健康美容NEWSモバイル
健康美容ニュース

大阪市・大阪産業創造館 / 「健康・予防医療リーディングプロジェクトに係る産学連携による新商品開発事業」の採択結果について発表


[2007/07/13]
大阪市及び大阪産業創造館は、「健康・予防医療リーディングプロジェクトに係る産学連携による新商品開発事業」の採択結果について発表した。 「健康機器・健康サービス分野」で採択されたのは、「遺伝子検査を用いた健康寿命延伸のためのオーダーメイド運動プログラム」。内容は、血液を採取して遺伝子情報を解析することによって、そのタイプにより病気の起こり易さが違うということに着目。これまでストックした約6000例の「遺伝子情報」と、問診から得た「環境因子情報」(生活習慣、食事習慣など)を組み合わせてデータベースとして蓄積し、このデータを用いてより正確な生活習慣病予防プログラムとして事業化するために、個々人にフィットした詳細な運動プログラムを開発し、健診事業に導入することを目指す。コンソーシアム構成者は、(株)サインポスト、(株)東洋紡ジーンアナリスト、(株)さくらコーポレーション、大阪大学大学院医学系研究科。 「保健機能食品・特別用途食品分野」で採択されたのは、「"カルシウム"の吸収を高める"アガベイヌリン"含有食品の開発」。内容は、テキーラの原料植物であるメキシコ原産の植物「アガベ」から抽出製造された、非常に水に溶けやすい新規食品素材"アガベイヌリン"と、日本人に不足しがちな"カルシウム"を混ぜ合わせることによって、「栄養機能食品」として新商品の開発を目指す」。コンソーシアム構成者は、(株)アガベ、公立大学法人大阪市立大学大学院理学研究科、公立大学法人大阪市立大学大学院医学研究科、学校法人京都薬科大学。 それぞれの事業は、最大1000万円を限度に助成される。
つぶやく
関連ニュース
セ2017 F/W トレンド予測 スーパーフードランキング TOP10 【モバイルスーパーフード】が続々登場/日本スーパーフード協会
セ介護ストレスをためないために
セインドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
4.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
5.貿易部、オーガニック食品部を設立。原料販売の拡販、オーガニック食品の需要に本格対応/テルヴィス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO