健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

カゴメとキッコーマンがトマトの抗アレルギー作用発表


[2005/10/17]

10月20日〜22日に行われる「第55回日本アレルギー学会秋季学術大会」で、カゴメ(株)(本社愛知県、喜岡浩二社長)及びキッコーマン(株)(本社千葉県、牛久祟司社長)が、トマトの抗アレルギー作用について発表を行う。 カゴメ(株)は、日本薬科大学・おやまにし病院の伊藤雅彦氏と共同研究を行い、トマト由来のカロテノイド(主にリコピン)が、ハウスダストに対する特異IgE値(抗体の1種で、値が大きいとアレルギーが起きる)を有意に低下させることを明らかにした。試験内容は、ハウスダスト特異的IgE値陽性者 12名のうち、半数に1粒中トマト由来リコピン10mgを含んだカプセルを毎日2粒、半数に植物油含有カプセルを毎日2粒、4週間にわたって摂取させるというもの。ハウスダストに対する特異的IgE量の測定とプリックテスト(即時的アレルギーを見る皮膚反応試験)をカプセルの摂取前及び摂取2、4週間後に行い、アレルギーの指標とした。また、血清カロテノイド(リコピン、β―カロチンなど)濃度を測定した。 試験結果は、トマト由来リコピンカプセル摂取群はハウスダストに対する特異IgE値が有意に減少したほか、プリックテストでは6名中1名が陽性から陰性に移行。また、血清リコピン濃度及びβ―カロテン濃度は有意に上昇した。プラセボ群には上記の結果は見られなかった。 一方、キッコーマン(株)は、日本赤十字社和歌山医療センターと共同で臨床試験を行い、加工用トマトの果皮から得られる、ポリフェノール「ナリンゲニンカルコン」を含有した「トマト抽出物」が通年性アレルギー性鼻炎(ダニやハウスダストが原因で起こるアレルギー)の症状を緩和することを確認した。試験内容は、疾患歴3年以上で症状が中等症以上と診断された通年性アレルギー性鼻炎の33名に、プラセボ錠剤あるいは1日あたり「トマト抽出物」360mgを含有する錠剤を8週間摂取させるというもの。調査は、アレルギー日誌による自覚症状(くしゃみ発作、鼻汁、鼻づまり、日常生活の支障度)と、医師による所見をスコア化して行った。 その結果、「トマト抽出物」の摂取群は、摂取前と摂取後で特にくしゃみ発作と日常生活の支障度に関して、有意に改善。また、医師による鼻症状判定においても、摂取群では鼻症状のスコアが有意に改善した。

つぶやく
関連ニュース
セうるつや乳酸菌(R)、酵素処理ヘスペリジンを配合したサプリを発売/カイゲンファーマ
セ日本人にビフィズス菌が多い理由に乳糖分解酵素の遺伝子型が関与している可能性を確認/森永乳業
セ機能性表示食品「素肌うるおうピーチスパークリング」を発売/アサヒビール
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.10/19 機能性表示食品の届出情報(グルコサミン1600/グルコサミン塩酸塩《井藤漢方製薬》)等[追加7製品 / 合計1,535製品]/消費者庁
3.独自素材「ヒアルモイスト乳酸菌TM」の皮膚にヒアルロン酸を作らせる効果、紫外線ダメージの軽減効果を発見/日清食品HD
4.ユーグレナエキス配合の日焼け止めクリームを発売/ユーグレナ
5.ブランドロゴ・コーポレートカラーを刷新/オルビス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO