健康食品・化粧品・自然食品・健康器具・ハーブ・アロマなど仕入、商材、原料、受託製造、OEMが探せるサイトです
健康美容EXPOは健康、美容の受託製造等、健康業界の企業間取引のための情報サイトです。

TOPページ > 健康・美容イベント情報 : 2009年11月

新着情報
カテゴリで探す
月別【INDEX】 [49]
機能性表示制度 [20]
健康食品 [265]
美容・化粧品 [130]
健康器具・用品 [29]
自然食品 [29]
ハーブ・アロマ [42]
医療・福祉 [154]
薬事法 [31]
容器・パッケージ [22]
健康全般 [218]
ビジネス [245]
機器 [44]
流通 [14]
理美容 [58]
通販 [3]
オーガニック [8]
その他 [79]
キーワードで探す


複数のキーワードで検索する場合は必ず半角スペースで区切って下さい

開催日で探す
2017年02月 [1]
2017年01月 [5]
2016年12月 [8]
2016年11月 [15]
2016年10月 [15]
2016年09月 [8]
2016年08月 [9]
2016年07月 [11]
2016年06月 [12]
2016年05月 [9]
2016年04月 [10]
2016年03月 [11]
2016年02月 [12]
2016年01月 [9]
2015年12月 [7]
2015年11月 [13]
2015年10月 [16]
2015年09月 [15]
2015年08月 [10]
2015年07月 [22]
2015年06月 [13]
2015年05月 [11]
2015年04月 [14]
2015年03月 [18]
2015年02月 [17]
2015年01月 [14]
2014年12月 [9]
2014年11月 [17]
2014年10月 [21]
2014年09月 [11]
2014年08月 [10]
2014年07月 [10]
2014年06月 [14]
2014年05月 [12]
2014年04月 [10]
2014年03月 [9]
2014年02月 [15]
2014年01月 [15]
2013年12月 [9]
2013年11月 [13]
2013年10月 [23]
2013年09月 [15]
2013年08月 [9]
2013年07月 [12]
2013年06月 [19]
2013年05月 [9]
2013年04月 [13]
2013年03月 [12]
2013年02月 [21]
2013年01月 [9]
2012年12月 [7]
2012年11月 [19]
2012年10月 [11]
2012年09月 [23]
2012年08月 [8]
2012年07月 [16]
2012年06月 [25]
2012年05月 [13]
2012年04月 [25]
2012年03月 [22]
2012年02月 [12]
2012年01月 [2]
2011年12月 [5]
2011年11月 [9]
2011年10月 [6]
2011年09月 [6]
2011年08月 [2]
2011年07月 [5]
2011年06月 [14]
2011年05月 [12]
2011年04月 [5]
2011年03月 [4]
2011年02月 [10]
2011年01月 [3]
2010年12月 [5]
2010年11月 [5]
2010年10月 [22]
2010年09月 [8]
2010年08月 [1]
2010年07月 [6]
2010年06月 [6]
2010年05月 [3]
2010年04月 [3]
2010年03月 [15]
2010年02月 [13]
2010年01月 [8]
2009年12月 [5]
2009年11月 [24]
2009年10月 [30]
2009年09月 [24]
2009年08月 [5]
2009年07月 [7]
2009年06月 [11]
2009年05月 [17]
2009年04月 [19]
2009年03月 [17]
2009年02月 [20]
2009年01月 [13]
2008年12月 [12]
2008年11月 [25]
2008年10月 [25]
2008年09月 [20]
2008年08月 [8]
2008年07月 [19]
2008年06月 [9]
2008年05月 [14]
2008年04月 [8]
2008年03月 [7]
2008年02月 [18]
2008年01月 [18]

健康・美容イベント情報 : 2009年11月

※既に開催期間が終了となっている場合がありますので、開催日をよくご確認下さい。
※掲載情報は予告無く変更となることがあります。 詳細は、各イベント主催者、連絡先までお問合せください。

2009年11月2日

メディカルアロマサイエンスフォーラム2009

日時 :11月2日(月)午後2時~5時
会場 :笹塚NAビル 地下1Fホール(渋谷区笹塚1-50-1)
主催 :メディカルアロマサイエンス研究会
後援 :アットアロマ株式会社
参加費:一般2,000円(当日会場にて)、学生無料メディカルアロマサイエンス研究会

代替医療として期待されるアロマセラピーの機能性を研究する、メディカルアロマサイエンス研究会は、認知症・インフルエンザに注目した「メディカルアロマサイエンスフォーラム2009」を開催いたします。

■セミナー概要
非薬物療法として期待されるアロマセラピーの機能性
第1回 認知症対策・インフルエンザ対策

演題1:「アロマセラピーの機能性」(午後2時~2時50分)
    -特許出願成分アセチルコリンエステラーゼ阻害剤について-
    講師 宮澤 三雄
    (近畿大学理工学部/近畿大学大学院総合理工学研究科 教授)
    ※著書・監修「資源天然物化学」共立出版
          「ドラッグストアQ&A」薬事日報社 等

演題2:「医療の現場から」(午後3時~3時50分)
    -認知症患者へのアロマセラピーの機能について-
    講師 戸谷 修二
    (医療法人社団こだま会こだまクリニック 医師)
    講師 河野 禎之
    (筑波大学大学院人間総合科学研究科 心身障害学専攻 臨床心理士)

演題3:「機能性アロマの活用例」(午後4時~4時30分)
    -インフルエンザ対策として期待できるアロマの機能性及び、
     導入施設紹介-
    講師 片岡 郷
    (アットアロマ株式会社 代表取締役社長)

交流会 アットアロマ株式会社ショールームにて(午後4時30分~午後5時)

2009年11月6日(金)

女性のための漢方セミナー~ココロとカラダをメンテナンス 女性の健康を応援します!~

■2009年11月6日(金)
■開場18:30 開演19:00
■広島国際会議場フェニックスホール(広島市中区中島町1-5)
■定員 500組 1,000名
※事前申込みが必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
第1部 基調講演
■講師
工藤美樹先生(広島大学 大学院医師薬学総合研究科 産婦人科 教授)
坂下知久先生(広島大学病院 周産母子センター(産婦人科)助教)
第2部 パネルディスカッション
■講師
坂下知久先生(広島大学病院 周産母子センター(産婦人科)助教)
■ゲスト
マリエさん(タレント)
■司会
和佐由紀子(RCCアナウンサー)


【主 催】
中国放送
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 広島県医師会、(社) 広島市医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
中国放送事業部「女性のための漢方セミナー」事務局
082-222-1133(平日9:30~17:30)
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/091106.htm

2009年11月6日(金)

国立長寿医療センター県民講座「豊かな長寿社会のために」

■2009年11月6日(金)
■13:30~16:10
■あいち健康プラザ 健康科学館 1階 ヘルスサイエンスシアター
(愛知県知多郡東浦町大字森岡字源吾山1-1)
■定員 250人(参加申込みの先着順) 参加申込みをされないで当日お越しになった場合でも、空席があれば、御参加いただくことができます。

[内容]
「豊かな長寿社会のために」をテーマに、国立長寿医療センターの研究や活動を広く地域の皆様にお伝えするとともに、老化に伴う免疫力の変化や排尿の問題、さらに在宅医療の現状とそれに連動した地域活性化の取組についてお話しいたします。

主催者挨拶
大島伸一(国立長寿医療センター総長 あいち健康長寿産業クラスター推進協議会会長)

地域首長挨拶
井村德光(東浦町長)

講演1:「老化と免疫~免疫力ってご存じですか?」
丸山 光生(国立長寿医療センター研究所 老化機構研究部長)

講演2:「高齢男性の方、排尿の問題で困っていませんか?」
岡村 菊夫(国立長寿医療センター病院 手術・集中医療部長)

講演3:「地域活性化と在宅医療」
三浦 久幸(国立長寿医療センター病院 第一外来総合診療科医長)

会場の方々との質疑応答・意見交換会

地域首長挨拶
久野 孝保(大府市長)

◆お申込み方法
参加申込書に必要事項を御記入の上、2009年10月30日(金)までに郵送又はファクシミリで申込み先にお送りください(必着)。
●申し込み先
あいち健康長寿産業クラスター推進協議会
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-4-7 (財)科学技術交流財団内
Tel 052-231-1477 Fax 052-231-5658
●参加申込書
http://www.pref.aichi.jp/cmsfiles/contents/0000027/27175/pamphlet091106.pdf

【主 催】
国立長寿医療センター、愛知県、あいち健康長寿産業クラスター推進協議会
【後 援】
(財)愛知県健康づくり振興事業団、大府市、東浦町
【連絡先】
愛知県 産業労働部 新産業課科学技術推進室
Tel 052-954-6349 E-mail:kagaku@pref.aichi.lg.jp

2009年11月7日(土)

市民公開フォーラム「パーキンソン病の基礎講座~もしもパーキンソン病になったとしたら~」

■2009年11月7日(土)
■14:00~16:20(予定) (開場 13:00)
■ベルサール秋葉原 2Fホール

[内容]
手足がふるえる、動作がゆっくりになるなどの症状が特徴の「パーキンソン病」。老化現象と間違いやすく進行が緩やかなこの病気に関する市民公開フォーラムを開催します。

総合司会/順天堂大学医学部脳神経内科 教授  服部 信孝 先生
14:00-14:30「パーキンソン病とはどんな病気か~初期の症状を中心に~ 」
 東京都保健医療公社 荏原病院 神経内科 部長  田久保 秀樹 先生
14:30-15:00「パーキンソン病治療の進め方 ~薬の種類と飲み方~ 」
 順天堂大学医学部脳神経内科 外来医長  中原 登志樹 先生
15:00-15:30「パーキンソン病の付合い方 ~日常生活のサポート体制~ 」
 銀座内科・神経内科クリニック 院長  松林 里絵 先生
(休憩 20分)
15:50-16:20 医師と患者のパネルディスカッション
 「パーキンソン病と共に生きて・・・」
  司会/服部先生  パネリスト/田久保先生、中原先生、松林先生

◆申込み
住所、氏名、電話番号、年齢、職業、参加人数(1組で4名様まで)、車椅子使用の有無 、質問(ある方のみ)を明記の上、はがき、ファクス、メールにてご応募ください。
■はがきでの応募先:
 〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-7-5F 
 「パーキンソン病 市民公開フォーラム」事務局係
■ファクスでの応募先:「パーキンソン病 市民公開フォーラム」と明記の上、
 FAX03-3291-5051まで。
■メールでの応募先:件名に「むずむず脚症候群 市民公開講座」と明記の上、
 E-mail forum@hpj.ewinds.netまで。

10月26日(月)必着。抽選の上、当選者に聴講券を送付します。


【主 催】
産経新聞社
【協 賛】
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
【後 援】
東京都医師会、日本神経学会、東京都難病団体連絡協議会、東京都パーキンソン病友の会
【連絡先】
「パーキンソン病 市民公開フォーラム事務局」
Tel. 03-3518-0708 (平日10時~18時)

2009年11月7日(土)

第45回全国糖尿病週間市民公開講座「ハートアタックを防ごう」

■2009年11月7日(土)
■13:00~16:30(開場12:00)
■さいたま赤十字病院 本館5階 講堂(埼玉県さいたま市中央区上落合8-3-33)
※事前申込みが必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
~演劇と運動による、簡単な糖尿病と心臓病の基礎講座~
さいたま赤十字病院 糖尿病療養サポートチーム(DCST)

講演「糖尿病で心筋梗塞が起こったら」
糖尿病専門医・循環器科専門医・看護師・薬剤師・栄養士・検査技師からの糖尿病と心臓病での簡単講習会
講師:
生井 一之 医師(さいたま赤十字病院糖尿病内分泌内科部長・糖尿病専門医)
浅川 喜裕 医師(さいたま赤十字病院循環器科部長・循環器専門医)

特別講演「心臓をお手入れする運動!」
簡単な運動を実際に行います。運動しやすい服装、靴でおいでください。
講師:松井 浩 氏(ヒューマンモア・運動コーディネーター)

食品・フットケア・血糖測定関連の展示があります。休憩時間にゆっくりご覧になってください。

◆申込方法
往復はがきの返信用に、住所・氏名をご記入、往信用の裏面に参加する方の全員の氏名を記入の上、下記に送付をお願いします。
締め切り10月28日(水)
定員200名まで(定員を超えた場合は抽選となります)
  〒338-8553 さいたま市中央区上落合8-3-33
  さいたま赤十字病院 総務課 市民公開講座担当者行

【共 催】
日本糖尿病協会玉県支部、埼埼玉県医師会、埼玉糖尿病対策推進会議、日本イーライリリー(株)
【後 援】
さいたま市、さいたま赤十字病院
【連絡先】
さいたま赤十字病院 総務課
Tel 048-852-1111(2212)
【公式ホームページ】http://www.dm-net.co.jp/event/ippan/009263.php

2009年11月8日(日)

第28回関東甲信越糖尿病-群馬-セミナー

■2009年11月8日(日)
■9:15~16:30
■前橋市民文化会館(群馬県前橋市南町62-1)
※電車の場合(JR両毛線・前橋駅から徒歩5分)
※自動車の場合(関越自動車・前橋ICより20分)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
テーマ:上州から広げよう! ブールーサークル 群青(ぐんじょう)、人情そして友情

一般向け(大ホール)
9:15-
世界糖尿デー 世界の取り組み、群馬の取り組み
  伴野祥一(群馬大学)
小児糖尿病の君たちヘ~夢を忘れないで
  山田思郎(群馬大学)
患者として医療スタッフとして 七転び八起きるの体験談
  医療スタッフ他
老後をみつめて~介護の現場から
  正田純史(下仁田厚生病院)
休憩+だるまスタンプラリーの説明

12:00-
だるまスタンプラリー(大ホール内、運動またはフットケア実践)
  運動指導士

14:00-
糖尿病と笑い
  中島英雄(桂 前治)
花の心、上州の心(星野富弘氏、絵と詩の朗読)
  ナレーション
耳を開く、心を開く~音楽療法
  首村映子
私の青空、世界の青空、そして皆の笑顔
  映像と音楽
青空の下で(歌と踊り)
  安部 純(清水内科)

医療スタッフ向け(小ホール)

9:30-
皆で支える糖尿病、ここが知りたい指導のコツ紹介
  宮田洋子(群馬大学附属病院)
生活に合わせた栄養指導~食品交換表をこえて
  小内 亨(おない内科クリニック)
口腔ケアは糖尿病ケアの入り口
  歯科医
外来でフットケアをはじめるために
  中村保子(前橋赤十字病院)
休憩+だるまスタンプラリーの説明

13:00-
血糖変化に向き合うために(BGAT)
  溝口史剛(群馬大学)
糖尿病治療薬の選び方(インクレチン、ジェネリック含めて)
  清水弘行(群馬大学)
外来で始めるインスリン導入、血糖測定指導のコツ
  秋山 仁(東邦病院)
外来診察で血管合併症をどこまでみるか。(眼、腎、動脈硬化)

【共 催】
(社)日本糖尿病協会関東甲信越地方連絡協議会、日本糖尿病学会関東甲信越支部
【公式ホームページ】http://www.jds.or.jp/jds_or_jp0/modules/kanto/index.php?id=1

2009年11月8日(日)

市民公開講座「若さを保つアンチ・エイジング医学の最前線(V)」-中高年男女も、元気で、きれいに!!-

■2009年11月8日(日)
■札幌医科大学 臨床教育研究棟講堂(札幌市中央区南1条西16丁目)
■参加費 無料
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
第5回日本抗加齢医学会北海道研究会
長寿化時代になり、高齢者医療について、政府も積極的の予防医学の啓蒙に力を入れ始めました。それだけ社会的に大きな問題となって来たと言えます。元気で長寿を目指すための医療を、市民の方々と共に、真剣に一緒に考え・検討しなければならない時が来たわけです。
今後、団塊の世代以上の方々が、さらに元気に社会の為に貢献できるような健康創りを行うために、毎年公開講座を実施しています。

(1) アンチ・エイジングの意義と実践-栄養学の視点から
白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授)
(2) 女性の美しく明るさを保つアンチ・エイジング-ホルモン補充療法を考える
安達知子(愛育病院産婦人科部長、東京女子医科大学客員教授)
(3) 皮膚のアンチ・エイジング-“しわ・しみ・たるみ”への医学的対応
吉村浩太郎(東京大学医学部形成外科講師)
(4) 体型のアンチ・エイジング-若き体型を如何に整えるか?
篠崎彰大(ワコール人間科学研究所所長)

◆お申込み方法
定員300名 当日直接会場にご来場ください。
( 事前にお申込みの必要はありません。)
お席は先着順とさせていただきます。満席となりました場合は、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

【主 催】
日本抗加齢医学会北海道研究会・札幌医科大学
【共 催】
日本抗加齢協会
【後 援】
北海道医師会・札幌市医師会・北海道歯科医師会・北海道薬剤師会
【連絡先】
日本抗加齢医学会北海道研究会事務局
(株)ほくやく医業情報部内
Tel:011-737-1091 Fax:011-747-4331
【公式ホームページ】http://www.anti-aging.gr.jp/members/course/pdf/5th_hokkaido2009.pdf

2009年11月10日(火)

女性のための漢方セミナー~ドクターとめざそう♪めっちゃナチュラルビューティー~

■2009年11月10日(火)
■開場18:00 開演18:30
■大阪厚生年金会館芸術ホール(大阪市西区新町1-14-15)
■定員 1,000名
※事前申込みが必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
第1部 基調講演
■講師
小村十樹子先生(医療法人十美会トキコクリニック総院長)
川口惠子先生(川口レディースクリニック院長)

第2部 パネルディスカッション
■講師
小村十樹子先生(医療法人十美会トキコクリニック総院長)
川口惠子先生(川口レディースクリニック院長)
■ゲスト
松浦亜弥さん(歌手)
■司会
毛利聡子(キャスター)


【主 催】
中国放送
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 広島県医師会、(社) 広島市医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
毎日新聞社広告局「女性のための漢方セミナー」事務局
06-6359-2138(平日10:00~17:00)
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/091110.htm

2009年11月11日(水)~13日(金)

ホスペックスジャパン2009

■2009年11月11日(水)~13日(金)
■10:30~17:00
■東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場) 東展示棟(東京都江東区有明3-21-1)
■入場料 1,000円
※ただし、案内状・展示会入場券、事前登録証持参者、および学会参加者は無料

[内容]
新型インフルエンザ対策コーナー/院内感染対策コーナー 他


【主 催】
日本医療福祉設備協会社団法人 日本能率協会
【後 援】
総務省、外務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省、東京都、東京商工会議所、日本貿易振興機構(ジェトロ)、アメリカ大使館商務部、英国大使館貿易・対英投資部、フィンランド大使館商務部(順不同、予定)
【特別協賛】
社団法人日本医療福祉建築協会、社団法人東京都看護協会、東京都臨床工学技士会、職業感染制御研究会(予定)
【公式ホームページ】http://www.jma.or.jp/hospex/JP-top/jp-top.htm

2009年11月11日(水)

第10回健康日本21全国大会

■2009年11月11日(水)
■10:00~17:00
■富山県民会館(富山市新総曲輪4-18)
※健康と長寿の祭典(11月11日-12日)と同日開催

※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
テーマ
1に運動 2に食事 しっかり禁煙 みんなで健康 人が輝く元気とやま!

健康日本21(21世紀における国民健康づくり運動)を国民一人ひとりが主体的に取り組む国民運動として普及、推進するため、広く国民、健康関係団体等の参加を得ながら、生活習慣病の予防など健康づくりに関する情報発信や関係者の交流の場とすることを目的に開催する。

基調講演「もっと元気に輝くために!~いつでもどこでもできる 美しい姿勢の作り方と呼吸法~」
講師:中尾和子氏(健康大使、トータルフィットネスコーディネーター、京都府出身)
1983年第1回ミス日本ボディビルコンテスト優勝。現在、一般向けに運動啓発のための講演、イベントなど多数実施。

アトラクション

シンポジウム「地域の特性を活かした健康づくり」
健康、運動、栄養など専門分野講師及び健康大使による講演

(関連行事)
健康づくりに関する展示


【主 催】
厚生労働省、健康日本21推進国民会議、健康日本21推進全国連絡協議会、富山県、富山県健康づくり県民会議
【公式ホームページ】http://www.kenkounippon21.gr.jp/index.html

2009年11月11日(水)~13日(金)

生活習慣病対策展2009

日時:2009年11月11日(水)~13日(金)
会場:東京ビッグサイト
【概要】展示会・セミナー・講演会、3つのアプローチでヘルスケアに関する新製品や最新情報を幅広く提供する。
来場対象:健康保険組合、共済組合、保健師、自治体、健診機関、病院・医院、管理栄養士・栄養士・運動指導士など。
HP:http://www.jma.or.jp/hs/
問い合わせ:生活習慣病対策展事務局 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 ℡:03-3434-1988
fax:03-3434-8076 e-mail: hs@convention.jma.or.jp

2009年11月12日(木)

日経ヘルスビジネスカンファレンス2009

■2009年11月12日(木)
■10:30~17:00(入場受付10:00~)
■目黒雅叙園(東京都目黒区下目黒1-8-1)
■定員 800名(予定)事前登録制、定員になり次第締め切り
■参加費 無料

※事前お申込みが必要です。
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
10:30~10:35 主催者挨拶
10:35~11:25 基調講演
アンチエイジング、メタボリックシンドローム予防の新時代(仮)
東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科 教授 門脇 孝 氏
11:25~12:10 講師選定中

【主 催】
日経ヘルス・日経ヘルス プルミエ
【後援・協力】
日本抗加齢医学会、地方自治体、(財)日本健康・栄養食品協会、AMI (予定)
【公式ホームページ】http://ac.nikkeibp.co.jp/nh/bc2009/

2009年11月12日(木)

第1回コラーゲンペプチドシンポジウム

■2009年11月12日(木)
■11:30~17:00(入場受付11:00~)
■目黒雅叙園(東京都目黒区下目黒1-8-1)
■参加費 無料
■定員 300名(予定)
※事前お申込みが必要です。
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
日本ゼラチン工業組合は、この度、日本ゼラチン・コラーゲンペプチド工業組合へと改称いたしました。コラーゲンおよびコラーゲンペプチドは、これまでの研究開発を通じてさまざまな生理活性機能があることが確認され、食品・飲料や化粧品、医薬品など多彩な分野へと応用が広がっています。特に近年は美容素材として脚光を浴び、消費者の皆様から幅広い支持を得ることができました。
今後さらにコラーゲン市場を発展させるためには、業界として適切な情報提供やエビデンスの収集が不可欠と考え、本シンポジウムを企画いたしました。今回のシンポジウム開催を通じてコラーゲン市場の健全な発展に寄与してまいりたいと願っております。


【主 催】
日本ゼラチン・コラーゲンペプチド工業組合
(本シンポジウムは経済産業省の補助事業です)
【連絡先】
コラーゲンペプチドシンポジウム運営事務局 (株式会社テクノアソシエーツ内)
TEL:03-5545-1720(平日10:00~17:30) FAX:03-5545-1721
【公式ホームページ】http://www.gmj.or.jp/sympo09.html

2009年11月15日(日)

日本臨床栄養学会サテライト市民セミナー「食塩摂取と高血圧フォーラム IN 静岡」

■2009年11月15日(日)
■10:00~15:00
■第1部:「静岡市青葉公園イベント広場ふしみや」会議室、第2部:静岡市青葉公園イベント広場


[内容]
■第1部 10:00-11:30
司会:熊谷 裕通 先生(静岡県立大学 食品栄養科学部栄養生命科学科 教授)
講演I 脇 昌子 先生(静岡市立静岡病院 内分泌代謝内科 診療部長)
講演II 久保田 美保子 先生(静岡市立静岡病院 医療技術部栄養科 副技師長)
■第2部 11:30-15:00
「減塩食コンテスト」


【主 催】
第31回日本臨床栄養学会総会・第30回日本臨床栄養協会総会 第7回大連合大会
【共 催】
ノバルティスファーマ(株)
【連絡先】
運営事務局:(株)コングレ内
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-6-13
Tel 06-6229-2555(代) Fax 06-6229-2556

2009年11月16日(月)

糖尿病予防講演会「本当は怖い糖尿病 知っておきたい予防と治療」

■2009年11月16日(月)
■13:00~16:00(入場受付10:00~)
■品川区立総合区民会館きゅりあん(東京都品川区東大井5-18-1)
■定員 先着1,000名。参加費無料。託児あり。(1歳以上就学前、10名)

[内容]
1基調講演「糖尿病はどんな病気?なぜ怖い?」
講師:岩本安彦(東京女子医科大学糖尿病センター センター長)

パネルディスカッション「糖尿病<予防と治療のポイント>」
コーディネーター:岩本安彦(東京女子医科大学糖尿病センター センター長)
パネリスト:
菅原正弘(菅原医院 院長)
加藤則子(加藤内科クリニック 管理栄養士)
五十嵐千代(富士電機リテイルシステムズ(株) 健康管理室副室長)
田辺達也(あいそ内科糖尿病友の会 豊島かとれあ会会長)

エクササイズ実演「ひばりエクササイズ」
出演:(社)日本フィットネス協会(東京都健康づくり応援団)

特別講演「食育のすすめ 大切なものを失った日本人」
講師:服部幸應(学校法人服部学園理事長、医学博士)

◆お申込み
11月6日(消印・受信有効)までに、往復はがき(1枚につき1人)、ファクス、Eメールのいずれかにより、以下の内容を明記の上、お申し込みください。
(1) 住所 (2) 氏名 (3) 電話番号(ファクスの場合はファクス番号も) (4) 車いす利用の有無 (5) 手話通訳利用の有無 (6) 託児(1歳以上就学前)希望の場合は子どもの年齢と人数
※申し込まれた手段により、参加の可否を御連絡します。


【連絡先】
〒163-8001 東京都福祉保健局保健政策部健康推進課
Tel 03-5320-4361 Fax 03-5388-1427
E-mail:S0000289@section.metro.tokyo.jp

2009年11月17日(火)

AIFN 2009年度 第1回公開セミナー

■2009年11月17日(火)
■14:15~16:30(受付 13:30~)
■ 薬業健保会館 大会議室(東京都千代田区永田町2-17-2)
■参加費 会員企業:3,000円/名、非会員:5,000円/名

[内容]
◆14:15~15:15
演題1:「食品表示は消費者庁へ」
講演者:消費者庁 食品表示課 衛生調査官 芳賀 めぐみ 氏
※当日は個別案件的な質問はご遠慮願います
◆15:30~16:30
演題2:「ワシントン条約(CITES)とサプリメント用原材料」
講演者:経済産業省 貿易審査課  新澤 麻由美 氏

※非会員の方も参加いただけます

【主 催】
AIFN(国際栄養食品協会)/(株)FINESIS 共催
【連絡先】
AIFN(国際栄養食品協会)
東京都新宿区新宿6-29-20 MATSUDA BLD. 5F
TEL: 03-5287-3466(平日10:00~17:00)
【公式ホームページ】
http://www.aifn.org/seminer-open091117.cfm

2009年11月20日(金)

【ヘルスケアビジネスセミナー】睡眠研究と分析から考える快眠ビジネス、目の付け所

■2009年11月20日(金)
■13:30~16:45
■大阪産業創造館6階会議室AB
■定員 50名(満席になり次第、締め切ります)
■受講料 1,000円(消費税込み、テキスト代込み)
※当日受付にてお支払い。当日はお釣りの必要がないようご準備ください。

[内容]
ストレス社会を背景に、睡眠力を高めるためのビジネスの着眼点は?

健康で活き活きした生活を送るために必要な健康づくりの三本柱である睡眠・栄養・運動。疲労回復のためにも大切な睡眠ですが、生活が夜型化、24時間社会とも言われる現代社会においては、睡眠時間が減少傾向にあります。また、長時間寝ればいいというわけでもなく、疲労を回復するには質の良い睡眠をとることが大切です。
本セミナーでは、睡眠時間の減少がもたらす弊害と、良質な睡眠を得る手段について、睡眠力の構成要素となる「睡眠生理」、「睡眠環境」、「寝具」のそれぞれの視点から、研究者、専門家に研究内容、分析結果に基づいて解説いただきます。睡眠力を高めて、ストレス社会に打ち勝つための快眠ビジネスのヒントを探ります。

■講師
・宮崎総一郎(みやざきそういちろう)氏  
  (滋賀医科大学睡眠学講座 特任教授)
・森国 功(もりくにいさお)氏  
  (サーカディアン・テクノロジーズ・ジャパン有限会社 代表取締役)
・吉兼 令晴(よしかねとしはる)氏
  (西川リビング株式会社 品質保証部 部長)


【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=10133

2009年11月21日(土)

日常生活に潜むホルモンの病気~病気を見逃さないために~

■2009年11月21日(土)
■13:00~17:00
■東京女子医科大学 弥生記念講堂(東京都新宿区河田町8-1)
■参加費 無料(講演冊子付)

[内容]
体の中には“体の調子を最も良い状態に保つ”ための“ホルモン”が何種類も存在します。ホルモンの病気(内分泌の病気)はありふれた病気ではありませんが、糖尿病・高血圧・高コレステロール・メタボリック症候群やなにげない症状の中に多く潜んでいます。ホルモンの病気は早期発見、早期治療により治る病気が多いのですが、発見が遅れてしまうと合併症が出てきてしまう場合も少なくありません。早期発見のためには皆様がホルモンの病気の知識を持ち、かかりつけ医に相談しながら診断を進める必要があります。この公開講座では東京女子医科大学内分泌内科のスタッフがホルモンの病気の早期発見法をわかりやすく解説いたします。
参加者全員講演冊子がついてきます。よろしくネ!

総合司会:
高野加寿恵(東京女子医科大学医学部内分泌内科)
◆ご挨拶
宮﨑俊一(東京女子医科大学学長)
◆ホルモンは生命のメッセンジャー
肥塚直美
◆早期発見の手がかり
1. 顔貌・身体の変化から(福田いずみ)
2. 発汗、脈の変化から(磯崎 収)
3. 月経不順・不妊から(小野昌美)
◆休憩(ストレッチ)
◆よくある病気の中に
1. 治る高血圧(田辺晶代)
2. 頑固な頭痛(三木伸泰)
3. 骨粗鬆症(佐藤幹二)
◆過激なダイエットとサプリの恐怖(鈴木眞理)
◆閉会の辞(高野加寿恵)

皆様の疑問にスタッフが直接お答えする相談コーナーも設けますので、ふるってご参加下さい。


【連絡先】
東京女子医科大学医学部学務課
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1 Tel 03-3353-8111(内線22112)
日本医師会の生涯教育講座に認定されていますので、ご希望の方にはシールをお渡しします。

2009年11月21日(土)

第11回「皇居ぐるっとウォーク」

■2009年11月21日(土)
■スタート9:00~10:00及び10:00~11:00、ゴール11:30~14:00
※混雑緩和のため、スタート時間を2回に分けさせていただきますのでご了承ください。
■参加費 無料
※往復の交通費や昼食などは各自負担となります
■募集人員 先着8000名様
※定員になり次第〆切とさせていただきます
■申込方法
事前の申込みが必要です。往復ハガキに申込み人数(ハガキ1枚で5名様までお申込みいただけます)、代表者の氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号、ご自宅の最寄駅・バス会社名を明記してお送りください。先着順に返信ハガキ(参加証)をお送りいたします。返信はがき(参加証)はウォーキング当日、参加カードと引き換えいたしますのでご持参ください。
<応募先>
〒102-0074 九段郵便局留「皇居ぐるっとウォーク」係
※9月28日(月)より先着受付となります(当日消印有効)。
詳しくは、PASMO加盟鉄道事業者の駅置きチラシ(9月28日から順次配布)をご覧ください。
※応募者の個人情報はハガキ(参加証)の返信のみ使用します。

[内容]
PASMO協議会では、11月21日(土)にウォーキングイベント「第11回皇居ぐるっとウォーク」を開催いたしますので、下記の通りお知らせいたします。今年は「大好き!東京編」と題して、摩天楼の未来都市を感じる汐留エリアや潮風が心地いい湾岸エリアの魅力に加え、今も東京のシンボルとして人気の東京タワー、さらに日本を動かす政治の舞台の国会議事堂と見所満載の約9キロメートル(約3時間)のコースとなっております。参加者のうち完歩された方には記念品をプレゼントいたします。

◎コース
スタート:日比谷公園「にれのき広場」→汐留シオサイト→竹芝桟橋→増上寺→芝公園→東京タワー→愛宕神社→国会議事堂→ゴール:日比谷公園「にれのき広場」

【連絡先】
交通局電車部営業課
Tel 03-5320-6076
【公式ホームページ】http://www.pasmo.co.jp/special/gurutto2009.html

2009年11月22日(日)

第8回病態栄養セミナー

■2009年11月22日(日)
■11:30開場、12:00~12:45健康宅配食ランチ(無料)、13:15~16:30講演
■ベルサール飯田橋(東京都千代田区飯田橋3-8-5 住友不勤産飯田橋駅前ビル1F)
■定員 400名
■参加費 無料
■申込み方法
申込用紙にご記入のうえFAXまたは(郵送)にてお申し込みください。
※受付終了後、受付番号記載の上、FAX(または郵送)にて返信いたします。
当日は受付番号が必要になりますので、返信が届かない場合には、お手数ですがご連絡下さい。
■申込締切
2009年10月31日(土)
第8回病態栄養セミナーお申込み用紙(PDF)
*定員になり次第締め切らせていただきますので、できるだけ早目のお申し込みをお願い申し上げます。締切日以降のお申し込みはお断りさせて頂くこともありますのでご丁承ください。
*お申込み後キャンセルされる場合には、お手数ですがご連絡いただきますようお願い申し上げます。

※駐車場はございません

[内容]
毎年ご好評をいただいております『病態栄養セミナー』を、本年も、医療従事者の皆様を対象に開催致します。この機会にぜひご参加いただき、日常の業務にお役立ていただければ幸いです。
※日本糖尿病療養指導士認定更新のための単位申請中(2群・1単位)

【主 催】
(社)日本糖尿病協会
【共 催】
(株)武蔵野フーズ
【連絡先】
〒351-0022 埼玉県朝霞市東弁財3-4-20 ショーワビル2F
(株)武蔵野フーズ 健康宅配事業部営業課 梅本宛
Tel 048-458-7700 Fax 048-458-7701

2009年11月23日(月・祝)

第5回日本予防医学会講演会

■2009年11月23日(月・祝)
■8:50~12:30
■高野山大学 松下講堂黎明館(和歌山県伊都郡高野町高野山385)
■参加費 前売り券3000円、当日券4000円
※詳しくは公式ホームページをご覧下さい


[内容]
◆テーマ◆世界遺産と健康の旅-若さ・長寿の秘訣
開会
池口恵観(高野山大学客員教授/兵庫医科大学客員教授/京都府立医科大学客員教授)

講演1 「四国歩き遍路と健康」
家田荘子(作家・僧侶)
座長:荻野景規(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 公衆衛生学分野 教授)

講演2 「生活習慣病から心臓を守る」
松﨑益德(山口大学大学院医学系研究科 器官病態内科学 教授/山口大学医学部附属病院長)
座長:原田康夫((財)広島市文化財団 常任顧問/日本予防医学会理事長)

講演3 「生活習慣の改善からできるアンチ・エイジングの実践」
大内尉義(東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座 教授)
座長:植木 彰(自治医科大学附属さいたま医療センター神経内科 教授)

講演4 「心にもワクチンを」
新家荘平(兵庫医科大学 理事長)
座長:鈴木信孝(金沢大学大学院医学系研究科 臨床研究開発補完代替医療学講座 特任教授/日本補完代替医療学会 理事長)

講演5 「身体を大切に」
金本知憲(阪神タイガース選手)
新井貴浩(阪神タイガース選手)
座長:松﨑益德(山口大学大学院医学系研究科 器官病態内科学 教授/山口大学医学部附属病院長)

総合討論

【主 催】
第31回日本臨床栄養学会総会・第30回日本臨床栄養協会総会 第7回大連合大会
【連絡先】
第5回日本予防医学会講演会事務局
〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 公衆衛生学教室内
Tel 086-235-7184 Fax 086-226-0715
【公式ホームページ】http://www.yobou-igaku.org/

2009年11月25日(水)

第30回世界健康フォーラム2009京都

■2009年11月25日(水)
■13:30~17:00(開場12:00)
■国立京都国際会館メインホール(京都市左京区宝ヶ池)
■参加費 2500円(30名以上の場合団体割引あり、1名2000円)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆テーマ◆世界の健康は食文化から
「元気な高齢社会-アジアの未来を考える-」
尾身 茂氏(自治医科大学地域医療学センター教授/名誉世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局長)

UNESCO(国連教育科学文化機関)からのメッセージ
「食文化と食育で世界の健康を」

記念講演「いきいき脳をつくるには」
茂木 健一郎氏(脳科学者)
 
ミレニアムフォーラム「寝たきり長生きから健康長寿へ」
コーディネーター
宮崎 緑氏 [千葉商科大学教授]
パネリスト
茂木 健一郎氏 [脳科学者/ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー]
海原 純子氏 [心療内科医/白.大学教授、 ハーバード大学客員研究員]
森谷 敏夫氏 [運動生理学者/京都大学大学院人間・環境学研究科教授]
横山 清氏 [(社)日本セルフ・サービス協会名誉会長]
家森 幸男氏 [予防栄養医学者/武庫川女子大学国際健康開発研究所所長]

【主 催】
NPO法人 世界健康フロンティア研究会
【共 催】
WHO(世界保健機関)、武庫川女子大学国際健康開発研究所
【後 援】
UNESCO(国連教育科学文化機関)、NHK、京都府、京都市、国際連合世界食糧計画WFP協会、(社)日本セルフ・サービス協会、朝日新聞社、日本経済新聞社、京都新聞社、(財)京都SKYセンター、新老人の会、(財)日本ウエルネス協会、NPO法人日本食育協会、(財)兵庫県健康財団、武庫川女子大学
【連絡先】
世界健康フォーラム事務局
TEL:0798-43-0099 受付9:00-17:00(土・日・祝を除く)
【公式ホームページ】http://www.wellness.or.jp/pdf/090811_kyoto.pdf

2009年11月29日(日)~30日(月)

東京ネイルエキスポ2009

■2009年11月29日(日)~30日(月)
■29日10:00~19:00、30日10:00~18:30
※来場受付時間は各閉会時間の1時間前
■東京国際展示場(東京ビッグサイト)東4・5ホール
■入場料 前売り券2,000円(税込)、当日券3,000円(税込)
※前売り券はローソンチケット、チケットぴあ、JTBで発売
※期間中1日間有効、小学生以下は無料

[内容]
世界ネイリスト選手権
全日本ネイリスト選手権
アートチップアワード
INIFワールドカップ「ミックスメディアアート」
ネイティフルコンテスト


【主 催】
日本ネイリスト協会
【後 援】
東京都
【公式ホームページ】
http://nail.or.jp/nailexpo09/index.html

2009年11月29日(日)

市民公開講座「メタボリックシンドロームと高血圧」

■2009年11月29日(日)
■11:30~12:30
■福岡国際会議場 メインホール(福岡市博多区石城町2-1)
■参加費 無料
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
最近話題のメタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積を伴う腹部肥満に脂質異常、血圧高値、血糖高値が重複合併した病態です。一方、高血圧は有病率が極めて高く、最近の調査では成人の約1/3、高齢者の約2/3は高血圧で、総数は約4000万人にもなります。メタボリックシンドロームの人の中でも、血圧高値が最も高頻度です。
しかし、適切な治療によりこれらの病気をかなり予防できることも、明らかになっています。
今回、国立循環器病センター高血圧腎臓内科部長の河野雄平氏による『メタボリックシンドロームと高血圧』について講演が行われます。参加費は無料となっていますので、ぜひお越しください。

【主 催】
第6回日本循環器看護学会学術集会
【後 援】
福岡市、古賀市、福岡女学院、福岡女学院看護大学
【連絡先】
第6回日本循環器看護学会学術集会事務局
〒811-3113 福岡県古賀市千鳥1-1-7 福岡女学院看護大学内
Tel 092-943-4173 Fax 092-940-2341
【公式ホームページ】http://jacn2009.umin.jp/shimin.html




TOPページ > 健康・美容イベント情報 : 2009年11月
■注目カテゴリ・コンテンツ
■注目カテゴリ・コンテンツ

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

ホーム  |   プレスリリース  |   サイトマップ  |   全研本社 会社概要  |   ヘルプ
利用規約  |   プライバシーポリシー  |   お問合わせ  |   プレスリリース・ニュース受付

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に

Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.