整腸以外にも美容効果が確認されて再注目「ビフィズス菌」

健康美容EXPO
健康美容EXPO:TOP > 原料特集 > 整腸以外にも新しい効果が確認されて再注目! 「ビフィズス菌」

美容効果という観点から注目を集めるビフィズス菌

整腸関連の代表的な素材のひとつとして高い認知度を誇るビフィズス菌。その機能性については、抗アレルギー、抗インフルエンザ感染、骨密度の増強、発ガン抑制、美肌…など、研究の進展とともに広がりをみせ、再び注目を集めている。

ヒトの腸内における有用菌の代表格

誰もが一度は耳にしたことがある、ビフィズス菌。その歴史は古く、発見は1世紀以上も前にさかのぼる。以降、健康によい成分として研究が続けられ、現在もその追求は続けられている。

ビフィズス菌は、有用菌の代表格

「カラダにいい」、「おなかにいい」。そう分かってはいても、なぜいいのかまではあまり知られていない。それを知るには、腸内に生息する有用菌と有害菌の存在を知っておく必要がある。有害菌はその名の通り、カラダに有害な菌で、硫化水素やニトロソアミンといった腐敗物質を作り出す。一方、有用菌は、有機酸やビタミンなど、体に有用な物質を作り出し、有害菌の増殖を抑制する。

ビフィズス菌は、有用菌の代表格であり、通常我々の腸の中に生息する。特に乳児においては腸内菌叢の大部分がビフィズス菌で占められており、おなかの中から赤ちゃんの健康を守っていることが様々な研究により明らかになっている。また、大人の腸管内においても有用菌としては最優勢であり、乳酸菌に比べ100倍以上生息しており、腸内の中では最も重要な細菌といえる。

“毎日摂取”が健康にとって重要

ビフィズス菌は、ヨーグルトを中心にさまざまな食品に応用されている

当然のことだが、このビフィズス菌を腸内で増やすには、生きているビフィズス菌が含まれる食品を摂取しなくてはならないが、一度摂取してもビフィズス菌は永久には生息しない。加齢や日々のストレスなどにより、減少してしまう。そのため、単に摂取するだけでなく毎日継続することがビフィズス菌で健康になるためには重要となる。

もっとも、ビフィズス菌には、ヒトが摂取する上で大きな弱点があった。酸や酸素に弱いのだ。その弱点を克服し、日本で初めて乳製品にビフィズス菌を応用することに成功したのが、森永乳業のビフィズス菌。1971年のことである。以降、ビフィズス菌は、ヨーグルトを中心にさまざまな食品に応用され、広く普及、現在に至っている。

ヒト由来と動物由来に分かれるビフィズス菌

ひとくちに「ビフィズス菌」といってもその種類は多く、菌種によって生息場所も異なる。大きくは2種類、すなわち人に生息しているビフィズス菌と動物に生息しているビフィズス菌に分けられる。一般に人に生息しているビフィズス菌は、B.longum(ロンガム菌),B.breve(ブレーベ菌),B.infantis(インファンティス菌)などが知られており、これらの菌種は動物の腸管内からはほとんど分離されない。動物(ネズミ、牛、豚、等)にもビフィズス菌が生息していることが知られており、B.animalis(アニマリス菌),B.pseudolongum(シュードロンガム菌), B.thermophilum(サーモフィラム菌)などが代表的な菌種だが、これらの菌は人の腸管内からはほとんど観察されない。

人に最適なのはやはりヒト由来

現在市販されているビフィズス菌製品には、動物由来のビフィズス菌が使われているものも数多い。しかし、上記の事実を踏まえても、一般食品に利用する場合には、ロンガム菌などの人に生息するビフィズス菌を、飼料に利用するのであれば、アニマリス菌などの動物に生息するビフィズス菌が適しているといえる。

整腸以外にも抗アレルギー、 抗インフルエンザ感染作用など豊富なエビデンス

そうした事実を裏打ちするようなさまざまな研究報告もなされている。代表的な整腸作用については、便秘気味の女性39人にビフィズス菌BB536を配合したヨーグルトを1日100g2週間摂取する実験が行われている。その結果、ビフィズス菌の割合が増え、排便回数が増加、有害物質であるアンモニア濃度も低下した。(下図参照)

ヨーグルト摂取による整腸作用の違い

抗アレルギー作用に関する実験も行われている。花粉症患者44人に、スギ花粉が飛び始める1ヶ月前からビフィズス菌BB536粉末またはプラセボ粉末を13週間摂取。その結果、ビフィズス菌BB536摂取群では対照群に比べ花粉症の自覚症状が緩和され、さらに症状と関連する血中マーカーも改善された。(下図参照)

その他、感染防御作用、コレステロール値低下作用、骨強度増強作用などで有効な結果が出ており、ビフィズス菌の生理機能の高さは科学的にも証明されている。

抗アレルギー作用に関する実験結果

昨今では美容関連でも注目度が上昇中

内側からの美容という観点からも注目を集めている。

昨今では腸内環境の改善が、便秘解消やダイエットにつながるだけでなく、内側からの美容という観点からも注目を集め、新たなニーズが広がり始めている。表面的はもちろん、内側、つまり腸をキレイにすることで本当の美しさが得られる。そうしたコンセプトが美容業界でも浸透しはじめており、今後の研究の進展と併せ、新たな領域へのさらなる展開が期待される。

 

入社以来、ビフィズス菌の研究および海外販売に携わる。2011年より現職へ異動し、機能素材事業の拡大に尽力

インタビュータイトル

ビフィズス菌の研究自体の歴史は古く、弊社でも40年以上にも及ぶ研究 が行われてきました。その成果として、1971年に日本で初めて乳製品へビフィズス菌を応用することに成功しました。以来、ビヒダスヨーグルト等の長年の販売実績があります。世界でも様々な国でサプリメント、育児用粉ミルクなどに利用されていますが、これらの製品に利用されるためには、ビフィズス菌を生きたまま粉末にする技術が必要です。そのための研究を長年続けた結果、弊社のビフィズス菌は他のビフィズス菌と比べ、保存安定性を含めた品質面で世界一といえると思っています。

発見以降、さまざまな研究が続けられるビフィズス菌は、これまでに整腸のほか、抗アレルギー、抗インフルエンザ、発ガン抑制、最近では美肌に関するエビデンスが報告されるなど、多様な機能性が明らかになっています。ビフィズス菌による整腸や免疫力の向上が、体のさまざまな不調の改善に効果があることが、着実に解明されつつあります。

ヒト由来にこだわった弊社のビフィズス菌は、長い研究の歴史の中で80以上もの論文発表があり、エビデンスが充実しています。製品としての高い保存安定性も30年以上に及ぶ研究開発よって実現しました。品質を担保する菌数の測定や製品への応用といった技術的サポートにも対応しますので、メーカー様には製品開発においても安心して取り組んでいただけると思います。

機能素材としてさまざまな可能性を秘めるビフィズス菌。今後は、蓄積したデータを有効に活用し、さらにいろいろな形で広めていければと思っています。

乳酸菌とビフィズス菌
ビフィズス菌は、糖を分解し、乳酸以外にも酢酸を作る菌

乳酸菌は糖を分解し、乳酸を作り出す菌。ビフィズス菌は、糖を分解し、乳酸以外にも酢酸を作る菌。広義には乳酸菌に含まれる場合もあるが、分類学的には乳酸菌とは異なる。

特定保健用食品(トクホ)

ビフィズス菌BB536の入ったヨーグルトは「特定保健用食品(トクホ)」の表示許可を得ている。ヘルスクレームは「このヨーグルトは生きたビフィズス菌(ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536)を含んでいますので、腸内のビフィズス菌が増え、腸内環境を良好にし、おなかの調子を整えます」。

特定保健用食品(トクホ)のマーク
最新研究

ビフィズス菌の最新の研究では大腸がん予防に有効といえる知見が得られている。大腸がん発生の関与が指摘される悪玉菌「毒素産生型フラジリス菌(ETBF菌)」を減らす作用がビフィズス菌にあるというもの。含有ヨーグルトと一般的な牛乳の摂取群に分けた臨床試験で調べた。

また、美肌に関するエビデンスも報告されている。森永乳業と和歌山県立医科大学医学部皮膚科学教室の共同研究で、便秘がちな成人女性28人にビフィズス菌含有の乳酸菌飲料を8週間継続摂取してもらい、経過を観察した。その結果、被験者の排便状況および肌状態の改善が示唆された。

ビフィズス菌BB536の発がん予防・抗腫瘍作用の図
森永乳業株式会社のロゴ
【森永乳業株式会社】

牛乳、乳製品、アイスクリーム、飲料その他の食品等の製造、販売を行う。機能性素材も展開し、研究開発部門では乳の優れた力を探り、最大限に活用することをメインテーマに、おいしさ、栄養、健康、安全・安心の面から追求し、製品作りを続けている。

ビフィズス菌に関するお問い合せはこちら
 
 
ビフィズス菌に関するお問い合せはこちら

健康美容EXPO:TOP > 原料特集 > 整腸以外にも新しい効果が確認されて再注目! 「ビフィズス菌」

■注目カテゴリ

健康食品  健康食品 原料  美容・化粧品 スキンケア  サプリメント  機能性成分  容器・パッケージ  健康食品 製造  健康食品 機器・設備  試験・分析  基礎化粧品  プラセンタ  業務用エステ機器  薬事法  特定保健用食品(トクホ)   化粧品 OEM  炭酸泉  介護衛生用品・消耗品  ネイル  スキンケア  医薬部外品  食品添加物  エステ化粧品

■オリジナルコンテンツ

特集一覧  冷え症改善素材  オリゴ乳酸(ラック)  Maca  医薬部外品 製造  Tie2 素材  小ロット  抗肥満素材  システマティックレビュー  アフリカマンゴノキ  機能性乳原料  機能性関与成分一覧表  便通改善 素材    5分でわかる機能性表示食品制度  睡眠改善素材  スーパーフード(superfoods)  マカ  ローヤルゼリー