花粉症を解説

花粉症対策室

花粉症とは?


花粉症は、花粉に対して人間の体が起こす異物反応で、体の免疫反応が花粉に過剰に反応し、くしゃみや鼻水、涙で花粉を外に出そうとする症状です。

花粉症対策「くしゃみや鼻水」 関東地方では、2月から4月はスギ花粉、4月から5月はヒノキ花粉、6月から8月はイネ科花粉、8月から10月はブタクサ花粉が主として飛散します。また、北海道と本州の一部では4月から6月にかけて口腔アレルギー症候群と関連の深いシラカバが飛散します。
スギは日本特有の木で、中国の一部にもありますが、その数は日本と比べると少なく、スギ花粉症が問題となっているのは、ほとんど日本だけとなっています。
スギ花粉の飛散量は毎年大きく変動しますが、近年、戦後に植えられたスギの木が大きく成長し、潜在的な花粉生産能力が高い状態になっています。また、気象の温暖化も増加の影響と考えられています。

花粉症対策「スギ花粉」

花粉症は季節的にも風邪の流行する時期に重なるため、発症の初期ではくしゃみ、鼻水が症状として同じことがあるので、花粉症と気づきにくい場合があります。
花粉症にかかっていると、口腔アレルギー症候群(別名:果実野菜過敏症)が発症することがあります。その名前のとおりある種の果物や野菜を食べると口の中が痒くなります。多くはシラカバ花粉症の方に頻度が多いのですが、他のイネ科花粉症やスギ花粉症でも報告されています。最も多い果物はリンゴとサクランボです。
また、花粉症はアレルギーの病気なので、同じアレルギーである喘息や通年性のアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などになりやすいと考えられています。

花粉症対策「アレルギー性鼻炎」 花粉症以外のアレルギー疾患をもっている方や、家族の方が何らかのアレルギー疾患を持っている人は、それのない人に比べて、花粉症になりやすいといわれています。
大量の花粉に出会うと、体が花粉に対する抗体を産生する可能性が高くなります。スギに対する抗体をたくさん産生すると、何らかのきっかけでスギ花粉症を発症しやすくなります。また、これまで軽症で花粉症であることに気がつかなかった方も、花粉を鼻からたくさん吸い込んだり、目に入ったりすると、花粉症の症状が強くなります。
 
[]

花粉症とは?予防のポイント症状がでたら効果あり?
 
花粉症対策室TOP
アレルギー対策室TOP
健康美容NEWSモバイルTOP
花粉症とは?花粉症の予防花粉症の症状花粉症への効果
健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO