ダイエット情報局

Dr.平柳のエビデンス・ダイエット
第4回

自分が肥満かそうでないかをチェックしたいのですが…


◆ ◆ ◆
 ダイエット本や雑誌のダイエット特集などで、一ヶ月で10kgとか、20kgとか一気に痩せたというような個人的エピソードが書かれています。
 一ヶ月の間で1〜2kgの減量が望ましく、極端に体重が減るということは病的で、通常ではまず考えられないことです。
 では、望ましい体格指数(BMI; body mass index)=22とは、一体どのくらいの体重(標準体重)なのでしょうか。
 標準体重は、身長(m)×身長(m)×22で計算されるため、たとえば身長1.6mの人はおよそ56kgになります。
 また、身長と体重からBMIを求めるには、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)となり、身長が1.6mで、体重が50kgの人は19.5、60kgの人は23.4となります。
 日本肥満学会では、体型とBMIとの関係は、
やせ:BMI<18.5
ふつう:18.5≦BMI<25
肥満1度:25≦BMI<30
肥満2度:30≦BMI<35
肥満3度:35≦BMI<40
肥満4度:40≦BMI
としています。  たとえば、身長1.6m、体重70kgの人はBMIが27.3となり、肥満度1度と判定されます。
 しかし、BMIでは筋肉体質(固太り)と脂肪太りの区別ができませんので、実際に肥満かどうかを確定するには体脂肪計などで体脂肪率をはかり、これが男性で25%以上、女性で30%以上ならば肥満と判定します。
 外見はそれほどでもなくBMIもふつうなのに体脂肪率が高い人は「かくれ肥満」と呼ばれ、皮下脂肪型ではなく内臓脂肪型の肥満で、男性に多く見られます。
 ウエスト(ヘソ周り)が男性で85cm以上、女性で90cm以上の人は内臓脂肪が溜まりすぎている可能性が高いと考えられます。
 男性はお腹に脂肪がつきやすいため内臓脂肪型肥満(リンゴ型)に、女性はヒップや太ももにつきやすいため皮下脂肪型肥満(洋ナシ型)になる傾向があります。
 このように、自分が肥満かどうかは、(1)BMIが25以上か否かと、(2)体脂肪率が男性で25%以上か否か、女性で30%以上か否か、の2つの項目でおよその判定ができます。

 
■「食品医学研究所:簡単で効果的なダイエット法」(be-diet.h-and-w.jp)より
平柳要プロフィール
Dr.平柳のエビデンス・ダイエットTOP
Dr.平柳開発協力サプリ
〜エビデンス・ショップ〜
Wの細道血巡り美人美酒の友
ダイエット情報局
きれい通信TOP
 
新着 | 健康美容 | 海外 | ニュースリリース | 行政


モバイルニュースTOPへ

広告掲載について簡単依頼メールお問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO