ダイエット情報局

Dr.平柳のエビデンス・ダイエット
第19回

チリツモで臨めば歩数計の使用は減量効果を高める!

Dr.平柳のエビデンス・ダイエット
◆ ◆ ◆
 歩数計(pedometer)をつけて歩く人は、もっと多く歩こうという動機づけがなされ、チリツモ(塵も積もれば山となる)的に徐々に体重が減ってくるそうです。
 ミシガン州にあるミシガン大学医学部のRichardson氏らによるメタ分析(Ann Fam Med 2008;6:69-77)では、歩数計を用いたウォーキング(walking)効果を調べた9つの研究を総合評価しています。
 各研究において、参加者は15〜106人で、全体の約7割が女性で、期間は4週間〜1年間でした。
 参加者の歩数は歩数計をつけることにより、一日あたり2,000〜4,000歩(1.6〜3.2km)増加し、歩行速度を4km/hとすると、一日20〜40分間のウォーキング増となりました。
 そして、体重の減少は一週間あたり平均50gで、一年間続ければ2〜3kgの減量になります。
 類似研究として、カリフォルニア州にあるスタンフォード大学医学部のBravata氏らによるメタ分析(JAMA 2007; 298(19):2296-304)でも、8つの研究を総合評価しています。
 平均年齢48歳の人(女性85%)が平均18週間、歩数計を携帯することによって一日あたり2,491歩(信頼区間1,098-3,885歩)の増加がみられ、体格指数(BMI)が0.38減少し、血圧も3.8mmHg改善されるとしています。
 歩数計を用いたウォーキングには、チリツモ的なゆるやかな減量効果だけではなく、BMIや血圧の改善を含む広範囲な健康効果が期待できますし、ウォーキング自体が精神衛生面において、ストレスを緩和し、快眠を誘導するため、気分のよい日々を過ごせるというメリットも期待できます。


歩数計(万歩計)の売上ランキングはコチラ
 
■「食品医学研究所:簡単で効果的なダイエット法」(be-diet.h-and-w.jp)より
平柳要プロフィール
Dr.平柳のエビデンス・ダイエットTOP
Dr.平柳開発協力サプリ
〜エビデンス・ショップ〜
Wの細道血巡り美人美酒の友
ダイエット情報局
きれい通信TOP
 
新着 | 健康美容 | 海外 | ニュースリリース | 行政


モバイルニュースTOPへ

広告掲載について簡単依頼メールお問合せ
Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO