健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

アガリクスのバイブル本を捏造


[2005/10/11]

警視庁は5日、バイブル本「即効性アガリクスで末期ガン消滅!」「徹底検証!末期ガンに一番効くアガリクスは何か」の書籍を発行していた史輝出版役員・木村真木と、書籍でアガリクスの問合せ先になっていた健康食品会社、ミサワ化学の社長・三沢豊らを薬事法違反で逮捕した。監修者の東海大学名誉教授と体験談を執筆したフリーライターも、書類送検する。ミサワ化学は、書籍の宣伝効果によってアガリクスを約20億円売り上げていた。 史輝出版は、以前にも厚労省から健康食品会社の連絡先を書いたバイブル本は虚偽・誇大広告を禁じた健康増進法に違反する恐れがあるとして、指導を受けていた。アガリクスは「免疫力を高める」と言われているが、食品が病気への効能をうたえば薬事法違反となってしまう現実がある。 特に、今回の件が悪質だったのは、体験談がほとんどフリーライターによる捏造だった点だ。今回の事件によって、アガリクス自体が疑問視されてしまうのは非常に残念な結果である。エビデンスがそろっていない健康食品の販売には体験談は不可欠であり、公正取引委員会に表示の根拠を求められた場合も、無作為抽出法で相当数のサンプルを選定するなど客観的に実証された内容であれば認められるものなのに、これでは体験談自体の信憑性が疑われてしまう。 同出版社がメシマコブのバイブル本も出していたことから、影響はメシマコブにも及ぶと思われる。健康食品業界のダメージは大きい。

つぶやく
関連ニュース
セ「栄養成分表示等の活用に向けた消費者教育に関する調査事業報告書」を公開/消費者庁
セセルフチェックできる「においチェッカー」を発売/タニタ
セインドに食品・飲料事業を行う新会社を設立/大塚食品
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.新ガイドラインで数百万人が降圧薬不要に
3.ビルベリーの眼精疲労に対する働き方のしくみの一部が明らかに/わかさ生活
4.全粒穀物をよく食べる人は早期死亡リスクが20%低い
5.喜界島産 長命草(ボタンボウフウ)増産へ〜機能性表示食品を目指して〜
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO