健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

鈴廣蒲鉾本店「魚肉たんぱく研究所 / 魚肉ペプチドの機能性」に関する第一回目の研究成果報告


[2007/11/09]
(株)鈴廣蒲鉾本店(本社神奈川県小田原市、鈴木博晶社長)「魚肉たんぱく研究所」は9日、都内で魚肉からつくられる"魚肉ペプチド"の機能性について、第一回目の研究成果の報告を行った。 はじめに同研究所の植木暢彦氏が「魚肉ペプチドFP20の機能性」について報告。活性酸素を除去する抗酸化活性に関し、DPHH法、ヒドロキシラジカル法、次亜塩素酸ラジカル法のそれぞれで測定した結果、"魚肉ペプチドFP20"の抗酸化活性がいずれの場合も"大豆ペプチド"、"乳ペプチド"に比べ高い抗酸化活性を示したことを明らかにした。さらに血圧上昇を抑制するACE阻害活性に関しても"魚肉ペプチドFP20"が他のペプチドよりも7倍以上高い数値を示した(図)ことを報告した。 続いて関西大学 化学生命工学部・准教授の福永健治氏が「魚肉ペプチドの癌発生・進行抑制効果」をリポート。発癌剤を投与した実験用ラットを使った実験で"魚肉ペプチド"の摂取により、大腸癌の兆候となる大腸癌前癌病変の発現抑制、大腸癌進行および悪性化の抑制、移植癌の増殖抑制など、癌の発生・進行抑制に効果が見られたことを明らかにした。 最後に神奈川歯科大学 生体管理医学講座薬理学分野教授の李昌一氏が「魚肉ペプチドの認知症の発症・増悪抑制効果に関して」と題し、研究報告。老化促進マウスを用い、ESR(電子スピン共鳴)法により、"魚肉ペプチド"の影響を解析。その結果、アルツハイマー症の発症などに関係する血液内のβアミロイド蛋白が、魚肉ペプチド摂取群でコントロール群との比較において有意にその減少が認められたという。 さまざまな知見が報告される"魚肉ペプチド"を主原料としたサプリメントを同社のグループ会社である(株)マリンサプリは、自社ネットショップ限定で販売。現在、粉末タイプの「さっとタンパク」、錠剤タイプの「サカナのちから」を展開する。さらに12月からは梅フレイバーを加えた錠剤タイプ「フィッシュアミノパワー」を卸売り用に新発売する。
鈴廣蒲鉾本店「魚肉たんぱく研究所 / 魚肉ペプチドの機能性」に関する第一回目の研究成果報告
つぶやく
・関連ニュース
「森永北陸乳業株式会社 新棟・菌体製造ライン増設」のお知らせ/森永乳業
小林香料のSRを使用したHMB配合の機能性表示食品について/小林香料
蜂産品の研究成果を学会で発表/アピ
・今週のアクセスランキング
1.7/31 機能性表示食品の届出情報(GOLDAY(ゴールデイ)/ローズヒップ由来ティリロサイド《日水製薬医薬品販売》)等[追加3製品 / 合計1,412製品]/消費者庁
2.『食品表示基準について』を更新/消費者庁
3.東洋新薬 / 鹿角霊芝の免疫増強作用を確認、第23回和漢医薬学会にて発表
4.内面美容に訴求する「還元発酵乳酸菌」を販売開始/炭プラスラボ
5.入れ替えタイプの育児用ミルク 専用ケースの「素材・サイズ・設計」を見直し/森永乳業
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO