ダイエット情報局

Dr.平柳のエビデンス・ダイエット
第23回

ほぼ毎日30分間の早足歩行がメタボ改善に効果的!

Dr.平柳のエビデンス・ダイエット
◆ ◆ ◆
 メタボリックシンドローム(metabolic syndrome;以後、メタボという)になっても、ほぼ毎日、一日あたり合計30分間、早足で歩けば、診断基準のメタボを改善できるそうです。
 ノースカロライナ州(ダーハム)にあるデューク大学医療センターのJohnson氏らによるランダム化比較試験(Am J Cardiol 2007;100:1759-66)では、40〜65歳のメタボ対象男女334人を無作為に、(1)運動なしの対照群、(2)低運動量・中強度群(実際には平均で週3.5日、1週間で17kmを約3時間かけた早足歩行)、(3)低運動量・高強度群(実際には平均で週3日、1週間で約18kmを約2時間かけたジョギング)、(4)高運動量・高強度群(実際には平均で週3.7日、1週間で約28kmを約3時間かけたランニング)に割り付け、8週間のメタボ改善効果を調べました。
 その結果、(2)の低運動量・中強度の運動がメタボの改善に極めて有効であることが判明しました。
 運動不足で太り気味の人は、わざわざジョギングやランニングといった高強度の運動をしなくとも、ほぼ毎日30分間(1週間で3時間)、早足歩行という中強度の運動をすれば、メタボを効率的に改善できるというビックリ知見です。
 室内でのデスクワーク中心の多忙な人でも、通勤時に片道15分、往復30分間の早足歩行を心がければメタボ状態を改善できます。


 
■「食品医学研究所:簡単で効果的なダイエット法」(be-diet.h-and-w.jp)より
平柳要プロフィール
Dr.平柳のエビデンス・ダイエットTOP
Dr.平柳開発協力サプリ
〜エビデンス・ショップ〜
Wの細道血巡り美人美酒の友
ダイエット情報局
きれい通信TOP
 
新着 | 健康美容 | 海外 | ニュースリリース | 行政


モバイルニュースTOPへ

広告掲載について簡単依頼メールお問合せ
Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO