抗酸化物質は、原則的に野菜・果物・海藻類に多く含まれています。

まるわかり!簡単アンチエイジング

禁煙せずにアンチエイジングする方法


(2014.05.23)

まるわかり!簡単アンチエイジング「第164回禁煙せずにアンチエイジングする方法」写真

たばこは肺がんだけではなく、食道がんや胃がんなどのあらゆるがんの原因になることはよく知られていますね。しかし、たばこの害はそれだけではありません。見た目の老化スピードも速まり、しわが増えやすくなります。特に口の周りは、煙がもろに接触するので、口の周りのしわを形成外科では「スモーカー・ライン」と呼びます。また、たばこで血管の老化も進み、アルツハイマー病や動脈硬化も起きやすくなります。

たばこがこれほど人体に害を及ぼすのは、たばこが体内の“活性酸素”を増やしてしまうからです。活性酸素とは、人体をサビつかせ、老化と病気の原因となる“諸悪の根源の物質”です。しかし、「どうしてもたばこをやめられないんだよなあ…。」という人もいるでしょう。そういった人はどうすれば良いのでしょうか?禁煙がベストなのは言うまでもないことですが、どうしても禁煙できない人が覚えておくと良いのが『りんごペクチン』と『ビタミンC』です。りんごペクチンとは、読んで字のごとくりんごに含まれている物質で、ビタミンCは言うまでもなく野菜や果物の全般に多く含まれている物質です。

この二つを摂取することで、たばこの害を減らせることがわかっています。ただし、害を“減らせる”だけであって、ゼロにできるわけではないのでご注意を!“一日一個のりんごで医者要らず”と言いますが、まんざらウソでもないわけですね。しかしなぜ、たばこの害を減らすことができるのでしょうか?それは、りんごペクチンもビタミンCも活性酸素によるサビつきをおさえてくれる、“抗酸化物質”だからです。抗酸化物質は、原則的に野菜・果物・海藻類に多く含まれています。

たばこがやめられない人に限らず、アンチエイジングをめざすなら抗酸化は必須です。食事から摂取するのが理想ですが、どうしても食生活のバランスが乱れがちの場合は、抗酸化物質のサプリメントもうまく利用してサビつきを予防しましょう。非喫煙者ももちろん、喫煙者ならばなおさらです。

僕が顧問をしているARGON社の『パーフェクトサプリ+』は、ビタミンA・B群・C・D・Eと、コエンザイムQ10、トマトリコピン、葉酸、ナイアシン、DHAなどの抗酸化物質に加え、今話題のクルクミン・大豆イソフラボン・アスタキサンチンまでもがたった一粒にギュッとつまっています。これらをバラバラで飲むと2万円近くのコストになりますが、『パーフェクトサプリ+』ならば約7000円で済みます。特にクルクミンは、4粒の規定量を飲むだけで『ウコンの力』一本分に相当しますので、宴会時にも最適です。

僕自身も発売以来ずっと飲んでいます。美肌やアンチエイジングをめざす人のみならず、「たばこはやめられないけど、アンチエイジングもしたい!」というわがままな人にもおすすめです。(※ARGON社のHP:http://www.argon.jpからネット直販価格にてご購入できます。)

(澤田彰史)
[]

アンチエイジングTOP
きれい通信TOP
 
新着 | 健康美容 | 海外 | ニュースリリース | 行政


モバイルニュースTOPへ

広告掲載について簡単依頼メールお問合せ
Copyright(c)2007-2019 All Rights Reserved.
健康美容EXPO