健康食品・化粧品・自然食品・健康器具・ハーブ・アロマなど仕入、商材、原料、受託製造、OEMが探せるサイトです
健康美容EXPOは健康、美容の受託製造等、健康業界の企業間取引のための情報サイトです。

TOPページ > 健康・美容イベント情報 : 2009年10月

新着情報
カテゴリで探す
月別【INDEX】 [49]
機能性表示制度 [20]
健康食品 [265]
美容・化粧品 [130]
健康器具・用品 [29]
自然食品 [29]
ハーブ・アロマ [42]
医療・福祉 [154]
薬事法 [31]
容器・パッケージ [22]
健康全般 [218]
ビジネス [245]
機器 [44]
流通 [14]
理美容 [58]
通販 [3]
オーガニック [8]
その他 [79]
キーワードで探す


複数のキーワードで検索する場合は必ず半角スペースで区切って下さい

開催日で探す
2017年02月 [1]
2017年01月 [5]
2016年12月 [8]
2016年11月 [15]
2016年10月 [15]
2016年09月 [8]
2016年08月 [9]
2016年07月 [11]
2016年06月 [12]
2016年05月 [9]
2016年04月 [10]
2016年03月 [11]
2016年02月 [12]
2016年01月 [9]
2015年12月 [7]
2015年11月 [13]
2015年10月 [16]
2015年09月 [15]
2015年08月 [10]
2015年07月 [22]
2015年06月 [13]
2015年05月 [11]
2015年04月 [14]
2015年03月 [18]
2015年02月 [17]
2015年01月 [14]
2014年12月 [9]
2014年11月 [17]
2014年10月 [21]
2014年09月 [11]
2014年08月 [10]
2014年07月 [10]
2014年06月 [14]
2014年05月 [12]
2014年04月 [10]
2014年03月 [9]
2014年02月 [15]
2014年01月 [15]
2013年12月 [9]
2013年11月 [13]
2013年10月 [23]
2013年09月 [15]
2013年08月 [9]
2013年07月 [12]
2013年06月 [19]
2013年05月 [9]
2013年04月 [13]
2013年03月 [12]
2013年02月 [21]
2013年01月 [9]
2012年12月 [7]
2012年11月 [19]
2012年10月 [11]
2012年09月 [23]
2012年08月 [8]
2012年07月 [16]
2012年06月 [25]
2012年05月 [13]
2012年04月 [25]
2012年03月 [22]
2012年02月 [12]
2012年01月 [2]
2011年12月 [5]
2011年11月 [9]
2011年10月 [6]
2011年09月 [6]
2011年08月 [2]
2011年07月 [5]
2011年06月 [14]
2011年05月 [12]
2011年04月 [5]
2011年03月 [4]
2011年02月 [10]
2011年01月 [3]
2010年12月 [5]
2010年11月 [5]
2010年10月 [22]
2010年09月 [8]
2010年08月 [1]
2010年07月 [6]
2010年06月 [6]
2010年05月 [3]
2010年04月 [3]
2010年03月 [15]
2010年02月 [13]
2010年01月 [8]
2009年12月 [5]
2009年11月 [24]
2009年10月 [30]
2009年09月 [24]
2009年08月 [5]
2009年07月 [7]
2009年06月 [11]
2009年05月 [17]
2009年04月 [19]
2009年03月 [17]
2009年02月 [20]
2009年01月 [13]
2008年12月 [12]
2008年11月 [25]
2008年10月 [25]
2008年09月 [20]
2008年08月 [8]
2008年07月 [19]
2008年06月 [9]
2008年05月 [14]
2008年04月 [8]
2008年03月 [7]
2008年02月 [18]
2008年01月 [18]

健康・美容イベント情報 : 2009年10月

※既に開催期間が終了となっている場合がありますので、開催日をよくご確認下さい。
※掲載情報は予告無く変更となることがあります。 詳細は、各イベント主催者、連絡先までお問合せください。

2009年10月1日(木)

女性のための漢方セミナー~ココロもカラダもhappyガールズトーク~

■2009年10月1日(木)
■18:00開場 18:45開演
■北海道厚生年金会館(札幌市中央区北1条西12丁目)
※ご参加は事前のお申込みが必要です。詳しくは公式ホームページをご覧下さい。
※応募締切りは平成21年9月18日(金)17:00必着

[内容]

第1部 基調講演
■ 講 師  小林範子先生
(北海道大学大学院医学研究科 総合女性システム学講座 助教)

第2部 公開番組収録(パネルディスカッション)
■ 講 師 小林範子先生
(北海道大学大学院医学研究科 総合女性システム学講座 助教)
■ ゲスト 中澤裕子さん(タレント)
里田まいさん(タレント)
■ 司 会 遠藤麗奈
■リポーター 石井雅子


【主 催】
UHB北海道文化放送
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 札幌市医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
UHB北海道文化放送 「女性のための漢方セミナー」事務局
011-214-5242
※月~金(祝日除く)9:30~17:30
【公式ホームページ】
http://uhb.jp/event/official/kanpo2009/

2009年10月3日(土)

日本高血圧学会市民公開講座「血圧を下げて元気で長生き」

■2009年10月3日(土)
■14:30~16:30(無料血圧測定コーナー:13時~17時)
■大津プリンスホテル「プリンスホール」3階(滋賀県大津市におの浜4-7-7)
■参加費 無料
■定員 700名
※ご参加は事前のお申込みが必要です。詳しくは公式ホームページをご覧下さい。

[内容]

開会挨拶
上島弘嗣(第32回日本高血圧学会総会会長、滋賀医科大学生活習慣病予防センター特任教授)

司会:
戸田 昇(滋賀医科大学名誉教授、トヤマ循環器病治療薬研究所所長)
浅野定弘(滋賀県医師会会長)

講演1 食べて血圧を下げる
─世界調査でわかった元気できれいになる秘訣─
家森幸男(京都大学名誉教授 武庫川女子大学国際健康開発研究所所長)

講演2 運動の降圧・その他の効用
荒川規矩男(福岡大学名誉教授 日本高血圧協会理事長)

講演3 降圧薬の正しい内服法
日和田邦男(愛媛大学名誉教授 日本高血圧協会専務理事)

ご自身が高血圧の方、ご家族が高血圧の方など、どなたでも無料でご参加いただけます。
会場に「無料血圧測定コーナー」を設け、抽選で10名様に最新の血圧計を進呈いたします。

【主 催】
第32回日本高血圧学会総会、日本高血圧協会
【後 援】
滋賀県、滋賀県医師会、(社)日本循環器管理研究協議会、日本心臓財団、オムロンヘルスケア(株)
【協 賛】
滋賀医科大学、バイエル薬品(株)
【連絡先】
(株)コンベックス内 「第32回日本高血圧学会総会 市民公開講座」事務局宛
〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-22 一乗寺ビル
Tel 03-3583-6676 Fax 03-3589-3974
【公式ホームページ】http://jsh32.umin.ne.jp/index.html

2009年10月4日(日)

第15回咀嚼と健康ファミリーフォーラム「食育を守る・育てる咀嚼そして脳」

■2009年10月4日(日)
■開場13:30 開会14:00~16:30
■西日本新聞会館 福岡国際ホール 大ホール(福岡市中央区天神1-4-1)
※事前お申込みが必要です。
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
開会挨拶
小林義典(咀嚼学会理事長・日本歯科大学)

第Ⅰ部:特別講演
第Ⅰ部:候補:村上 祥子「食べる力は、生きる力」(仮題)

第Ⅱ部:パネルディスカッション『食育を守る・育てる咀嚼そして脳』
司会:山田 好秋 (咀嚼学会副理事長・新潟大学教授)
講師:
岡崎 光子(女子栄養大学栄養指導研究室教授)
丸茂 ゆきこ(結氣膳家・フードセラピスト)
山村 健介(新潟大学医歯学総合研究科口腔生命科学専攻教授)

【主 催】
特定非営利活動法人日本咀嚼学会
【連絡先】
日本咀嚼学会第20回記念学術大会・総会運営事務局
東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル3F (財)口腔保健協会コンベンション事業部内
TEL:03-3947-8761 FAX:03-3947-8873
【公式ホームページ】http://www.kokuhoken.or.jp/jsmshp20/

2009年10月4日(日)

東京内科医会市民セミナー2009

■2009年10月4日(日)
■13:30~
■新宿住友ビル 47階 スカイルーム(東京都新宿区西新宿2-6-1)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
総合司会:木内章裕(内科医会理事)

開会の辞 13:00-
菅原正弘(内科医会副会長)

ご挨拶
望月紘一(内科医会会長)

基調講演(1)「高血圧治療-これまでとこれから-」 13:10-
座長:武石昌則(内科医会理事)
演者:猿田享男(慶應義塾大学名誉教授)

パネルディスカッション「市民の疑問に答える」 14:15-
座長:吉田幸子(内科医会理事)
1.ジェネリック医薬品について
須藤秀明(内科医会理事)
2.お薬情報書のみかた
谷田貝茂雄(内科医会理事)
3.健康食品・サプリメントについて
石川 徹(内科医会理事)

----- 休憩(15分) 15:45-16:00 -----

医療相談会 16:00-
東京内科医会 理事 加藤匡志
理事 小松英昭
理事 近藤太郎
理事 斉藤欣一
理事 成子 浩
理事 野口 晟
理事 若井安理

閉会の辞 16:45-
清水恵一郎(東京内科医会 副会長)

【主 催】
東京内科医会事務局
【共 催】
東京内科医会、興和創薬(株)
【後 援】
日本臨床内科医会、東京都医師会
【連絡先】
東京内科医会事務局 Tel 03-3259-6133
【公式ホームページ】http://www.topa.jp/

2009年10月7日(水)

全国健康・体力つくり推進フォーラム2009

■2009年10月7日(水)
■東京国際フォーラム ホールB7(東京都千代田区丸の内3-5-1)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
本フォーラムは、多くの国民が気軽にスポーツを楽しみ、健康・体力づくりのきっかけとなること、あわせて健康・体力づくりの指導者や実施場所として期待されている総合型地域スポーツクラブなどの情報交換や国民へのPRを目的に、2005年までに全国を一巡した「健康・体力つくり運動推進全国大会」をリニューアルして実施しているものです。

全ての国民が健康で明るい生活を築くために、自治体、公益法人等の関連団体が一体となって、国民一人ひとりが健康・体力つくり運動に主体的に取り組む気運を醸成すべく、必要な健康・体力つくりについての認識を深めることを目的とする。

開会式典
体力つくり優秀組織表彰
基調講演
パネルディスカッション
健康・体力つくり関係団体展示ブースの設置
体力つくり国民会議参加団体(233団体)

【主 催】
文部科学省、(財)健康・体力づくり事業財団
【公式ホームページ】http://www.health-net.or.jp/undou/jigyou/forum/2009/index.html

2009年10月8日(木)

ブラッシュアップセミナー東京「ローズピンクな秋を楽しむレッスン」

■2009年10月8日(木)
■14:00~16:00(受付開始13:50)
■東京ウイメンズプラザ 第二会議室B(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
■受講料 協会員/1,000円 講座会員・一般/2,000円
※実習の備品を用意するため、10月1日(木)以降にキャンセルされた場合、受講料を頂きますので予めご了承ください。
■定員 30名(先着順)
※申し込み締め切り:2009年10月1日(火)必着
※お申込みは公式ホームページをご覧下さい。


[内容]
メランコリーな秋を迎えます。アロマの暖かい香りやハーブの優しさに包まれて、心もお肌もローズピンクに輝いてみませんか?
ガレノスのレシピで、「バラが薫るローズピンクのモイスチュアライザー」を作りましょう。
作りたてのクリームでセルフハンドトリートメントを楽しみます。
風邪が流行り出す季節です。風邪の症状別におすすめのブレンドハーブティーもご紹介します。

講師:多田 晴子(NPO法人日本ハーブ振興協会 PIH)


【連絡先】
NPO法人日本ハーブ振興協会 事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-30-5
TEL:03-3351-1291 FAX:03-3351-1299
【公式ホームページ】
http://www.npo-nha.jp/event/index.html

2009年10月9日(金)

東北大学加齢医学研究所 第1回市民講座

■2009年10月9日(金)
■13:00~17:00
■せんだいメディアテーク 7F スタジオシアター(仙台市青葉区春日町2-1)
■参加費 無料
※事前申込みが必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆テーマ◆愉しく老いる-高齢者が元気に暮らせる社会を目指して-
開会のあいさつ 13:30-13:35 福田寛(加齢医学研究所所長)

講演1 13:35-14:20
「脳の老化と認知症予防」
荒井啓行(加齢医学研究所加齢老年医学研究分野教授/東北大学病院老年科科長)
  
講演2 14:20-15:05
「健康寿命をのばすために」
柴田博(桜美林大学大学院老年研究科教授)

休憩 15:05-15:15

講演3 15:15-16:45
「上手な老い方で老年期を愉しもう」
山本思外里(全国民間カルチャー事業協議会顧問、元読売・日本テレビ文化センター社長)

閉会のあいさつ 16:45-16-50
荒井啓行(加齢医学研究所加齢老年医学研究分野教授/東北大学病院老年科科長)

アンケート記入、受講証・記念品お渡し 16:50-17:00


【主 催】
東北大学加齢医学研究所
【共 催】
東北大学加齢医学研究所シンポジウム、加齢医学研究所付属ゲノムリサーチセンターワークショップ、東北大学遺伝子実験センター
【後 援】
財団法人厚生会、河北新報社
【連絡先】
東北大学加齢医学研究所
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
TEL:022-717-8504 FAX:022-717-8505
【公式ホームページ】http://www.idac.tohoku.ac.jp/kouza2009/

2009年10月9日(金)

【ヘルスケア・フロンティア】<出展商品募集>健康商材販路マッチング大展示会~抗疲労・癒し・リラクゼーション編

■2009年10月9日(金)
■13:00~17:30
■大阪産業創造館3階マーケットプラザ
■参加費 3,000円
(消費税込み、1社につき3商品まで、事前お振込み、出展決定時に連絡します)
■定員 80名(満席になり次第、締め切ります)
※2009年9月30日(水)締切り
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
ストレスが多い現代社会において、「抗疲労・癒やし」分野の市場は拡大しており、大阪産業創造館が実施した独自の市場調査によると、2007年に5兆円だった同分野の市場規模は、2020年には12兆円以上に膨らむと試算しています。
そこで大阪産業創造館では、そのような成長性が見込まれる同分野に関連する商材を全国から一同に集め、大展示会を開催します。

販路マッチング展示会では広く健康(抗疲労・癒し・リラクゼーションなど)商材を集め、バイヤー(卸・小売業等)に対し、一斉に公開(10月9日)します。人員の配置は無く、現場での商談は行いません。商品と商品パンフレットのみを展示します。 
展示会当日は、来場したバイヤーが商品を直接手にとって、欲しい商材を探します。欲しい商材、興味のある商材、詳しく話を聞きたい商材等があれば、事務局がマッチングを図ります。
日時:2009年10月9日(金)13:00~17:30
場所:大阪産業創造館3Fマーケットプラザ
来場予定者:卸・小売業者、ネット販売業者、流通商社他、健康関連企業やバイヤー

【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)

【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=09799

2009年10月10日(土)

第30回日本肥満学会市民公開講座「ストップ・ザ・こどものメタボ」~こどもたちの肥満・メタボリックシンドロームを防ぐ~

■2009年10月10日(土)
■15:00~17:00
■アクトシティ浜松 大ホール(静岡県浜松市中区板屋町111-1 )
■参加費 無料
■定員 先着1,000名(定員になりしだい募集を締め切らせていただきます。)

★お申込み
ハガキ、Eメール、FAXのいずれかに、〒、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、参加人数と、こどものメタボに関する疑問・質問があれば明記して、下記へお申し込みください。後日、参加証を郵送します。

住所:〒100-8079(住所不要)産経新聞社 メタボ撲滅委員会事務局「肥満学会セミナー」係
E-mail: t-jigyo@sankei-net.co.jp
FAX: 03-3243-1800

[内容]
ご挨拶/基調講演「子どもの肥満~何が問題なのか、どうすれば良いのか」
  大関 武彦(浜松医科大学小児科教授、第30回日本肥満学会会長)
 講 演 「肥満は、胎児のときから要注意」
  堀川 玲子(国立成育医療センター内分泌代謝科医長)
 講 演 「学校における小児肥満」
   大石 隆示(浜松市砂丘小学校校長)
 講 演 「子供の健康食生活と食育」
  仲山 順子(浜松医科大学付属病院栄養部栄養管理部門長)
 講 演 「小児肥満対策、1に運動・外遊び!」
  冨樫 健二(三重大学教育学部保健体育学科教授)
 Q&Aコーナー                        (敬称略)
  ※都合により、内容の一部を変更する場合がございます。

当日参加者にもれなくメタボ関連グッズをプレゼント!

【主 催】
第30回日本肥満学会、メタボリックシンドローム撲滅委員会、小児肥満対策推進委員会
【連絡先】
Tel. 03-3275-8944(土・日・祝を除く10時~17時)

2009年10月10日(土)

脳卒中医療政策シンポジウム 患者参画の実現に向けて(仮題)

■2009年10月10日(土)
■14:00~18:00(13:30 開場)
■国連大学 5F エリザベス・ローズ国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

[内容]
2006年6月、がん患者団体などの要請が国を動かし、国会の議員立法で「がん対策基本法」が成立しました。この「がん対策基本法」に続き、今、脳卒中分野でも「脳卒中対策基本法」を議員立法として成立させようという動きが盛んになっています。
当シンポジウムでは、脳卒中医療における課題や、患者さんの抱えている問題点を改めて見直し、その具体的な指針を明らかにするとともに、「脳卒中対策基本法」制定の意義を提唱します。
脳卒中対策に取り組む患者リーダーをはじめ、日本脳卒中協会や日本脳卒中学会などの脳卒中医療を支える医療者団体、厚生労働省や総務省消防庁などの行政者、国会議員が一堂に会し、脳卒中医療の問題点と改善策についてディスカッションするほか、当機構が実施した「脳卒中政策に関する患者意識調査」の解析結果や、脳卒中対策基本法のモデルとなる「がん対策基本法」成立の経緯などの紹介を行い、脳卒中対策を幅広い視点から検討したいと思います。
※シンポジウムの特徴
・脳卒中政策に関する初の患者意識調査の実施により、患者発の政策課題が明らかに。
・脳卒中の患者団体、医療者、行政、立法の各関係者が初めて一堂に会し、具体的な脳卒中政策を提言。
・全国脳卒中者友の会連合会、日本脳卒中協会のキーパーソンが参画、登壇予定。

【連絡先】
日本医療政策機構 市民医療協議会 慢性疾患政策情報センター
〒103-0014東京都 中央区日本橋蛎殻町2-5-3
Tel 03-5614-7796(担当:笹原、杉山、乗竹)

2009年10月12日(月・祝)

日本臨床内科医学会市民公開講座 肺の生活習慣病(COPD)を見逃さないために~呼吸機能検査の重要性を含めて~

■2009年10月12日(月・祝)
■14:00~16:00(開場13:30)
■大宮ソニックシティ 小ホール(さいたま市大宮区桜木町1-7-5)
■参加費 無料
■定員 400名(満席の場合、ご入場いただけない場合がございます。)
※事前申込はありませんので、当日直接会場までお越しください。
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
講演
テーマ:肺の生活習慣病-早期発見と治療の戦略-
講師:木田厚瑞 先生(日本医科大学 呼吸器内科学 教授、同大学呼吸ケアクリニック 所長)

ミラクル対談
テーマ:松平氏に聞く-COPDと上手につきあっていくには-
聞き手:木田厚瑞 先生(日本医科大学 呼吸器内科学 教授、同大学呼吸ケアクリニック 所長)
話し手:松平康隆 氏(日本バレーボール協会 名誉会長)
いま話題の「肺年齢」を無料で測定いたします。(1回2~3分)プログラム終了後、無料医療相談(来場先着20名)も受付予定です。


【主 催】
日本臨床内科医学会
【共 催】
埼玉県内科医会、日本ベーリンガーインゲルハイム(株)、ファイザー(株)、フクダ電子(株)
【連絡先】
株式会社コンベンションリンケージ内 運営事務局
東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
TEL:03-3263-8688 FAX:03-3263-8693
【公式ホームページ】http://www.secretariat.ne.jp/jpa2009/

2009年10月12日(月・祝)

ヘルシー・エイジング フェスタ 2009

■2009年10月12日(月・祝)
■10:00~17:00
■東京国際交流館 国際会議場、メディアホール、ホワイエ(東京都江東区青海2-79)
■入場料 前売り券(一般)3000円、当日券(一般)4000円
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
出演者:
服部幸應(服部学園服部栄養専門学校理事長・校長)
白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授)
山東昭子(参議院議員副議長)
芳村真理(メディアパーソナリティ)
大桃美代子(タレント)
山口喜久二(ジャパンローヤルゼリー(株)代表取締役会長)
ジェニー牛山(ハリウッドビューティ専門学校校長、ハリウッド大学院大学教授)
山口蘭子(タンゴラテン歌手)
鷹松香奈子(ウォーキング インストラクター (株)B・Walk代表)
荒木葉子(医学博士・労働衛生コンサルタント)
鈴木志保子(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授)
いとうゆき(日本リビングフード協会代表)
長田恵美子(うえのはらハーブガーデン 代表)


【主 催】
NPO法人 元気な120才を創る会 フェスタ実行委員会
【後 援】
内閣府・農林水産省・厚生労働省、NPO法人生活・福祉環境づくり21(SFK)、(社)長寿社会文化協会、(財)都市農山漁村交流活性化機構、日本雑穀協会、NPO法人日本ネイリスト協会
【連絡先】
ヘルシーエイジングフェスタ事務局
東京都千代田区一番町15-1 ファーストビル6F
Tel 03-3556-1200
【公式ホームページ】http://www.genki120.net/event/000033.html

2009年10月14日(水)~16日(金)

食品開発展2009

■2009年10月14日(水)~16日(金)
■10:00~17:00
■東京ビッグサイト 東1・2・3ホール

[内容]
食品開発展は、機能性素材・健康素材を集めたHi(Health Ingredients Japan)と分析・計測・衛生資材、製造技術を集めたS-tec(Safety and Technology Japan)よりなり、近年の食品分野の2大潮流となっている「健康と安全」に関するアジア最大の技術展として内外の関心を集めています。

【主 催】
CMPジャパン株式会社
【後 援】
農林水産省/厚生労働省/東京都/(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)/
(独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 ※予定
【協 賛】
(財)食品産業センター、(財)日本健康・栄養食品協会、(財)日本食品分析センター、(社)全国清涼飲料工業会、(社)日本植物油協会、(社)菓子・食品新素材技術センター、全日本スパイス協会、日本香料工業会、(財)東京顕微鏡院、フードフォラムつくば、(財)食品分析開発センターSUNATEC、日本食品添加物協会、(社)日本農林規格協会、(社)日本包装技術協会、(社)日本分析機器工業会、日本国際生命科学協会(ILSI JAPAN)、食品膜・分離技術研究会、精糖工業会、全国製麺協同組合連合会、AOACインターナショナル日本セクション、(財)日本技術士会、(財)日本適合性認定協会 ※予定
【連絡先】
CMPジャパン株式会社
東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル2F
TEL:03-5296-1017 FAX:03-5296-1018
【公式ホームページ】http://www.hijapan.info/

2009年10月14日(水)~10月16日(金)

2009世界環境共生都市博

■2009年10月14日(水)~16日(金)
■10:00~17:00(最終日16:00まで)
■パシフィコ横浜

[テーマ]
未来を創る 自然を造る -快環!エコシティー宣言-

[目的]
地球環境や生活環境の改善には、環境適応型のインフラ整備や技術開発が重要です。そこで環境にやさしい街づくりに役立つ技術、サービス、システムを一堂に集め、さらに環境共生の都市モデルのPRを通して、「エコシティー」創出に寄与する。

【主催】
株式会社日報アイ・ビー

【企画運営】
日報イベント株式会社

【後援】
環境省、経済産業省、農林水産省、国土交通省、文部科学省、神奈川県、横浜市、(社)神奈川県商工会議所連合会、横浜商工会議所(申請予定)

【協賛】
NPO法人雨水市民の会、雨水ネットワーク会議、NPO法人環境共生都市推進協会、小型風力・太陽光発電普及協会、(社)国土緑化推進機構、(社)産業環境管理協会、(独)産業技術総合研究所、住宅生産団体連合会、(財)新エネルギー財団、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、全国地球温暖化防止活動推進センター、太陽光発電協会、(財)地球環境産業技術研究機構、(財)都市緑化技術開発機構、(社)日本エネルギー学会、(財)日本環境協会、(社) 日本建設業団体連合会、(財)日本生態系協会、日本ビオトープ協会、日本風力発電協会(申請予定)

【連絡先】
日報イベント株式会社
東京都千代田区三崎町3-1-5
TEL:03-3262-3562 FAX:03-5214-6633
大阪市中央区南本町1-5-11
TEL:06-6265-9106 FAX:06-6265-9105
【公式ホームページ】http://www.nippo.co.jp/ecocity09/index.htm

2009年10月14日(水)~10月16日(金)

2009地球温暖化防止展

■2009年10月14日(水)~16日(金)
■10:00~17:00(最終日16:00まで)
■パシフィコ横浜

[テーマ]
ストップ温暖化! YOKOHAMA発 「低炭素社会実現」への挑戦!!

[目的]
洞爺湖サミットでは「地球温暖化」が最大のテーマとなるなど今や温暖化は人類の生存基盤に関わる重大な環境問題となった。京都議定書の第一次約束期間 (2008年~12年)にも突入し、もはや待ったなしの状況下、あらゆる方策をもって「低炭素社会」を実現させるため、地球温暖化防止に関わる技術、システム、機材、サービスなどを一堂に展示し地球温暖化防止活動の推進をはかる。

【主催】
株式会社日報アイ・ビー

【企画運営】
日報イベント株式会社

【後援】
環境省、経済産業省、農林水産省、国土交通省、文部科学省、神奈川県、横浜市、(社)神奈川県商工会議所連合会、横浜商工会議所(予定)

【協賛】
EDO((独)新エネルギー・産業技術総合開発機構)、(財)新エネルギー財団、全国地球温暖化防止活動推進センター、太陽光発電協会、(財)日本環境協会、日本風力発電協会、小型風力・太陽光発電普及協会、(独)産業技術総合研究所、(社)日本エネルギー学会、(社)国土緑化推進機構、(財)都市緑化技術開発機構、日本環境緑地技術協会、(財)地球環境産業技術研究機構、雨水ネットワーク会議、NPO法人雨水市民の会、(社)産業環境管理協会、(財)日本生態系協会、日本ビオトープ協会、NPO法人環境共生都市推進協会、(社)日本建設業団体連合会、住宅生産団体連合会、(社)日本建材・住宅設備産業協会(予定・順不同)

【連絡先】
日報イベント株式会社
東京都千代田区三崎町3-1-5
TEL:03-3262-3562 FAX:03-5214-6633
大阪市中央区南本町1-5-11
TEL:06-6265-9106 FAX:06-6265-9105
【公式ホームページ】http://www.nippo.co.jp/stop-ondanka09/index.htm

2009年10月17日(土)

徳島大学病院フォーラム2009秋~健やかな未来のために高血圧を知る~

■2009年10月17日(土)
■13:00~15:00
■ホテルクレメント徳島(徳島市寺島本町西1-61)
■定員 600名
※予約・整理券が必要です(詳細は9月中旬徳島新聞朝刊にてお知らせします)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
本公開講座では、県民の皆さんの健康の増進と医療に対する意識の向上を図るため、高血圧についての正しい知識とその予防法及び治療法についてのアドバイスをしたいと考えています。


【主 催】
徳島大学病院

【公式ホームページ】http://www.tokushima-hosp.jp/topic/event.html?event_id=24

2009年10月17日(土)

第11回ダノン健康・栄養フォーラム 「臨床現場で求められる栄養指導」

■2009年10月17日(土)
■13:00~17:00
■都市センターホテル コスモスホール(東京都千代田区平河町2-4-1)
■定員 300名
■参加費 無料
※参加申込が必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
開会挨拶
井廻道夫(ダノン健康・栄養普及協会 理事長/昭和大学医学部 教授)

基調講演「行動変容を促す栄養指導」
座長:井廻道夫(ダノン健康・栄養普及協会 理事長/昭和大学医学部 教授)
講師:川島由起子(聖マリアンナ医科大学病院栄養部 部長)

シンポジウム
座長:荒井綜一(東京農業大学総合研究所 客員教授)
座長:板倉弘重(茨城キリスト教大学生活科学部 教授)
1. 「特定健診と保健指導」
納谷和余(管工業健康保険組合)
2. 「腎疾患の栄養指導」
石井宏明(東海大学医学部付属病院栄養科 係長)
3. 「外来糖尿病患者に対する栄養指導の実際」
平松智子(福山大学生命工学部生命栄養科学科 准教授)
4. パネルディスカッション
パネリスト:各講師


【共 催】
ダノン健康・栄養普及協会(DIJ)、日本栄養士会
【後 援】
日本栄養・食糧学会、日本臨床栄養学会
【協 賛】
ダノンジャパン(株)
【公式ホームページ】http://www.danone-institute.gr.jp/forum/index.html

2009年10月18日(日)

健康日本21 健やか生活習慣病推進フェスタ2009 医師たちとみんなで歩こう!IN 新宿

■2009年10月18日(日) 雨天決行
■スタート会場:新宿中央公園 水の広場、ゴール会場:新宿区立西戸山中学校
■受付時間 午前8:00~10:00(スタート会場でお申し込みいただければどなたでも参加OK、事前予約は必要ありません)
■参加費 無料

[内容]
本イベントは、医療関係者とふれあい、語り合いながら新宿の街を歩き、楽しく健康づくりに取り組むウオーキングイベントです。生活習慣病やメタボリックシンドロームが気になる方、最近運動をしていないという方は、正しい生活習慣と運動を始めるきっかけに、ぜひご参加ください。ゴール会場では、健やかな生活習慣づくりをサポートするフェアを開催。医療関係者による健康相談や健康チェックなどが受けられるイベントブースなども出展される予定です。


【主 唱】
健康日本21推進全国連絡協議会、健やか生活習慣国民運動実行委員会
【主 催】
医師たちとみんなで歩こう!健康日本21推進フェスタ2009組織委員会
【構成団体】
日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本看護協会、日本栄養士会、国民健康保険中央会、健康保険組合連合会、全国健康保険協会、日本ウオーキング協会、健康・体力づくり事業財団
【共 催】
新宿区 大新宿区祭り ふれあいフェスタ2009
【後 援】
厚生労働省、東京都、新宿区ウオーキング協会など官庁・自治体関係、東京都医師会、東京都看護協会など実施地域の医療関係団体(一部予定)
【特別協力】
新宿区生涯学習財団、産経新聞社
【連絡先】
健康日本21健やか生活習慣推進フェスタ2009実行委員会事務局
TEL 03-5256-7855(受付時間:10:00~18:00/土日祝日除く)


2009年10月18日(日)

第4回 NR資格更新セミナー「生活習慣病予防における食の役割を考える」

■対象■
栄養情報担当者(NR)、栄養士、管理栄養士、薬剤師などの有資格者
■日程■
2009年10月18日(日)13:00~16:50
■会場■
T's 渋谷アジアビル 201号室 (東京都渋谷区神南1-12-16)
■内容■
基調講演:「生活習慣病3大リスク(血圧・脂質・血糖)に対するトクホの意義」 城西国際大学 薬学部 教授 太田篤胤
講演: 特定保健用食品メーカ数社
受講料 RDサポート修了者 ¥2,000- 一般 ¥4,000
【お問い合わせ】http://www.rdsupport.co.jp/nr/seminar/

2009年10月22日(木)

市民公開講座「新型インフルエンザの予防と対策」

■2009年10月22日(木)
■14:00~16:30
■横浜情文ホール(横浜市中区日本大通11番地)
■参加費 500円
■定員 220名(先着順)
※事前お申込みが必要です。
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
本年4月に発生した新型インフルエンザウイルスA(H1N1)は、パンデミック(世界流行)を引き起こし、我が国でも流行を迎え、国家・地域・個人の各レベルでの対応が求められています。今回の講座では、市民・市内事業者の皆様を対象に、これまでに分かってきた新型インフルエンザの特徴や感染予防・感染対策の考え方と実践について、わかりやすく解説します。

1 新型インフルエンザの疫学と感染予防・感染対策
満田 年宏(横浜市立大学附属病院 感染制御部長・准教授)
2 横浜市における新型インフルエンザへの対応
岩田 眞美(横浜市健康福祉局 健康安全部 新型インフルエンザ対策担当部長)


【共 催】
横浜市立大学エクステンションセンター・横浜市健康福祉局
【後 援】
横浜市都市経営局
【連絡先】
公立大学法人横浜市立大学エクステンションセンター
〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
Tel 045-787-8930 Fax 045-701-4338
受付は月曜日~金曜日(祝日を除く)8:45~17:15
【公式ホームページ】http://www.yokohama-cu.ac.jp/ext/hos/chiiki/091022.html

平成21年10月22日(木)~23日(金)

日伊国際シンポジウム「食と健康-過去、現在そして未来」Italy-Japan Symposium on “Foods and Health: past, present and future”

日時 :平成21年10月22日(木)~23日(金)
会場 :イタリア文化会館 東京(東京都千代田区九段南2-1-30)
参加費 :一般 10,000円 学生 5,000円(当日会場にて受付)
日本側世話人:名古屋大学大学院生命農学研究科教授 大澤俊彦
問い合わせ先:名古屋大学大学院生命農学研究科食品機能化学研究室内
日伊国際シンポジウム事務局
http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/~food/Italy-Japan%20Sympo/Italy-Japan%20Symposium%202.html

【お申し込み】会社名、氏名、メールアドレスをご記入の上、日伊国際シンポジウム事務局までお送りください。
E-mail;italy09@hc-sys.jp
Fax;03-5217-5562

2009年10月24日(土)

ビタミン学からみた食育推進運動

■2009年10月24日(土)
■13:00~17:00
■高槻市生涯学習センター(大阪府高槻市桃園町2-1、072-674-7700)
※来聴を歓迎します。
※参加費無料
※事前登録は不要です。

[内容]
1)子ども食育推進運動の重要性
(大阪医科大学小児科教授 玉井 浩)
2)糖尿病とビタミン
(大阪薬科大学教授 田中孝生)
3)栄養士からみた食育推進とビタミン
(奈良女子大学教授 伊達ちぐさ)
4)骨粗鬆症とビタミン
(京都女子大学教授 田中 清)


【連絡先】
日本ビタミン学会事務局
京都市左京区吉田河原町15-9 京大会館2階
TEL:075-751-0314  FAX:075-751-2870
(月曜日~金曜日 10時から17時まで)
【公式ホームページ】http://web.kyoto-inet.or.jp/people/vsojkn/index.html

2009年10月24日(土)

市民公開講座「むずむず脚症候群~知ることから、治療がはじまる~」

■2009年10月24日(土)
■13:00~15:00(開場 12:30)
■大阪市中央公会堂(大阪市北区中之島1-1-27)

[内容]
■基調講演「むずむず脚症候群を見逃さない」
井上雄一先生(東京医科大学 精神医学講座 教授)
■パネルディスカッション「むずむず脚症候群~みんなが持っているこんな悩み~」
司会・座長/清水徹男氏(秋田大学大学院医学系研究科医学専攻 病態制御医学系精神科学講座 教授)
パネリスト
井上雄一先生(東京医科大学 精神医学講座 教授)
黒田健治先生(医療法人 杏和会 阪南病院 院長)
平田幸一先生(獨協医科大学 神経内科 教授)
良永信男氏(むずむず脚症候群友の会 代表)
※タイトル・内容・パネリスト等は変更になる場合があります。

◆お申込み
住所、氏名、電話番号、性別、職業、参加人数、車椅子使用の有無、質問(ある方のみ)を明記の上、はがき、ファクス、メールにてご応募ください。4名様まで応募できます。
・はがきでの応募先:
〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-13 阪神産経桜橋ビル4F
「むずむず脚症候群 市民公開講座」事務局係まで。
・ファクスでの応募先:「むずむず脚症候群 市民公開講座」と明記の上、
FAX06-6341-7360 まで。
・メールでの応募先:件名に「むずむず脚症候群 市民公開講座」と明記の上、
E-mail uketu3@sankeiad.co.jpまで。

10月9日必着。抽選の上、聴講券を発送します。


【主 催】
第6回アジア睡眠学会、日本睡眠学会第34回定期学術集会、第16回日本時間生物学会学術大会合同大会
【共 催】
産経新聞社
【協 賛】
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
【連絡先】
「むずむず脚症候群 市民公開講座」事務局係
06-6343-3294(平日10時~18時)

2009年10月24日(土)

第7回日本脳卒中協会東京支部市民公開セミナー

■2009年10月24日(土)
■13:00~16:00
■杏林大学医学部 大学院講堂(JR中央線 三鷹駅南口からバスで約20分)
■定員 200名(入場無料・先着)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
最新の脳卒中診療~超急性期治療から地域連携まで継ぎ目のない診療を目指して~

総合司会:西山和利(杏林大学医学部神経内科・脳卒中センター 講師)

1. 挨拶
富田 博樹(武蔵野赤十字病院 院長)
2. 講演テーマ『最新の脳卒中診療~超急性期治療から地域連携まで継ぎ目のない診療を目指して~』
(1)「脳卒中で倒れたら」
上坂 義和(国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 神経内科部長)
(2)「脳卒中のリハビリテーション」
高橋 秀寿(杏林大学医学部リハビリテーション医学教室 准教授)
(3)「脳卒中の外科治療」
戸根  修(武蔵野赤十字病院 脳神経外科 部長)
(4)「脳卒中にならないために」
長尾 毅彦((財)東京都保健医療公社荏原病院 神経内科 医長)
(5)「脳卒中の医療連携・社会資源の活用」
加藤 雅江(杏林大学医学部付属病院 医療福祉相談室 課長補佐)
3. 開会挨拶
塩川芳昭(杏林大学医学部脳神経外科・脳卒中センター 教授)


【主 催】
(社)日本脳卒中協会
【共 催】
日本脳卒中協会東京都支部、杏林学園
【後 援】
東京都(予定)、東京都医師会(予定)
【公式ホームページ】http://www.jsa-web.org/kouen/091024t.html

2009年10月24日(土)

横浜ライフデザインフェア2009 NPO睡眠時無呼吸症候群ネットワークセミナーと展示

■2009年10月24日(土)
■13:00~15:00
■横浜市市民活動支援センター(横浜市中区桜木町1-1-56 みなとみらい21 クリーンセンター4F・5F)
※セミナー会場は会場2
■参加費 無料・事前申込なし
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
セミナー「睡眠時無呼吸症候群(SAS)の現状と治療について」
講師:鈴木一郎 先生(日赤医療センター脳神経外科部長)
展示「イビキや睡眠時無呼吸症候群の健康被害と対処法」


【主 催】
NPO法人睡眠時無呼吸症候群ネットワーク
【公式ホームページ】http://www.sas-j.org/

2009年10月29日(木)~30日(金)

健康ビジネスサミットうおぬま会議2009

■2009年10月29日(木)~30日(金)
■NASPAニューオータニ(新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2117-9)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆テーマ◆健康産業ノススメ~日本を元気にする新・産業~

今あらためて注目される内需産業。
そして健康ビジネス~健康・福祉・医療産業には、内需産業の旗手としての期待が高まっています。
しかし、多くの企業が健康ビジネスに取り組むものの、産業の大きなうねりとはなっていません。
「うおぬま会議2009」では、健康ビジネスの様々な分野に関わる全国の企業、研究機関、医療、行政関係者が集い、それぞれの分野での課題解決に向けた議論を展開し、健康産業の発展を目指します。

【主 催】
新潟県・ 健康ビジネスサミットうおぬま会議2009実行委員会
【共 催】
(財)広域関東圏産業活性化センター、(財)にいがた産業創造機構、新潟県医療・健康産業創造協議会
【特別協力】
CMPジャパン(株)
【連絡先】
新潟県産業労働観光部 産業振興課 新分野育成係
〒950-8570 新潟市中央区新光町4-1
Tel 025-280-5718 Fax 025-280-5508
【公式ホームページ】http://www.kenko-biz.jp/uonuma2009gaiyou/

2009年10月30日(金)

第18回腸内フローラシンポジウム

■2009年10月30日(金)
■10:00~17:00
■ヤクルトホール(東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル)
■入場料 無料(当日受付、事前申込み不要)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆テーマ◆腸内フローラとメタボリックシンドローム

特別講演1「メタボリックシンドロームの基礎と臨床」
門脇 孝(東京大学大学院医学系研究科)

特別講演2「Intestinal Microbiota and Metabolism of Host」
J. K. Nicholson (Imperial College London, UK)

講演1「Impact of the gut microbiota on the development of metabolic disorders associated with obesity」
Patrice D. Cani(Universite Catholique de Louvain, Belgium)

講演2「Obesity and Microbiota」
Daniel A. Peterson(University of Nebraska-Lincoln, USA)

講演3「バイオフィルム形成歯周病原性細菌とメタボリックシンドロームの密接な関係」
奥田 克爾(東京歯科大学名誉教授)

講演4「食欲、消化管機能と消化管フローラ」
鈴木 秀和(慶応義塾大学医学部内科学)

講演5「プロバイオティクスとメタボリックシンドローム:プロバイオティクスのインスリン抵抗性改善作用」
吉田 康人(ヤクルト本社中央研究所)

※同時通訳付

【主 催】
(財)ヤクルト・バイオサイエンス研究財団
【後 援】
文部科学省(予定)
【連絡先】
(財)ヤクルト・バイオサイエンス研究財団 シンポジウム事務局
Tel 03-3524-8997

2009年10月30日(金)

【ヘルスケアビジネスセミナー】元気、やる気の出るオフィスをつくろう!~コミュニケーションと環境が大切な理由~

■2009年10月30日(金)
■13:30~17:00
■大阪産業創造館6階会議室AB
■定員 90名(満席になり次第、締め切ります)
■受講料 1,000円(消費税込み、テキスト代込み)
※当日受付にてお支払い。当日はお釣りの必要がないようご準備ください。

[内容]
職場の疲労対策マーケットに参入チャンス!

心の病による、休業者がいる会社77%(日本生産性本部2008年調べ)。
精神障害などの労災補償支給件数200件(2008年厚生労働省調べ)。
これが日本企業の現実です。

企業の発展のためには、生産性や創造性向上の観点から、従業員が心身共に健康で、元気にやる気をもって、仕事に前向きに取り組める環境づくりも、経営対策のひとつといえます。
そして、そのようなオフィスの環境づくりに関わる分野は、空間設計や演出、空調、照明、デスク、什器など開発範囲は多岐に渡り、今後新しい商品やサービス開発が期待されています。

本セミナーでは、岡田邦夫氏が統括産業医の立場から、企業で働く人たちの健康管理や環境づくりを経営的な視点でどう捉え、どう判断し、どう投資すればいいかを解説するとともに、世界初の知的照明システムの実証実験に取り組む三木光範教授が、その効果や応用として今後コラボレーションを期待する、ビジネスパートナー像も紹介します。
また、リーディングカンパニーのKOKUYOが提案するエコライブオフィスと導入事例から、
参入のヒントを掴んでください。

■講師
大阪ガス株式会社 人事部 健康開発センター 統括産業医 岡田邦夫氏

同志社大学大学院 工学研究科 教授
知的オフィス環境コンソーシアム会長/工学博士 三木光範氏

コクヨ株式会社 主幹研究員 CATALYZER編集長 齋藤 敦子氏


【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=09919

2009年10月31日(土)

第6回ウェルビーイングフォーラム イン 幕張

■2009年10月31日(土)
■13:30~15:10(開場13:00)
■クロスウェーブ幕張 幕張テクノガーデンA棟2階ホール
■参加費 無料
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
毎日を笑顔で過ごすために、知っておきたいことがあります。家族や自分が病気になったとき、治療法や選択肢などの疑問を、医師をはじめとした専門家とともに考えていきましょう。今回は「セカンドライフをいきいきと」をメインテーマに、女性の人生の質に関わる健康知識として最近話題の骨盤臓器脱・尿もれの最新治療法や女性に優しい東洋医学の活用法についてお話します。
(亀田メディカルセンター主任産婦人科部長 清水幸子先生)

講演 ~治して快適に~ 骨盤臓器脱・尿もれ
野村 昌良 先生 (亀田メディカルセンター ウロギネセンター 副センター長)

講演 若さが恋しいあなたに捧げる、東洋医学の活かし方
南澤 潔 先生 (亀田メディカルセンター 東洋医学診療科 部長)

講演 ちょっとためになる薬の話 ~OTC 第一類医薬品って何?~
秋葉 久典 先生 (亀田メディカルセンター 薬剤部 薬剤師)


【共 催】
南関東健康研究会、株式会社ツムラ
【後 援】
幕張新都心まちづくり協議会
【連絡先】
亀田総合病院内 カスタマーリレーション部
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
Tel:04-7099-2359 Fax:04-7099-1231
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/other/091031.html

2009年10月31日(土)

第4回 日本脳卒中協会奈良県支部 脳卒中市民公開講座

■2009年10月31日(土)
■14:00~16:00
■奈良県文化会館2階小ホール(奈良市登大路町6-2)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆テーマ◆防ごう、脳卒中!! 身近にできることから
開会あいさつ
榊 寿右(奈良県立医科大学 附属病院長/(社)日本脳卒中協会 奈良県支部 支部長)

講演1 「日頃が大切、脳卒中」
中谷 敏也(奈良県立奈良病院 消化器内科 部長)
司会
菊池 英亮(奈良県立奈良病院 副院長)

講演2 「こうして治す、防ぐ脳卒中」
新 靖史(奈良県立奈良病院 脳神経外科 医長)
司会
三島 秀明(奈良県立奈良病院 脳神経外科 医長)

質問コーナー・最近の話題
講演、司会の4名の医師に加え、榊 寿右(奈良県立医科大学付属病院長)、川口 正一郎(奈良県立奈良病院病院長)が質問に答えます。

閉会あいさつ
川口 正一郎(奈良県立奈良病院病院長/(社)日本脳卒中協会 奈良県支部 副支部長)


【主 催】
(社)日本脳卒中協会奈良県支部
【後 援】
奈良県、朝日新聞社奈良総局、毎日新聞奈良支局、読売新聞奈良支局
【公式ホームページ】http://www.jsa-web.org/kouen/091031N.html




TOPページ > 健康・美容イベント情報 : 2009年10月
■注目カテゴリ・コンテンツ
■注目カテゴリ・コンテンツ

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

ホーム  |   プレスリリース  |   サイトマップ  |   全研本社 会社概要  |   ヘルプ
利用規約  |   プライバシーポリシー  |   お問合わせ  |   プレスリリース・ニュース受付

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に

Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.