ダイエット情報局

Dr.平柳のエビデンス・ダイエット
第25回

ゲーム機Wiiによるスポーツゲームで肥満防止は期待薄だが、身体を動かすメリットはあり

Dr.平柳のエビデンス・ダイエット
◆ ◆ ◆
 英国にあるリバプール・ジョン・ムアーズ大学スポーツエクササイズ研究所のGraves氏らによる研究(BMJ 2007;335:1282-4)では、13〜15歳の男女11人を対象に、Wiiのスポーツソフトであるボーリング、テニス、ボクシングと、XBOX 360のプロジェクトゴッサムレーシング3(PGR-3)の計4種類のゲームで遊んでもらい、その際のエネルギー消費量を測定しました。
 各被験者は1ゲーム15分間で、5分間の休憩をはさんで4種類、合計1時間ゲームをしました。
 その結果、Wiiのスポーツゲームは3種類の平均で、XBOXのゲームに比べ、エネルギー消費量が51%高くなることが分かりました。
 しかし、上回ったエネルギー消費量の実際の値は1時間あたり60kcalで、これはご飯1杯(180kcal)の3分の1でした。
 スポーツゲームの1時間あたりのエネルギー消費量は、Wiiによるボーリングが167kcal、テニス179kcal、ボクシング174kcalであり、本物のボーリングは191kcal、テニス(ダブルス)317kcal、ボクシング(パンチバッグ〜スパーリング)382〜575kcalでした。
 スポーツゲームのボーリングは本物とあまりエネルギー消費量が変わりませんが、テニスやボクシングでは本物の半分くらいになります。
 結局、雨の日や寒い日などの悪天候の日に、少しでもエネルギー消費効果のあるスポーツゲームで楽しみながら身体を動かすことはとてもよいことですが、天気のよい昼間は、できれば屋外での本物のスポーツをおすすめします。

■「食品医学研究所:簡単で効果的なダイエット法」(be-diet.h-and-w.jp)より
平柳要プロフィール
Dr.平柳のエビデンス・ダイエットTOP
Dr.平柳開発協力サプリ
〜エビデンス・ショップ〜
Wの細道血巡り美人美酒の友
ダイエット情報局
きれい通信TOP
 
新着 | 健康美容 | 海外 | ニュースリリース | 行政


モバイルニュースTOPへ

広告掲載について簡単依頼メールお問合せ
Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO