剞V型インフルエンザ対策

新型インフルエンザに注意!?

★厚生労働省発表より

新型インフルエンザの大阪府下の2つの学校における臨床像


2009年5月21日時点における調査結果報告
国立感染症研究所感染症情報センター、大阪府

[はじめに]
2009年5月中旬、兵庫県、大阪府において新型インフルエンザ患者の発生があり、両府県を中心に国内の患者数は5月20日現在で200名を超えている。既に両府県では、5月18日以降、新型インフルエンザ確定患者に対する感染症法に基づく入院措置を必ずしも行うこととせず、患者の病状に合わせてその多くを自宅療養に切り替えている。
大阪では、5月20日までに99人の患者発生の報告があり、その発端となったのは大阪府茨木市内にあるA中学・高等学校であり、同校では他県の発生例も含めて64名(生徒61名、職員3名)の新型インフルエンザ確定患者がみられた。また、5月17日には、八尾市内のB小学校の6年生生徒の発生報告があり、同校では5月20日までに5名の確定例が認められた。以上の2つの新型インフルエンザアウトブレイク事例に対する調査によって得られた新型インフルエンザ確定例69例の臨床情報について解析を行い、若干の考察を加えたものを以下に報告する。
[A中学・高等学校の調査結果]
1.調査対象・方法:
A中学・高等学校の生徒1934名、職員143名において、2009年5月19日までに新型インフルエンザと確定診断された64名に対して調査を行った。
生徒61名(高校生59名、中学生2名)、教職員3名
男性49名、女性15名
平均年齢16歳(13-53歳)
全員に2009年4月以降の海外渡航歴はなし
18名の入院患者には入院先の病院にて対面調査を行い、46名の自宅療養患者には学校側の協力を得て、調査票に基づいて担当教員による電話での聞き取り調査を行った。
2.A中学・高等学校ノ特徴:
A中学・高等学校は大阪府茨木市内に位置する私立学校であり、中学校、高等学校を合わせると1900名以上の生徒が存在している。生徒は北大阪地区、兵庫県西部等広範な地域から登校している。各学年によって校舎が分かれているが、食堂が高校・中学校共通であり、また大半の生徒が利用しているスクールバスは、学年を区別することはせず満員の状態で運行されていた。
3.事例経過:
ゴールデンウイークの翌週の2009年5月11日月曜日より、A中学・高等学校において高校2年生を中心に発熱者が目立つようになった。翌12日には2年生全体で20名の欠席者となった。翌13日には36名の欠席者となり、またインフルエンザA型に罹患している者が増加しているとの情報により、同学年は5月13〜15日の3日間に渡って学年閉鎖となった。5月15日になって、神戸市内の高校生が日本国内で初めて新型インフルエンザ患者発生例として報告されたことを受けて、5月16日にインフルエンザA型と診断されていた生徒への新型インフルエンザウイルスに関するRT- PCR検査の依頼が大阪府立公衆衛生研究所に対してなされ、同日、同研究所の検査結果が陽性であることが判明し、国立感染症研究所にて行われた確認検査でも陽性と確認された。
4.臨床像について:
入院か自宅療養かの区別は、臨床症状によるものではなく、主として、患者数の増加に呼応して途中から入院措置を必ずしも行わないこととした対応方針の転換に起因する。このため、入院患者18名、自宅療養患者46名の計64名をまとめて、その臨床像を示す。38℃以上の発熱は82.8%、咳は 81.0%、熱感71.2%、咽頭痛65.1%、鼻汁・鼻閉60.3%、全身倦怠感58.1%、頭痛50.0%、下痢12.9%、腹痛10.3%、嘔吐 6.5%であった(表1)。発熱および急性呼吸器症状のうちの咳、熱感・悪寒の割合は比較的高い。また、今回の調査においては、下痢、腹痛、嘔吐等の腹部症状は、これまで他で報告されていたものよりは低い印象がある。ほとんどすべての症例が季節性インフルエンザに類似した臨床像を呈しており、重篤な状態となった患者はなかった。また、インフルエンザの典型的な症状である突然の高熱で発症する例が多いものの、急性呼吸器症状や嘔吐等の症状が先行し、数日後に 38℃以上の高熱を発する例も認められた。
5.治療:
入院患者のみの調査であるが、全例が抗インフルエンザウイルス薬を投与された。18名のうち12名がリン酸オセルタミビルを、6名がザナミビルを処方されていた。異常行動や意識障害をきたした症例はなく、抗インフルエンザウイルス薬を投薬後比較的速やかに解熱等諸症状の改善を認めていた。
[八尾市内のB小学校の調査結果]
1.調査対象・方法:
B小学校の生徒で、2009年5月19日までに新型インフルエンザと確定診断された5名に対して調査を行った。患者は全て自宅療養であり、各家庭を訪問して対面調査を行った。
生徒5名
男子2名、女子3名
年齢:9歳1名、11歳3名、12歳1名
全員に特記すべき既往歴はなし
2.B小学校の特徴:
大阪府八尾市内に位置する市立の小学校であり、生徒数は624名である。
3.事例経過:
大阪府内で海外渡航歴のない新型インフルエンザ患者が発生し、警戒が続けられていた。5月16日に発熱で休日診療所を受診した小学校6年生の女児がインフルエンザ迅速抗原検査にてA型陽性と判明してリレンザが処方されたが、その後同女児から採取された検体に対して新型インフルエンザウイルスに関するRT-PCR検査が大阪府立公衆衛生研究所にて実施され、5月17日に新型インフルエンザ陽性と判明した。また、その後、同小学校の新型インフルエンザの確定患者は増加し、5名となった。
4.臨床像について:
小学生の集団発生は現時点では日本国内ではまだ少ない。咳、咽頭痛、熱感・悪寒は全員が経験していた。全身倦怠感は80%、頭痛80%、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、関節痛はそれぞれ60%に認められた。下痢、腹痛、嘔吐等の消化器症状は認められなかった(表2)。調査対象者数は5名と少ないものの、重篤な状態となった患者はなく、診断・治療後には比較的速やかに解熱していた。また、2名は急性呼吸器症状が数日間先行した後に38℃以上の高熱を呈していた。
5.治療:
抗インフルエンザウイルス薬として2名がリン酸オセルタミビルを、3名がザナミビルを処方されていた。異常行動や意識障害をきたした症例はなく、抗インフルエンザウイルス薬を投薬後比較的速やかに解熱等諸症状の改善を認めていた。
[インフルエンザ迅速抗原検査について]
A中学・高等学校の入院者18名、B小学校の在宅療養者5名の計23名の新型インフルエンザ確定診断がなされた者のインフルエンザ迅速抗原検査結果を表3に示す。陽性率は69.6%であり、発症日や発症2日後の陽性率は57.1%であった。
[まとめ・考察]
・A中学・高等学校の64名、B小学校の5名の69名は全て臨床的に入院を要するとは評価されず、抗インフルエンザウイルス薬の投与後比較的速やかに諸症状の改善がみられていた
・38℃以上の高熱、咳・咽頭痛・鼻汁・熱感等の急性呼吸器症状はA中学・高等学校、B小学校の調査対象患者で共に高率に認められた
・全身倦怠感や頭痛はA中学・高等学校では症状出現率はB小学校よりも低く、反対にB小学校の患者では腹部症状は認められなかったが、B小学校ので対象者は少なかったため、今後更に同年齢層の症例患者の追加的な分析・検討が必要であると思われる
・多くは突然の高熱で発症しているが、中には急性呼吸器症状や腹部症状を前駆症状として数日後に高熱を発する患者も認められた。季節性インフルエンザでもそのような経過を認めることがあり、今回の新型インフルエンザでもこれと同様に様々な病態をとる可能性があることを示しているものと考える
・インフルエンザ迅速抗原検査は、発症1日後では高率に陽性を示していたが、発症日や発症2日後では陽性率は高いものではなかった
・検査キットの種類は不明であり、検体採取方法の検討もされていないため、インフルエンザ迅速抗原検査の新型インフルエンザスクリーニングに関する有用性は本検討では評価はできないが、少なくとも臨床現場で同検査が陰性であっても、新型インフルエンザを簡単には否定すべきではないと思われた
[謝辞]
本調査を実行するに当たり、全面的に協力をいただいた厚生労働省健康局結核感染症課、大阪府および各保健所、大阪市、大阪市立総合医療センター、市立豊中病院、市立堺病院、関係教育機関等に深謝いたします。

※本文中の表1〜3は掲載をしておりません。厚生労働省のホームページをご覧下さい。



新型インフルエンザ対策室TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO