健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

アムスライフサイエンス / 健康食品OEM事業が好調、19年8月期決算は前年比28.2%増の売上高70億円と予想


[2007/09/27]
(株)アムスライフサイエンス(本社静岡県静岡市、淺山雄彦社長)の業績がOEM部門を中心に好調だ。既に平成19年8月期の業績予想を上方修正している。同社によると、平成19年8月期の業績予想は、売上高が前年比128.2%の70億円、経常利益が同144.9%の7億円、純利益が同139.4%の4億円としている。 上方修正した理由は、自然食品販売の(株)正直村、医療用漢方製剤メーカーの本草製薬(株)を第4四半期から連結対象としたことに加え、既存のOEM部門や通販部門が計画を上回ったことによる。特に好調だったOEM部門の売上高は、第3四半期を過ぎた時点で約22億円で、その後も順調に推移している。 西村健一専務取締役営業本部長はOEM事業が好調な要因について、「スピードのある営業が実を結んだ」と分析する。「当社は、多品種小ロットにも大ロットにも対応できるし、企画設計から品質保証、販売戦略支援までトータルにプロデュースする力がある。ただ、顧客の立場に立って考えると、そういったものが決定的な要素になりえないと感じていた。そこで他社に負けない要素は考えたところ、スピードだった。どんな案件に対しても24時間以内に対応し、製品の完成までの時間をできる限り短くしている」と話す。結果、大手食品メーカーを中心に新規取引数が増え、増収につながった。 昨年の健康食品業界は、行き過ぎたメディア報道などによりイメージが悪化し、市場は伸び悩んだ。その一方で、同社の業績は順調に伸長した。西村専務は、「常に一番大切な人に誇れる仕事をやっていこうと意識してきた。株式上場による情報開示や健康食品GMP認証の取得などを行ってきた結果、顧客からの信頼を得て、売上げの拡大につながった」と話す。 今後について、「医療費の負担や生活習慣病の増加を背景に『治療から予防』への動きが進み、健康食品の重要性はますます高まっていくだろう」と言う。その上で、「健康食品OEMメーカーとしてあるべき姿を示し続け、業界の健全化を図っていく。研究開発、製造、品質保証、販売、情報発信機能を持つグループ各社のシナジー効果を生かして、健康食品業界をリードしていきたい」(西村専務)と語った。
つぶやく
関連ニュース
セ『酵素+スーパーフードシェイク 抹茶ラテ』@cosmeベストドリンク第1位/アサヒグループ食品
セ12/2 機能性表示食品の届出情報(テアニンゼリー[森下仁丹]等 追加3製品を公表)/消費者庁
セ全自動迅速同定・感受性測定装置ライサス(R) S4を発売/日水製薬
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.ヴィーナスモードのテレビ放送が2011年1月よりスタート
4.日本健康・栄養食品協会/トクホ申請のための講習会を開催
5.クラウドファンディングで機能性食品開発サポート
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO