健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

プレイシャス / 認知症予防の健康食品「アルツマイナー」の代理店募集を開始


[2007/09/10]

プレイシャス / 認知症予防の健康食品「アルツマイナー」の代理店募集を開始
プレイシャス(株)(本社東京都新宿区、大平優一社長)は、このほど野口医学研究所が研究開発した、アルツハイマー(認知症)予防と、学習力・集中力向上を目的とする健康食品「アルツマイナー」の代理店募集を開始した。代理店は、整体院、カイロプラティック院、鍼灸院、整骨院、各種民間療法施術院を見込む。 アルツハイマーは、“βアミロイド”という“タンパク質”が脳内の組織に蓄積した結果、脳の神経細胞が死滅して脳(特に大脳皮質)が極端に萎縮することが原因とされる。現在、病院ではアルツハイマー症の患者に薬剤「アリセプト」を投与しているが、その効果は90日間しか持続せず、また頭痛や吐き気などの副作用もある。 そこで、同社では、“βアミロイド”の記憶や学習力を低下させる作用を抑制して、改善する作用が動物試験で確認されており、韓国では以前アルツハイマーの薬剤として用いられていた“フェルラ酸”100mgを主成分とする同製品の発売に至った。“フェルラ酸”の“βアミロイド”の作用を抑制するメカニズムは、(1)“βアミロイド”を分解する酵素と解毒するシステムを活性化し、(2)シナプスにある神経伝達系を正常に保つというもの。発芽玄米やぬか味噌に含有されているが、現代人の食事では不足しがちなものとなっている。 その効果を高めるものとして、“ガーデンアンゼリカ抽出物”80mgも配合している。この両成分を毎日100mgずつ12週間、80名のアルツハイマー患者に投与してアルツハイマーの試験方法「ADAS-Cog」で測定したところ、「アリセプト」よりも改善効果を示した。 さらに同製品には、ヨーロッパでは古くから物忘れや集中力低下で悩む人々がハーブティとして摂取していた“ビンカマイナー抽出物”を60mg配合している。“ビンカマイナー抽出物”は、(1)脳内神経伝達物質である“アセチルコリン”の受容率を向上させることで神経伝達物質のスムーズな受け渡しを可能とし、(2)“アデニレートサイクラーゼ”活性及び“PDE”の阻害により、cAMP(サイクリックAMP)を増加させ、“タンパク質”のリン酸化を促進させ、その結果、神経伝達物質の放出量を増やし、(3)脳の血流改善作用を持つ。 同製品を1ヵ月、1日2カプセル、40〜60代の健常者10名に投与し、ハセガワ法で実施した。ドクターと面談方式で20〜40問の質問内容を被験者に投げかけその答えを基に診断したところ、記憶力向上が75%、注意力・集中力向上が87.5%、思考・論証向上が50%、単語力向上が50%、理解力向上が62.5%に見られた。 税込み価格は60カプセル入り・9800円。

つぶやく
関連ニュース
セ高血圧が認知症リスクを上昇させる可能性
セ「データヘルス・予防サービス見本市 2016」申込受付開始/厚生労働省
セカルシウムサプリメントで高齢女性の認知症リスクが上昇する可能性
関連ワードで検索
フェルラ酸認知症予防アルツハイマー症サプリメント
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO