健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

厚労省 / 「薬事法上、健康食品というカテゴリーは存在し得ない」と大川創・広告専門官発言


[2007/10/17]
NPO法人健康食品フォーラムが17日開催した「第10回健康食品セミナー」の席上で、「薬事法について」をテーマに壇上に立った厚労省医薬食品局監視指導・麻薬対策課の大川創・広告専門官は、「不足しがちな栄養素を補給する栄養補給食品というカテゴリーは存在し食品にあたり薬事法違反とはならないが、薬事法から見れば健康食品というカテゴリーは存在し得ない。現状のままであるならば、健康食品全部がダメだという方向に持っていかざるを得ない」と発言した。食品としての許容範囲は、食経験も長く、一般的に栄養があると知られている「トマトジュース」までだとした。 会場からは、「用法・容量を設定した方が、過剰摂取などの問題が起こらないではないか」など薬事法の問題点をつく指摘もあったが、大川専門官は否定的な見方を示した。また、健康食品の効能を感じさせる名称の変更を求めた「4.13通知」について第二弾を出す予定はあるのかと聞かれ、「悪質な商品が流通しなければ、第二弾は考えていない」と回答した。 その他、薬事法上、消費者の求めに応じて提供する資料は原則広告にあたらないが、反復・継続しているケース、企業が資料請求を促しているケースは広告にあたると説明した。
つぶやく
関連ニュース
セ高吸湿性「モイストキャッチ(R)アルミPTPシート」を新開発/共同印刷
セ「5月5日」を「植物エキスの日」と制定/一丸ファルコス
セ本来の強い「歯ぐき」へ「再活」サポート 「ハレス口内薬」発売/ロート製薬
ソ今週のアクセスランキング
1.100円(税抜)のトクホ 炭酸水を発売/セブン&アイ・ホールディングス
2.油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
3.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
4.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
5.週1時間程度のわずかな運動でも大腸ポリープを予防する
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO