健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

セイシン企業 / 健康食品「ベターシャーク顆粒」を、病院、クリニックに拡販


[2007/07/26]
セイシン企業 / 健康食品「ベターシャーク顆粒」を、病院、クリニックに拡販
(株)セイシン企業(本社東京都渋谷区、岡本浩社長)は、健康食品「ベターシャーク顆粒」を、病院、クリニックに拡販をはかる。現在の販路は、病院、クリニックのほか、健食専門店、漢方薬局店。 同製品は、宮城県の気仙沼で水揚げされたヨシキリザメの軟骨を熱変性させず、冷凍粉砕を行い顆粒化を行ったもので、"コンドロイチン硫酸"や高分子"タンパク質"を約50%含有し、ガンが新生血管を作るのを阻害する。ガン細胞は、成長するとVEGF(血管新生増殖因子)というホルモンを放出し、血管の中皮を引き寄せガン細胞専用の血管を作り出し、そこから酸素と栄養を補給し大きくなっていくが、この作用を阻害するということだ。なぜサメ軟骨が新生血管を作るのを阻害するのか、そのメカニズムは明らかになっていないが、その効果は、動物実験の結果、明らかになっている。 新生血管阻害作用の実験内容は、移植ガン(MH-134)を植えつけたマウスを6匹ずつ、(1)何も与えない対照群、(2)サメ軟骨100mg投与群、(3)サメ軟骨1000mg投与群に分けて5日間飼育した。その結果、DAS法で観察しスコア化したところ、(3)群は、35.7%の新生血管阻害作用を示した。 腫瘍抑制効果の実験内容は、移植ガン(サルコーマ180)を植えつけたマウスを10匹ずつ、(1)何も与えない対照群、(2)サメ軟骨1000mg/kg投与群、(3)サメ軟骨1000mg/kg+「クレスチン」(キノコの菌糸体の医薬品)投与群に分けて25日間飼育した。投与はガン細胞移植後5日目から開始した。その結果、腫瘍重量の減少率が(2)群で10.3%、(3)群で75.3%となった。このことから、サメ軟骨単体よりも、免疫力を上げる製品と併用すると大きな効果を上げることが分かる。 「オリエント三鷹クリニック」の八木田旭邦院長は、実際に同クリニックで行う「新免疫療法」の一環として同製品を取り入れている。「新免疫療法」は、薬品と食品の内服を中心とした療法で、腫瘍マーカーを用いた効果判定で、1942例のうち4割以上で治療効果を確認している。八木田院長は、発ガン物質を入れたプールにいた魚のうち、サメだけが生き続けたという米国の学会発表によりサメに注目、中でも血管が無い軟骨に注目したのだという。 低臭化により摂取しやすくなっている。携帯に便利なスティックタイプ。税込み価格は2.5g×90包入り・1万9950円。
つぶやく
・関連ニュース
体組成計を組み込んだ健康管理ができる床材を発売/凸版印刷
日焼け止め「コパトーン キレイ魅せUVシリーズ」新発売
グルコラファニン含有ケール青汁の継続摂取が肌の保湿機能を改善/ヤクルトヘルスフーズ
・今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.特定商取引法違反の電話勧誘販売業者に業務停止命令/九州経済産業局
3.日本初の”体形百貨店”をオープン
4.ビフィズス菌を含む乳酸菌飲料の継続飲用で消化器症状を改善する効果を確認/ヤクルト
5.抗酸化・代謝を正常化、シミ・そばかすを治療する「ハイチオールCホワイティア」新発売/エスエス製薬
・ニュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO