生薬・漢方 抽出エキス末 受託製造 池田薬草株式会社

健康美容EXPO
健康美容EXPO:TOP > 特集 > 企業特集 > 原点回帰で全国展開図るローカル企業の勝算 池田薬草株式会社

情報提供 : 池田薬草株式会社

池田薬草

徳島県三好市の受託メーカー池田薬草(株)

は、自社栽培した薬草を「刻み生薬」として製品化し、消費者や医家向けに販売することからスタートした。そこから、徐々に「生薬等抽出エキス末」の受託製造へシフト。本社工場は、医薬品GMPを取得する高品位で生産力ある体制を整えるなど、着実に設備を増強し成長を続けてきた。2015年7月、神奈川県川崎市にラボを開設。全国展開の拠点として実績を積み上げている。いま、同社は、満を持して「第二創業」に踏み出し、原点回帰で地方から全国、そして世界へと積極的に動いている。

設備力優れる地方企業が仕掛ける全国展開
全国展開

山河に囲まれた中に、溶け込むように立つ同社の本社工場。工場を訪れる人は、一様にその規模感に驚くという。「こんなところに、こんな設備が整った工場があるとは…」。それもそのハズで、同社は現社長の中村俊洋氏が就任するまではほとんど外への露出をしてこなかった。そのため、全国的な知名度は低く、知る人ぞ知る存在でしかなかった。

 

「もったいない…」。2010年に社長に就任した中村社長が感じたように、見学した多くの企業担当者も同じように思っていた。地方企業で受託企業ゆえの奥ゆかしさといえば聞こえはいいが、景気の先行きが不透明な中で、それでは生き残れない。ビジネス界での経験が豊富な中村社長は、手始めに認知度向上に着手。まずは首都圏の関連展示会デビューから露出をスタートし、同社の誇るパフォーマンスを広く知らしめることを軸に動き始める。

高品質で安心の医薬品GMP認証工場

製品の品質保持については万全の体制を備えている。「エキス抽出エリア」をはじめ、どんなものでも粉末化できる完全クローズドかつ一貫した加工製造が可能な「粉砕エリア」は、医薬品GMP認証を取得した非常に高品質で安全な設備を保持している。医薬品原薬並びに食品用途のバルク製造ライン、化成品用途のバルク製造ライン。共に粉体加工に特化した充実の設備群は、メーカーのニーズを受けながら拡充し、同時に信頼を積み上げてきた。具体的には、メーカーの設備投資のリスクを同社が背負う形で、一心同体の受託メーカーとしての基盤を拡充してきた。強い信頼関係がなければ成り立たないモデルだが、一方で、メーカーありきの設備投資でもある。需要が旺盛な時期はいいが、なくなれば苦境に陥ってしまう脆弱さが弱点となる。

医薬品ライン、食品ライン

積極的な露出戦略は、こうしたメーカーありきのスタンスからの脱却へのアプローチでもある。とりわけ、水系、含水アルコール系の溶媒を使用したエキス抽出技術およびスプレードライ噴霧乾燥機やハンマーミルを利用した粉末化技術においては、他社に負けない最新で安全かつ高度な設備が整い、知見も蓄積されている。さらに、総量37tのSD原液をストック可能なタンク群も所有しており、各種製品バルクの少量から大量生産を実現する。それらをしっかりと外へ向け発信することで、幅広いニーズを掬い取る。地方だけでは薄かったニーズを、全国へパイを広げることで厚くし、企業としての安定感を増す狙いだ。

 
四国産素材に着目した機能性素材開発・提案
スダチを使った原料のスダチ果皮エキス末

徳島県で全国の生産量の100%近くを占めるすだちを使ったスダチ果皮エキス末をはじめ、レンコンエキス末、ウラジロガシエキス末など、オリジナリティあふれる四国の特産原料を使った原料開発も進め、それらを活用した製品づくりの積極提案にも乗り出す。地方創生の追い風に乗りながら、地方のマイナスをプラスに転換する提案力を磨きながら、訴求力の強化も同時に推し進める。

 
新拠点・新川崎ラボにて試験開発受託を推進
有機溶媒にも対応できる特殊なスプレードライ(噴霧乾燥)試験機

受託の間口や試験開発能力の幅を広げるために、新たに有機溶媒にも対応できる特殊なスプレードライ(噴霧乾燥)試験機を導入した。数グラムという少量の粉末乾燥から対応でき、水系だけでなく有機溶媒系まで幅広く対応が出来るところが大きな特徴の一つである。この試験機は汎用性には優れているが、高額のため日本国内では導入企業も少なく、特に医薬品原料向けの潜在ニーズを掬い取るための大きな武器として期待されている。
2015年7月全国展開の新拠点として川崎市の「かわさき新産業創造センター(KBIC)」内にラボを開設、上記スプレードライ試験機をはじめ、エキス抽出から濃縮・乾燥まで一連の試作が可能な装置類を設置して、新たな顧客ニーズの掘り起こしを進めている。

 
かわさき新産業創造センター(KBIC)
 
六次産業を見据えた、地方創生を目指す製品開発
自然素材を、高い技術で安全に加工

一般消費者向けの最終製品開発も再開する。もともと、同社には薬草を粉末にして一般向けに販売していた歴史がある。自然素材を、高い技術で安全に加工し、人々の健康の創造に寄与してきた実績がある。そこへ立ち返り、受託だけでなく、再び、一般向けの製品づくりにも乗り出すことで、企業としてのステージをもう一段アップさせる狙いだ。一般向けの製品づくりは、同社のメーカーとしての製品づくりのアピールにもつながる。原点に立ち返り、一般消費者との接点を持ちつつ、地元素材を使った最終製品の開発も行うことで、受託製造のオーダーにもつなげる意向だ。

 
徳島県三好市 池田薬草株式会社 本社・工場

いま、あえて「原点回帰」を掲げる同社。その起源には、薬草の栽培による雇用創出などの地域活性化と地域の福祉向上への寄与がある。創業時の志にもう一度立ち返ることで、企業としての存在意義を再認識し、ブレない歩みを確立する。折しもいま、日本は国を挙げて地方創生が叫ばれている。その流れは、同社の原点とピタリと一致する。ビジネス感覚に長ける中村社長のもと、さらなる飛躍へ向け、四国徳島県の地域資源を生かすことで、産学官をも巻き込んだ六次産業化を推進し、地方創生を実現化していく。四国から全国、そして世界をも視野に入れ、満を持して「第二創業」という大きな一歩を踏み出していく――。

池田薬草株式会社のトピックス
GMP認証取得

品質の良い優れた製品を製造するために、構造設備(GMPハード)や製造管理、品質管理及び衛生管理(GMPソフト)の全般にわたり、専門スタッフが徹底分析・厳しい品質チェックを行う。

ISO認証取得

ISOは、その目的と内容によりいくつか種類があるが、なかでも企業の社会的責任の一環として取得人気が高まっているのが、ISO9001とISO140001だ。 ISO9001は、製品やサービスの品質管理や品質保証に関する規格で、社会的信頼や顧客満足を軸としたマネジメントシステムの規格。また、ISO140001は、環境への配慮と経営発展の両立を目指す環境マネジメントシステムの規格である。

VS東京

「徳島」の魅力を国内外に強力にアピールするため2014年9月に策定された徳島県のの共通コンセプト。首都・東京を仮想敵と定め「徳島 vs 東京」の構図をあえて打ち出すことで、控えめな性格の徳島県民を奮い立たせ、県民自らが自信をもって「徳島」をアピールしていってほしいという思いと、新しい動きに敏感な人々の目を「徳島」に向け、徳島県を活性化していきたいという思いが込められている。

徳島は宣言する VS東京
池田薬草株式会社
池田薬草株式会社

≪事業内容≫

  • ■第二種医薬品製造販売業
  • ■医薬品製造業
  • ■医薬部外品製造販売業
  • ■化粧品製造販売業
  • ■食品添加物製造業
  • ■機能性食品・健康食品製造
  • ■OEM
  • ■受託製造

≪沿革≫

  • ■1984年(昭和59年)池田薬草株式会社設立。厚生省より医薬品製造業としての許可を受ける
  • ■1986年(昭和61年)ジュウヤク他102種類、厚生省より医薬品製造承認を得る
  • ■1990年(平成2年)新社屋・工場 落成
  • ■1993年(平成5年)帝國製薬株式会社 池田工場 落成 〔業務提携〕
  • ■1994年(平成6年)エキス濃縮装置増設
  • ■2000年(平成12年)SD(スプレードライ)工場 落成
  • ■2003年(平成15年)SD(スプレードライ)第2工場 落成
  • ■2009年(平成21年)粉砕工場 落成
  • ■2014年(平成26年)ISO9001/14001認証取得

≪所在地≫

  • ■本社・工場
    〒778-0020
    徳島県三好市池田町州津中津1808-1
    TEL:0883-72-5320
    FAX:0883-72-5005
    ■新川崎ラボ
    〒212-0032
    神奈川県川崎市幸区新川崎7-7
    KBIC215
    TEL:044-223-6913
    FAX:044-223-6914
徳島県三好市 池田薬草株式会社へのお問合せはコチラ
 
 

池田薬草株式会社

[本社・工場]
〒778-0020 徳島県三好市池田町州津中津1808-1
TEL:0883-72-5320 Fax:0883-72-5005
[新川崎ラボ]
〒212-0032 神奈川県川崎市幸区新川崎7-7 KBIC215
TEL:044-223-6913 Fax:044-223-6914

徳島県三好市 池田薬草株式会社へのお問合せはコチラ
 
健康美容EXPO:TOP > 特集 > 企業特集 > 原点回帰で全国展開図るローカル企業の勝算 池田薬草株式会社

■注目カテゴリ

健康食品  健康食品 原料  美容・化粧品 スキンケア  サプリメント  機能性成分  容器・パッケージ  健康食品 製造  健康食品 機器・設備  試験・分析  基礎化粧品  プラセンタ  業務用エステ機器  薬事法  特定保健用食品(トクホ)   化粧品 OEM  炭酸泉  介護衛生用品・消耗品  ネイル  スキンケア  医薬部外品  食品添加物  エステ化粧品

■オリジナルコンテンツ

特集一覧  冷え症改善素材  オリゴ乳酸(ラック)  Maca  医薬部外品 製造  Tie2 素材  小ロット  抗肥満素材  システマティックレビュー  アフリカマンゴノキ  機能性乳原料  機能性関与成分一覧表  便通改善 素材    5分でわかる機能性表示食品制度  睡眠改善素材  スーパーフード(superfoods)  マカ  ローヤルゼリー