健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

エアアロマ / 近畿大との共同開発の、認知症への効果が期待できるアロマオイルを発売


[2007/09/10]

エアアロマ / 近畿大との共同開発の、認知症への効果が期待できるアロマオイルを発売
エアアロマ(株)(本社東京都渋谷区、片岡郷社長)はこのほど、認知症に効果が期待されるアロマオイル「Ninchi+TEA TREE MEDI―AIR(ニンチプラス ティートゥリー メディエア)」を発売した。同製品は、近畿大学理工学部応用科学科・宮澤三雄教授との共同開発によるもの。介護施設などへの導入を見込むほか、販路には相談薬局や病院を見込む。 認知症の患者には、脳内神経伝達物質“アセチルコリン”の低下が見られる。そこで、“アセチルコリン”の分解酵素“アセチルコリンエラスターゼ”の働きを阻害する、“ティートゥリーオイル”抽出物を複数配合したアロマ成分“双環性モノテルペン・ティートゥリー”を開発し、製品化した。分解酵素の阻害により、“アセチルコリン”の濃度が上昇し、認知症の予防と現状維持が見込まれる。なお、この効果については、試験管レベルで確認されている段階で、臨床試験は現在行っている最中だ。また、現在、「アセチルコリンエラスターゼ阻害剤」として特許を出願中だ。 香りは、“ティートゥリーオイル”をさらにシャープにした感じの香りとなっている。税込み価格は10ml・2100円、450ml・3万5700円。10mlサイズで、2週間〜1ヵ月もつ。

つぶやく
関連ニュース
セビフィズス菌A1のアルツハイマー型認知症の発症を抑える可能性について/森永乳業
セ中年期の起立性低血圧が後の認知症リスクに関連
セ認知症対策になる脳の刺激方法は
関連ワードで検索
認知症アロマオイルアセチルコリン
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
4.サマータイム移行が短期的な脳卒中リスク上昇に関連
5.株式会社二期リゾート/内側から元気に、美しくするメニューのお知らせ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO