健康食品・化粧品・自然食品・健康器具・ハーブ・アロマなど仕入、商材、原料、受託製造、OEMが探せるサイトです
健康美容EXPOは健康、美容の受託製造等、健康業界の企業間取引のための情報サイトです。

TOPページ > 健康・美容イベント情報 : 2008年10月

新着情報
カテゴリで探す
月別【INDEX】 [49]
機能性表示制度 [20]
健康食品 [265]
美容・化粧品 [130]
健康器具・用品 [29]
自然食品 [29]
ハーブ・アロマ [42]
医療・福祉 [154]
薬事法 [31]
容器・パッケージ [22]
健康全般 [218]
ビジネス [245]
機器 [44]
流通 [14]
理美容 [58]
通販 [3]
オーガニック [8]
その他 [79]
キーワードで探す


複数のキーワードで検索する場合は必ず半角スペースで区切って下さい

開催日で探す
2017年02月 [1]
2017年01月 [5]
2016年12月 [8]
2016年11月 [15]
2016年10月 [15]
2016年09月 [8]
2016年08月 [9]
2016年07月 [11]
2016年06月 [12]
2016年05月 [9]
2016年04月 [10]
2016年03月 [11]
2016年02月 [12]
2016年01月 [9]
2015年12月 [7]
2015年11月 [13]
2015年10月 [16]
2015年09月 [15]
2015年08月 [10]
2015年07月 [22]
2015年06月 [13]
2015年05月 [11]
2015年04月 [14]
2015年03月 [18]
2015年02月 [17]
2015年01月 [14]
2014年12月 [9]
2014年11月 [17]
2014年10月 [21]
2014年09月 [11]
2014年08月 [10]
2014年07月 [10]
2014年06月 [14]
2014年05月 [12]
2014年04月 [10]
2014年03月 [9]
2014年02月 [15]
2014年01月 [15]
2013年12月 [9]
2013年11月 [13]
2013年10月 [23]
2013年09月 [15]
2013年08月 [9]
2013年07月 [12]
2013年06月 [19]
2013年05月 [9]
2013年04月 [13]
2013年03月 [12]
2013年02月 [21]
2013年01月 [9]
2012年12月 [7]
2012年11月 [19]
2012年10月 [11]
2012年09月 [23]
2012年08月 [8]
2012年07月 [16]
2012年06月 [25]
2012年05月 [13]
2012年04月 [25]
2012年03月 [22]
2012年02月 [12]
2012年01月 [2]
2011年12月 [5]
2011年11月 [9]
2011年10月 [6]
2011年09月 [6]
2011年08月 [2]
2011年07月 [5]
2011年06月 [14]
2011年05月 [12]
2011年04月 [5]
2011年03月 [4]
2011年02月 [10]
2011年01月 [3]
2010年12月 [5]
2010年11月 [5]
2010年10月 [22]
2010年09月 [8]
2010年08月 [1]
2010年07月 [6]
2010年06月 [6]
2010年05月 [3]
2010年04月 [3]
2010年03月 [15]
2010年02月 [13]
2010年01月 [8]
2009年12月 [5]
2009年11月 [24]
2009年10月 [30]
2009年09月 [24]
2009年08月 [5]
2009年07月 [7]
2009年06月 [11]
2009年05月 [17]
2009年04月 [19]
2009年03月 [17]
2009年02月 [20]
2009年01月 [13]
2008年12月 [12]
2008年11月 [25]
2008年10月 [25]
2008年09月 [20]
2008年08月 [8]
2008年07月 [19]
2008年06月 [9]
2008年05月 [14]
2008年04月 [8]
2008年03月 [7]
2008年02月 [18]
2008年01月 [18]

健康・美容イベント情報 : 2008年10月

※既に開催期間が終了となっている場合がありますので、開催日をよくご確認下さい。
※掲載情報は予告無く変更となることがあります。 詳細は、各イベント主催者、連絡先までお問合せください。

2008年10月2日(木)

【ヘルスケア・フロンティア】働く人のメンタルヘルス・ソリューションフェア

■2008年10月2日(木)
■13:00~17:30
■大阪産業創造館 3Fマーケットプラザ
■定員 100名(満席になり次第、締め切ります)
■受講料 無料
※お申込はお一人様につき一件のみ承っています。(詳しくは公式ホームページをご覧ください)

[内容]
働く人のメンタルヘルスにおける最新の情報提供、中小企業での対策紹介を行うと共に、メンタルヘルス対策につながる4つのサービスをご紹介し、企業とサービス事業者のマッチングをはかります。
●13:00~14:00
中小企業の取り組み事例紹介
「オフィス内でできる心と身体の健康づくり体操」
株式会社ウエダ本社     代表取締役社長 岡村充泰氏
トータルフィット株式会社  代表取締役社長 梅田陽子氏

~~休憩10分~~

●14:10~14:40
・事業プレゼン1 
「企業のこころの健康を包括的にサポートするEAP事業」 
医療法人 あけぼの会 メンタルヘルスセンター 
●14:40~15:10
・事業プレゼン2 
「過労死の予防・メンタルヘルス対策としての疲労検診」
株式会社産業疲労特定健診センター 
●15:10~15:40
・事業プレゼン3 
「コミュニケーションの活性化と音声プライバシーに配慮した快適職場」
コクヨエンジニアリング& テクノロジー株式会社  

~~休憩20分~~

●16:00~17:15
◆総括講演「これからの企業に求められるメンタルヘルス対策~労働行政や労災認定の判例から~」
大阪ガス株式会社 人事部 健康開発センター 統括産業医 岡田邦夫氏

○13:00~17:30 各展示ブースにて商談


【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08889

2008年10月2日(木)

第15回健康食品フォーラム 健康食品の存在意義~代替医療の進展する中で~

■2008年10月2日(木)
■13:00~17:00(受付開始12:30)
■虎ノ門パストラル 新館1階「鳳凰の間」
(東京都港区虎ノ門4-1-1 TEL.03-3432-7261(代))

[内容]
●講演
中垣 英明 (厚生労働省 医薬食品局 食品安全部 企画情報課 課長)
 「未定」
津谷 喜一郎 (東京大学大学院 薬学系研究科客員教授)
 「お金と効き目と好みからみた健康食品の位置づけ」
信川 益明 (日本健康科学学会 会長)
 「医師の立場からみた健康食品の可能性と問題点」
太田 明一(キリンホールディングス株式会社 技術戦略部 アドバイザー、健康と食品懇話会相談役)
 「企業の立場から見た「健康食品」の存在意義」~健康志向の高まりの中で~」

●パネルディスカッション
講演後、演者によるパネルディスカッションを予定しております。

司会/矢澤 一良 (東京海洋大学大学院教授)

※敬称略(演者・パネリストは変更される場合がありますのでご承知おきください。)

【主催】
財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会
【後援】
厚生労働省・農林水産省・文部科学省(予定)
【連絡先】
財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会
健康食品フォーラム事務局
〒105-0003東京都港区西新橋1-5-11 第11東洋海事ビル4F
TEL 03-3595-1555 FAX 03-3595-1559
【公式ホームページ】http://www.shafuku.jp/

2008年10月2日(木)

第35回大阪市大 オープンラボラトリー ~ 医薬を進歩させるバイオ工学 ~

■2008年10月2日(木)
■13:00~16:00<シーズ発表> 16:10~16:55<フリーディスカッション>
■大阪産業創造館 6F会議室AB
■入場料 無料
■定員 80名(満席になり次第、締め切ります)

[内容]
メインテーマ(第35~36回):
『医療と製薬への工学的アプローチ』
 先進医療分野や創薬の最先端においては、様々な工学的アプローチが注目されています。例えば、先端医療である遺伝子治療そして先端がん治療は、それら医療を支える薬剤キャリアーなどのマテリアル無しでは成立しません。一方、創薬分野においても送達技術は勿論のこと、薬剤の晶析技術に代表されるような工学的アプローチの重要性は指摘するまでもありません。
 そこで今回、『医療と製薬への工学的アプローチ』をメインテーマとして2回のオープン・ラボラトリーを企画し、最新の研究成果を広く市民の皆様にもお伝えします。

第35回テーマ:
『医薬を進歩させるバイオ工学』
 がん治療効果の向上に寄与する新規抗がん剤やがん細胞選択性を向上させる核酸マシン、そして抜本的な治療薬が存在しない疾患分野において注目される抗体医薬開発を支える抗体工学の新技術を紹介します。
 近年の分子標的薬や薬物送達システムなどを駆使する先端医療分野の革新には、工学的アプローチの重要性が増大しており、先端医療の進展に貢献するバイオ工学に関する最近の研究成果を出前いたします。


【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08645

2008年10月2日(木)

認知症フォーラム あきらめない~最新医療と社会の支え~

■2008年10月2日(木)
■開場13:00、開演13:30~16:00(予定)
■青森市民ホール(青森県青森市柳川1-2-14)
■入場料 無料(抽選/事前申し込みが必要です)

[内容]
◆出演者
八森 淳 氏(社団法人地域医療振興協会地域医療研修センター 副センター長)
三上 公子 氏(NPO法人活き(いき)粋(いき)あさむし事務局長、保健師)
千葉マキ子 氏(八戸地域認知症者を抱える家族の会「やさしい手の会」会員)
◆コーディネーター
町永 俊雄(NHKアナウンサー)

【主 催】
NHK青森放送局、NHK厚生文化事業団、読売新聞社
【後 援】
厚生労働省、社団法人認知症の人と家族の会
【協 賛】
株式会社ツムラ

【連絡先】
NHK青森放送局 編成事業
017-774-5114(平日10:00~18:00)
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/other/081002.html

2008年10月6日(月)~8日(水)

ビューティーワールド ジャパン ウエスト

■2008年10月6日(月)~8日(水)
■10:00~17:00
■インテックス大阪
■入場料 ¥3,000(但し、出展社、業界関係者には招待状を無料配布)

[内容]
ビューティーワールド ジャパンウエストは、ビューティービジネスにかかわる全ての製品・情報・サービスが国内外から集う、日本最大のビューティー国際見本市、ビューティーワールドジャパンの西日本版として2006年10月に大阪で初めて開催されました。初開催以降、多くの業界関係者のみならず、関連する他業種の方々からも高い注目を集めており、皆様より西日本最大規模のビューティー総合見本市として高い評価をいただいております。

西日本における貴重なビジネスチャンス獲得の場として、ぜひご利用ください。

【主催者】
メサゴ・メッセフランクフルト(株)

【公式ホームページ】http://www.beautyworldjapan.com/west/

2008年10月7日(火)~11日(土)

2008東京国際包装展

■2008年10月7日(火)~11日(土)
■10:00~17:00(受付9:30~) ※11日のみ16:00まで
■東京ビッグサイト 東ホール全館
■入場料 事前登録者と招待状持参の方は無料、それ以外の方は1000円

[内容]
2008東京国際包装展は、国内外の包装産業を代表する出展社による最新製品・技術・情報に関する展示に加え、多彩な併催事業等を通じ、「包装(パッケージ)」の経営課題が解決できる内容となっております。

[同時開催]
2008東京国際MH展

【主 催】
社団法人日本包装技術協会(J.P.I)
【後 援】
経済産業省/外務省/国土交通省/農林水産省/環境省/防衛省/東京都/日本商工会議所/日本貿易振興機構/社会経済生産性本部/アジア生産性機構/世界包装機構/アジア包装連盟/日本包装機械工業会/日本MH協会/東京ビッグサイト(申請予定)

【公式ホームページ】http://www.tokyo-pack.jp/jap/index.aspx

2008年10月7日(火)

第1回特定保健用食品に関する“最新情報交換会”

行政、学会、企業、報道の有力識者が一同参集

主催 (株)食品研究社

1、 セミナー内容及び情報交換会開催の目的

1991年に特定保健用食品制度がスタートしてから、既に17年が経過しようとしている。
その市場は確実に拡大している。現在、市場規模は1兆円に迫ろうとするほど巨大である。
特に、2001年から2007年にかけては、年毎に大きく成長して来た。
用途別に見ると、中性脂肪、体脂肪関連、歯周病対策等の歯関連、
コレステロール関係などの伸びが著しい傾向にある。
また、オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維といった整腸関連は、
全体の40%を占めるほど巨大な市場を形成している。
一方、今後有力な素材として考えられるものには、「脳機能改善食関連」、
「視力分野」等も浮上してきている。更に、様々な新素材が開発されようとしている。
特保制度が確立してから17年目を迎え、
その市場は新しく変貌、脱皮を遂げようとしている。
そうした状況下、今般、(株)食品研究社が中心となり、
特保に関する様々な新情報の交流を目的として、「特保最新情報交換会」が設立された。
最新情報交換会では特保市場の実態を様々な角度から分析、
その成果をどのような新製品を市場に投入すればよいか迷っている企業、
あるいは社内における特保対策を
どのように進めるべきかを考えている企業の参考に資すると共に、
関係する有力識者を次々と招聘、
その優れた識見を交換会で述べていただきたいと考えている。
尚、この特保最新情報交換会には一般の方々も参加できるが、
会員として御登録いただくと、弊社の雑誌や新聞等が無料で購読できる他、
セミナーへの参加費が割引になる等、様々な特典が用意されているので、
ご関心ある方は弊社まで電話、FAX,E-メイルなどでご連絡いただきたい。

最新情報交換会における討議事項

*この間の特保制度発展の推移に関する議論
*現状での特保市場の分析
*特保を取得することの意義、また、どうすれば特保を簡単に、低費用で取得できるか?
*これまでの特保市場におけるヒット商品の分析
*これから市場に登場してくることが予想される商品
*その他必要の思われる事項に関して

2、 開催日時、08年10月7日(火)、午前10時30分から午後4時50分まで

3、場所、東京・御茶ノ水 中央大学駿河台記念館670号室
(JR御茶ノ水駅徒歩3分)
http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html

4、参加費(前納)
 
一般参加者        22000円
特保最新情報交換会会員 20000円   
           

特保最新情報交換会
08年8月1日に発足、ほぼ隔月で情報交換会を実施する予定。
交換会の会員として登録されると、セミナーの会費が割引になる他、
弊社の発行する「フードリサーチ」、「おいしさの科学」、
「健康生活新聞」等の雑誌、新聞の購読が無料となる。
また、インターネット通信等の情報サービス、コンサルタント、
関係企業、技術者紹介など、様々な特典がある。
今年度の入会金は1社10万円(税込・前納)

5、当日のスケジュール
受付10時00分から受付開始
午前10時30分からセミナー開始

講師及び当日の講演内容

午前10時30分から50分まで主催者挨拶
園田昭司(そのだしょうじ)
(株)食品研究社代表取締役社長
挨拶内容「本会に課せられた歴史的使命とは」

日本大学経済学部で国際経済論を研究。郵政省勤務を経て、
国内最大の医薬品及び食品関係の新聞社に勤務。
日本の食品ジャーナリズムの草分け的な存在として活躍してきた。
「健康産業新聞」や「食品開発」、「月刊食品」、「フードリサーチ」等、
食品に関する様々な雑誌、新聞を創刊、国際健康産業展を創設。
「バイオインフレ問題」、「BSE問題」、「キムチ読本」「つけもの大学」等、
様々な記事や単行本を次々に執筆、数多くのセミナーや展示会を開催。
その分析力と行動力は国際的にも高く評価されている。81歳の現役記者。

講演1
午前10時50分から午前11時50分まで。
木村忠明(きむら ただあき)先生 
(株)ヘルスビジネスマガジン社代表取締役会長
講演内容「岐路に立つ特定保健用食品制度。これからの展望と問題点」

中央大学商学部卒、国際マーケティング論に関し、独自の観点から鋭い論文を数多く執筆。
社会的な諸問題に対しても論及。
同氏の設立したヘルスビジネスマガジン社は、最も先鋭的な理論構築を図り、
日本の栄養科学、健康食品産業界のオピニオン・リーダー的な役割を果たしている。
同氏は我が国の特保研究者としても第一線に立つ。
特に、機能性食品の生体機能に及ぼす影響に関しては、30年以上の取材経験を持つ。
100万部以上のベストセラーとなった故今村光一氏の「今の食生活では早死にする」の
理念を受け継ぎ、健康・栄養問題を深く追求し続ける。
マクガバンレポート、デザイナーフード計画を克明に分析、
米国の健康効能表示に関する様々な動きをいち早く報道、FDA(米国食品医薬品局)や
USDA(米国政府農務省)、NIH(米国国立健康研究所)、中国衛生部、EU政府等、
米国や中国、EU等の政府機関に多数の知己を持つ。
また、特定保健用食品制度の発足当初から、その功罪に関して鋭い論評を継続してきた。
    
10分間の質疑応答
  
12時00から午後13時00分まで、食事、休憩、名刺交換、懇談
 
講演2
午後13時00分から午後14時20分まで
矢澤一良(やざわ かずなが)先生 
東京海洋大学客員教授、湘南予防医科学研究所所長
講演内容「特保・新素材探検、これから有望な特保新素材を詳細に解説」

京都大学工学部卒、東京大学より農学博士号を授与。
(株)ヤクルト本社中央研究所勤務を経て、
(財)相模中央化学研究所に主席研究員として入所、様々な研究業務に携わる。
2000年、湘南予防医科学研究所を設立。
特に、海洋生物、海洋微生物の産生する生理活性物質に関する研究を進める。
また、脳機能改善に重要な働きをなすDHA、EPA等に関する研究では、
我が国の第一人者の立場にある。
特保、脳機能改善食に関する数多くの論文、著作物を発表。
機能性食品に関する秀逸な出版物である
「アンチエージング・ヘルスフード」の中心的な編集者としても活躍。
その功績は学会だけでなく、産業界からも高く評価されている。

10分間の質疑応答
  
講演3
午後14時30分から午後15時40分まで
勝田公雄(かつた きみお)先生
(株)バイオアーク代表取締役社長
講演内容「より合理的、効率的な特保申請、その取得法」

新潟大学医学部卒業後、同大学院博士課程を修了、医学博士。
昭和52年、山之内製薬(株)入社。中央研究所で血液、遺伝子工学を担当。
脳梗塞、脳溢血等の脳機能関係、バイオ技術を導入した様々な新薬の開発に参加する。
同社を退職後、バイオベンチャ-バンク(株)を設立し、健康食品、特保分野の商品設計、
申請手続きなどの実務に携わっている。最近、特保の申請は数が多く、
申請してもなかなか許可されない状況が続いている。
同氏は長年、複雑な新薬開発に携わってきた経験から、
より効率的な特保の申請、取得法を編み出してきた。
同氏は経済産業省の関係する首都圏バイオネットワークの運営委員にも任命されている。

10分間の質疑応答、休憩を経て、
午後15時50分から午後16時50分まで、特保に関する最新情報の交換会。
最新情報交換会では、参加者が全員で特保制度に関して様々な意見を出し合い、
今後の会の方向性などを確立していく。
(本セミナーの司会進行は、編集局編集委員の志村政雄)

16時50分、終了、解散
(解散後、気のあった方は御茶ノ水近辺で軽食を取りながら懇談。実費)


主催(株)食品研究社
〒106-0032
東京都港区六本木3-16-13 アンバサダー六本木503
TEL: 03-5570-4713  FAX: 03-5570-4732
e-mail: info@shokuhinkenkyusha.com
http://www.shokuhinkenkyusha.com


↓↓↓参加のお申し込みは今すぐウェブで↓↓↓
http://www.shokuhinkenkyusha.com/event/seminar081007.html

↓↓↓FAXまたは郵送でのお申し込みはこちらをダウンロード↓↓↓
http://www.shokuhinkenkyusha.com/event/pdf/seminar081007.pdf
(※リンク先をプリントしてご利用ください。
  なお、PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です)

2008年10月11日(土)

認知症フォーラム あきらめない~最新医療と社会の支え~

■2008年10月11日(土)
■開場13:00、開演13:30~16:00(予定)
■岐阜市文化産業交流センター じゅうろくプラザ ホール(岐阜県岐阜市橋本町1丁目10番地11)
■入場料 無料(抽選/事前申し込みが必要です)

[内容]
◆出演者
奥村 歩 氏(おくむらクリニック院長、岐阜大学客員医学講師)
松久 智子 氏(グループホーム喜楽 デイホームきらく代表、介護支援専門員)
長屋 精二 氏(社団法人 認知症の人と家族の会 岐阜県支部)

【主 催】
NHK、NHK厚生文化事業団、読売新聞社
【後 援】
厚生労働省、社団法人認知症の人と家族の会
【協 賛】
株式会社ツムラ

【連絡先】
NHK厚生文化事業団
03-5728-6633(平日10:00~18:30)
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/other/081011.html

2008年10月15日(水)~17日(金)

食品開発展2008

■2008年10月15日(水)~17日(金)
■10:00~17:00
■東京ビッグサイト 東1~3ホール

[内容]
食品開発展は、食品分野の研究・開発、品質保証、製造技術担当者向けの専門展示会として1990年にスタートし、2008年で第19回を迎えます。
食品開発展は、機能性素材・健康素材を集めたHi(Health Ingredients Japan)と分析・計測・衛生資材、製造技術を集めたS-tec(Safety and Technology Japan)よりなり、近年の食品分野の2大潮流となっている「健康と安全」に関するアジア最大の技術展として内外の関心を集めています。

【主催者】
CMPジャパン(株)

【連絡先】
CMPジャパン(株)内 食品開発展事務局
〒101-0044 東京都千代田区鍜冶町1-8-3 神田91ビル
TEL:03-5296-1017
FAX:03-5296-1018
E-MAIL:f-expo@cmpjapan.com
【公式ホームページ】
http://www.hijapan.info/ja/index.html

2008年10月15日(水)

桑の機能性シンポジウム

■2008年10月15日(水)
■13:00~16:50
■東京ビッグサイト 会議棟6階
■12,000円
(但しトヨタマ健康食品株式会社で出席依頼を行った場合10,000円)
出席依頼の締め切り日 9月16日

[内容]
13:00~14:00
神奈川衛生研究所 理学部長 佐藤修二
桑のDNJの作用機序と桑葉の有効性

14:00~15:00
長野県立大学 副学長 奥恒行
血糖上昇抑制を目的とした桑抽出物利用食品の開発

15:10~16:10
岩手大学 農学部 教授 鈴木幸一
桑の新規な機能性

16:10~16:50
トヨタマ健康食品 工学博士 野田信三
桑のダイエットに対するヒト試験最新報告

【主催者】
トヨタマ健康食品・CMPジャパン株式会社

【連絡先】
トヨタマ健康食品株式会社
〒101-0044 東京都千代田区鍜冶町1-8-3 神田91ビル
TEL:03-3663-0007
FAX:03-3663-0006
E-MAIL:h.kondo@toyotama.co.jp
【公式ホームページ】
http://www.kenkoshokuhin.jp/

2008年10月16日(木)~18日(土)

メタボ対策フェア2008

■2008年10月16日(木)~18日(土)
■10:00~17:00
■パシフィコ横浜 ホールA(横浜・みなとみらい)
■入場料 10月16日~17日:1,000円、10月18日:無料
※招待状持参者、WEBからの事前登録者は入場無料

[内容]
◆【セミナー】
糖尿病などの生活習慣病予防対策についての研究や事例発表などの特別講演を開催します。
また、出展者セミナーも同時開催します(聴講無料)

◆【展示対象】
健康測定器具、健康管理システム・ソフト、栄養管理・メニュー提案ソフト、フィットネスクラブ、
スポーツウェア、ウォーキングシューズ、サプリメント、特定保健用食品等、その他

◆【企画】
メタボ測定会やスポーツ選手による健康・運動教室を開催します。

【主 催】
メタボ対策フェア実行委員会

【連絡先】
メタボ対策フェア事務局
〒106-0044 東京都港区東麻布2-22-5-1F (株)WM内
TEL:050-5805-0746
FAX:03-6230-0806
E-MAIL:info@metabo-fair.com
【公式ホームページ】http://www.metabo-fair.com/

2008年10月16日(木)

働く女性の最新スキンケア

■2008年10月16日(木)
■19:00(18:30受付開始 21:00終演予定)
■草月会館 東京都港区赤坂7-2-21 http://www.sogetsu.or.jp/hall/
■入場料 無料
■定員 150組300名様(女性限定) ※乳幼児・未就学児童の同伴はご遠慮ください。
※事前のお申込みが必要です。詳しくは公式ホームページを参照ください。

【主 催】
日経WOMAN・日経ヘルス プルミエ
【共 催】
セシール、アルマード
【公式ホームページ】
http://ac.nikkeibp.co.jp/nwp/ran/

2008年10月16日(木)

メタボリックシンドローム改善講座

■2008年10月16日(木)
■13:00~16:00
■五反田 ゆうぽうと(東京都品川区五反田8-4-13)
■入場料 無料
■定員 先着60名
※詳しくは公式ホームページを参照ください。

【主 催】
healthクリック
http://www2.health.ne.jp/event/kouza080921.html

10月23日(木)~24日(金)

苦情・クレーム博覧会

■日時2008年10月23日(木) 10:00~17:00
             24日(金) 10:00~16:00
■場所 福井県産業会館
(福井県福井市下六条町103、北陸技術交流テクノフェア会場内)
■入場料 無料
■展示社数 29社40品

※「北陸技術交流テクノフェア」は、北陸最大級の総合産業展示会であり、
 会期2日間で例年15,000人を超える方々にご来場頂いています。
 ( http://www.technofair.jp/ )

「苦情・クレーム博覧会」とは
「苦情は宝」と言われています。ならば、その中には次のモノづくりやサービスの向上につながるヒントがきっと隠されているはず、そんな単純な発想から「苦情・クレーム博覧会」は誕生しました。
「あなたの苦情、買います!」というキャッチフレーズや、「苦情を買う」というシステムが受けて、過去5年間に、“前向きな苦情(苦情とともに、それに対する改善提案も行われているもの)”が全国から37,000件超も寄せられ、大きな反響を頂いています。

【お問い合わせ】
「苦情・クレーム博覧会」事務局 福井商工会議所 産業技術課 内
〒918-8580 福井県福井市西木田2丁目8-1
TEL :0776-33-8284   FAX :0776-33-8288
URL : http://www.kujou906.com/  E-mail:mail906@kujou906.com

2008年10月24日(金)

認知症フォーラム あきらめない~最新医療と社会の支え~

■2008年10月24日(金)
■開場13:00、開演13:30~16:00(予定)
■岡山コンベンションセンター コンベンションホール(岡山県岡山市駅元町14-1)
■入場料 無料(抽選/事前申し込みが必要です)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆出演者
佐々木 健 氏(きのこエスポアール病院 院長)
津田 由起子 氏(小規模多機能ホームぶどうの家 代表)
妻井 令三 氏(社団法人 認知症の人と家族の会 岡山県支部代表)

【主 催】
NHK岡山放送局、NHK厚生文化事業団、読売新聞社
【後 援】
厚生労働省、社団法人認知症の人と家族の会
【協 賛】
株式会社ツムラ

【連絡先】
NHK厚生文化事業団
03-5728-6633(平日10:00~18:30)
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/other/081024.html

2008年10月25日(土)~26日(日)

第6回日本セルフメディケーション学会

「第6回日本セルフメディケーション学会」開催要綱
1. 趣旨・目的
生活者主体の健康・医療・福祉等の推進を図るために、
(1) セルフメディケーションの推進と定着に関する事業活動、
(2) 生活者主体の病気の治療・予防、健康の維持・増進を図る制度を検討、建議、
(3) わが国の保健、医療、福祉の増進を図るための社会環境の整備に寄与すること
を目的とする。
今回の学会では、「再度考える!誰のためのセルフメディケーション?」をメインテーマ
にし、セルフメディケーションを推進する上で、根拠ある正しい情報とは何か、
どうすれば市民は賢い利用者になれるのかを具体的に提案・啓発すること、また、
生活習慣病対策における特定健診と保健指導のこれからの取り組みについて実践検証を行う。

2. 主催
NPO法人 セルフメディケーション推進協議会

3. 共催
NPO法人 名古屋臨床薬剤師研究会

4. 後援
厚生労働省、(社)日本薬剤師会、日本OTC医薬品協会、(社)日本看護協会、(社)日本栄養士会、
日本チェーンドラッグストア協会、(NPO)日本健康運動指導士会、日本生活習慣病予防協会、
(財)日本健康・栄養食品協会、(NPO)日本サプリメント評議会、愛知県医師会、
(社)愛知県薬剤師会、愛知県病院薬剤師会、(社)愛知県栄養士会

5. 会期
2008年10月25日(土)~26日(日)の2日間

6. 会場及び所在地
金城学院大学
〒463‐8521 名古屋市守山区大森2丁目1723番地

7. 参加対象
学会の趣旨に賛同する方すべてを対象とする。市民講演会は主に一般市民を対象とする。

8. 日程
10月25日(土)
12:30 受付開始
13:00 開会
13:15~15:45
(W9-106教室) シンポジウムⅠ(市民講演会)「市民のための健康情報とは:何を基準に、どう評価?」
座長  廣谷芳彦(大阪大谷大学)
 佐藤 聖(流通システム開発センター)
○国の制度・基準 梅垣敬三((独)国立健康・栄養研究所)
○日本健康・栄養食品協会の基準 岩田修二((財)日本健康・栄養食品協会)
○日本サプリメント評議会の基準 林順之亮((NPO)日本サプリメント評議会)
○日本OTC医薬品協会の考え 大江方二(日本OTC医薬品協会)
○薬剤師の立場から 永野康己((社)日本薬剤師会)
○消費者の立場から 安藤明夫(中日新聞社)

16:00~17:00
(W9-106教室) 教育講演Ⅰ 「調剤依存から脱却した薬局経営」 
加藤久幸((社)神奈川県薬剤師会)
座長 大嶋耐之(金城学院大学)
17:30~19:30
(リリーイースト) 懇親会


10月26日(日)

9:30~10:30
(W9-106教室) 教育講演Ⅱ 「健康の増進とユーモア」
柏木哲夫(金城学院大学)
座長 池田義雄((NPO)セルフメディケーション推進協議会)
10:45~11:45
(W9号館1階ラウンジ) ポスター発表
12:00~13:00
(W9-106教室) ランチョンセミナー「本邦における経口補水療法(ORT)の現状と
今後の展望:特にセルフメディケーションに関連する薬剤師の役割について」
露 知光(聖マリア病院)
13:30~16:00
(W9-106教室) シンポジウムⅡ 「生活習慣病対策の実践検証:特定健診と保健指導」
座長 佐藤祐造(愛知学院大学)
細川秀一((NPO)健康情報処理センターあいち)
○愛知県医師会の取組み
 中川正美(愛知県医師会)
○保健指導の実践  保健師の立場から 塚尾晶子((社)日本看護協会)
 管理栄養士の立場から 中村丁次((社)日本栄養士会)
 健康運動指導士の立場から 濱佐都美((NPO)日本健康運動指導士会)
 薬剤師の立場から 樽沢清子((社)日本薬剤師会)

16:30 閉会


9. 参加費
学会参加費:3,000円(学生 500円) 懇親会費:2,000円

10. 認定
日本薬剤師研修センター受講シール6単位(1日3単位)が認定されます。
また、2日目については、健康運動指導士並びに健康運動実践指導者の登録更新の
認定講習会として認定されます。

11. 事務局
金城学院大学薬学部大嶋研究室内
〒463-8521 名古屋市守山区大森2丁目1723番地
Tel:052-798-7457 Fax:052-798-7457
E-mail:k-ayako@kinjo-u.ac.jp(@を半角に差し替えてください)
URL:http://self-medication.ne.jp/

(10月25日は金城学院大学学園祭およびオープンキャンパスが開催されていますので、
会場付近あるいは駐車場の混雑が予想されますことをご留意ください。)

copyright潤・005-2008 Self-medication advocacy council. All rights reserved.

2008年10月27日(月)

【ヘルスケア経営ゼミ】売れる健康商品をめざせ!商品ブラッシュアップ講座

■2008年10月27日(月)~12月10日(水) 全5回 期間中交流会1回実施
■大阪産業創造館 会議室・研修室
■申込締切日 2008年10月16日(木) 
■抽選・選考日 2008年10月17日(金)
■選考方法 応募多数の場合、アンケート内容を参考に選考
■結果連絡日 2008年10月17日(金)
■結果連絡方法 担当者より連絡
■料金 27,000円【内訳】受講料25,000円、交流会費2,000円
■お支払方法 事前お振込み(受講決定後、振込先・振込み方法を別途ご連絡いたします。)
■定員 30名

[内容]
健康関連商品のプロフェッショナルが、売れる商品をめざせ!を合言葉に、お客様の心理に基づいた商品コンセプトづくりやプロモーション戦略、最新の売れ筋情報などを解説し、各参加者の商品のブラッシュアップをはかっていただきます。

■第1回【10月27日(月)14:30~17:00 5F研修室AB】
☆商品コンセプト、売れる健康商品とは?
『お客様に応援される商品コンセプトの基本 』
差別化・時代背景・基本忠実がキーワード。
全体を通し、人のもつ感情面と商品の関係を理解します。
株式会社ラベルバンク 代表取締役 川合 裕之 氏
『何故売れない?勘違いしてませんか!?』
○良い商品だから売れる?
○良い商品だから宣伝しなくていい?
○良い商品だから誰でも買う?
○良い商品は自分だけ?
株式会社MTS 代表取締役 森井 哲夫 氏
■第2回【11月6日(木)14:30~16:30 6F会議室B】
☆商品コンセプト~実践編
『健康商品コンセプトづくりの実践』
買って欲しいお客様を身近なひとで設定。
どうすれば満足していただけるか、徹底的に考えて設計します。
株式会社ラベルバンク 代表取締役 川合 裕之 氏
■第3回【11月17日(月)14:30~16:30 6F会議室B】
☆品質表示と薬事法
『避けては通れない品質表示と薬事法規制』
法律の知識よりも背景の理解がポイント。
科学的根拠の必要性と、データ依存症の落とし穴を解説します。
株式会社ラベルバンク 代表取締役 川合 裕之 氏
■第4回【11月27日(木)14:30~16:30 5F研修室B】
☆お客様にどう伝えるか?プロモーション戦略
『お客様に好まれる売り方、見せ方』
届ける、共感できる、理解される流れが大切。
ファンの数を増やすことに集中したプロモーションを設計します。
株式会社ラベルバンク 代表取締役 川合 裕之 氏
■第5回【12月10日(水)14:30~17:00 5F研修室AB】
☆商品プレゼンテーション大会&まとめ
この講座で学んだことを活かして、皆さんにお持ちの健康商品のプレゼンテーションをしていただきます。(希望者のみ)
それぞれの講師に講評をしてもらうとともに、【OSAKA儲けティングplaza】*に商材の登録をしていただき、販路パートナー探しを行っていただきます。
株式会社ラベルバンク 代表取締役 川合 裕之 氏
株式会社MTS 代表取締役 森井 哲夫 氏
17:00~交流会
同講座へ参加した皆様同士の交流を深めていただくための交流会です。


【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08891

2008年10月28日(火)

あたれば爆発力が違う!健康商材のテレビ番組通販実施マニュアル

■2008年10月28日(火)
■13:30~16:00
■大阪産業創造館 6F会議室E
■料金 1,000円(当日受付にてお支払い)
■定員 50名(満席になり次第、締め切ります)

[内容]
「テレビ通販をやってみたいけどどうしたらいいかわからない・・・」という方を対象に、テレビ番組通販市場の動向、特長、番組企画・制作、企画からオンエアまでのプロセスや、通販に合う商品の検証、顧客定着率アップの為のリピート対策のポイントまで、専門家が分かりやすく解説します。
○講師 株式会社プラナコーポレーション 取締役 國部哲久氏


【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08951

2008年10月28日(火)

第一回 セティ化粧品原料展示会

■日時:2008年10月28日 10時~16時
■場所:自転車会館ホール 東京都赤坂1-9-15 URL:http://www.jitensha-kaikan.or.jp
■内容:各原料メーカーの新製品を中心としたバラエティに富んだ展示と、オーガニック化粧品など世界の最新化粧品事情をテーマとしたプレゼンテーション(1日4回程度)を予定。
■問い合わせ:セティ株式会社 03-5510-2655 fax:03-5510-0132 

2008年10月28日(火)

ヘルスケアビジネスセミナー

あたれば爆発力が違う!健康商材のTV番組通販実施マニュアル


日時:2008年10月28日(火) 13:30-16:00
場所:大阪産業創造館 6F会議室E
料金:1,000円(当日受付にてお支払い)
定員:50名(満席になり次第、締め切ります)

講師:株式会社プラナコーポレーション 取締役 國部哲久氏
対象:健康商材を扱う企業、TV番組通販をお考えの企業


効果効能を謳えない健康関連商材は商品の特長や効果やメリットを
いかにしてうまく伝えられるかがポイントになるため、TV番組通販の
持つ訴求力・即効性・効果的な演出力は非常に有効です。

今回は「テレビ通販をやってみたいけどどうしたらいいかわからない・・・」
という方を対象に、テレビ番組通販市場の動向、特長、番組企画・制作、
媒体など、企画からオンエアまでのプロセスや、通販に合う商品の検証、
顧客定着率アップの為のリピート対策のポイントまで、専門家が分かり
やすく解説します。

【ポイント】
○通販市場の動向
○TV番組通販の種類、放送の形態、
○TV番組通販の成功事例紹介
○メリットとデメリット
○番組企画・製作のポイント、メディアバイイング、オンエアまでの流れ
○顧客管理対策、リピート客フォロー、顧客定着率アップのポイント

【申込み・詳細】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08951

【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)

2008年10月29日(水)

中国保健食品市場視察団帰国セミナー

■2008年10月29日(水)
■13:00~17:00 *受付開始12:30
■中央大学駿河台記念館 330号室(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
■定員 50名(定員になり次第、締め切りらせていただきます)
■受講料 10,000円(税込み)
※お申込みは公式ホームページを参照してください

[内容]
○第1講座
「中国の健康食品市場の現状:保健食品制度と効能食品」
中国など国際的な健康食品・機能性食品の調査実績を持つコンサルティング企業
(株)グローバルニュートリショングループ代表・武田猛
○第2講座
「店頭販売の主力ルート・ドラッグストアが展開する差別化の武器としての保健食品」
ドラッグストアの保健食品の取り組みと視察した二つのドラッグストアの保健食品の取り組みを明らかにする
(株)ヘルスビジネスマガジン社社長・山本武道社長
○第3講座
「健康食品のマルチ・訪問販売・宣伝講習販売その他」
保健食品・効能食品の販売ルートのマルチ・訪問販売・宣伝講習販売について制度などの位置づけなどを明らかにする。
全国直販流通協会顧問・上沢秀行
○第4講座
「展示会に見る中国で売られている保健食品・効能食品」
ドラッグストアや保健食品の展示会を通じて、中国で販売されている保健食品や効能食品を紹介する。
ヘルスビジネスマガジン社営業部長・大矢均

【連絡先】
(株)ヘルスビジネスマガジン社
〒113-0034 東京都文京区湯島3-36-3 歌川ビル4階
TEL03-3839-0751
【公式ホームページ】http://www.health-mag.co.jp/b-to-tyu.htm

2008年10月29日(水)

「女性のための漢方セミナー~更年期に負けない、女性の元気応援します~

■2008年10月29日(水)
■13:00開場 14:00開演
■岡山市民会館 大ホール(岡山市丸の内2-1-1)

【内容】
「女性の健康管理」
■講師
平松 祐司先生(岡山大学医学部産婦人科学教室 教授)
「更年期からも輝いて生きるために」
■講師
金重 惠美子先生(岡山中央病院 ウィミンズメディカルセンター長)
パネルディスカッション
■講師
平松 祐司先生(岡山大学医学部産婦人科学教室 教授)
金重 惠美子先生(岡山中央病院 ウィミンズメディカルセンター長)
■ゲスト
香坂 みゆき(女優・タレント)
宮宇地 美穂(コーディネーター)

※ハガキまたはインターネットからお申し込みください。

【主催者】
西日本放送(株)
【後 援】
(社)日本医師会、(社)岡山県医師会、(社)日本産科婦人科学会、(社)日本産婦人科医会
【共 催】
(株)ツムラ
【連絡先】
西日本放送株式会社
086-244-0113
※平日10:00~17:00
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/081029.htm

2008年10月30日(木)

足助式体操(医療体操)教室

■日時:2008年10月30日 13:00~15:00
■場所:東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F カルチャーサロン 青山
■持ち物:動きやすい服装、汗拭きタオル、マット
■お申し込み:トーア株式会社 TEL:0120-308-464またはFAX:0120-688-464
■定員 限定30名様 (先着10名様マット貸し出しします)
■参加費 3,150円
備考 動きやすい服装・汗拭きタオル・バスタオル。
ヨガマットをおもちの方は、ご持参ください。
※足助照子先生の直接指導を受ける事ができます
この機会をお見逃しなく受講ください!

[内容]     
足助式体操とは、足助次朗先生が考案された医療体操」(感情呼吸体操)で、先生は残念ながら1986年にお亡くなりになりますたが、現在は奥様の足助照子先生が意思を引き継ぎ普及を続けられています。弊社では足助照子先生のご指導の下、「足助式体操」を普及すべく活動をしており、今回の「足助式体操教室」の開催に至りました。
足助次朗先生は、さまざまな病気を患うことによって、退行性変化(老化現象)というものがいきあに根強く心身に悪影響を及ぼしているかということを知られました。そこで独自の運動法を研究し・実践され生み出されたのが「足助式体操」です。             
「足助式体操」のポイントは

(1)年齢に関係なく自分の体力に合わせて無理なくできる。
(2)場所をとらない。(ベッドや布団の上でできる。)
(3)病人から健康人まで対象が幅広い。
(4)腸の活動を高め、病気にならない身体をつくる。
(5)適度な運動のため免疫機能を高め、自分の持つ自然治癒力を発揮できる。
(6)体も心も柔軟になる。

このように「足助式体操」は、主に有酸素代謝によって体内にエネルギーが供給される為、さまざまな生活習慣病に適しているといえるでしょう。       

また弊社では、足助式体操のインストラクターの資格制度もあります。規定の制度で資格を取得し、お仕事に活かしてはいかがですか。

【足助照子】
・1928年、長崎県生まれ。1945、年神戸第一高等女学校卒業。
・1947年、田中千代服装学園師範科卒業。その後、結核と助膜炎を発病し闘病生活に入る
・1961年、田中千代服装学園専攻科卒業。
・足助次郎氏と結婚後、食養体操の指導を受ける。
次郎氏他界後は、病院でがんの術後の運動指導、ウエルネス研究会 の運動指導を経て、現在は公民館での運動指導にあたる。

元東洋医学免疫研究会理事。

2008年10月30日(木)

第5回リコピンセミナー

■2008年10月30日(木)
■13:15~17:00
■六本木ヒルズ内アカデミーヒルズ 六本木フォーラム49F オーディトリアム

[内容]
昨年の10月4日に開催しました第4回「美と健康の最先端科学2007」から早くも1年。その間、リコピン研究と実績は更に大きく発展致しました。最近では、ライコレッド社によって開発された新複合剤の動脈粥状硬化症の抑制効果が認められ、新たな特許を獲得して世界中の注目を集めています。また、美肌、特に紫外線防御における最新研究も発表されヨーロッパ市場では美肌サプリメントのトップの座を保っています。

今年も海外から各分野を代表する著名な先生方をお呼びしましてメタボリックシンドロームの抑制効果と美肌にスポットを当て、期待される研究を発表して頂きます。

講演者
西野補翼(京都府立大学 特任教授 兼 立命館大学特別招聘教授)、Dr.Yoav Sharoni (イスラエル、ベングリオン大学 健康科学部臨床生化学学科、科長)、Dr.josephe levy(イスラエル、ベングリオン大学保険科学部臨床生科学科教授)、Dr.Zohar Nir(ライコレッド副社長)

【主催】
ライコレッド社

【連絡先】
インフォメーションデスク:03-3402-0704 E-mail:info@lycomato.jp
URL:http://www.lycomato.jp

2008年10月31日(金)

NNFAジャパン 2008年度 第3回教育セミナー

■2008年10月31日(金)
■14:30~16:45(受付 14:00~)
■薬業健保会館 5階 大会議室(東京都千代田区永田町2-17-2)
■参加費 NNFAジャパン会員:無料、非会員: (個人)1名2,000円(法人)1名3,000円

[内容]
■14:30~15:30
演題: 「一般用医薬品販売制度の改正について」
講演者: 東京都福祉保健局健康安全部
薬務課長 下村 寿一 氏
■15:45~16:45
演題: 「サプリメントと食品添加物 ―国際的状況も含めて―」
講演者: 日本食品添加物協会
常務理事 平川 忠 氏

※本セミナーは独立行政法人 国立健康・栄養研究所より、NR(栄養情報担当者)更新用セミナーとして認定を受けています。更新用単位として 2単位 の取得が可能です。
※新たに日本サプリメントアドバイザー認定機構の研修単位 3単位 の認定も決定いたしました。

【主 催】
NNFAジャパン
【連絡先】
NNFAジャパン 事務局
東京都新宿区新宿6-29-20 MATSUDA BLD. 5F
TEL:03-5287-3466 FAX:03-5287-3468
【公式ホームページ】http://www.nnfajapan.com/




TOPページ > 健康・美容イベント情報 : 2008年10月
■注目カテゴリ・コンテンツ
■注目カテゴリ・コンテンツ

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

ホーム  |   プレスリリース  |   サイトマップ  |   全研本社 会社概要  |   ヘルプ
利用規約  |   プライバシーポリシー  |   お問合わせ  |   プレスリリース・ニュース受付

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に

Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.