あなたは、同窓会で老け組になりたいですか?

まるわかり!簡単アンチエイジング

行楽の秋こそUVケアが大切な理由とは?


(2014.09.25)

まるわかり!簡単アンチエイジング「第173回行楽の秋こそUVケアが大切な理由とは?」写真

夏が過ぎると、ドラッグストアであれほど大きなスペースを占めていた、日焼け止めコーナーが格段に小さくなり、すでに日焼け止めを置いていないお店すらあります。
一年の中で真夏に紫外線が最も強いのは確かですが、9〜10月でももちろん紫外線は降り注いでいます。
どれくらいの紫外線が降り注いているかというと、実は真夏の40〜70%に相当する量です。

特に、秋は行楽シーズンなので外出する機会が増えますね。たとえ、紫外線の量が真夏の半分であったとしても、2倍長い時間にわたって太陽の下にいればダメージはほぼ同じです。しかも日焼け止めを塗っていなかったら、皮膚へのダメージはもっと大きくなります。

シミやしわ・たるみといった皮膚の老化現象がどれくらいのスピードで進行するかは、その人が浴びた紫外線の総量で8割がたが決まります。
紫外線が皮膚のDNAにダメージをあたえ、コラーゲンを破壊し、シミ・しわの原因になるからです。

紫外線のダメージは夏だけではなく、一年間を通して確実に蓄積されていきます。しかし、その蓄積がはっきりとは目に見えないところが紫外線のこわいところです。
毎日顔を合わせている人だと、老化していくのはあまりよくわかりません。ところが、同窓会などで数年ぶりに会う友人だと、老化しているのがわかりますね。

あなたは、同窓会で“老け組”になりたいですか?

老化も病気も、予防に勝るものはありません。日々の紫外線ケアの積み重ねの差が、のちのちの“見た目の老化の差”となってあらわれます。
たとえ、秋でも紫外線ケアはしっかり続けましょう。

紫外線による皮膚のダメージを外側から回復してくれる、ベストのスキンケアが『ビタミンC誘導体』と『ピーリング』であり、体の内側から紫外線のダメージを回復するのが『抗酸化物質』です。
抗酸化物質とは、ビタミンC・E、コエンザイムQ10、トマトリコピン、βカロテン、ポリフェノールなどで、特に旬の野菜や果物に多く含まれています。
「食事で野菜や果物はつい不足がちだ…。」という方は、サプリメントも上手に利用すると良いでしょう。
僕自身の場合は、秋でも日焼け止めは必ず塗りつつ、顧問先のARGON社の『パーフェクトサプリ+』を飲んでいます。
ビタミンCはもちろん、ビタミンB群・D・E、コエンザイムQ10、トマトリコピン、葉酸、ナイアシン、DHA…などのあらゆる抗酸化物質に加え、今話題の大豆イソフラボン、クルクミン、アスタキサンチンまでもがすべて一粒にギュッとつまっています。
これらの成分をバラバラで買うと二万円近くしますが、『パーフェクトサプリ+』ならば月額7000円弱で済みます。
また、一日4粒飲むだけで『ウコンの力』一本分のクルクミンが補えるので宴会のときにもピッタリです。

また、同じARGON社の家庭用ピーリング剤『Pro-PEELソープ』は、約50回分の大容量で3800円とコスパに優れているので愛用しています。
どちらも激安とまでは言えませんが、自宅で簡単にアンチエイジングをしたい“コスパ重視”の人におすすめです。
※全製品ともARGON社のPC用HP:www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

(澤田彰史)
[]

アンチエイジングTOP
きれい通信TOP
 
新着 | 健康美容 | 海外 | ニュースリリース | 行政


モバイルニュースTOPへ

広告掲載について簡単依頼メールお問合せ
Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO