しい意見が続出した。案では、「天然」・「自然」に類似する用語は、「商品中に含まれる"クエン酸"の全てがもろみ酢原液由来のもの」であれば表示できるとしているが、特定非営利法人 東京都地域婦人団体連盟生活環境部・飛田恵理子副部長は「原液100%の製品に限定すべき」、全国食酢公正取引協議会・井上陽一郎事務局長は「明確な根拠が必要」、法政大学法学部・岸井大太郎教授は「禁止すべき。もしくは限定することが必要」とした。 ほかに「不当表示にアンチエイジング・老化防止も加えるべき」(飛田氏)、「もろみ酢がトクホを取得する可能性もあるのだから、不当表示はトクホを除くの一文を加えるべき」((株)総医研ホールディングス・梶本佳孝社長)、「違反があった場合は、一般にもその情報を公開してほしい」(飛田氏)などの意見が挙がった。 公正取引委員会は、今回の公聴会の意見を踏まえ、すみやかに「もろみ酢の表示に関する公正競争規約(案)」の新規設定をするかどうかを決定したい意向だ。
つぶやく
・関連ニュース
4周年迎えた機能性表示食品が令和時代へ向け、制度の在り方検討
「ホワイトショット LX」「ホワイトショット MX」を発売/ポーラ
「HMB(エイチエムビー)ゼリー梅干風味」の届出が受理(機能性表示食品制度)/小林香料
・今週のアクセスランキング
1.ランナーは寿命が長い、ただし過剰なランニングは心臓に有害
2.健康食品の不適正な表示・広告にご注意!〜平成30年度健康食品試買調査結果〜/東京くらしWEB(東京都)
3.デアコスメティックス / 「デアサス ピート・リフティング・パック」の累計販売数が1万8000本に
4.全自動迅速同定・感受性測定装置ライサス(R) S4を発売/日水製薬
5.資生堂ジャパン人気6ブランド 中国向け越境ECアプリ「豌豆公主」で販売開始/インアゴーラ
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO