健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

東洋新薬 / 独自素材「葛の花エキスTM」のメタボリックシンドローム予防効果を確認


[2007/10/29]
(株)東洋新薬(本社福岡県福岡市、服部利光社長)は、武蔵野大学薬学部との共同研究で独自素材「葛の花エキス」のメタボリックシンドローム予防効果を確認したことを日本生薬学会 第54回年会(9月14〜15日)で発表した。 同素材は、乾燥させた根が漢方薬の原料として使用されるマメ科のつる性植物、葛の花部の熱水抽出物を乾燥して得られるもので、同社の研究により高い効能があることが分かっている。主には7種類の"イソフラボン"と3種類の"サポニン"を含有する。今回は、メタボリック症候群の諸症状を持つ肥満マウス(TSODマウス)を用い、同素材のメタボリックシンドロームに対する影響を検証した。 実験は、"葛の花エキス"を含有した飼料をTSODマウスに2ヶ月間自由摂取させ(葛の花エキス1%群、3%群)、体重および内臓脂肪、皮下脂肪重量を経時的に測定。1ヶ月ごとに血液検査を、2ヵ月後に糖付加試験と血圧測定および解剖を行い、"葛の花エキス"を含有しない飼料を自由摂取させたマウス群(コントロール群)と比較して行われた。 その結果、"葛の花エキス" 1%、3%群は、コントロール群に対し、メタボリックシンドロームの基盤である内臓脂肪蓄積の抑制傾向を示した(図)。さらに体重増加および皮下脂肪蓄積に対しても抑制傾向を示し、糖尿病の原因とされるインスリン抵抗性の有意な改善もみられた。さらに、メタボリックシンドロームの下流症状である脂質代謝異常および高血圧に対しても有意な改善が確認された。 これらのことから"葛の花エキス"が、メタボリックシンドローム諸症状の予防に対して有効であることが示唆された。同社では同素材について2006年8月開催の日本食品科学工学会第53回大会で脂肪細胞内の脂肪分解・燃焼作用を確認したことを発表するなど、さまざまな学会発表を行っている。
東洋新薬 / 独自素材「葛の花エキスTM」のメタボリックシンドローム予防効果を確認
つぶやく
関連ニュース
セモンゴル産・黒クコを使用した「有機モンゴリアンベリーティー」を発売/プロムスタイル
セ超高圧処理を採用した『アサイーエナジー(R) オリジナル』を発売/フルッタフルッタ
セ機能性表示食品「健骨(けんこつ)サポート」を発売/ファンケル
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.機能性食品素材「BioPQQ」が原材料として国内市場初のアンチドーピング認証を取得/三菱ガス化学
3.ヘルシア五穀めぐみ茶、ヘルシアスパークリング 新たな許可表示で発売/花王
4.肺炎の成人患者に対する抗菌薬の初回投与、4分の1が無効 ―米調査
5.湿式パウダーファンデーションの新規製法を開発/ポーラ化成工業
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO