健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

花王が高濃度茶カテキンが糖尿病に有効と発表


[2005/10/24]

花王(株)(本社東京、尾崎元規社長)は、10月13日〜14日に行われた「第26回日本肥満学会」で、甲子園大学栄養学部・山本國夫助教授と共同研究による、糖尿病患者に対する高濃度茶カテキン飲料の有効性を発表した。 試験方法は、インスリン治療を行っていない2型糖尿病患者(日本の糖尿病患者の約9割以上を占め、治療の基本は食事療法・運動療法・肥満の解消) 43名を2群に分け、普段の治療を受け、生活は変えない状態で、対照群に高濃度茶カテキン飲料(茶カテキン約576mg/340ml)、プラセボ群に一般緑茶飲料(茶カテキン約75mg/340ml)を1日に1本、12週間継続して摂取してもらうというもの。4週間ごとに、採血、身体計測、問診を実施した。 その結果、血糖値、ヘモグロビンA1c(糖尿病の血糖コントロールを客観的に示す指標。この値が高くなると、血糖のコントロールがうまくいっていない)共に減少した。糖尿病の状態は、一般的に血糖値とヘモグロビンA1cの値から「優・良・やや不良・不良」の4段階で評価されるが、今回の試験で高濃度茶カテキン飲料の改善効果の程度は、「やや不良」に近い状態から「優」に近づいた評価となる。

つぶやく
関連ニュース
セうるつや乳酸菌(R)、酵素処理ヘスペリジンを配合したサプリを発売/カイゲンファーマ
セ日本人にビフィズス菌が多い理由に乳糖分解酵素の遺伝子型が関与している可能性を確認/森永乳業
セ機能性表示食品「素肌うるおうピーチスパークリング」を発売/アサヒビール
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.10/19 機能性表示食品の届出情報(グルコサミン1600/グルコサミン塩酸塩《井藤漢方製薬》)等[追加7製品 / 合計1,535製品]/消費者庁
3.独自素材「ヒアルモイスト乳酸菌TM」の皮膚にヒアルロン酸を作らせる効果、紫外線ダメージの軽減効果を発見/日清食品HD
4.ユーグレナエキス配合の日焼け止めクリームを発売/ユーグレナ
5.ブランドロゴ・コーポレートカラーを刷新/オルビス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO