健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

食品安全委員会、ジアシルグリセロール評価開始


[2005/10/03]

食品安全委員会は22日に第112回会合を開き、ジアシルグリセロールに関する食品健康影響評価を開始することを承認した。また、香料物質ブタノールの専門調査会における審議結果を報告し、香料として安全性に問題がないことを確認した。このほか合成抗菌剤マラカイトグリーンとロイコマラカイトグリーンについての厚労省からの追加説明と、農薬、遺伝子組換え食品、動物用医薬品についての健康影響評価などが取り上げられた。 ジアセルグリセロールについては、8月4日の第106回会合において厚労省から報告された、二段階試験の中間報告を受けたもの。試験では野生型ラットと、がんを発生しやすくした遺伝子組換えラットの雌雄を用い、発がん性の検証を行った。その結果、遺伝子組換え雌ラットと野生型ラットの雌雄で有意な影響は見られなかったが、雄の遺伝子組換えラットの舌に扁平上皮がんのプロモーション作用が示唆された。この中間報告では健康影響について結論しえないとして、より高用量・長期間の試験が必要としているため、食安委で今回の試験に基づいた食品健康影響評価を行う。また、今後の追加試験計画にあたっての遺伝子組換えラット使用の妥当性や、試験の評価方法なども専門調査会で審議していく予定である。

つぶやく
関連ニュース
セラクチュロース(ミルクオリゴ糖)配合の健康系ココアを発売/森永製菓
セ「難消化性デキストリンが食事の糖や脂肪の吸収をおさえる」機能性表示食品の粉末スープを発売/ポッカサッポロフード&ビバレッジ
セ8/16 機能性表示食品の届出情報(ロイテリ ヨーグルト《オハヨー乳業》)等 追加3製品を公表/消費者庁
ソ今週のアクセスランキング
1.9種類の浴槽があるように表示 温泉施設の景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
2.植物性ナノ型乳酸菌SNK利用によるマウスTh17細胞の産生抑制を確認/IHM
3.便通を改善する特定保健用食品の粉末緑茶が新発売
4.「虫よけ商品」販売業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令/消費者庁
5.世界初 メール便対応ワンタッチ化粧箱を開発/E.N.P.製薬
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO