健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

アイジェイヘルシーフーズ / 健康食品「ミエール」を、既存販路でさらに拡販


[2007/08/10]

アイジェイヘルシーフーズ / 健康食品「ミエール」を、既存販路でさらに拡販
(株)アイジェイヘルシーフーズ(本社埼玉県さいたま市、高橋昭三社長)は、健康食品「ミエール」を、既存販路でさらに拡販したい考え。現在の販路は、他社カタログ通販、宣伝講習販売、健康食品店など。 同製品は、漢方で言われている「清肝明目」(肝臓を清めれば目が明らかになる)をコンセプトに作られたもの。7世紀の唐の時代に書かれた「千金要方」に白内障の薬として登場する「真珠散」(“真珠貝末”、“鯉の肝”、“ハチミツ”を混ぜたもの)の処方を基にしている。“真珠貝末”は肝臓の熱を涼し、機能を正常化、血液の流れを改善する働きがある。“鯉の肝”には、“コール酸”という胆汁酸の1種が含まれ、肝機能を強化する働きがある。“ハチミツ”は成分の苦さを和らげるだけではなく、調合されたそれぞれの素材の力を引き出し、バランスを取る働きがある。その他、肝臓を清める成分としては、“菊花茶”、“サンシュユ”、“田七人参”、“ハブ茶”、“クコ茶”などを加えた。 また、「神農本草経」に「五臓を補い、目を明らかにし」と記される成分である“高麗人参”と、肝炎軽減、肝臓保護作用がある“霊芝”には、体内における成分の吸収を良くする働きがあるため含有させた。さらに、現代病の1つであり、失明の恐れがある黄班変性症には赤い色素の補充が必要だが、そのために“アスタキサンチン”と“ルテイン”を配合した。目と内臓に良い成分を約20種配合している。 臨床試験によって、白内障と黄班変性症のほかにも、さまざまな目の病気に効果があることが分かっている。2ヵ月間、糖尿病症網膜症32例、眼精疲労12例、緑内障2例に1日同製品を重症度や体重に応じて6〜12錠を3回に分けて投与した。その結果、糖尿病症網膜症は「やや改善〜著明改善」が96.9%改善した。眼精疲労は視力と頭痛と眼球結膜充血が100%改善した。緑内障は眼圧が−6〜−10となった。 税込み価格は、300mg×200粒入り・1万500円。

つぶやく
関連ニュース
セ資生堂ビューティートレンド研究チームが2017年春夏の街頭トレンドを解説 今季メイクは「ピンクブーム」が熱い!/資生堂
セ通販ブランド『米肌』から、「活潤リフト化粧水」を発売/コーセープロビジョン
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.機能性表示食品のサプリメントウォーターを2種発売/キリンビバレッジ
5.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO