健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

ノエビア / 「エゾゴマナエキス」に老廃物排出効果を確認、学会発表


[2007/11/09]
(株)ノエビア(本社東京都中央区、大倉俊再考執行責任者)は、北海道暑寒別岳パイロットファームに自生する「エゾゴマナ」のエキスに、細胞膜上にある、細胞内外を行き来する水や老廃物の通り道であるABCトランスポーターの酵素"ATPase"を活性化させ、細胞からの老廃物排出を促し、清らかで透き通った肌に導く効果が期待できることを明らかにした。同社はこの研究成果を、10日に開催される「日本農芸化学関東支部2007年度大会」で発表する。また、この研究結果を応用して、今冬エイジングケア化粧品を発売する予定だ。 研究の背景には、紫外線やストレスにより、細胞膜の機能が低下するとABCトランスポーターの働きが悪くなり、細胞内からの老廃物の排出が低下してしまうことにある。老廃物を溜め込んだ肌は、さまざまなトラブルを引き起こすと考えられる。 研究は、「エゾゴマナ」全草を乾燥、粉砕して50%エタノールに浸漬し、エゾゴマナエキスを作成して皮膚に対する作用を評価した。その結果、ABCトランスポーターの酵素"ATPase"の活性化のほか、抗老化作用、抗酸化作用、美白作用、痩身作用などの幅広い作用が認められた。 「エゾゴマナ」は、春に若芽を山菜として食す以外の利用方法は知られておらず、化粧品素材としての機能を明らかにしたのは、今回が初めてとなる。
つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.機能性表示食品のサプリメントウォーターを2種発売/キリンビバレッジ
5.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO