株式会社シャローム 売れるモノづくりを実現する次世代のOEM企業

健康美容EXPO
健康美容EXPO:TOP > 特集 > 企業特集 > 売れるモノづくりを実現する次世代のOEM企業 株式会社シャローム

情報提供 : 株式会社シャローム

化粧品、医薬部外品 OEM受諾製造企業 シャローム[SHALOM]

多様化する市場で競争力ある製品を創りだすのは至難の業だ。受託企業にとって、とりわけ、どうしても後手に回りがちな側面でもある。そうした中、すぐれた商品企画・市場調査力を武器に、高い研究・開発力を最大限に活かし、

充実の製造体制でクライアントの期待にこたえ続けるのが、シャローム

だ。その強みの一端を、最前線の社員の証言から探る。

シャロームは頼もしいパートナーとなる精鋭部隊
、充実の製造体制でクライアントの期待にこたえ続けるのが、シャローム

クライアントの意向を最大限に実現し、最高の製品を作り出す――。OEMメーカーにとっては当然の使命だが、どこまで突き詰めるかによって、その満足度には大きな差が出てくる。提案を忠実にこなすレベルもあれば、付加価値をプラスαし、120点の答えで返すケース。さらに、提案自体をバージョンアップし、市場で回転する製品にまで仕上げるケース…。同社が目指すのは、これら全てを踏まえた上でのベストの解だ。

 

あえてこの難題に立ち向かう同社の最前線に立つのが、営業部隊だ。営業といっても、担うのは商品コンセプトの創出から販促提案に至るまでのトータルのコーディネート。つまり、売れるためにどうすればいいのか、から逆算できる、クライアントにとって最高に頼もしいパートナーとなる精鋭部隊だ。全員女性のチームを束ねる営業部 商品企画課マネージャーの那須泉氏は、そのスタンスを次のように明かす。

 
企画提案から販促PR支援、資料づくり、社内教育まで。

「私どもの強みは、クライアントとともに歩んでいくことを常に意識している点と考えています。単に提案を受け入れるだけでなく、どうすればそれが最大化されるのかを、クライアント企業の元来のカラーとぶれることなくマッチさせながら、最善の答えを導きます。細かいヒアリングのもと、企画提案から販促PR支援、資料づくり、社内教育のお手伝いをすることもあります」。

 

まるで、外部スタッフのごとく、クライアントにピタリと寄り添い、キチンと意見も言う絶妙の距離感で、要望の最大化に全力を尽くす営業チーム。那須氏以外は全員文系だが、それも「知り過ぎていることはブレーキになる」という同社小山内紋理GMの意向が反映されたものというから恐れ入る。同社の女性営業部隊は、まさにクライアントの満足度を高める直接的な実働部隊であり、受託企業の営業の域を超えた、同社にとって大きなカギを握る存在なのだ。

 
シャロームのとことん追求しノウハウを蓄積する研究開発

もっとも、どんなに営業部隊が優れた企画を立案しても、それを実現するベースがなければむしろ、期待を裏切ることになりかねない。それを見事に受け止め、具現化するのが、同社の研究開発部門だ。「発酵」、「DDS(ドラッグデリバリーシステム)」、「香り」の3つを中心に、基礎研究を同社独自の部門である研究課と大学との産学連携で取り組み、開発泣かせの難題にも臆することなく立ち向かう。

 
シャロームの研究課からの開発
 

「クライアントから配合を希望する素材がある場合、その素材のポテンシャルを最大化することを考え処方を組み、提案します。そのために我々としては、あらゆる化粧品原料を細かく記憶し、どれと組み合わせることがベストにつながるのかをとことん追求し、ノウハウとして蓄積するようにしています」と開発部 開発課マネージャーの小野寺氏は明かす。

 
シャロームの発酵技術で化粧品開発を実現
麹を発酵させ、超高圧で抽出する

最近ではとりわけ、発酵技術に力を入れ、素材が本来持つ力をより高めたり、新しい力を生み出すことを実現している。栃木県の麹を扱う会社の事例では、同社の麹を発酵させ、超高圧で抽出することにより、アミノ酸やビタミンB群が豊富なエキスを創りだすことに成功。高い機能性を誇る化粧品開発を実現した。原材料のコメは無農薬で、麹はすべて手作りというこだわりようで、非常に競争力のある製品に仕上がっている。

 
。「田七人参発酵エキス」として、新規原料を開発。

田七人参を扱う健食販売会社の事例では、シャローム独自の発酵法で3種の乳酸菌とビフィズス菌を選択し、そのエキスを抽出。「田七人参発酵エキス」として、新規原料を開発。2014年にINCIおよび日本化粧品工業連合会に化粧品新規原料として登録されている。この原料を活用し、化粧品業界でのシェア獲得を目指した。この2つの事例からも分かるように、同社は、単に期待に応えるだけでなく、それを大きく上回るアウトプットで、クライアント企業の事業領域を広げるチカラを持っている。

 
シャローム[SHALOM]は化粧品・健康食品の℃ちれのOEMにも柔軟に対応します。
現在シャロームでは、化粧品OEMにとどまらず、健食のOEMまで手掛けるの
 
化粧品の受託メーカー

化粧品の受託メーカーとして出発した同社が、いまでは化粧品OEMにとどまらず、健食のOEMまで手掛けるのは、その高い企画・提案力、すぐれた研究開発力による自然の流れ。どんな提案に対しても「無理」と捉えない姿勢を貫く、あくまで結果としての業務拡大だ。それはつまり、同社が、市場の変化とともに、健全かつ柔軟に深化している証でもある。

 
化粧品、医薬部外品 次世代のOEM企業

化粧品販売会社への健食の提案、その逆に健食販売会社への化粧品の提案。どちらにも対応できるだけでなく、両方をラインナップとする製品販売のストーリーづくりにまで配慮する同社。今夏には、増大するニーズに対応すべく、新工場を稼働。製造部門のさらなる質と量の向上を図る。顧客目線を重視しながら、市場を俯瞰する企画力を備える同社は、売れるモノづくりを実現する次世代のOEM企業として今後、さらなる飛躍を目指す。

 
株式会社シャローム 営業部商品企画課マネージャー 那須泉氏 インタビュー
株式会社シャローム 商品企画課 マネージャー 那須泉氏(写真)
株式会社シャロームの化粧品・健康食品について

化粧品OEMを起源にする弊社ですが、数年前から健康食品OEMも手掛けています。そうした我々へのクライアントからの入口は2つあります。ひとつは健食を販売している会社が、同じコンセプトで化粧品へ進出するケース。もうひとつは、化粧品を販売している会社が企業カラーと違和感なくサプリメントへ進出する場合。前者の場合、単に化粧品創りを提案するだけでなく、ニーズに合わせた売りやすい化粧品として企画していきます。
後者の場合、いきなり糖尿病対策サプリではおかしいわけですから、シミ・しわ・たるみといったテーマで、化粧品では補えない部分を補える製品としてのサプリメントづくりを提案します。こうした過程において大事なことは、ユーザーの要求はもちろん、不満や不安などのニーズ、技術や有効成分のシーズ、そして競合が入りにくい商品づくりと考えています。その上で、製品づくりのパートナーとして、市場で引き合いのある製品を最適な戦略に基づいて、ともに創り上げていきたいと思っています。

SHALOM の特長
シャロームの発酵技術

同社が特に力を入れる発酵技術は、有効成分の機能性を拡大する役割を担う。ステビアを発酵させた事例では、これまでにない物質として、抗ヒスタミン、美白成分の特定とその抽出に成功し、特許を出願した。
また、麹を発酵媒体として、その酵素反応を最大化させる製造技術を確立させ、高濃度なビタミンB群、アミノ酸及び抗酸化力のあるエキスの抽出に成功した。

シャローム社が特に力を入れる発酵技術
 
シャロームの研究課、開発課

化粧品OEMとしては珍しい研究課。新規原料と剤形の開発に、在来にない技術を応用し、アプローチする。香料の機能性に着目、その基礎研究に着手する。研究材料を実用化する為の検証を開発課におき、研究と開発課が一体となった製品化体制を構築している。

シャーローム社は、研究と開発課が一体となった製品化体制を構築している。
 

超高圧処理装置、超臨界CO2抽出装置の導入。同装置利用による基本物性を研究している大学と共同研究を進める。100MPaの超高圧による抽出技術の蓄積と、二酸化炭素を溶媒とした超臨界CO2の用途研究と開発(化粧品、健康食品、香料など)に力を入れている。共同研究、テストバッチの依頼を受けている。

超臨界CO2抽出装置
超臨界CO2抽出装置
超高圧処理装置
超高圧処理装置
 

「ケレキュアネ」は、アクティブエイジングを実現する女性のためのコスメ。サプリメントでの活用実績のある田七人参を、発酵技術により、そのパワーを最大化。さらにナノ粒子化することで、世界で初めてオーガニック田七人参発酵エキスの配合に成功している。同成分は、主成分の25種のサポニンをはじめ、有機ゲルマニウム、フラボノイド、アルギニン、鉄分、各種アミノ酸などを豊富に含み、整肌成分として、同製品の高い付加価値となっている。

エイジングケア化粧品 Cere Cyane ケレキュア
ケレキュアネ
http://www.cere-cyane.jp/
 

【株式会社シャローム】

≪事業内容≫

  • ◎化粧品の受託製造
  • ◎医薬部外品の受託製造
  • ◎化粧品・医薬部外品の輸出入業務
  • ◎化学製品の製造・販売
  • ◎健康食品の受託

≪所在地≫

■本社・工場
〒401-0511
山梨県南都留郡忍野村忍草字立沢 3041-6
TEL:0555-84-4201
FAX:0555-84-4203
■東京オフィス
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町9-8  URBAN PARK代官山402
TEL:03-5457-0711
FAX:03-5457-0712
■富士宮研究所
〒418-0067
静岡県富士宮市宮町8-17 
かぎや第2ビル
TEL:0544-29-6327
FAX:0544-29-6328

株式会社シャローム[SHALOM]への商品企画・製造・原料のお問い合わせはこちら。
 
 
 

株式会社シャローム

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町9-8
URBAN PARK代官山402
TEL:03-5457-0711 FAX: 03-5457-0712

株式会社シャローム[SHALOM]への商品企画・製造・原料のお問い合わせはこちら。
 
健康美容EXPO:TOP > 特集 > 企業特集 > 売れるモノづくりを実現する次世代のOEM企業 株式会社シャローム

■注目カテゴリ

健康食品  健康食品 原料  美容・化粧品 スキンケア  サプリメント  機能性成分  容器・パッケージ  健康食品 製造  健康食品 機器・設備  試験・分析  基礎化粧品  プラセンタ  業務用エステ機器  薬事法  特定保健用食品(トクホ)   化粧品 OEM  炭酸泉  介護衛生用品・消耗品  ネイル  スキンケア  医薬部外品  食品添加物  エステ化粧品

■オリジナルコンテンツ

特集一覧  冷え症改善素材  オリゴ乳酸(ラック)  Maca  医薬部外品 製造  Tie2 素材  小ロット  抗肥満素材  システマティックレビュー  アフリカマンゴノキ  機能性乳原料  機能性関与成分一覧表  便通改善 素材    5分でわかる機能性表示食品制度  睡眠改善素材  スーパーフード(superfoods)  マカ  ローヤルゼリー