インフルエンザニュース
プラズマクラスター※1技術により、 世界初※2付着および浮遊両状態の 「新型H1N1インフルエンザウイルス」の感染力を抑える効果を実証

シャープは、ウイルス学の世界的権威であるロンドン大学ジョン・オックスフォード教授が設立したレトロスクリーン・バイロロジー社※3と共同で、高濃度プラズマクラスターイオンが世界で初めて、付着・浮遊の両方の状態の「新型H1N1インフルエンザウイルス(以下新型ウイルス)」の感染力を抑えることを実証しました。

今回の実験では、プラズマクラスターイオンが、付着新型ウイルス(シャーレに滴下)を2時間で99.9%抑制(イオン濃度約30万個/cm3)、加えて浮遊新型ウイルス(容積1m3ボックス内に浮遊)を40分で95%抑制(イオン濃度約2万5千個/cm3)することを実証しました。

なお、浮遊新型ウイルスとは、飛沫感染を起こす浮遊粒子の粒径5μm以上10μm以下のものと、空気感染を起こす粒径1μm以上5μm未満のものをさします。

当社はアカデミックマーケティング※4に基づき、2000年より世界の学術研究機関と連携して、プラズマクラスター技術が空気中に浮遊するMRSA※5など28種類の有害微生物の活動を抑制する効果があることを実証してきました。このうち、浮遊ウイルスに関しては、季節性H1N1型ヒトインフルエンザ/H5N1型トリインフルエンザ/コロナ/SARS/ポリオ/コクサッキーに対するプラズマクラスターイオンの感染力を抑える効果を確認済みです。

また、2002年に高濃度プラズマクラスターイオンの安全性を確認し※6、2005年には「プラズマクラスターイオンが感染のトリガーとなるウイルス表面のスパイク状たんぱく質を破壊するメカニズム」を学術機関※7と共同で解明しました。

当社は今後も、健康的な環境を創出するためにプラズマクラスター技術のさらなる進化と実証を進めてまいります。

■ジョン・オックスフォード教授(Prof. John S. Oxford)のコメント

新型インフルエンザウイルスは、極めて急速に出現したのち、わずか3ヶ月で世界中に広がり我々を驚かせました。ウイルスは呼吸による感染か付着による感染のいずれかの方法で人に感染します。この2つの感染経路でプラズマクラスター技術の効果を確認しました。この技術の最大のメリットは、多様な種類のウイルスに応用が可能なことです。トリインフルエンザだけでなく、新型インフルエンザについても今回効果が確認されました。この技術は、ウイルスの脅威に対して我々ができるマスクや手洗いとならぶ多層防衛策の一つになると考えています。

※1 プラズマクラスター、プラズマクラスターイオンおよびPlasmaclusterはシャープ株式会社の商標です。

※2 2009年11月2日現在 シャープ調べ

※3 OECD(国際経済協力開発機構)における優良試験所規範であるGLP適合機関。GLPは、3年毎に確認更新が必要で試験施設毎に運営管理、試験設備、試験計画、内部監査体制、信頼性保証体制、試験結果などをチェックし試験成績の信頼性を確保している。

※4 技術の効能について、先端の学術研究機関と共同で科学的データを検証し、それをもとに商品化を進めるマーケティング手法。

※5 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。病院などで体力の低下した人に感染し、抗生物質が効きにくいことが問題となっている。

※6 三菱化学メディエンス(株)にて試験(吸入毒性試験、眼および皮膚刺激性・腐食性試験)

※7 (独)アーヘン応用科学大学アートマン教授と共同研究

(2009/11/02)
 

 
インフルエンザニュースTOP
 
wメールでURLを送る

┏━━━━━━┓
無料
ダイエットするなら
おいしくやせよう!
超簡単レシピ集

┗━━━━━━┛

[オススメ無料コンテンツ]
まだ間に合うメタボリック対策
あなたの食生活は大丈夫?

 
新型インフルエンザ対策室TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO