健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

鈴廣蒲鉾本店「魚肉たんぱく研究所 / 魚肉ペプチドの機能性」に関する第一回目の研究成果報告


[2007/11/09]
(株)鈴廣蒲鉾本店(本社神奈川県小田原市、鈴木博晶社長)「魚肉たんぱく研究所」は9日、都内で魚肉からつくられる"魚肉ペプチド"の機能性について、第一回目の研究成果の報告を行った。 はじめに同研究所の植木暢彦氏が「魚肉ペプチドFP20の機能性」について報告。活性酸素を除去する抗酸化活性に関し、DPHH法、ヒドロキシラジカル法、次亜塩素酸ラジカル法のそれぞれで測定した結果、"魚肉ペプチドFP20"の抗酸化活性がいずれの場合も"大豆ペプチド"、"乳ペプチド"に比べ高い抗酸化活性を示したことを明らかにした。さらに血圧上昇を抑制するACE阻害活性に関しても"魚肉ペプチドFP20"が他のペプチドよりも7倍以上高い数値を示した(図)ことを報告した。 続いて関西大学 化学生命工学部・准教授の福永健治氏が「魚肉ペプチドの癌発生・進行抑制効果」をリポート。発癌剤を投与した実験用ラットを使った実験で"魚肉ペプチド"の摂取により、大腸癌の兆候となる大腸癌前癌病変の発現抑制、大腸癌進行および悪性化の抑制、移植癌の増殖抑制など、癌の発生・進行抑制に効果が見られたことを明らかにした。 最後に神奈川歯科大学 生体管理医学講座薬理学分野教授の李昌一氏が「魚肉ペプチドの認知症の発症・増悪抑制効果に関して」と題し、研究報告。老化促進マウスを用い、ESR(電子スピン共鳴)法により、"魚肉ペプチド"の影響を解析。その結果、アルツハイマー症の発症などに関係する血液内のβアミロイド蛋白が、魚肉ペプチド摂取群でコントロール群との比較において有意にその減少が認められたという。 さまざまな知見が報告される"魚肉ペプチド"を主原料としたサプリメントを同社のグループ会社である(株)マリンサプリは、自社ネットショップ限定で販売。現在、粉末タイプの「さっとタンパク」、錠剤タイプの「サカナのちから」を展開する。さらに12月からは梅フレイバーを加えた錠剤タイプ「フィッシュアミノパワー」を卸売り用に新発売する。
鈴廣蒲鉾本店「魚肉たんぱく研究所 / 魚肉ペプチドの機能性」に関する第一回目の研究成果報告
つぶやく
関連ニュース
セ機能性表示食品『よくネ〜ル』を発売/ハーブ健康本舗
セ順天堂大学の寄付講座「腸内フローラ研究講座」を開催/森永乳業
セ機能性表示食品「小林HMBタブレット」を発売/キューサイ
ソ今週のアクセスランキング
1.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
2.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
3.株式会社タカショーに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
4.顆粒タイプでは初のプロテオグリカン含有健康美容ドリンクを新発売
5.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO