健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

シガリオ / 玄米香琲「ブラックジンガー」のファミリータイプが好評


[2007/09/25]
シガリオ / 玄米香琲「ブラックジンガー」のファミリータイプが好評
(株)シガリオ(本社東京都港区、舘花ちゑ子社長)のロングセラー商品、玄米香琲「ブラックジンガー」の売り上げが今年に入り、都内自然食品店のランキングで上位に名を連ねるなど、好調に推移している。中国産原料、加工品などで品質問題が相次いで表面化し、消費者の食の安全への意識が高まり、日本古来の天然健康素材をベースにした安全性、安心感が再評価されたことが要因とみている。全国の百貨店、自然食店、薬局などで販売する。 同製品は、同社が独自開発したホロニックス・テクノロジー(装置特許・穀物全粒粉活性製法)により製造した穀物全体微粉末サプリメント。同製法により、玄米の微量成分を破壊することなく高熱焙煎し、25μ以下に低分子化。その結果、玄米中の"γオリザノール"が熱変成し、天然の抗酸化作用を持つとされる"フェルラ酸"が発生する。玄米に含有される豊富なビタミン、ミネラルがそのまま維持されるだけでなく、遠赤焙煎効果でかえって活性化され、さらに微粉末状であることから用途も幅広く、多くの利用者に支持されている。 同製品はまた、15μの超微粉末であることに加え、長時間ローストにより製造されることでカーボンミネラル(粉炭ミネラル)をもち、かつ多孔質構造となっており、表面積が強大で吸着力にすぐれる。製品段階で玄米を十分に咀嚼した以上の効果があることとなり、摂取後、腸内の微少環境汚物へもしっかり吸着、排出作用が存分に機能し、玄米本来の排便作用をいっそう促すという。 玄米のよさを最大限に引き出しながら、コーヒー感覚で手軽に楽しめることから愛用者は多いが、その大半が医者や栄養管理士といった専門知識を持つ人、というのも同品の特徴。そういったルートから口コミで一般消費者へと流れる例も多いという。リピーターが多く、その率は約7割にも及ぶ。そうした背景からシリーズの中でも徳用のファミリータイプが売れ筋となっている。 税込み価格は、ファミリータイプ(120g)が4200円。また、今年2月に発売された玄米と黒大豆をミックスした「B&B」のボックスタイプ(3g×40包=120g)は4750円。
つぶやく
関連ニュース
セホルモンサワーコンク(肝臓エキス配合割り材)を発売〜製薬会社が本気で健康を考えた飲む人へ提案〜/日水製薬
セ国際規格「ISO9001」の認証を取得/実正
セ足の乾癬のケア
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.ほうれん草由来のスーパーフード「チラコイド」販売開始/チラコイド
4.ヤクルト薬品、ガラクトオリゴ糖「オリゴメイト」が米国FDAから「GRAS物質」の認証を取得
5.軟骨と筋肉に役立つ食品成分の組み合わせが中高年の通常歩行速度を上昇させることを確認/サントリーウエルネス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO