ダイエット情報局

Dr.平柳のエビデンス・ダイエット
第26回

参加者に何らかの報酬が与えられる減量プログラムは成功しやすい!

Dr.平柳のエビデンス・ダイエット
◆ ◆ ◆
 誰でもそうだと思いますが、何かの報酬(ご褒美)が与えられれば、何事にもヤル気がでてきますが、減量も例外ではありません。

 ペンシルバニア州のペンシルバニア大学医学部健康経済研究所のVolpp氏らによるランダム化比較試験(JAMA 2008;300(22):2631-7)では、年齢30〜70歳、BMI30〜40の健常者57人を、(1)ただの減量(対照)群、(2)減量に成功した場合に賭けたお金が得られる群、(3)自分のお金を賭けて減量の失敗・成功に応じて損得が生じる群に、それぞれ19人ずつ無作為に割り付け、16週間の減量プログラムを実施しました。

 その結果、無報酬の(1)群は平均1.8kgの減量だったのに対し、報酬が期待できる(2)群と(3)群では、(2)群で平均5.9kgの減量、(3)群で平均6.4kgの減量でした。

 そして、約4ケ月間で目標とした7.3kg(16ポンド)の減量に成功した人の割合はおよそ(1)群11%、(2)群53%、(3)群47%で、9.1kg(20ポンド)以上の減量を果たした人の割合は(1)群5%、(2)群26%、(3)群37%した。

 結局、減量プログラムの中に、報酬(ご褒美)といった何らかの励みとなる誘因(incentive)を組み込めば、参加者の減量への強い動機付けが可能となり、減量プログラムがより成功しやすくなります。

 減量プログラムは参加者に何らかの犠牲を伴うものではなく、何らかの報酬(ご褒美)を与えるような報奨付きが望ましいようです。

■「食品医学研究所:簡単で効果的なダイエット法」(be-diet.h-and-w.jp)より
平柳要プロフィール
Dr.平柳のエビデンス・ダイエットTOP
Dr.平柳開発協力サプリ
〜エビデンス・ショップ〜
Wの細道血巡り美人美酒の友
ダイエット情報局
きれい通信TOP
 
新着 | 健康美容 | 海外 | ニュースリリース | 行政


モバイルニュースTOPへ

広告掲載について簡単依頼メールお問合せ
Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO