健康食品・化粧品・自然食品・健康器具・ハーブ・アロマなど仕入、商材、原料、受託製造、OEMが探せるサイトです
健康美容EXPOは健康、美容の受託製造等、健康業界の企業間取引のための情報サイトです。

TOPページ > 健康・美容イベント情報 : カテゴリ「健康全般」

新着情報
カテゴリで探す
月別【INDEX】 [49]
機能性表示制度 [20]
健康食品 [265]
美容・化粧品 [130]
健康器具・用品 [29]
自然食品 [29]
ハーブ・アロマ [42]
医療・福祉 [154]
薬事法 [31]
容器・パッケージ [22]
健康全般 [218]
ビジネス [245]
機器 [44]
流通 [14]
理美容 [58]
通販 [3]
オーガニック [8]
その他 [79]
キーワードで探す


複数のキーワードで検索する場合は必ず半角スペースで区切って下さい

開催日で探す
2017年02月 [1]
2017年01月 [5]
2016年12月 [8]
2016年11月 [15]
2016年10月 [15]
2016年09月 [8]
2016年08月 [9]
2016年07月 [11]
2016年06月 [12]
2016年05月 [9]
2016年04月 [10]
2016年03月 [11]
2016年02月 [12]
2016年01月 [9]
2015年12月 [7]
2015年11月 [13]
2015年10月 [16]
2015年09月 [15]
2015年08月 [10]
2015年07月 [22]
2015年06月 [13]
2015年05月 [11]
2015年04月 [14]
2015年03月 [18]
2015年02月 [17]
2015年01月 [14]
2014年12月 [9]
2014年11月 [17]
2014年10月 [21]
2014年09月 [11]
2014年08月 [10]
2014年07月 [10]
2014年06月 [14]
2014年05月 [12]
2014年04月 [10]
2014年03月 [9]
2014年02月 [15]
2014年01月 [15]
2013年12月 [9]
2013年11月 [13]
2013年10月 [23]
2013年09月 [15]
2013年08月 [9]
2013年07月 [12]
2013年06月 [19]
2013年05月 [9]
2013年04月 [13]
2013年03月 [12]
2013年02月 [21]
2013年01月 [9]
2012年12月 [7]
2012年11月 [19]
2012年10月 [11]
2012年09月 [23]
2012年08月 [8]
2012年07月 [16]
2012年06月 [25]
2012年05月 [13]
2012年04月 [25]
2012年03月 [22]
2012年02月 [12]
2012年01月 [2]
2011年12月 [5]
2011年11月 [9]
2011年10月 [6]
2011年09月 [6]
2011年08月 [2]
2011年07月 [5]
2011年06月 [14]
2011年05月 [12]
2011年04月 [5]
2011年03月 [4]
2011年02月 [10]
2011年01月 [3]
2010年12月 [5]
2010年11月 [5]
2010年10月 [22]
2010年09月 [8]
2010年08月 [1]
2010年07月 [6]
2010年06月 [6]
2010年05月 [3]
2010年04月 [3]
2010年03月 [15]
2010年02月 [13]
2010年01月 [8]
2009年12月 [5]
2009年11月 [24]
2009年10月 [30]
2009年09月 [24]
2009年08月 [5]
2009年07月 [7]
2009年06月 [11]
2009年05月 [17]
2009年04月 [19]
2009年03月 [17]
2009年02月 [20]
2009年01月 [13]
2008年12月 [12]
2008年11月 [25]
2008年10月 [25]
2008年09月 [20]
2008年08月 [8]
2008年07月 [19]
2008年06月 [9]
2008年05月 [14]
2008年04月 [8]
2008年03月 [7]
2008年02月 [18]
2008年01月 [18]

健康・美容イベント情報 : カテゴリ「健康全般」

※このページのデータは開催日の降順で表示されています。
※既に開催期間が終了となっている場合がありますので、開催日をよくご確認下さい。
※掲載情報は予告無く変更となることがあります。 詳細は、各イベント主催者、連絡先までお問合せください。

2016/10/19~20日

ケアメディカル産業展2016

【会期】
2016年10月19日(水)・20日(木)
10:00~17:00

【開催場所】
大田区産業プラザ(PiO)
〒144-0035 東京都大田区南蒲田1-20-20

【入場】
無料

【概要(公式サイトより)】
◎健康情報発信基地に
健康は自己責任という時代を迎え、病気にならないための"予防医学"、病気の発症を抑える"未病学"、西洋医療と補完・代替医療による"統合医療"への関心が高まっています。地域医療の受け皿となる薬局・薬店、ドラッグストアでは、個人の健康管理をサポートし、正しい知識と情報を生活者に提供する"健康情報発信基地"としての役割が期待されています。また、最近では健康食品・療養ケア商品の宅配サービス、24時間健康相談、郵送による検診サービス、がん・糖尿病・アレルギーなどの患者会に向けた通信販売サービスが登場するなど、新たな市場を形成しています。

◎新規開発のファーストステップ
こうしたヘルスケア分野を医師とともに支えるのが薬剤師・栄養士などのコ・メディカルスタッフであり、医療周辺サービスです。『ケアメディカル産業展2016』はヘルスケア分野の展示とセミナーによるビジネスベースのトレードショウです。健康食品メーカー、健康医療用具メーカーなどが出展し、来場するコ・メディカルを中心とした医療専門職、薬局・薬店、治療院、健康サロンなどの経営者・バイヤー、患者会本部・流通関係者と商談を行います。流通ルートの新規開拓、消費者ニーズの再確認など自社商品の可能性を探り、ビジネスチャンスをつかむ場として、ぜひ『ケアメディカル産業展20165』をご利用ください。

【 主催 】
ヘルスケア・ラボ社

【 後援 】
薬局・薬店組合・団体、がん・糖尿病・アレルギーなどの患者会、医療関連団体・協会、その他

【 来場者 】
薬局・薬店、患者会、病院・クリニック、健診センターなどのコ・メディカルスタッフ、健康サロン、治療院、薬系を中心とした小売関係者・組合本部バイヤー、流通関係者、百貨店、健康ショップ、生活協同組合、エステサロン、医師などの医療関係者、健康食品・医療用具機器などの製造業者(2日間で3,500人を予定) ・

【公式サイト】
ケアメディカル産業展2016

2016/3/18~20

第16回JAPANドラッグストアショー

【開催期間】
2016年3月 18日(金) 商談日
3月 19日(土) 商談日・一般公開日
3月 20日(日) 商談日・一般公開日
午前10:00~午後5:00

【会場】
幕張メッセ 4・5・6・7・8ホール(予定)

【内容(公式ホームページより)】
日本チェーンドラッグストア協会に加盟する企業・団体のほか、国内のみならず、海外からも購買モチベーションの高い多数の流通業界関係者が確実に来場します。ドラッグストアのみならず、大手GMS・CVS・商社・卸の業界関係者が多数集まる、数少ない展示会です。

【主催者】
日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)

【協賛】
オールジャパンドラッグ株式会社
株式会社ニッド・日本ドラッグチェーン会

【後援】
厚生労働省、経済産業省、農林水産省、千葉県、千葉市、中国チェーンドラッグストア協会、全米チェーンドラッグストア協会(NACDS)、駐日大韓民国大使館、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)、台北駐日経済文化代表処、台湾貿易センター(TAITRA)、香港貿易発展局(HKTDC)、特定非営利活動法人日印国際産業振興協会(JIIPA)、日本政府観光局(JNTO)、日本貿易振興機構(JETRO)、一般社団法人シルバーサービス振興会、公益財団法人日本健康・栄養食品協会、一般社団法人日本果汁協会、一般社団法人ペットフード協会、日本ジェネリック製薬協会、日本OTC医薬品協会、株式会社プラネット(申請予定)

【規模】
400社 1,200小間

【来場者数】
約12万人(3日間延べ人数)

【入場料金】
入場無料

【公式サイト】
http://www.drugstoreshow2015.jp/

2015/10/18

とちぎ健康フェスタ2015

【会期】
平成27年10月18日(日曜日) 
10時00分から16時00分まで

【会場】
とちぎ健康の森(住所:宇都宮市駒生町3337-1)

【内容(栃木県 ホームページより)】
・ 講演「健康長寿の秘けつを教えます!」
(講師:予防医学研究者 石川 善樹 氏)
・ 頸動脈エコー検査や骨密度測定などの健康測定や体験型ブースの出展
・ ヘルシーグルメ選手権で入賞したおいしい弁当の特別価格による販売
・ ポールウォーキングやボルダリングなどの運動体験
・ なわとび小助やえりのあなどによる各種ショー
その他、健康づくりに役立つイベントが盛りだくさんです。

【入場】
無料

【お問い合わせ】
健康増進課 健康長寿推進班
〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階
電話番号:028-623-3094
ファックス番号:028-623-3920
kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

【とちぎ健康フェスタ2015チラシ (PDF:3,567KB)】
http://news.e-expo.net/pdf/2015/tochigikenkofesta2015.pdf

【栃木県 公式サイト】
http://www.pref.tochigi.lg.jp/

2015年10月14日(水) ~16日(金)

BioJapan2015  World Business Forum

【日時】
2015年10月14日(水) ~ 10月16日(金)

【会場】
パシフィコ横浜

【入場料】
5,000円
※但し、ウェブサイトで事前登録された方は入場無料

【概要(公式サイトより)】
バイオビジネスにおけるアジア最大のパートナリングイベント!
BioJapanは1986年の初開催から成長を続け、17回目の開催を迎えます。創薬、個別化医療、再生医療、診断・医療機器、ヘルスケア、環境・エネルギー、機能性食品、研究用機器・試薬等の分野において、30ヶ国から750社以上の参加が見込まれます。 展示会・セミナー・パートナリングプログラムを通じてバイオ産業のオープンイノベーションを加速させます。

【主催】
【特別協賛(予定)】
横浜市

【特別後援(予定)】
神奈川県、川崎市

【マッチングメンバー登録料】
主催団体会員料金 50,000円(税込)  
通常料金 60,000円(税込)
※主催団体会員料金は法人会員のみ適用されます。

BioJapan 組織委員会
・会長 大石 道夫 一般財団法人バイオインダストリー協会会長
(東京大学名誉教授)
・副会長 竹中 登一 公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団会長
(前アステラス製薬株式会社会長)
・副会長 荒蒔 康一郎 公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会会長
(元キリンホールディングス株式会社会長)
・副会長 秋草 直之 一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム会長
(富士通株式会社相談役)
・副会長 荒蒔 康一郎 日本バイオ産業人会議世話人代表
(元キリンホールディングス株式会社会長)
・副会長 多田 正世 日本製薬工業協会会長
(大日本住友製薬株式会社代表取締役社長)
・副会長 新名 惇彦 NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議理事長
(奈良先端科学技術大学院大学名誉教授)
・副会長 茅 陽一 公益財団法人地球環境産業技術研究機構理事長
(東京大学名誉教授)
・副会長 戸田 雄三 一般社団法人再生医療イノベーションフォーラム会長
(富士フイルム株式会社取締役常務執行役員)
・委員長 永山 治 一般財団法人バイオインダストリー協会理事長
(中外製薬株式会社代表取締役会長)
株式会社ICSコンベンションデザイン

【後援(予定)】
独立行政法人日本貿易振興機構、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、独立行政法人産業技術総合研究所、独立行政法人理化学研究所、独立行政法人製品評価技術基盤機構、独立行政法人中小企業基盤整備機構、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構、独立行政法人科学技術振興機構、公益財団法人木原記念横浜生命科学振興財団、公益財団法人かずさDNA研究所、公益社団法人新化学技術推進協会、一般社団法人日本分析機器工業会、一般社団法人日本医療機器工業会、一般社団法人日本科学機器協会、NPO法人北海道バイオ産業振興協会、日本バイオプラスチック協会、在日イタリア商工会議所、英国大使館 貿易・対英投資部、オーストリア大使館商務部、オランダ王国大使館、在日カナダ大使館、在日スイス大使館、スウェーデン大使館投資部、スペイン大使館経済商務部、タイ王国大使館、チェコ共和国大使館、デンマーク大使館、ドイツ連邦共和国大使館、フランス大使館企業振興部 ユビフランス、在日ベルギー王国大使館、在日ロシア連邦大使館、Biotechnology Industry Organization、EuropaBio、Swiss Biotech Association、Taiwan Bio Industry Organization、アメリカ州政府協会(ASOA)

【連絡先】
BioJapan事務局
㈱ ICSコンベンションデザイン
〒101-8449東京都千代田区猿楽町1-5-18千代田ビル
Tel: 03-3219-3565 Fax: 03-3219-3628
email: biojapan@ics-inc.co.jp

【公式サイト】
http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/index.html

2015年7月28日(火)・29日(水)・30日(木)

ホームヘルス&ダイエットEXPO

【会期】
2015年7月28日(火)・29日(水)・30日(木)

【会 場】
東京ビッグサイト 東ホール

【主 催】
TSO International 株式会社

【開催内容】
展示会、カンファレンス、出展社の製品・技術PRセミナー

【入場料金】
当日\2,000円
※事前登録者・招待券持参者は入場無料
※セミナー受講者は入場無料
※業界関係者・マスコミには無料で専用招待券を配布

【ホームヘルス&ダイエットEXPOとは(公式サイトより)】
超高齢社会の到来に伴う社会保障問題が深刻化する中で、健康寿命延伸の重要性、セルフケアの意義は、益々高まっています。本展は、『機能回復』『マッサージ』『リラクゼーション』『ホームフィットネス』 『快眠』など、日々の生活の中に健康づくりやフィットネスを取り入れ、健康維持はもちろんのこと、我が国が成長戦略の一つとする『健康長寿社会』の実現のために必要な機器・設備・用品・サービスを一堂に集めた専門展として開催いたします。本展示会はホームヘルスケア、ホームフィトネス・ダイエットに関するあらゆる製品・情報を発信する場となり、日本国民の“健康な生活を作る"企業同士のビジネスの支援、マッチングの場を創造します。

【ホームヘルス&フィットネスEXPO事務局】
TEL : 03-6273-0403
FAX : 03-5363-0301

【出展対象(下記を扱う企業・団体)】
◎マッサージ・リラクゼーション機器
家庭用治療機器
測定器(血圧/歩数/活動量/体組成/心拍)
寝具 など
◎ホームフィットネス用品・機器
各種フィットネスマシン
バランスボール
ダンベル
ヨガマット/ステップ
エクササイズプログラム など
◎ホームダイエット機器・用品
フット/ボディダイエット機器・用品
ダイエットプログラム
温浴機器・設備
美容家電 など

ホームヘルス&ダイエットEXPO 公式サイト
http://www.healthcare-expo.jp/.lg.jp/

2015年3月11~13日

健康博覧会2015(第33回)

【日 時】
2015年3月11日(水)~13日(金)
10:00 -17:00

【会 場】
東京ビッグサイト東4・5・6ホール

【入場料】
¥3,000-(税込) ※招待券持参者、web事前登録者無料

【来場者数】
40,000名(前回38,942名)※予定

【概要(公式サイトより)】
健康博覧会2015は5つの専門店次回の総称です。

1.健康食品・サプリメント展
2.健康機器展
3.ビューティ&アンチエイジング展
4.フィットネス&スポーツ展
5.オーガニック&ナチュラル・プロダクツ展

超高齢社会を迎え、生活者の健康意識は年々強まりを見せています。
健康博覧会は、生活者ニーズの伸長が著しい健康産業における、
年に一度の「国内最大級のビジネス商談展」です。
毎年、500社を超える企業が、3日間、国内外のさまざまな業種の
バイヤーと活発な商談を行い、販路拡大やブランディングで数々の成果を
生み出しています。

【主 催】
UBMメディア株式会社

【後援 ※予定 】
農林水産省、経済産業省、日本貿易振興機構(ジェトロ)

【協賛 ※予定 】
(公財)日本健康・栄養食品協会、(公財)日本健康スポーツ連盟、(公社)日本栄養士会、(一社)日本ホームヘルス機器協会、(公社)日本通信販売協会、 日本健康科学学会、認定NPO法人 セルフメディケーション推進協議会、(公社)日本アロマ環境協会、日本百貨店協会、 (一社)リラクゼーション業協 会、特定非営利活動法人 全日本健康自然食品協会、(公財)健康・体力づくり事業財団、日本チェーンストア協会、(一社)日本エステティック業協会、(一社)日本エステティック協 会

【連絡先】
健康博覧会事務局
(UBMメディア株式会社内)
〒101-0044 東京都千代田区
鍛冶町1-8-3 神田91ビル
TEL:03-5296-1025 FAX:03-5296-1018
h-expo-jp@ubm.com

【公式サイト】
http://www.this.ne.jp/

2015年3月13~15日

第14回JAPAN ドラッグストアショー

【日 時】
2015年3月13日(金)~15日(日)午前10:00~午後5:00

【会 場】
幕張メッセ 4・5・6・7・8ホール(予定)

【入場料】
無料

【概要(公式サイトより)】
セルフメディケーション!
15回目の挑戦!
~自分で探そう「美」と「健康」~

【来場者数】
約13万人(3日間延べ人数)

【主 催】
日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)

【後援】
厚生労働省、経済産業省、農林水産省、千葉県、千葉市、中国チェーンドラッグストア協会、全米チェーンドラッグストア協会(NACDS)、米国大使館、駐日大韓民国大使館、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)、台北駐日経済文化代表処、台湾貿易センター(TAITRA)、香港貿易発展局(HKTDC)、特定非営利活動法人日印国際産業振興協会(JIIPA)、日本政府観光局(JNTO)、日本貿易振興機構(JETRO)、日本OTC医薬品協会、一般社団法人シルバーサービス振興会、公益財団法人日本健康・栄養食品協会、一般社団法人日本果汁協会、一般社団法人ペットフード協会、日本ジェネリック製薬協会、株式会社プラネット、一般財団法人日本予防医学協会(予定)

【協 賛】
オールジャパンドラッグ株式会社 株式会社ニッド・日本ドラッグチェーン会

【連絡先】
JAPANドラッグストアショー推進事務局
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-8-8 神田小川町東誠ビル8F
TEL:03-6206-0067 FAX:03-3525-4171
E-mail:info@drugstoreshow2015.jp

【公式サイト】
http://www.drugstoreshow2015.jp/

2015年3月11日(水)~13日(金)

第62回 応用物理学会春期学術講演会ーJSAP EXPO Spring 2015

【日時】
2015年3月11日(水)~13日(金)10:00~18:00
14日(土)10:00~12:00

【会場】
東海大学 湘南キャンパス 総合体育館

【入場料】
無料
※応用物理学会講演会の参加者以外の方もご参加いただけます。

【概要(公式サイトより)】
この講演会には、大学、公的研究機関、産業界などから研究者・技術者が約1万5千人参加し、応用物理学に関する広範な研究領域にわたる活発な発表・論議が行われます。
ご案内する附設展示会『JSAP EXPO Spring2015』は講演会の重要な部門であるポスターセッションと同じ会場で開催され、講演会参加者と出展者の相互から最新機器と技術の情報交換や交流の場として研究のために不可欠な機器の情報収集の場として、大いに期待され、高い評価が定着しております。

【連絡先】
公益社団法人 応用物理学会 講演会担当
〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-22 湯島アーバンビル7階
TEL:03-5802-0864 FAX: 03-5802-6250
Email: meeting@jsap.or.jp

【公式サイト】
http://meeting.jsap.or.jp/index.html

2015年3月5日(木)~7日(土) 

第8回としまものづくりメッセ

【日時】
2015年3月5日(木)~7日(土) 
10:00~17:00(最終日は16:00まで)

【会場】
サンシャインシティ 展示ホールB 
豊島区東池袋3-1-4

【入場料】
無料

【概要(公式サイトより)】
池袋副都心の産業見本市
■展示企業(予定)
製造業、環境関連企業、医療・健康関連企業、飲食関連企業 等

【主催】
<としまものづくりメッセ実行委員会>
(一社)豊島産業協会、東京商工会議所豊島支部、(公社)豊島法人会、
東京中小企業家同友会豊島支部、豊島区印刷関連産業団体協議会、
豊島区伝統工芸保存会、豊島区商店街連合会、(一社)豊島区観光協会、
豊島区町会連合会、豊島区中小企業診断士会、巣鴨信用金庫、
東京信用金庫、ハローワーク池袋、(公財)東京都中小企業振興公社、
(地独)東京都立産業技術研究センター、(独)造幣局東京支局、豊島区

【後援】
関東経済産業局、東京都、東京都北区、板橋区、練馬区、
独立行政法人中小企業基盤整備機構 関東本部、(独)産業技術総合研究所、
(公社)国土緑化推進機構、(一財)伝統的工芸品産業振興協会、
(公財)東京都環境公社、(公財)東京都公園協会、東京信用保証協会、
東京都中小企業団体中央会、東京中小企業家同友会、
東京都社会保険労務士会豊島支部、(公社)東京青年会議所豊島区委員会、
(一社)東京工業団体連合会、東京工業彫刻協同組合、東京貴金属技能士会、
東京都鍍金工業組合、東京義肢装具協同組合、(一社)東京建設業協会、
PETボトルリサイクル推進協議会、東京中小企業投資育成(株)、産経新聞社、
日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、朝日新聞東京総局、東京新聞、
フジサンケイ ビジネスアイ、(株)日刊工業新聞社、都政新報社、
(株)豊島新聞社、豊島ケーブルネットワーク(株)、豊島区教育委員会

【連絡先】
としまものづくりメッセ実行委員会事務局
(豊島区文化商工部生活産業課商工係内)
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-20-15 生活産業プラザ4階
TEL:03-5992-7089 FAX:03-5992-7088

【公式サイト】
http://www.toshima-messe.jp/

2015年3月4~5日

第53回大阪インターナショナル・ギフト・ショー春2015

【日時】
2015年3月4日(水)~5日(木)
4日/AM10:00~PM6:00
5日/AM10:00~PM5:00

【会場】
大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)

【入場料】
無料(事前登録制)

【概要(公式サイトより)】
西日本最大のパーソナルギフトとセールスプロモーションの国際見本市
テーマ:ビジット ギフト・ショー! 日本のおもてなしの魅力の全てを体験

ようこそ日本へ
2020年、東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定しました。
日本の歴史では、オリンピックの開催は景気を盛り上げる起爆剤。来訪外国人も飛躍的に増加することは間違いありません。
さて、日本の四季、豊かな自然、固有の文化と歴史、職人たちのもの作りへのこだわり、繊細なデザイン、機能性のあくなき追求、ユネスコの無形文化遺産に登録された「安全」「安心」で「美しい」和食など、世界中の皆様に日本のおもてなしの魅力を体験いただくことは、ファンを増やし、ブランド力を強化し、日本製品の消費を拡大させるため、非常に重要な要素となります。
そして、潜在的な魅力・観光資源を自ら発掘し、ギフト・ショーを通じて世界中の皆様におもてなしの心を体験いただくため、「ビジット ギフト・ショー!」をテーマに日本の優れた商品と世界の逸品を一堂に集め開催いたします。

●パーソナルギフト
ファッションジュエリー&アクセサリー、ウォッチ、サングラス、その他装身具、バッグ、ベルト、袋物、財布、サンダル、シューズ、帽子、手袋、マフラーなど服飾雑貨、カジュアルウェア、レディース&メンズウェア、インナー、アンダーウェア、衣料品、生地、化粧品&化粧用品、スキンケア&ヘアケア用品、オーラルケア用品、家庭用美容機器、ネイル関連商品、オーガニック製品、美容&健康食品、健康食品、健康改善&リラックスグッズ、サプリメント、ダイエット商品、天然石、天然石アクセサリー、アクセサリーパーツ、装身具用ケース& ディスプレイ用品、インテリア雑貨、キッチン& ダイニンググッズ、フラワー&ガーデニンググッズ、香り&リラクセーショングッズ、インテリア家具、バス・トイレタリー用品等、ファンシー& ステーショナリー 、レジャー &アウトドア、パーティーグッズ、キャラクターグッズ、キッズ& ペット用品等、慶弔ギフト、食品ギフト、返礼ギフト、お中元、お歳暮好適品、のし紙、水引、ブライダル関連商品等、プロを目指す若手クリエイター& デザイナーとその作品全般アクセサリー&ジュエリー、バッグ、アパレル、帽子、靴などファッション系、ファニチャー、アートフラワー、椅子、生活雑貨、陶器、キャンドル、香りの商品などのインテリア系、絵画、アート、オブジェ、デザインステーショナリー、フラワーアレンジメントなどのアート系、輸入雑貨(海外からの直接出展

●プレミアム・インセンティブ
SPツール(プレミアム・ノベルティ、インセンティブ)、リテールサポート関連

【主催】
株式会社ビジネスガイド社

【入場対象者】
パーソナルギフトマーケットに携わる国内外の流通関係者

【後援】
国際機関日本アセアンセンター、在日ドイツ商工会議所、ポルトガル投資・貿易振興庁、台湾貿易センター大阪事務所、香港貿易発展局大阪事務所、韓国貿易センター(大阪)、タイ国政府貿易センター大阪、(一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)、日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部、日本百貨店協会、日本チェーンストア協会、月刊ぎふと、月刊Personal Gift ※予定含む

【協賛】
(公社)インテリア産業協会、(公社)日本インテリアデザイナー協会、(公社)日本ジュエリーデザイナー協会、(協)大阪久宝寺町卸連盟 ※予定含む

【連絡先】
株式会社ビジネスガイド社
インターナショナル・ギフト・ショー事務局(大阪支社)
〒542-0081 大阪市中央区南船場1-11-9  長堀八千代ビル3F
TEL:06-6263-0075(直)/FAX:06-6263-0074
E-MAIL: giftwest@businessguide-sha.co.jp

【公式サイト】
http://www.giftshow.co.jp/osakagiftshow/53oigs/index.htm

2015年3月3日(火)~6日(金)

JAPAN SHOP 2015(第44回店舗総合見本市)

【日時】
2015年3月3日(火)~6日(金)
午前10時〜午後5時(最終日のみ午後4時30分終了)

【会場】
東京ビッグサイト(東京国際展示場)東4・5ホール(東京都江東区有明3-10-1)

【入場料】
■事前登録
ウェブサイトの事前登録で入場無料となります。
事前登録の完了後に表示される入場引換券をプリンタで印刷していただき、会場の登録所までお持ちください。いずれかの展示会に事前登録すると同時開催の全展示会に無料でご入場いただけます。

■当日券
2,000円(税込、同時開催の展示会と共通)です。

【出展分野】
商空間デザイン・ディスプレー
店舗用装飾材
店舗用インテリア素材・製品
店舗什器・設備
店舗照明器具・システム
サイン・看板
グラフィックス製作機器・各種資材
店頭POP・SP(販促・広告)ツール・インストアマーケティングツール
AV機器・システム
関連情報・出版コンサルティング
店舗ホスピタリティー関連(ファサード/お子様連れの支援・育児環境/香りなど感覚環境ほか)

【来場対象】
店舗設計士・デザイナー・プランナー
商業施設士・店舗コンサルタント
建築・内装業関係者
インテリアコーディネーター・プランナー
流通・小売業関係者
商社・卸売業関係者
広告・印刷業関係者
商店街関係者
官公庁、自治体、関連団体関係者
その他ユーザー

【同時開催】
・東ホール
建築・建材展/リテールテックJAPAN/SECURITY SHOW
・西ホール
ライティング・フェア/フランチャイズ・ショー(3月4日~6日開催)

【主催】
日本経済新聞社

【後援】
経済産業省、中小企業庁、日本商工会議所、公益社団法人 商業施設技術団体連合会、日本貿易振興機構(ジェトロ)、全国商工会連合会(順不同)

【協賛】
板硝子協会、特定非営利活動法人 LED照明推進協議会、一般社団法人 軽金属製品協会、一般社団法人 新日本スーパーマーケット協会、ステンレス協会、全国商店街振興組合連合会、一般社団法人 全国消防機器協会、公益社団法人 全日本ネオン協会、一般社団法人 テンポロジー未来機構、一般社団法人 日本アミューズメントマシン協会、一般社団法人 日本アルミニウム協会、一般社団法人 日本イベント産業振興協会、一般社団法人 日本イベントプロデュース協会、公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会、公益社団法人 日本インテリアデザイナー協会、一般社団法人 日本屋外広告業団体連合会、一般社団法人 日本空間デザイン協会、公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会、日本小売業協会、公益社団法人 日本サインデザイン協会、一般社団法人 日本サッシ協会、公益財団法人 日本デザイン振興会、一般社団法人 日本商環境デザイン協会、一般社団法人 日本ショッピングセンター協会、協同組合連合会 日本専門店会連盟、日本チェーンストア協会、一般社団法人 日本厨房工業会、一般社団法人 日本ディスプレイ業団体連合会、一般社団法人 日本鉄鋼連盟、協同組合 日本店装チェーン、一般社団法人 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会、一般社団法人 日本銅センター、一般社団法人 日本BGM協会、日本ビジュアルマーチャンダイジング協会、日本百貨店協会、日本プラスチック工業連盟、一般社団法人 日本フランチャイズチェーン協会、一般社団法人 日本ボランタリーチェーン協会、日本マネキンディスプレイ商工組合、日本優良家具販売協同組合、一般社団法人 日本冷凍空調工業会、一般財団法人 流通システム開発センター(50音順)

【協力】
テレビ東京、日経BP社(順不同)

【連絡先】
日本経済新聞社 文化事業局 イベント事業部
JAPAN SHOP担当
TEL:03-6256-7355 FAX:03-6256-7844
E-mail:info@japan-shop.jp

【公式サイト】
https://messe.nikkei.co.jp/js/

2015年2月5、6日

モノづくり企業ビジネスマッチングフェア

【日時】
2015年2月5日(木)・6日(金)
午前10時〜午後5時

【会場】
幕張メッセ

【入場料】
事前登録制

【概要(公式サイトより)】
新市場開拓とサプライチェーンの再構築、
地域経済の活性化及びグローバル連携の推進

【主催】
日刊工業新聞社

【後援】
経済産業省、全国各都道府県、市町村

【協賛】
日本機械工業連合会、日本産業機械工業会、日本プラント協会、日本プラントメンテナンス協会、日本自動機器工業会、全日本機械工具商連合会、日本繊維機械協会、日本真空工業会、日本真空協会、日本ロジスティクスシステム協会、立体駐車場工業会、日本MH協会、日本歯車工業会、日本冷凍空調工業会、日本冷凍空調設備工業連合会、日本自動販売機工業会、日本自動車機械器具工業会、日本自動車機械工具協会、日本金型工業会、日本包装機械工業会、日本ロボット工業会、電子情報技術産業協会、日本電機工業会、家電製品協会、日本電球工業会、日本照明器具工業会、日本画像医療システム工業会、日本電気計測器工業会、電池工業会、電気機能材料工業会、情報通信ネットワーク産業協会、日本防災システム協会、日本情報処理開発協会、新金属協会、日本電子回路工業会、日本自動車工業会、日本自動車整備振興会連合会、日本電動車両協会、日本自動車車体工業会、日本自動車部品工業会、日本自動車部品協会、日本オートケミカル工業会、全国自動車用品工業会、日本造船工業会、日本航空宇宙工業会、日本運搬車輛機器協会、日本計量機器工業連合会、日本精密測定機器工業会、日本測量機器工業会、日本医用機器工業会、全日本プラスチック製品工業連合会

【連絡先】
モノづくり企業ビジネスマッチングフェア事務局
(日刊工業新聞社 名古屋支社 イベント G 内)
〒461-0001 名古屋市東区泉2丁目21-28 
TEL:052-931-6158 FAX:052-931-6159

【公式サイト】
http://www.mbm-nikkan.jp/index.aspx

2015年2月4~6日

第79回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2015

【日時】
2015年2月4日(水)~6日(金)
4・5日/10:00AM~6:00PM
6日/10:00AM~5:00PM

【会場】
東京ビッグサイト全館
東展示棟1~6全ホール
西展示棟1~4全ホール、アトリウム

【入場料】
無料(事前登録制)

【概要(公式サイトより)】
日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市
テーマ:ビジット ギフト・ショー!日本のおもてなしの魅力の全てを体験

●出展社
出展企業は、約2,500社。いずれも消費財関連業界の国内のメーカー・輸入商社・欧米メーカーです。生活者のライフスタイルに対応する新製品を主体に展示。その豊富さ、多彩さ、ユニークさでは、他のどんな見本市の追随も許しません。市場と流通をリードする最も実質的なトレードショー(業者専門見本市)ということができます。

アクティブデザイン&ハイクオリティグッズ、ホームファニシング&デコラティブ、フラワーグリーン・園芸用品、アート、ファンシー&ホビー、ステーショナリー、ウォッチ&クロック、おしゃれ雑貨、アクセサリー、コスメティック・ビューティ(美容用品)・香りの商品、テーブルウェア、布製品、アパレルファッ ション、パーティー&ラッピンググッズ、キッチンウェア&ユーテンシル、カットラリー&ツール、フロア&バスまわり、 ペットグッズ、メモリアル&ブライダルグッズ、アウトドア用品、スポーツ&プレイング・グッズ(遊戯グッズ)、コレクターズアイテム、IT関連&エンターテインメントグッズ、欧米インポートグッズ、ベビー&キッズギフト、キャラクター・デザイン、ミュージアムグッズ、観光物産品、福祉・介護用品、防災・非常用品、小売店向け販売支援・経営支援関連商品その他ハイクオリティ・ギフトアイテム。(食品は除きます)

【入場対象者】
パーソナルギフトマーケットに携わる国内外の流通関係者

【来場見込み】
200,000人(秋2013実績:来場者数 延190,104名)

【来場見込み】
約2,500社

【主催】
株式会社ビジネスガイド社

【後援(予定)】
アメリカ大使館商務部/イタリア大使館/英国大使館貿易・対英投資部/オーストリア大使館商務部/オランダ大使館/カナダ大使館/スウェーデン大使館商務部/スペイン大使館経済商務部/中華人民共和国大使館経済部/デンマーク大使館/ドイツ連邦共和国大使館/フランス大使館 企業振興部-ユビフランス/在日ドイツ商工会議所/ポルトガル投資・貿易振興庁/(一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)/日本貿易振興機構(ジェトロ)/日本百貨店協会/日本チェーンストア協会/日本小売業協会/全国商工会連合会/日本商工会議所/東京商工会議所/(公財)日本デザイン振興会/(一社)日本動画協会/(一社)日本商品化権協会/(一社)コンテンツ海外流通促進機構/(一社)キャラクターブランド・ライセンス協会/(株)東京ビッグサイト/月刊ぎふと/月刊Personal Gift

【協賛(予定)】
(公社)インテリア産業協会/(公社)日本インテリアデザイナー協会/(公社)日本ジュエリーデザイナー協会/(公社)日本アロマ環境協会/(公社)日本クラフトデザイン協会/(公社)日本パッケージデザイン協会/(一社)日本空間デザイン協会/(公社)日本グラフィックデザイナー協会/(公社)日本インダストリアルデザイナー協会/(公社)日本サインデザイン協会/(一財)日本ファッション協会/(一社)日本住宅リフォーム産業協会/(一社)日本テキスタイルデザイン協会

【連絡先】
(株)ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
〒111-0034/東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル
TEL:03-3843-9854(代) 03-3843-9851(直) FAX:03-3843-9850
E-MAIL:n-haga@giftshow.co.jp

【公式サイト】
http://www.giftshow.co.jp/tigs/79tigs/index.htm

2014年12月4日~6日

SPORTEC 2014(スポーツ・フィットネス総合展示会)

【日 時】
2014年12月4日(木)・5日(金)・6日(土)

【会 場】
東京ビッグサイト

【入場料】
当日¥2,000円
※事前登録者・招待券持参者は入場無料
※セミナー受講者は入場無料
※スポーツ業界関係者・マスコミには無料で専用招待券を配布

【概要(公式サイトより)】
SPORTECは、スポーツ・健康増進施設運営・新規参入企業、自治体との商談の場となる日本最大の専門展です。

【同時開催】
ヘルス&スポーツフードEXPO 2014

【主 催】
SPORTEC実行委員会

【協 賛】
株式会社クラブビジネスジャパン

【特別協力】
公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会
一般社団法人日本フィットネス産業協会
公益財団法人日本体育施設協会

【後援・協力団体】
(2013年実績)文部科学省、経済産業省、厚生労働省、Smart Life Project事務局(厚生労働省「平成25年度健康日本21推進業務」委託事業)、観光庁、東京都、一般社団法人アリーナスポーツ協議会、公益財団法人健康・体力づくり事業財団、健康日本21推進全国連絡協議会、一般社団法人国際ヨガ連合、独立行政法人国立健康・栄養研究所、公益財団法人笹川スポーツ財団、公益社団法人全日本ゴルフ練習場連盟、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA JAPAN)、公益財団法人日本オリンピック委員会、公益財団法人日本学校体育研究連合会、公益財団法人日本健康スポーツ連盟、公益財団法人日本障害者スポーツ協会、一般社団法人日本スイミングクラブ協会、特定非営利活動法人日本スタビライゼーション協会、公益財団法人日本スポーツクラブ協会、独立行政法人日本スポーツ振興センター、一般社団法人日本体育学会、公益財団法人日本体育協会、日本体力医学会、特定非営利活動法人日本トレーニング指導者協会、公益社団法人日本フィットネス協会、公益社団法人日本プールアメニティ協会、財団法人 日本プロスポーツ協会、独立行政法人日本貿易振興機構、公益財団法人日本レクリエーション協会、FITNESS SESSION実行委員会

【連絡先】
SPORTEC事務局
TEL : 03-6273-0403 FAX : 03-5363-0301
お問い合わせの際は、以下のフォームより送信してください。.
https://sports-st.com/contact/

【公式サイト】
http://www.sports-st.com/

2014年10月17~19日

いきいき福祉・健康フェア2014

【日 時】
2014年10月17日(金)~19日(日)(3日間)
午前10:00~17:00*最終日は16:00まで

【会 場】
アクセスサッポロ(札幌流通総合会館)
札幌市白石区流通センター4丁目3-55
*無料駐車場1,100台完備
会場最寄り駅(地下鉄東西線・大谷地駅)より無料シャトルバスを運行

【入場料】
無料

【概要(公式サイトより)】
1、健康・福祉機器・車両に関する展示・販売
2、福祉・介護予防機器(ユニバーサルデザインに関する商品)の
展示・紹介・斡旋
3、食材・食品・弁当等の宅配サービスの情報発信・紹介・斡旋
4、サービス付き高齢者向け住宅の展示・紹介・販売
5、健康づくりおよび傷害学習活動に関する情報の発信・提供
6、楽しいスポーツ・文化活動紹介コーナー
7、年金運用・貯蓄関連・遺産相続等に関する情報の発信・提供
8、福祉社会をテーマにしたセミナーの開催

【同時開催】
北ガスフレアスト東 秋祭り

【主 催】
いきいき福祉・健康フェア2014実行委員会

【構成団体】
経済産業省北海道経済産業局/北海道/札幌市/(社福)北海道社会福祉協議会/(社福)札幌市社会福祉協議会/北海道新聞社/(一財)札幌産業流通振興協会/日本工業新聞社

【会場規模】
屋内展示場:3,750㎡

【動員目標】
25,000人

【協力】
札幌法務局/(地独)北海道立総合研究機構産業技術研究本部工業試験場/(株)MICEジャパン/日本実務出版(株)/北海道放送  (予定)

【後援】
北海道厚生局/北海道市長会/北海道町村会/マスコミ各社 他  (予定)

【連絡先】
いきいき福祉・健康フェア2014実行委員会
(運営事務局)
〒003-0030 札幌市白石区流通センター4丁目3-55 
アクセスサッポロ内
TEL:011-867-2005 FAX:011-867-2006

【公式サイト】
http://www.axes.or.jp/ikifuku/

2014年9月25日~26日

第52回大阪インターナショナル・ギフト・ショー秋2014

【日 時】
2014年9月25日(木)・26日(金)
25日AM10:00~PM6:00
26日AM10:00~PM5:00

【会 場】
大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)
住所:〒540-6591 大阪市中央区大手前1-7-31

【入場料】
無料(事前登録制)

【テーマ】
(西日本最大のパーソナルギフトとセールスプロモーションの国際見本市)
驚きと感動!! 遊び心を伝えるデザインギフトがここに

日本全国、世界各国から集まる“心ワクワク、感動と驚き”の『遊び心を伝えるデザインギフト』『遊び心の集まる売り場』の全てがここに!

【後 援】
国際機関日本アセアンセンター、在日ドイツ商工会議所、ポルトガル投資・貿易振興庁、台湾貿易センター大阪事務所、香港貿易発展局大阪事務所、韓国貿易センター(大阪)、タイ国政府貿易センター大阪、(一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)、日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部、日本百貨店協会、日本チェーンストア協会、月刊ぎふと、月刊Personal Gift ※予定含む

【協 賛】
(公社)インテリア産業協会、(公社)日本インテリアデザイナー協会、(公社)日本ジュエリーデザイナー協会、(協)大阪久宝寺町卸連盟 ※予定含む

【主催/連絡先】
株式会社ビジネスガイド社
インターナショナル・ギフト・ショー事務局(大阪支社)
〒542-0081 大阪市中央区南船場1-11-9  長堀八千代ビル3F
TEL:06-6263-0075(直)/FAX:06-6263-0074
E-MAIL
giftwest@businessguide-sha.co.jp

【公式サイト】
http://www.giftshow.co.jp/osakagiftshow/52oigs/outline.htm

2014年09月4日~5日

国際フロンティア産業メッセ2014

【日 時】
2014年09月4日~2014年9月5日
10:00~17:00

【会 場】
神戸国際展示場 1・2号館(神戸ポートアイランド)

【入場料】
無料

【概要(公式サイトより)】
企業や大学・研究機関による先端技術の紹介や新事業創出の基盤となる製品展示を中心に、基調講演、特別講演、各種セミナーや交流会など多彩なプログラムを展開し、技術交流・ビジネスマッチングを進める機会を提供します。

【取扱品目】
環境・エネルギー/情報通信・エレクトロニクス/ロボット/材料・製造技術
食の安全・健康/バイオ・医療/先端技術(ナノ・光量子)/地場産業
グローバルビジネス(国際ゾーン)/産学連携・支援機関ゾーン/グループ出展

【ご来場の方へ】
入場資格:ビジネス関係者&一般
入場方法: 主催者もしくは日本国内の連絡先への問い合わせ

【実施事業】
基調・特別講演、各種セミナー
出展者プレゼンテーション/ビジネスマッチング

【同時開催】
ひょうご環境ビジネス展[主催:ひょうごエコタウン推進会議]
みなと元気メッセ2014[主催:(株)みなと銀行]
こうべしんきんビジネスメッセ2014[主催:神戸信用金庫]
たんぎん産業メッセ2014[主催:(株)但馬銀行]
環境ビジネスセミナー[主催:ひょうごエコタウン推進会議]
神戸取引商談会[主催:(公財)ひょうご産業活性化センター]

【主 催】
国際フロンティア産業メッセ2014実行委員会
兵庫県、神戸市、(公財)新産業創造研究機構、神戸商工会議所、(公財)ひょうご科学技術協会、(公社)兵庫工業会、(公財)ひょうご産業活性化センター、兵庫県商工会議所連合会、兵庫県商工会連合会、兵庫県中小企業団体中央会、(公財)兵庫県国際交流協会、(公財)神戸市産業振興財団、
(一財)神戸国際観光コンベンション協会、(公財)ひょうご環境創造協会、ひょうごエコタウン推進会議

【業種】
総合/総合見本市/情報・通信/通信、情報処理、コンピュータ/医療・健康/医療・病院用機器、医療技術/環境/環境、廃棄物処理、リサイクリング/サービス/地域的ビジネス、地場産業/機械・工業技術/先端技術、新素材、合成物、R&D

【過去の実績 】
2013年実績
来場者数 : 24266 人
出展社数 : 320 社
過去の実績は同時開催/併催展を含む場合もあります。

【後援】
文部科学省、経済産業省、近畿経済産業局、日本貿易振興機構、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(独)中小企業基盤整備機構

【出展・来場についてのお問い合わせ】
日刊工業新聞社 大阪支社イベントグループ
「国際フロンティア産業メッセ2014」事務局
〒540-0031大阪市中央区北浜東2-16
TEL:06-6946-3384 FAX:06-6946-3389
メールでのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://www.kobemesse.com/contact/form.php

【事業についてのお問い合わせ】
(公財)新産業創造研究機構(NIRO)支援企画部
〒650-0047 神戸市中央区港島南町1-5-2  TEL078-306-6806  FAX078-306-6813

【公式サイト】
http://www.kobemesse.com/

2014年9月3日~5日

第78回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2014

【日 時】
2014年9月3日(水)~5日(金)
3・4日:10:00AM~6:00PM
5日:10:00AM~5:00PM

【会 場】
東京ビッグサイト(全館)
東展示棟1~6全ホール
西展示棟1~4全ホール、アトリウム

【入場料】
無料(事前登録制)

【テーマ】
(日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市)
驚きと感動!! 遊び心を伝えるデザインギフトがここに

【出展内容】
ヘルスケアゾーン、香りの商品フェア、ビューティー&コスメティックフェアなど
●出展社
出展企業は、約2,500社。いずれも消費財関連業界の国内のメーカー・輸入商社・欧米メーカーです。生活者のライフスタイルに対応する新製品を主体に展示。その豊富さ、多彩さ、ユニークさでは、他のどんな見本市の追随も許しません。市場と流通をリードする最も実質的なトレードショー(業者専門見本市)ということができます。


【同時開催】
第63回アクティブデザイン&クラフトフェア

【後援(予定)】
アメリカ大使館商務部/英国大使館貿易・対英投資部/イタリア大使館/オーストリア大使館商務部/オランダ大使館/カナダ大使館/スウェーデン大使館商務部/スペイン大使館経済商務部/中華人民共和国大使館経済部/デンマーク大使館/ドイツ連邦共和国大使館/フランス大使館 企業振興部-ユビフランス/在日ドイツ商工会議所/ポルトガル投資・貿易振興庁/(一財)対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)/日本貿易振興機構(ジェトロ)/日本百貨店協会/日本チェーンストア協会/日本小売業協会/全国商工会連合会/日本商工会議所/東京商工会議所/(公財)日本デザイン振興会/(一社)日本動画協会/(一社)日本商品化権協会/(一社)コンテンツ海外流通促進機構/(株)東京ビッグサイト/月刊ぎふと/月刊Personal Gift

【協賛(予定)】
(公社)インテリア産業協会/(公社)日本インテリアデザイナー協会/(公社)日本ジュエリーデザイナー協会/(社)園芸文化協会/(公社)日本アロマ環境協会/(公社)日本クラフトデザイン協会/(公社)日本パッケージデザイン協会/(一社)日本空間デザイン協会/(公社)日本グラフィックデザイナー協会/(公社)日本インダストリアルデザイナー協会/(公社)日本サインデザイン協会/(一財)日本ファッション協会/(一社)日本住宅リフォーム産業協会/(一社)日本テキスタイルデザイン協会

【主催/連絡先】
株式会社ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
〒111-0034 東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル
TEL: 03-3843-9851 FAX: 03-3843-9850
n-haga@giftshow.co.jp

【公式サイト】
http://www.giftshow.co.jp/tigs/78tigs/

2013年12月5~7日

~スポーツ・フィットネス総合展・カンファレンス~SPORTEC2013

【日 時】
2013年12月5日(木)・6日(金)・7日(土)
10:00~18:00 ※予定

【会 場】
東京ビッグサイト 西3・4ホール

【入場料】
当日\2,000円
※一般入場:前売り1,500円(予定)
※事前登録者・招待券持参者は入場無料
※セミナー受講者は入場無料
※スポーツ業界関係者・マスコミには無料で専用招待券を配布

【同時開催】
フィットネスEXPO
ヘルス&スポーツフードEXPO
リラクゼーションEXPO
体育・運動施設展
スポーツ用品EXPO
スポーツサイエンス・テクノロジーシンポジウム

【主 催】
SPORTEC実行委員会

【特別協力 後援(予定)】
公益社団法人 スポーツ健康産業団体連合会
一般社団法人 日本フィットネス産業協会(FIA)
「日本を健康にする!」研究会
文部科学省・厚生労働省・経済産業省
観光庁・東京都・他多数

【スポーツ・フィットネス総合展・カンファレンス SPORTEC2013 公式サイト】
http://www.sports-st.com/

2013年10月2日~4日

関西 医療機器 開発・製造展

【日 時】
2013年10月2日~4日
10:00~18:00 最終日17:00終了

【会 場】
インテックス大阪

【入場】
事前登録有

【概要(公式サイトより)】
関西 医療機器 開発・製造展(MEDIX関西)は、医療機器を開発、製造するための技術を集めた専門展です。注射器や体温計をはじめ、人工臓器、カテーテル、MRI、生体情報モニターなどのあらゆる医療機器メーカーが多数来場し、出展企業と活発な商談を行っています。

OEM ゾーン<新設!>
出展対象製品
医療機器OEM・ODM
電子機器 設計・製造受託
ディスポーザブル製品OEM・ODM
その他 設計・製造請負

【主 催】
リード エグジビション ジャパン 株式会社

【連絡先】
関西 医療機器 開発・製造展(MEDIX関西) 事務局
リード エグジビション ジャパン株式会社
〒163-0570 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル18階
TEL:03-3349-8506 FAX:03-3349-8500
E-mail:medix-kansai@reedexpo.co.jp

【関西 医療機器 開発・製造展公式サイト】
http://www.medix-kansai.jp/

2013年6月18日~20日

ヘルス&フィットネスジャパン2013

【日 時】
2013年6月18日~20日
時間:
《初日・2日目》10:00~17:30
《3日目》10:00~16:00

【会 場】
東京ビッグサイト・西3ホール

【概要(公式サイトより)】
フィットネス業界の最新ハード&ソフトを一堂に展示する「ヘルス&フィットネスジャパン(HFJ)」。日本で唯一のフィットネス関連商品のトレードショーとして、2013年で22回目を迎えます。1992年の第1回以来、毎年多くの来場者を集め業界関係者の皆様にとっても重要な情報収集の場となっています。

【同時開催】
セミナー24講座(予定)

【主 催】
日本スポーツ・フォア・オール協議会(予定)ヘルス&フィットネスジャパン実行委員会

【後援】
厚生労働省(予定)、経済産業省(予定)、文部科学省(予定)


【一般向けイベント】
早朝ワークアウト ※変更する場合もございます

【出展社】
フィットネス関連企業、福祉関連企業、食品関連企業等 約50社

【連絡先】
《 ヘルス&フィットネスジャパン実行委員会事務局 》
株式会社 櫂人(とうじん)
〒220-0023
神奈川県横浜市西区平沼1-40-11-808
TEL.045-316-5387
FAX.045-290-1222

【ヘルス&フィットネスジャパン2013 公式サイト】
http://hfj.jp.net/

2013年2月19日~20日

第5回メディケアフーズ展2013(東京ビッグサイト)

日 時/2013年2月19日(火)・20日(水)
時 間/10:00-17:30(20日は17:00まで)
会 場/東京ビッグサイト 西4ホール
入場料/3,000円(税込) ※招待券持参者、来場事前登録者は無料

【同時開催】
統合医療展(補完療法と未病・予防医療の展示会)

【内 容】
◎ 介護食・嚥下食
高齢者向け各種食品、流動食、摂食・嚥下困難者用食品、
とろみ調整剤 ほか

◎ 宅配食・在宅用介護食品
宅配食(在宅配食サービス)、在宅用介護食、小規模施設対応食 ほか

◎ 医療食・栄養調整食品
糖尿病食、減塩食、各種治療食、アレルギー対応食品、
栄養調整食、病態別食品 ほか

◎ 給食食材・機能性素材
業務用食材、伝統食材、調味料、甘味料、機能性素材 ほか

◎ 調理機器・配膳設備
厨房機器、配膳車、食器、衛生資材、口腔ケア製品、栄養管理ソフト ほか


【主 催】
UBMメディア株式会社


【後援・協賛】
農林水産省、東京都、東京都社会福祉協議会、日本栄養士会、
東京都栄養士会、東京都介護支援専門員研究協議会、
全国有料老人ホーム協会、日本健康・栄養食品協会 (順不同/予定)


【連絡先】
UBMメディア(株) メディケアフーズ展事務局
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル2F
03-5296-1009


【公式ホームページ】
http://www.medicarefoods.com/index.php

2013年2月19日~20日

統合医療展2013(東京ビッグサイト)

日 時/2013年2月19日~20日
時 間/10:00-17:30(20日は17:00まで)
会 場/東京ビッグサイト 西4ホール
入場料/3,000円 ※招待券持参者、来場事前登録者は無料

【同時開催】
メディケアフーズ展2013(第5回)


【開催セミナー】
統合医療を実践する医師や専門家による講演、統合医療を推進する学会や研究会などによるセミナーを多数併催。統合医療の最前線に迫るとともに、協賛学会・団体との連携で情報発信性を高め、出展社と来場者のビジネス交流を刺激します


【内 容】
「統合医療をテーマにした専門展示会」
各種の補完療法や未病対策に関連する製品・療法などを
下記のカテゴリーでゾーニングし、
来場する医療関係者に訴求します。

◎補完療法&未病対策
メディカルサプリメント、食事・栄養療法、温熱療法、温泉療法、ヘルスチェック機器、検査・測定機器、理学療法機器、運動療法・機器、環境浄化・感染予防 ほか

◎伝統医学
漢方、鍼・灸、東洋医学、アーユルヴェーダ、手技療法 ほか

◎心身療法
ストレスケア、音楽療法、植物療法(ハーブ、アロマセラピー)、自然療法、
ヘルスツーリズム、緩和ケア・QOL向上 ほか

◎クリニック&学会
医療機関、医師・企業の連携による研究会、学会・団体、医療コンサルタント ほか


【主 催】
UBMメディア株式会社


【企 画】
健康産業新聞


【連絡先】
東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル2F UBMメディア(株)
TEL 03-5296-1009


【公式ホームページ】
http://www.togo-iryo.jp/index.php


2012年11月21日~23日

SPORTEC(スポルテック) 2012

日 時/2012年11月21日(水)~23日(金)
時 間/10:00~18:00
会 場/東京ビッグサイト 東ホール
入場料/当日 2,000円 ※事前登録者は入場無料 


【展示会名/内容】

◎ 第2回 リハビリテーションEXPO
~健康な体の維持に必要不可欠なリハビリ・機能回復・介護予防に関するあらゆる機器・サービスが一堂に集まる専門展~

◎ 第4回 スポーツサイエンス・テクノロジーEXPO
~スポーツに関するあらゆる機器、用品、技術、サービスが集まる
国際的な展示会&カンファレンス~


【主 催】
SPORTEC実行委員会


【特別協力】
一般社団法人日本フィットネス産業協会


【連絡先】
SPORTEC運営事務局
info@sports-st.com
160-0007 東京都新宿区荒木町13-9 サンワールド四谷ビル5F
TEL:03-6273-0403 / FAX:03-5363-0301


【公式ホームページ】
http://www.sports-st.com/

2012年9月20日~21日

ドラッグストア流通フェア2012

日 時/2012年9月20日(木)・21日(金)
時 間/10:00~17:00
会 場/東京都立産業貿易センター浜松町館 
    〒105-0022 東京都港区海岸1-7-8
     

【同時開催】
コ・メディカル産業展2012


【内 容】
『ドラッグストア流通フェア2011』ではヘルスフード、ヘルスケア用品、ビューティ、トイレタリーなどドラッグストアに欠かせない商品から、今後期待の商品・システムまでを陳列、来場するドラッグストアを中心としたヘルス&ビューティーケアショップの経営者、バイヤー、店長と商談を行います。日常の業務では開拓できない潜在顧客が日本全国から来場します。
新製品はもとより既存商品の拡販など、自社商品の可能性を探り、ビジネスチャンスをつかむ場として、ぜひ『ドラッグストア流通フェア2011』をご利用ください。


【主 催】
ヘルスケアタイムス社


【後 援】
薬局・薬店組合・団体、がん・糖尿病・アレルギーなどの患者会、医療関連団体・協会、その他


【連絡先】
コ・メディカル産業展2012/ドラッグストア流通フェア2012 事務局
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-15-23 A-105
TEL:0422-76-7912
e-mail:HerusuLB@aol.com

【公式ホームページ】
http://www.health-station.com/health-care/

2012年9月18日

筋肉を緩めて、自律神経のバランスを整え、自然治癒力に繋がるボディマッサージ

日 時/2012年9月18日
時 間/午後1時30分~午後4時30分
会 場/アルカディア市ヶ谷
入場料/受講料 会員2,000円
※認定校学生、通信生含む 一般5,000円(各々消費税込み)

【概要(公式サイトより)】
ストレスを受けやすい現代社会では、常に緊張感を強いられることが多くあります。緊張感をもつのはいいことですが、過度な緊張は身体が硬くなって血液やリンパの流れが滞り、老廃物が体内に溜まっている状態です。身体を緩めて筋肉を柔らかい状態に保つことが健康維持に繋がります。身体を流れるエネルギーラインに沿って、呼吸を意識しながらゆっくりとしたリズムで筋肉にアプローチするボディマッサージをご紹介します。筋肉への心地よい刺激が体液の流れをスムーズにし、免疫ホルモンや新陳代謝を活性化します。また、全身の緊張を緩めることで心と身体をリラックスさせ、自律神経のバランスを整え、自然治癒力や免疫力を高めるとされています。

講師: 藤田佳代 先生(講演・デモンストレーション)
〈当協会理事、広報委員長〉

【主催】
日本エステティック協会


【連絡先】
http://www.ajesthe.jp/

【公式サイト】
http://www.ajesthe.jp/event_pop/tokyo_20120918.html

2012年6月30日(土)

2012 年会議

日時:2012 年6月30日
場所:議員会館国際会議場
テーマ:高齢社会の問題克服のための挑戦ーー老齢者疾病の防止と保護医療予算削減における栄養の役割を探る
主催:PA International

2012年6月28日(木)/28日(金)/30日(土)

日本睡眠学会第37回定期学術集会

日時: 2012年6月28日(木)/28日(金)/30日(土)
会場: パシフィコ横浜 http://www.pacifico.co.jp/
〒220-0012神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
テーマ: 「睡眠研究 新世代への架け橋」
【概要】
快適な睡眠がストレス社会の現代で人間性を回復させるために重要であり、睡眠健康の増進が高血圧や糖尿病という生活習慣病の予防・治療や、うつ病に代表される精神疾患、ひいては自殺の抑制にも有益であることを訴求、提案していく。
6月28日(木)8:40~8:50   開会式: 於:A会場
6月28日(木)11:00~11:50 会長講演:於:A会場 演題「睡眠と司法」
6月30日(土)13:30~15:30 市民公開講座:於:B会場 テーマ「高齢者の不眠を考える~その予防と対処法」
☆Facebook/Twitterはこちら↓
http://www.facebook.com/jssr37
http://twitter.com/37jssr


2012年3月30日(金)~31日(土)

こころとからだの健康フェスタ2012

日時/2012年3月30日(金)~3月31日(土)
時間/10:00~17:00
会場/東京都立産業貿易センター 3・4F
入場料/前売券 700円 当日券 1,000円(税込)

【内 容】
「こことからだの健康フェスタ」とは、一人一人の健康意識の向上と健康増進を目的とした参加型健康イベントです。

日本の医療制度は諸外国と比べても高い水準でありながら、拡大を続ける医療給付とそれに伴う国民医療費の増大を前に財政は悪化し、制度の維持は困難となってきています。その原因は世代構造の急激な高齢化であり、また、医療費が増大する理由として現役世代に比べて老齢世代の負担率が低いこと、老齢世代の健康状態が現役世代に比べて悪いことが挙げられています。
諸外国では医療費削減と医療システムの向上に向けて、代替医療の研究・情報発信に取り組んでいます。日本においても代替医療の認知度を高め、一人一人が自身の健康に対して自分で責任を持って、積極的に代替医療を取り入れて欲しいと切に願います。

※代替医療とは西洋医学の領域に属さない療法のことを総称したものです。その中には漢方や鍼灸をはじめとする東洋医学やアロマセラピー、健康食品などのサプリメント類、さらにはインド医学のアユールヴェーダ、カイロプラクティック、温泉療法などが挙げられます。

【主 催】
サロン・ド・ソフィア
United World Company株式会社

【連絡先】
United World Company株式会社
こころとからだの健康フェスタ事務局
TEL:03-5803-1737
Fax:03-5803-1738
E-mail:festa@uwc-group.com

【公式ホームページ】
http://festa.uwc-group.com/

2012年3月28日(水)

第7回アステラス・グッドライフフォーラム

日 時/2012年3月28日(水)
時 間/13:00~15:45
会 場/仙台国際センター大ホール
入場料/無料
招待人員/800名(申し込み順で定員になり次第締め切り)

【内 容】
アステラス製薬は、3月28日、仙台市において、一般の方々を対象にした市民健康講座「第7回アステラス・グッドライフフォーラム」を開催します。

わが国は、世界に類を見ない早さで高齢社会へと進んでいます。こうした中、アステラス製薬では『シニアライフの明日を照らす』というテーマのもと、医療の専門家と著名人を講師として迎え、豊かで健やかなシニアライフを迎えるために、役立つ情報を講演していただくアステラス・グッドライフフォーラムを開催しています。

アステラス製薬は、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」という経営理念のもと、革新的で有用性の高い医薬品を創製し、世界中の医療現場にお届けしています。本フォーラムは、アステラス製薬が長年継続している救急自動車や車いす送迎車の寄贈、ラジオ番組での健康情報提供と同じく、社会貢献活動の一環として実施するものです。

第1部「丈夫な骨で、健やかライフ~骨粗鬆症を正しく知るために~」
東北大学大学院医学系研究科医科学専攻外科病態学講座整形外科学分野
井樋英二先生

第2部「生涯一捕手~いつまでも現役であり続けるために~」
野村克也氏

【応募要領】
ハガキに、郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢・性別を記入の上
〒105-8691
郵便事業株式会社芝支店私書箱220号
「第7回アステラス・グッドライフフォーラム事務局」宛へ。

【問い合わせ】
アステラス・グッドライフフォーラム事務局(電話:03-6748-1940)まで。


【公式ホームページ】
http://www.astellas.com/jp/index.html

2012年年3月22日(木)

平成23年度 第2回 機能性食品勉強会開催

日 時/2012年年3月22日(木)
会 場/持田製薬(株)本社ルークホールにて(東京都新宿区四谷1-7)
費 用/当研究会会員:7,000円  非会員:10,000円

【内 容】
第1部 13:30~15:00
 【日本における未病対応・予防医療、統合医療の動向
~特に医療現場での健康食品・サプリメントの可能性~】
森 宏之 先生  NPO日本医学ジャーナリスト協会会員
HRD株式会社 代表取締役 社長

第2部 15:15~16:45
【未病対応・統合医療における鍼灸医療
~鍼灸医療現場における健康食品・サプリメントの可能性~】
橋口 修 先生  鍼灸柏整骨院&アロマ美療室 代表
日本良導絡自律神経学会 常任理事

【お申し込み】メールにてご連絡下さい。詳細を返信いたします。
yaku-ken-ken@muf.biglobe.ne.jp
TEL03-3555-3402(木・金10:00~16:00)

2012年3月16日(金)~18日(日)

第12回JAPANドラッグストアショー2012

日時:2012年3月 16日(金) 商談日
    2012年3月 17日(土) 商談日・一般公開日
    2012年3月 18日(日) 商談日・一般公開日
■午前10:00~午後5:00
場所:幕張メッセ 4・5・6・7・8ホール(予定)

[内容]
主な展示内容は、健康食品、サプリメント、原料、受託製造、健康・美容機器、化粧品、フィットネス、スポーツグッズ、メタボ、シニアなどに関連した商品・サービスです。

【主 催】
日本チェーンドラッグストア協会

【連絡先】
JAPANドラッグストアショー推進事務局
〒160-0007 東京都新宿区荒木町11-2 北斗四谷ビル3F
TEL:03-6410-4051 FAX:03-3353-1745

【公式ホームページ】
http://www.drugstoreshow2012.jp/

2012年3月9日(金)

東洋医学健康フォーラムin横浜 女性のための東洋医学~漢方・鍼灸の立場から~

日 時/2012年3月9日(金)
時 間/18:00~20:00
会 場/パシフィコ横浜 会議センター5階 503号室
入場料/入場無料(200人)

【内 容】
女性のための東洋医学を漢方と鍼灸の立場からご紹介

17:30 開 場
18:00 基調講演 漢方治療 花輪壽彦 所長
18:30 講 演 冷え症 星野卓之 漢方診療部医員
18:50 講 演 未病 ―東洋医学ドック― 鈴木邦彦 漢方診療部副部長
19:05 講 演 女性のための漢方薬 緒方千秋 薬剤部科長
19:35 講 演 肩こり・腰痛 伊藤 剛 所長補佐
19:55 閉 会

【主 催】
北里大学 東洋医学総合研究所

【連絡先】
学校法人 北里研究所 北里大学東洋医学総合研究所
TEL:03-5791-6168  FAX:03-5791-6326
E-mail:toiken@insti.kitasato-u.ac.jp

郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加人数を記入のうえ、E-mail、ハガキ、FAXでお申し込みください。200名様に入場券をお送りいたします。なお、応募多数の場合は先着順とさせて頂きますのでご了承ください。

【公式ホームページ】
(PDF)
http://www.kitasato-u.ac.jp/toui-ken/download/forumyokohama.pdf
北里大学
http://www.kitasato-u.ac.jp/toui-ken/

2012年3月6日(火)~9日(金)

FOODEX JAPAN 2012

日程:2012年3月6日(火)~9日(金) 10時~17時(最終日は16時30分まで)
会場:幕張メッセ(1~8ホール、千葉県千葉市)
主催:(社)日本能率協会(社)日本ホテル協会(社)国際観光旅館連盟(社)日本観光旅館連盟(社)国際観光日本レストラン協会(社)国際観光施設協会
出展製品:食品、飲料、その他
来場対象:食品・飲料の購買担当者
入場登録料:5,000円(招待券持ちは無料)
HP:http://www.jma.or.jp/foodex

2012年3月4日(日)

市民公開講座「歯とお口の健康セミナー」開催

日 時/平成24年3月4日(日)
時 間/午前1時30分~ (受付午後1時より)
会 場/プレスタワー17階 静岡新聞ホール

【内 容】
講演1:お口の健康は全身の健康につながっている! 
~歯科医院は街の健康ステーションに進化する~
鶴見大学 歯学部探索歯学講座 花田信弘教授

講演2:子供虐待の根絶を目指して 
~歯科界の新たな役割~
東京歯科大学 法歯学講座 花岡洋一准教授

事前予約は不要です。直接会場へお越しください。(定員150名 先着順)

【主 催】
社団法人浜松市歯科医師会

【連絡先】
TEL:053-453-8847
FAX:053-453-8893

【公式ホームページ】
http://www.hamashi.com/

2012年2月17日(金)

健康・美容関連商品・サービス開発・販売の視点2012

開催日時:2012年2月17日(金) 13:30-16:00

開催場所:ATCエイジレスセンター (大阪府大阪市)
     http://www.ageless.gr.jp/access/index.html

料金:無料

定員:100名(満席になり次第、締め切ります)

講師:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員 有元 裕美子氏
   株式会社オールソリューションズ 副社長 楊 怡君氏

対象:健康・美容関連商品・サービス開発事業者、関連商品取扱い事業者など

健康・美容関連商品・サービス開発や販売促進のヒントとなるキーワードや視点について事例を交えて解説。また、多くの企業が注目する海外展開について、アジア向け商品流通サポートを行っている企業が、地域ごとのニーズや流通市場の実際を語る。

詳細・申込はこちら
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=13048

平成24年1月17日(火)

第2回食の安全・安心アカデミー(消費者コース)

開催日時:平成24年1月17日(火) 13:30~15:00
場所:福島市 コラッセふくしま(4階多目的ホール)

    平成24年1月18日(水) 13:30~15:00
    郡山市 郡山市労働福祉会館(3階大ホール)

主 催: 福島県、消費者庁
講 師:大阪府立大学 地域連携研究機構・放射線研究センター 古 田 雅 一 教授
内 容
・放射線と食品の安全性等について
・食品の放射線リスクを抑える方法等について

参集者(各200名程度)
一般消費者、福島県消費者団体連絡協議会会員、各消費者団体会員等
※ 定員を超えた場合は、締め切りとさせていただき、その旨連絡いたします。
参加申込み:別紙申込書に記入の上、平成24年1月10日(火)までに、希望会場を明記の上、
福島県消費生活課あてに郵送、FAXまたはメールでお申し込みください。
問い合わせ:福島県消費生活課 電話 024-521-7736
E-mail syouhi@pref.fukushima.jp
URL:http://www.caa.go.jp/safety/pdf/111206kouhyou_2.pdf

2011年12月16日(金)、17日(土)、18日(日)

SPORTEC2011

日時:2011年12月16日(金)、17日(土)、18日(日)
会場:東京ビッグサイト西ホール
<概要>フィットネス・トレーニング・健康スポーツがテーマの専門見本市。スポーツ業界では最大級の150社以上が出展し、マシン、サプリメント、アパレル、グッズなどの1000以上のアイテムが集結する。
詳細:http://www.sports-st.com/list/

2011年11月28日(月)

“日本一眠れるコンサート”Angel Stream

日時:2011年11月28日(月) 19時30分(19時開場)
場所:かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール JR青砥駅
価格:4,500円 ペア割引:8,000円
詳細・申込み:http://www.angel-stream.com/test/ja/events.html

2011年11月20日(日)

第23回グッドエイジング健康セミナー

日時:2011年11月20日(日) 13時~15時45分(開場 12時~)
場所:新宿明治生命ホール JR新宿駅 西口より都庁方面へ徒歩2分
内容
カイチュウ先生として知られる感染免疫学の第一人者、藤田紘一郎先生の講演会
第一部:基調講演(90分)
第二部:対談(50分)
定員:342名(予約制・自由席)
受講料:3,000円
締め切り:10月20日
問い合わせ:NPO法人レックス・ラボ
        ℡:042-666-0073 月~金 10時から17時

2011年9月23日~25日

第8回ヨガフェスタ横浜2011

日程:2011年9月23日(金) 9:30~19:00
           24日(土) 8:00~19:30
           25日(金) 8:00~18:00
会場:パシフィコ横浜 アネックス全館、ハーバーラウンジ、展示ホールC

【概要】
同イベントは今年で8回目を迎え、昨年の第7回では約2万人の来場者を数えました。今年もTVや雑誌等で“日本におけるヨガの第一線”として活躍する、ケンハラクマ、千葉麗子や綿本彰、モデルの野沢和香など74名を講師として迎え、101のレッスンを行います。また、今年は無料エリアでのイベント拡充により、延べ約3万人程度の来場を見込んでいます。

■ 今年のテーマは「もっとYOGAを楽しむ」
多彩なYOGAのスタイルや指導者が一堂に会する「ヨガフェスタ」は、自分にぴったりのYOGAに出会う絶好のチャンスです。そのような背景も踏まえ、今年は「未経験者・経験者・インストラクターを問わず、もっとYOGAを楽しんでもらおう」をテーマに、有料のレッスン会場と無料で参加できるショーケースエリアに野外イベント会場を加えた3会場で開催いたします。目的別に5つの楽しみ方でヨガをエンジョイしてみて下さい。

HP:http://www.yogafest.jp/2011/

◇レッスンエリア(有料)
もっとヨガを深めたい人に向けて、国内外から集まる著名な先生のレッスンを3日間で101クラスご用意します。今、注目の総勢74名もの人気講師たちが集まります。レッスンには事前予約が必要です。

【チケット種類】
3回券  ¥8,500(税込)
5回券 ¥13,000(税込)
10回券 ¥23,000(税込)

【チケット購入先】
ヨガタウン( http://www.yogatown.jp/category/147.html )

◇ショーケースエリア(無料)
(1) 無料体験レッスンで楽しむ
気軽にヨガを体験したい人は、まずはフリーレッスンスペースへ。3日間で合計15レッスンを無料でご用意、予約がなくても気軽に体験する事ができます。

(2) ショッピングで楽しむ
海外からの出展も含めて30以上のブランドが勢揃い。ヨガフェスタならではのお得な特典がいっぱいのブースで、お買いものだけでも十分楽しめます。

(3) 見て楽しむ
200席のメインステージは見るだけで楽しい!魅せるヨガ(ライブショーやデモンストレーション)、チャリティーオークション等ゆっくり見て楽しむヨガが満載です。

(4) ネットで楽しむ
地方に居ながらにしてフェスタの雰囲気を味わってみたい人。会場内でのガイドに便利。特設ブースから3日間インターネットで動画ライブ中継。
インターネットラジオ放送局(avocadoチャンネル)とコラボレーションし、Ustreamで中継を実施。ステージで行われるショーやトークライブの様子、特設ブースでのゲストトークに加え英語での配信も予定しています。

(5) 野外で楽しむ
思いっきりヨガを満喫して楽しみたい人は、まさに野外でのYOGA。緑、海、空の自然に囲まれた臨港パークでヨガをエンジョイ。YOGA未体験者はピクニック感覚で、レジャーシートの上でできる範囲で「ちょっとトライしてみる」程度のライトな感覚で参加可能です。

2011年7月30日(土)

自然治癒力を引き出すケア

日 時: 2011年7月30日(土)14時~16時30分
場 所: 株式会社カタログハウス 本社ビル
     東京都渋谷区代々木2-12-2 カタログハウス本社ビル
     地下2階セミナーホール
     (JR新宿駅 南口下車、徒歩8分)
地図URL: http://www.cataloghouse.co.jp/seminar/map_tsem.html?cid=pr
講座名: 自然治癒力を引き出すケア
講師 : 川嶋 みどり氏(元日本赤十字看護大学教授)
     今泉 文子氏(U.N.Limited)
定員  : 150名(先着順)
参加費 : 1,000円(税込・当日会場にてお支払い下さい)
     ※ペア割引(2名で1,500円)、学生割引(何名様でも半額)あり

≪セミナーのお申込み方法≫
お客様のお名前、ご住所、電話番号、参加人数をご記入の上、「電話」「FAX」「Eメール」「ハガキ」「インターネット」のいずれかの方法でお申し込みください。
【お申込み先】
 TEL  : 0120-545-450(平日の10時30分~17時受付)
 FAX  : 03-5365-2278(24時間受付)
 Eメール: school@cataloghouse.co.jp
 ハガキ : 〒151-8674 カタログハウス「カタログハウスの学校・本社セミナー」係
 インターネット(※):検索サイトで「カタログハウスの学校」と検索し、申込フォームから登録。
 URL  : http://www.cataloghouse.co.jp/study/?cid=pr

■「カタログハウスの学校」について

株式会社カタログハウスでは、環境・趣味・実用など様々なテーマを掘り下げた講演やワークショップを「カタログハウスの学校」として毎月1回のペースで開催しています。1995年、環境・資源・食糧問題などを考える「地球環境セミナー」としてスタートしたこの学校も、2000年からはジャンルの幅を広げ、各界からの有識者や文化人を数多く招き、今年で16年目を迎えることとなりました。
URL: http://www.cataloghouse.co.jp/study/?cid=pr

2011年7月29日(金)

イチジク恋しり神社

開催日時  : 2011年7月29日(金) 11:00~19:30
会場    : JR新宿駅東口(新宿ステーションスクエア)
<概要>
イチジク製薬株式会社(東京都墨田区、代表取締役社長:今川 拓一)は、“便秘に悩む女性を快便(シアワセ)に”をコンセプトとし、女性のファッション・美容・恋愛の悩み解決に役立つイベント『恋しりイチジク神社』を2011年7月29日(金)、JR新宿駅東口広場にて開催いたします。当日は人気読者モデル 水野佐彩さんも登場し、便秘に関するスペシャル対談をお送りします。

【『恋しりイチジク神社』とは】
「色恋の道に“通じ”ていること」という意味を持つ「恋知り」。恋愛には知識も必要ですが、何事も“ためこまないこと”が大切です。便秘=「お通じをためる」はおなかのハリ、肌荒れを引き起す原因です。さらには、やせにくく・太りやすい体質になったり、腸内に残った便のにおいがオナラ・口臭を臭くしてしまったり、女性たちは自分や恋愛への自信をなくしてしまいます。

そこで『恋しりイチジク神社』では、おしゃれや恋愛に一生懸命な若い女性に向け、“お通じ”の大切さとそれを解決する商品 <Ichijiku K C> (※1)をご紹介。

20代~30代では約2人に1人が便秘に悩む(※2)という女性たちを、便秘知らず・恋愛の悩み知らずの“恋しり”へと導きます。

(※1) Ichijiku K Cは「イチジク浣腸」のイベントニックネームです。
(※2) 自社調べ(2010年4月実施)/関東近郊居住の20代~30代女性2,000人対象インターネットリサーチ

【イベント内容】
■イチジク恋しり神社
参拝すると、「恋が叶う!?ウンが出る!?」御利益のある神社です。
神社内にはイチジク製薬 薬剤師 三宅 貴子による便秘相談ブース、タブレット恋占いブースなど、楽しく美容とおなかの健康について学べるイベントです。

■オリジナルラベル天然水プレゼント
ピンク色のキュートな「<Ichijiku K C> オリジナルラベル阿蘇の名水」をプレゼント!事前にイベント会場周辺でお配りするうちわに付いた引換券をお持ちください。
※プレゼントTIME 11:00~、13:00~、16:00~、17:00~、18:00~
※各回 引換券をお持ちの方 先着100名様までとさせていただきます。

■イチジクタイム
15:00~15:30は、JJ・CanCamなどで大人気の読者モデル 水野佐彩さんが登場する「イチジクタイム」!水野さんが美容について日頃心がけていることなどをまじえて、イチジク製薬 薬剤師 三宅 貴子とともに便秘に関するスペシャル対談としてお送りします。

<水野佐彩 プロフィール>
1989年10月12日生まれ 22歳。2009年準ミス立教大学に選ばれ、雑誌「CanCam」「JJ」「ar」「with」の読者モデル、アクセサリーブランド「ELUN」セレクターを務める。
また、アーティストとしても活動しており、雑誌・テレビなどで幅広く活躍中。
オフィシャルブログ: http://ameblo.jp/saya-mizuno/
           http://www.grumo.jp/

2011年7月10日(日)

こころとからだの栄養 ~うつからガンまで・最新アプローチ~

日時  : 2011年7月10日(日) 13:00~16:20 (12:15開場)
場所  : 一橋記念講堂(東京都千代田区一ツ橋2丁目1-2)
定員  : 500名
参加費 : 無料
申込み : FAX又はWebフォームより
     【一次締切り:5月29日(日)、二次締切り:6月26日(日)】
URL   : http://www.orthomolecular.jp/seminar/20110710-tokyo/

■プログラム
○同時開催
<10:00~11:30>
講義内容:『栄養療法を確実に成功に導く「習慣化」と
     「メンタルトレーニングコース」』 ※メイン講座の前の同時開催
講師  :株式会社アイディアヒューマンサポートサービス カウンセラー

オリンピックアスリート向けに応用されている「メンタルトレーニング」を栄養療法とともに導入することで、慣れるとつい忘れがちになるサプリメントを習慣にします。成功率85パーセント以上と言われるカウンセリングプログラムへのレクチャーを、実際にオリンピック選手を担当しているカウンセラーがレクチャーします。

○メインプログラム
<13:00~13:10 ご挨拶>
溝口 徹(新宿溝口クリニック院長)

<13:10~14:30 講義1『笑いと健康』>
講師:大平 哲也(大阪大学大学院医学系研究科 公衆衛生学 准教授、
   大阪府立健康科学センター 非常勤医師)

<14:30~15:00>
休憩

<15:00~16:20 講義2『脳と体を元気にする栄養療法』>
講師:溝口 徹

【オーソモレキュラー.jp 概要】
オーソモレキュラー.jpは、うつを代表とする精神疾患、ガンなどに対し、大きな成果を出している、医療法人回生會 新宿溝口クリニック(院長:溝口 徹、所在地:東京都新宿区)が発起人となり、栄養療法を導入する日本中の医療機関が参加・賛同する任意団体です。
団体名  : オーソモレキュラー.jp
所在地  : 〒160-0022
       東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿6階 新宿溝口クリニック内
代表医師 : 溝口 徹
設立   : 2010年4月
活動内容 : 栄養療法の振興活動
URL    : http://www.orthomolecular.jp/

【新宿溝口クリニック 概要】
医院名 : 医療法人回生會 新宿溝口クリニック
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿6階
院長  : 溝口 徹
設立  : 2003年11月
診療内容: 心療内科、精神科、栄養療法
URL   : http://www.shinjuku-clinic.jp/

【株式会社アイディアヒューマンサポートサービス 概要】
法人名 : 株式会社アイディアヒューマンサポートサービス
所在地 : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目15-22
院長  : 浮世 満理子
設立  : 2000年5月
事業内容: カウンセラー、メンタルトレーナーの養成、
      企業向けのセミナー等
URL   : http://www.idear.co.jp/

【一般の方からのお問合わせ先】
オーソモレキュラー.jp
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-11-6 6F 新宿溝口クリニック内
TEL:070-5597-2928
FAX:03-3350-6998

2011年7月10日日曜日

こころとからだの栄養 ~うつからガンまで・最新アプローチ~【無料市民講座】

日時  : 2011年7月10日(日) 13:00~16:20 (12:15開場)
場所  : 一橋記念講堂(東京都千代田区一ツ橋2丁目1-2)
定員  : 500名
参加費 : 無料
申込み : FAX又はWebフォームより
     【締切り:6月26日(日)
URL   : http://www.orthomolecular.jp/seminar/20110710-tokyo/

■プログラム
<13:00~13:10 ご挨拶>
溝口 徹(新宿溝口クリニック院長)

<13:10~14:30 講義1『笑いと健康』>
講師:大平 哲也(大阪大学大学院医学系研究科 公衆衛生学 准教授、
   大阪府立健康科学センター 非常勤医師)

<14:30~15:00>
休憩

<15:00~16:20 講義2『脳と体を元気にする栄養療法』>
講師:溝口 徹

【オーソモレキュラー.jp 概要】
オーソモレキュラー.jpは、うつを代表とする精神疾患、ガンなどに対し、大きな成果を出している、医療法人回生會 新宿溝口クリニック(院長:溝口 徹、所在地:東京都新宿区)が発起人となり、栄養療法を導入する日本中の医療機関が参加・賛同する任意団体です。
団体名  : オーソモレキュラー.jp
所在地  : 〒160-0022
       東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿6階 新宿溝口クリニック内
代表医師 : 溝口 徹
設立   : 2010年4月
活動内容 : 栄養療法の振興活動
URL    : http://www.orthomolecular.jp/

【新宿溝口クリニック 概要】
医院名 : 医療法人回生會 新宿溝口クリニック
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿6階
院長  : 溝口 徹
設立  : 2003年11月
診療内容: 心療内科、精神科、栄養療法
URL   : http://www.shinjuku-clinic.jp/

【一般の方からのお問合わせ先】
オーソモレキュラー.jp
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-11-6 6F 新宿溝口クリニック内
TEL:070-5597-2928
FAX:03-3350-6998

2011年6月18日(土)

第1回 特定保健指導 指導者セミナー

日程:1日目 2011年6月18日(土) 13:00~15:45
    2日目 2011年7月 2日(土) 13:00~17:00
    3日目 2011年7月24日(日) 13:00~16:30
    4日目 2011年8月 6日(土) 13:00~16:30
会場:1日目・2日目 東京大学医学部付属病院(東京都文京区本郷7-3-1)
    3日目・4日目 アリアル五反田駅前ビル(東京都品川区西五反田1-2-9)
参加費:※事前申込制
    <単科受講>1日目 RD登録者  5,000円/日(税込)
              一般   10,000円/日(税込)
          2日目 RD登録者  6,000円/日(税込)
              一般   12,000円/日(税込)
          3日目 RD登録者  5,000円/日(税込)
              一般   10,000円/日(税込)
          4日目 RD登録者  4,000円/日(税込)
               一般    4,000円/日(税込)
    <全科受講>  RD登録者 17,000円
              一般   30,000円
                        ※一括申込
定員 :40名
■内容
<1日目 2011年6月18日(土)>
13:00~13:45「特定保健指導とは」
講師:ヘルスケア・コミッティー株式会社 代表取締役、
   東京大学医学部付属病院 医学博士 古井 祐司氏

14:00~14:45「アセスメントと行動計画の設定」
講師:ヘルスケア・コミッティー株式会社、管理栄養士 野口 美紀氏

15:00~15:45「食生活に関する保健指導」
講師:ヘルスケア・コミッティー株式会社、管理栄養士 野口 美紀氏

<2日目 2011年7月2日(土)>
13:00~13:45「検査データの読み方」
講師:筑波大学大学院人間総合科学研究科 准教授、医学博士 矢作 直也氏
   
14:00~17:00「保健指導に役立つコーチング」
国立がん研究センター 中央病院 総合内科 科長、医学博士 大橋 健氏

<3日目 2011年7月24日(日)>
13:00~14:00「身体活動・運動に関する保健指導」
講師:トータルウェルネスコンサルティング、管理栄養士 松田 幸子氏

14:15~15:15「保健指導に使えるエクササイズ」
講師:トータルウェルネスコンサルティング、管理栄養士 松田 幸子氏

15:30~16:30「休養に関する保健指導」
講師:Confianza、せき鍼灸院、看護師 市野 さおり氏

<4日目 2011年8月6日(土)>
13:00~14:15「メンタルヘルス基礎」
講師:ピースマインド・イープ株式会社、産業カウンセラー 市川 多嘉子氏

14:30~16:30「面接シュミレーション」 ※RD登録者のみのご案内
講師:管理栄養士 高本 江利子氏・田中 由美氏

【お申し込み先】
株式会社RDサポート ヘルスケア事業部
TEL        : 03-5217-5561
E-Mail      : healthcare@rdsupport.co.jp
お申し込みフォーム: http://www.rdsupport.co.jp/career/entry/
メタボ要因の生活習慣改善のための保健指導スキルが身につく! 第1回 特定保健指導 指導者セミナー 6月18日開講

■記事内容■
「食・健康」分野に特化した人材サービスを行う株式会社RDサポート(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大澤 裕樹)はこの度、栄養士、管理栄養士、保健師、その他特定保健指導(※)業務従事者または従事希望者に向けた指導者セミナーの第1回を2011年6月18日に開講致します。
当セミナーは、特定保健指導制度の基礎から、指導に活かせる実践テクニックまで、トータルに学べる内容となっております。

セミナー詳細: http://www.rdsupport.co.jp/tokuteihoken/

(※)特定保健指導
2008年4月より始まった40歳~74歳までの医療保険加入者全員を対象とした保健制度で、特定健診と合わせて一般的に「メタボ健診」と呼ばれています。
特定健診・特定保健指導では、内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、生活習慣病の有病者・予備群を減少させること(病気の予防)を目的としています。

【セミナー概要】
特定保健指導のお仕事には携わっているけど思うように成果が出ない・・・。特定保健指導をこれから始めてみたいけど・・・。
そのような方のために、特定保健指導制度の基礎から指導スキルまでトータルで学べるセミナーを開講します。実践を意識した講義と演習で、現場ですぐに役立つ特定保健指導業務の知識とスキルを身に付けることが出来ます。

当セミナーは4日間シリーズで、初回面接から継続支援まで、保健指導で重要なポイントを体系的に学ぶことができます。医療や特定保健指導の現場の一線で活躍されている専門家を講師陣としてお招きし、実践を意識した講義とロールプレイなどを含めた演習で、現場ですぐに役立つ特定保健指導業務の知識とスキルを習得することが出来ます。

名称 :第1回「特定保健指導 指導者セミナー」

【会社概要】
名称  : 株式会社RDサポート
所在地 : 東京都千代田区神田小川町1-1-15 D&F御茶ノ水ビル5F
設立  : 1998年12月11日
資本金 : 2,510万円
代表者 : 代表取締役 大澤 裕樹
事業内容: 1.人材派遣業 (許可番号 般 13-010640)
      2.人材紹介業 (許可番号 13-ユ-01079)
      3.教育研修事業 独立行政法人国立健康・栄養研究所指定
       栄養情報担当者(NR)養成講座
URL   : http://www.rdsupport.co.jp

2011年6月18日ほか

ノルディックウォーキング&ヨガイベント IN 初島

■実施日:毎月開催予定
        ○6月開催日・平成23年6月18日(土)1泊2日
         1.18日 午後5時30分~
         2.19日 午前6時30 
        ○7月開催日・平成23年7月8日(金)1泊2日
         1.8日 午後5時30分~
         2.9日 午前6時30分~
        ※雨天時は座学となります。
        ※8月以降の予定については、HPでご案内します。
         http://www.hatsushima.jp/island/  
■場所:熱海市 初島 “初島アイランドリゾート”
         初島アイランドリゾート アジアンガーデン内
■料金:平日開催7,000円
        土日開催9,000円
        ※宿泊料金は別途必要となります(要予約)
■所 要 時 間:1時間30分
■定員:10名(最少催行人数2名)
■問い合わせ先:0557-67-2151  

【初島アイランドリゾート概要】
熱海港から高速船で25分の“初島”は、1周わずか4kmの小さな島。首都圏から最も近い島でもあります。初島アイランドリゾートは初島の東部に位置し、「海、空、緑を感じながらリラックスできる大人の
アジアンリゾート」をコンセプトに、現在、海泉浴「島の湯」、アジアンガーデン「R-Asia」、アイランドキャンプヴィラ、海のプール、自然体験施設「SARUTOBI」の5エリアで構成されています。

○所在地     静岡県熱海市初島 
○エリア総面積  約73,000平方メートル
○施     設

  (1)海泉浴 「島の湯」(1階建て、延床面積300平方メートル)
    海水を含んだ地下水を汲み上げて沸かしたお風呂で関東では珍
    しい温浴施設。塩分やミネラル、マグネシウムが豊富で美容や
    健康にも適している。※露天風呂、内風呂(男女とも各1)
  (2)アジアンガーデン 「R-Asia」(約30,000平方メートル)
    芝生広場:ブーゲンビリア、アロエ、リュウゼツランなどの植物
    園飲食施設:アジアンフード&ドリンクが味わえる。
    酒類を中心としたスタンドバーもある。
    ※ショップ:アジアからの直輸入グッズなどを販売
  (3)アイランドキャンプヴィラ テント&トレーラー
    1日16組様の宿泊施設(1サイトあたり6名さままでの宿泊が
    可能)海が見える傾斜地に立ち、波の音や満天の星空が満喫できる。
  (4)自然体験施設「SARUTOBI」(約3,300平方メートル)
    2009年夏オープンした新感覚・自然体験施設。初島の自然の中をス
    リルを味わいながら、パノラマビューの海の景色を一望できるアド
    ベンチャー。                
  (5)海のプール (約1,100平方メートル) 
    夏季限定の屋外プール。砂浜のない島で安全に泳げる海水プール


2011年6月15日(水)

知的エコウェルネス住宅市場の新潮流     ~“グリーン”&“ライフ”イノベーションの融合が生む、新たなマーケット~

日  程  6月15日(水)13:30~17:00
場  所  大阪産業創造館 6階 会議室E
主  催  大阪市・大阪産業創造館
【概要】住宅高機能化・高度情報化技術と、地球と人に優しい癒し快適環境で 健康増進の住空間を提供する「住宅新市場」がテーマ。 関連する異分野の事業者による解説と、パネルディスカッションでは参入チャンス、新規事業開発のヒントを探る。 
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=11793
費  用  1000円(税込)

2011年6月2日(水)

エンジョイ2011横浜開港祭!エンジョイ横浜ノルディックウォーキング!

■開催日程:2011年6月2日(水)
※横浜開港記念日
■開催場所
1.ノルディックウォーキング紹介、ご説明ブース
⇒横浜開港祭の会場内、赤レンガ広場至近

2.初心者向けノルディックウォーキング体験教室
⇒横浜開港祭の会場内、赤レンガ広場至近、EnFAブース周辺スペース

3.ノルディックウォーキング愛好家交流、横浜港巡りノルディックウォーク
⇒桜木町駅前 ⇒ 日本丸交差点右折 ⇒ 横浜第2合同庁舎を左折 ⇒ 海岸通四丁目交差点右折 ⇒ 神奈川警察本部、横浜税関、開港広場を通って山下公園 ⇒ 山下公園の奥まで行って水のステージでUターン ⇒ 山下公園内を戻り、ぞうの鼻パーク ⇒ 赤レンガパークEnFAブース前(途中、開港広場で休憩)

■イベント副題
『楽しく効く!ダイエットにもメタボ解消にも、仲間と一緒に明日への活力にも!』

<イベント概要>
3種類のコンテンツを企画
・ノルディックウォーキング紹介、ご説明ブース
・初心者向けノルディックウォーキング体験教室
・ノルディックウォーキング愛好家交流、横浜港巡りノルディックウォーク

■その他詳細確認WEB

次のURLにてイベントに関するその他必要な情報をご確認いただけます。
http://npoenfa.blogspot.com/2011/05/2011.html

■横浜開港祭について

横浜の初夏の風物詩として市民に親しまれ、今年で記念すべき30回目を迎える。
例年「横浜開港祭」では“Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」をコンセプトに、市民が世代を超えて合唱を繰り広げるショーや子ども達の絵画コンクールなど、市民・子ども達が主役の市民参加型の催しが数多く実施される。市民と企業、団体のみなさんが共に「横浜の開港を祝う」という地元への愛情と熱意によって、長く広く市民に親しまれるイベントとして続けられている。
特に今年は、「がんばれ日本!心をひとつに!」のテーマも併せて掲げられてのイベント実施となる。

【本件の連絡先】

特定非営利活動法人エンジョイノルディックフィットネス振興会
広報担当:マツオトール
TEL 045-290-4107
FAX 050-3156-1559
E-Mail enfa@yokohama-sousei.or.jp
URL: http://npoenfa.blogspot.com/
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 ストークみき705

2011年5月25日(水)・26日(木)

メンタルヘルスケア・ジャパン2011

日時:5月25日(水)・26日(木)10時~17時
場所:東京・浜松町の都立産業貿易センター2階展示会場
主催:メンタルヘルスケア・ジャパン2011実行委員会
後援:厚生労働省、東京都他5団体
入場料:無料
【概要】
メンタルヘルスケアの国内唯一の展示会。出展規模37社65小間。出展内容はEAP(従業員支援プログラム)、ストレスチェック、ストレス可視化プログラム、ヒーリングミュージック、快眠製品ならびに最新のメンタルヘルス関連サービス。
<展示会特設会場にて2日間無料でセミナーが開催されます>
25日(水)11:00~12:00自律訓練法 12:00~13:00ストレス可視化
     13:00~14:00ストレス1日決算主義14:00~15:00メンタルサポートの勧め
26日(木)11:00~12:00ヨーガ療法12:00~13:00メンタルヘルス対策の重要性
     13:00~14:00ストレスケアのための快眠術
     14;00~15:00メンタルヘルス不調を未然に防ぐモチベーションコントロール
     15:00~16:00EAPを効果的に活用する方法

詳細お問合せ先;株式会社アムス Tel 03-3341-4591
http://www.ams-c.co.jp

2011年5月22日(日)

5 月22 日ワールドノルディックウ ォーキングデー

・開催日:5 月22 日(日) *雨天中止
・場所:午前の部:宮崎フェニックス・ノルディック・スポーツパーク
(市民の森スピリチュアルコース~江田神社)
・午後の部:青島トロピカルロード~青島神社
・募集人数:100 名(中学生以上:コースを完歩できる健康な方)
・参加費: 終日参加1,500 円、午前のみ1,000 円、午後のみ1,000 円
(保険代、参加証含む)
・持参する物:運動靴、帽子、飲物、リュック(ポールで両手が塞がる為)

(概要)国際ノルディックウォーキング連盟(INWA)が提唱する「5 月22 日ワールドノルディックウォーキングデー」。この日は世界中で、また国内各地でノルディックウォーキングが行われます。これを受けて、フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎市山崎町:代表執行役社長河本和彦)、NPO 法人宮崎ライフセービング協会、日本ノルディックウォーキング振興会、NPO 法人宮崎県ノルディックウォーキング協会は、共催イベントとして5 月22 日に「ワールドノルディックウォーキングデー in 宮崎」を開催いたします。「森から海へ」のキャッチフレーズをもとに、午前はINWA 公認コース「宮崎フェニックス・ノルディック・スポーツパーク」の黒松の森を、午後は青島トロピカルロードをノルディックウォーキングします。また、INWA が「ワールドノルディックウォーキングデー」に合わせて日本を応援する運動をして下さることとなりました。日本の我々も被災地へのエールを送りながら、日本が元気であることをアピールするために、当日「ワールドノルディックウォーキングデー」を記念してチャリティーT シャツ(2,500 円税込)を販売し、この収益の全額を日本ノルディックフィットネス協会(JNFA)を通じて、東日本大震災の被災地である仙台市に義援金として寄付させていただきます。

・スケジュール
【午前の部】8:40 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
「松泉宮グリーンガーデン」集合・受付
9:00 開会式、ウォーミングアップ、歩き方講習
9:40 森の部・ノルディックウォーキングスタート
市民の森スピリチュアルコース~江田神社 約4km
11:00 クーリングダウン
11:30 森の部終了(午前の部のみ参加者へ参加証)
【午後の部】14:00 「青島:渚の交番」集合・受付
14:20 開会式、ウォーミングアップ、歩き方講習
14:50 海の部・ノルディックウォーキングスタート
トロピカルロード~青島神社コース 約4km
16:00 MINDY ヨガ(ビーチもしくは県立青島亜熱帯植物園)
16:30 閉会式 (終日参加者・午後の部のみ参加者へ参加証)

○共 催:フェニックス・シーガイア・リゾート
NPO 法人宮崎ライフセービングクラブ
日本ノルディックウォーキング振興会
NPO 法人宮崎県ノルディックウォーキング協会
○協 力: 渚の交番、あおしま観光創造社
○後 援: NPO 法人日本ノルディックフィットネス協会(JNFA)
宮崎県
(財)みやざき観光コンベンション協会、宮崎市観光協会

≪ 一般の方からのお問合せ・申し込み先 ≫
フェニックス・シーガイア・リゾート
アクティビティーセンター
TEL:0985-21-1324(8:00~20:00)

2011年5月15日(日)

『「うつ」は食べ物が原因だった!』の著者による無料市民講座

タイトル: こころとからだの栄養
日時  : 2011年5月15日(日) 13:00~15:00 (12:30開場)
講演内容: 脳と体を元気にする栄養療法
講師  : 溝口 徹(医療法人回生會 新宿溝口クリニック 院長)
場所  : 福岡大学セミナーハウス(福岡県福岡市中央区六本松4-20)
定員  : 100名(事前申し込みなし、当日先着順に受付)
参加費 : 無料
URL   : http://www.orthomolecular.jp/

【解説】
うつやガンなどへの新たな治療法として期待される「栄養療法(オーソモレキュラー療法)」の普及活動を行うオーソモレキュラー.jp(所在地:東京都新宿区、代表医師:溝口 徹)は、5月15日(日)、福岡県で初めて、『「うつ」は食べ物が原因だった!』の著者による無料市民講座を開催いたします。

2010年4月の発足後、第一回の振興活動として同年12月に大阪で市民向け講座を開催。定員400名のところ満員御礼となり、大好評のうちに終了いたしました。このたび各地からの強い開催要望により、第二弾、第三弾の市民向け講座を開催することとなりました。

第三弾は、7月に東京都 一橋記念講堂にて開催予定です。

詳細: http://www.orthomolecular.jp/

【無料市民講座 内容】
この講演会でご紹介する栄養療法 オーソモレキュラー療法は、1960年代からアメリカやカナダで行われている、心のトラブルに対する歴史ある治療方法です。患者様の血液を検査することにより体内の栄養素を確認し、その患者様に必要な栄養指導を行う事で、根本的な治療を行うものです。

近年の研究では、うつなどの精神疾患は脳内ホルモンが大きく影響する事が解っておりますが、脳内ホルモンも必要な栄養素が無いと作りだす事が出来ません。

本セミナーでは、『からだの栄養』を有効に摂取することで病気になりにくく健康的な生活を得られる、というオーソモレキュラー療法の考え方を解りやすくご紹介いたします。

【オーソモレキュラー.jp 概要】
オーソモレキュラー.jpは、うつを代表とする精神疾患、ガンなどに対し、大きな成果を出している、医療法人回生會 新宿溝口クリニック(院長:溝口 徹、所在地:東京都新宿区)が発起人となり、栄養療法を導入する日本中の医療機関が参加・賛同する任意団体です。

団体名  : オーソモレキュラー.jp
所在地  : 〒160-0022
       東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿6階 新宿溝口クリニック内
代表医師 : 溝口 徹
設立   : 2010年4月
活動内容 : 栄養療法の振興活動
URL    : http://www.orthomolecular.jp/

【新宿溝口クリニック 概要】
医院名 : 医療法人回生會 新宿溝口クリニック
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿6階
院長  : 溝口 徹
設立  : 2003年11月
診療内容: 心療内科、精神科、栄養療法
URL   : http://www.shinjuku-clinic.jp/

●メディア紹介実績
[2011年 雑誌]
○SPUR 4月号
○日経ヘルス 3月号
○家庭画報 3月号
○美的 3月号

[2010年 雑誌]
○日経ヘルス 2月号
○日経BPムック 11月発売号
○VOGUE 12月号
○安心 11月号
○家庭画報 11月号
○HBR(会員誌) 8月号
○クロワッサン 786号
○週刊文春 7月29日号
○Golf Smile vol.2

[2010年 TV]
○12月22日(水)「NHK おはよう日本」

●出版書籍
「うつ」は食べ物が原因だった!他 多数出版
http://www.amazon.co.jp/%E6%BA%9D%E5%8F%A3-%E5%BE%B9/e/B004LT59DY


【一般の方からのお問合わせ先】
オーソモレキュラー.jp
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-11-6 6F 新宿溝口クリニック内
TEL:070-5597-2928
FAX:03-3350-6998

2011年5月14日(土)

ノルディックウォーキング指導者資格講習会

日程:平成23年5月14日(土)
会場:横浜市  マリノスタウン
(机上講習 会議室)
マリノスタウンについて(横浜Fマリノス公式サイト)
http://www.f-marinos.com/marinostown/
アクセス:
「横浜駅」下車徒歩15分、または
みなとみらい線「新高島駅」下車徒歩5分
主催:NPO法人エンジョイノルディックフィットネス振興会
協力:横浜F・マリノス(横浜マリノス株式会社)
講師:
NPO法人 日本ノルディックウォーキング協会
マスタートレーナー
取得資格:NPO法人 日本ノルディックウォーキング協会公認インストラクター
受講資格:ノルディックウォーキングを経験済みで、今後の普及と指導に意欲のある方
講習費:11,500円
※レンタルポール別途500円
【内訳】
講習費 5,000 円
合格後、公認登録料 2,000 円、年会費 3,000 円
テキスト1,500円
申込締切:平成23年 5月11日 水曜日(申込書必着)
<スケジュール>
9:45集合
講座全体
10:00~16:00
第1部
机上講習(1時間)
基礎・基本動作編(2時間)
第2部
実地講習・応用編と質疑応答(2時間)
持ち物:
ノルディックウォーキング用ポール、筆記用具/水分補給用ドリンク/タオル/着替え/天候により雨具をご用意下さい。
昼食も各自で、ご用意ください。
【少雨実施】
(当日の天候で講習内容を変更の場合があります。雨天でも屋外歩行します)
当日は運動性の高いウェア・シュ-ズ(ローカットをお勧めします)にて受講してください。
申し込み:申し込みは、下記URL↓のページをご参照ください。
詳細ご案内:
http://npoenfa.blogspot.com/2011/04/blog-post_5287.html

2011年2月22日(火)

1日で学べる骨盤矯正セミナー

日程:2011年2月22日(火)12:00~17:00
対象:現役セラピストの方
(整体師・マッサージ師・鍼灸師等、ボディケアのお仕事をされている方)
定員:6名
受講料:24,800円(税込み・テキスト代込み)
【概要】
「人間の身体は気持ちが良いと感じる方向に動かすだけで、自然治癒力がはたらき正常な状態を取り戻す」という考えのもと組み立てられた「操体法」に、プラスボディアン独自のテクニックを加えて再構成した骨盤矯正を指導します。筋肉に強い圧を加えたり、骨をボキボキとすることは一切行わない、身体に優しく痛みのない手技となっています。プラスボディアン併設サロン「リラクリズム」では、骨盤矯正のほか整体・リフレクソロジー・メンタルケアなどを行っていますが、2009年度来客数のうち、およそ3人に1人にあたる33.8%の方が骨盤矯正を希望されていました。昨今、テレビや雑誌でも「骨盤」に関する内容は数多く特集されています。このような現状下、多くの現役セラピストに矯正テクニックをマスターしていただき、日々の仕事に役立てていただけるよう、セミナーを開催します。プロのセラピストとして活動されている方であれば、1日での習得が十分可能な内容となっておりますので、忙しい方でも気軽に参加していただけます。

問い合わせ:有限会社 プラスボディアン(直営店 リラクリズム)
Tel・Fax 03-3770-1886  
E-mail  info@relaku.com
<担当> 星野
代表  植田 昌宏
所在地 東京都渋谷区神南1-15-9 岩瀬ビル4階
URL:http://school.relaku.com/seminar/seminar.html
事業内容 整体・骨盤矯正サロン「リラクリズム」の運営・プラスボディアン整体スクールの運営
整体・メンタルケア関連のセミナー・講座の企画運営
                                                 

2011年2月19日

ノルディックウォーキング指導者資格講習会

◆日程:平成23年 2月19日(土)
◆会場:千葉県 茂原市民体育館
(机上講習 会議室)
◆アクセス:JR茂原駅南口からバス
(6番「大網ゆき」9:30発→9:38着)
「茂原市民体育館前」バスより徒歩1分
◆主催:NPO法人エンジョイノルディックフィットネス振興会
◆講師:NPO法人 日本ノルディックウォーキング協会
マスタートレーナー
◆受講資格:ノルディックウォーキングを経験済みで、今後の普及と指導に意欲のある方
◆講習費:11,500円
※レンタルポール別途500円
【内訳】
講習費 5,000 円
合格後、公認登録料 2,000 円、年会費 3,000 円、テキスト1,500円
◆申込締切:平成23年 2月14日 月曜日
(申込書必着)
▽スケジュール
9:45集合
講座全体
10:00~16:00
第1部
机上講習(1時間)
基礎・基本動作編(2時間)
第2部
実地講習・応用編と質疑応答(2時間)

◆持ち物

ノルディックウォーキング用ポール、筆記用具/水分補給用ドリンク/タオル/着替え/天候により雨具をご用意下さい。
昼食も各自で、ご用意ください。
【少雨実施】
(当日の天候で講習内容を変更の場合があります。雨天でも屋外歩行します)
当日は運動性の高いウェア・シュ-ズ(ローカットをお勧めします)にて受講してください。
◆申し込み
申し込みは、下記URLのページをご確認ください。
■詳細ご案内:
http://npoenfa.blogspot.com/2011/01/blog-post_29.html

【問合せ】
特定非営利活動法人エンジョイノルディックフィットネス振興会
URL : http://npoenfa.blogspot.com/
E-Mail: npo.enfa@gmail.com
TEL: 045-290-4107
FAX: 050-3156-1559
神奈川県横浜市西区南幸2-12-6 ストークみき705
担当者: 押尾武志

2011年2月5日、6日

『自己記録30分短縮を目指す!マラソン強化合宿』

日時:2011年 2月5日・6日(土・日)
場所:静岡県伊東市八幡野1243-3
     ダイエットサロンMHD
対象:・自己記録が更新出来ない方。
    ・マラソン後半失速してしまう方。
    ・故障がちで思うように練習出来ない方。
    ・今年は、何が何でもマラソン成功したい方。
    ・マラソンに挑戦してみたい初心者の方。
    ・運動しながらダイエットしたい方、など。
    ・初心者の方もOKです!
定員:5~10名。
参加費:1万5千円。(一泊二日3食付、トレーニング指導、各種講座あり)
    ※2名以上でご参加の方は、1万3千円。
特 典①:ASICS&MIZUNOのシューズを格安購入出来ます。
    ※申込時にご希望商品をお教え下さい。合宿時にお渡し致します。
    ②:ヴェレダナチュラルケアスタジオ(恵比寿店)を無料体験出来ます。
<合宿内容>
○マラソンレース前の体調アップ食事メニューを提供。
○プロの管理栄養士が直接指導!マラソン成功の為の食事の摂り方。
○冬のマラソン必勝法。(東京マラソン対策など)
○レース前のトレーニング指導。(一番難しい最終調整を伝授)
○体調アップ講座。(セルフマッサージ個別指導)、など。
○健康チェック ※希望者
身長、体重、血圧、体格、筋肉量・脂肪量(左右の腕・脚)、
内臓脂肪指数、基礎代謝量、推定骨量、水分量などを測定。
hp:http://www.mhd-diet.jp/category/1432201.html
問い合わせ:MHD ℡0557-51-3373

2011年1月16日

本当の自分を見つける!ヨーガ・ワークショップ

日時:2011年1月16日(日)14:00~16:30(開場13:30) 定員20名
場所:京の山・杣人工房「空」京都市下京区西洞院通り木津屋橋上ル東塩小路町607 辰巳ビル2階
※ヨーガ・マットをお持ちください。先着10名で無料レンタル可。
日時:2011年1月23日(日)14:00~16:30(開場13:30) 定員15名
場所:ヨーガ・ヴィハーラ 京都市上京区稲葉町436-2 075-802-3799
※ヨーガ・マットは必要ありません。
対象者:体の柔軟性、年齢、ヨーガの知識・経験などは関係なし。
自分を見つめる秘訣を学びたい方、ヨーガを学びたい方なら、どなたでも気軽に参加いただけます。
本当の自分を見つける!ヨーガ・ワークショップ  新年の幕開けに、自分自身を見つめ、「本当の私」を探してみませんか?
<概要>
マハーヨーギー・ヨーガ・ミッション(本部所在地:京都市上京区御前通下長者町下る、TEL:075-462-7432)は、初心者の方でも気軽にヨーガを体験し、自分自身を見つめることのできるワークショップを行ないます。多忙な生活を強いられる現代人は、自分を見つめる時間がなく、自分の生き方を見失っているといわれています。このワークショップでは、アーサナ(ヨーガのポーズ)によって体と呼吸を調え、瞑想によって心を静め、「本当の私」を探します。また解説、体験談、質疑応答によって、自分を見つめる秘訣を学びます。「本当の私」が見つかれば、理想の自分、理想の生き方を見つけることができるでしょう!
【内容】
・自分のあるべき身体になる! アーサナ体験
・元々の気の流れる状態に戻り、元気になる! ヨーガの生理学解説
・本当の自分に気付き、世界が変わった! ヨーガの体験談
・本当の自分を探る! 瞑想体験
・質疑応答
※動きやすい服装をご持参の上、空腹の状態でお越しください。
参加費: 各3,000円
参加申込・問合わせ:
マハーヨーギー・ヨーガ・ミッション
TEL:075-802-3799  URL:www.mahayogi.org  E-mail:vihara@mahayogi.org

12月17日

スポーツサイエンス・テクノロジー2010 

会期:2010年12月17日(金)~19日(日)
会場:東京ビッグサイト 西1ホール
(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1)
【趣旨】スポーツと科学技術の融合にフォーカスを当て、年に一度、さまざまな研究機関および企業に散在する最高度の研究成果を一堂に会することにより、スポーツサイエンス・テクノロジーのよりいっそうの発展に貢献することを目指して開催するものである。
主催:スポーツサイエンス・テクノロジー実行委員会
HP:https://ssl.sports-st.com/outline/

2010年12月12日(日)

ヨガ フェスタ IN 茨木 2010

日 時:2010年12月12日(日)13:30~16:30
場 所:クリエイトセンター 多目的室(茨木市駅前4丁目6-16)
     JR茨木駅、阪急茨木市駅いずれも徒歩10分 駐45台あり
入場料:無料
対 象:どなたでも参加可。
※ヨガ無料体験コーナーへの参加希望者のみ、事前にご予約ください。
【開催概要】
ヨガの教室といえば、インド音楽が流れ、前でインストラクターがポーズの見本を
見せながら、静かに流れるようなレッスンをイメージされがちですが、当教室では、
ヨガを主に、さまざまなジャンルの体操で体をいっぱい動かし、美味しく簡単にできる
自然食レシピを紹介したり、子育てや介護が楽しくなる生き方のヒントをお話ししたりと、
よく笑い、よく動くことで元気になってもらえる教室運営を特長としています。
この度、『もっと沢山の方に、ヨガを体感してもらいたい!』
『私達の活動を知ってもらいたい!』との願いから、『ヨガ フェスタ IN 茨木』を
開催することにいたしました。
<当日のスケジュール・内容>
 ●ライブステージ
  13:40~ヒップホップライブ〈MDSゲスト出演〉
  14:00~キッズヨガ ライブ〈NPO日本活育協会主催〉
 ●ヨガ無料体験コーナー
  14:35~妊娠中の不快症状を緩和するマタニティヨガ
  15:00~初めての方向きのやさしいソフトヨガ
  15:25~汗をかいてシェイプしたい方のパワーヨガ
  15:50~全身の歪みを整える矯正ヨガ   

【ヨガ無料体験コーナー 参加希望者募集 要項】
 体験希望の方は、下記まで電話またはメールにて、ご希望のコースをご予約ください。
 定員になり次第、締め切りとさせていただきます。一人につき何コースでも受講OK。
 持参物/飲料水・汗ふきタオル・動きやすい服装 ※ヨガマット不要

 ●出店ブース 7店
 ・オーラ撮影 500円 5分〈one’s Aura〉
 ・カラーキューブセラピー 1,500円 15分〈白うさ子〉
 ・自分に似合うカラー診断 1,500円 15分〈クレアプラスwith COLOR CAFE〉
 ・タロット占い 1,500円 15分〈オリジナルタロット占い 坪内&占いの館 西浦〉
 ・自分に似合うカラー&メイク 1,000円 15分〈ビューティサロン ステラ 木下順子〉
 ・スポーツウエア即売〈名和株式会社〉
 ・懐かしの駄菓子屋さん〈NPO日本活育協会〉

■内容に関するお問い合わせ・お申込は…
 NPO法人 日本活育協会 
 担当:井上080-3822-3167まで

NPO法人 日本活育協会 概要 

創 設/2008年9月(NPO法人化)
理事長/木下 由利

所在地/大阪府高槻市奥天神町2丁目8-50
    電話 /072-681-0610 
Fax /050-3729-4225
    HP /http://yogaplusone.com/
    Email/yuriyogi@gmail.com

事業内容/ヨガ教室運営、講演会、イベント企画運営、インストラクター養成・派遣

教室紹介/穂積コミュニティーセンター、畑田コミュニティーセンター、
     中津コミュニティーセンター、安威公民館、茨木駅前Jスタジオ、
     三箇牧教室、高槻スタジオ、堀江産婦人科、堺教室、その他
     ※計24教室 
     ※キッズからシニアクラスまで各種あり。
子供からシニアまで集まれ!ヨガを体感してみよう!
『ヨガ フェスタ IN 茨木 2010』12/12(日)開催
パワーヨガ・ソフトヨガ・矯正ヨガ・マタニティヨガを無料体験できるチャンス!!


Cincom Healthcare Night Vol.2

日時: 2010年12月7日(火) 19:00~20:30(受付開始 18:30)
会場: アップルストア銀座(東京都中央区銀座3-5-12 サエグサビル本館)
地図: http://www.apple.com/jp/retail/ginza/map/
参加費: 無料
対象者: 医療機関の方
      企業や団体でヘルスケア、健康関連業務に携わっていらっしゃる方
定員 : 150名(うち座席84名)
参加申込: お申込は必要ありません。当日直接会場にお越し下さい。

※当日はお名刺をご用意頂けますようお願い申し上げます。
※当日のお席は講演者や関係者など一部の方を除き当日先着順とさせて頂きます。
※満席の場合はお立見となります。また定員に達しますと入場をお断りする場合がございます。何卒ご了承ください。シンコム・システムズ・ジャパン、アップルストア銀座にて「Cincom Healthcare Night Vol.2」開催

【セミナーについて】
医療や健康・ヘルスケアへの関心が高まる中、これらの業務を支援するツールとしてiPhone/iPadが注目を集めています。ご好評頂きました過去2回のセミナーに続き、第3回となる今回は訪問看護におけるiPhone/iPadをはじめとしたICT活用の可能性を探ります。

基調講演として、医療現場の実務経験を通じて医療機関の実情に精通し、研究、コンサルティングなど多様な側面から医療分野の先進的な取組みに携わっておられる木村憲洋先生をお招きし、訪問看護ステーションが抱える課題、課題解決の可能性についてご講演いただきます。また、株式会社エス・ケイからヘルスケア分野でのiPhone/iPadアプリの活用事例について、シンコム・システムズ・ジャパン株式会社から米国でのヘルスケアクラウドを活用した訪問看護システムの事例について講演いたします。

セミナー詳細はこちら:
http://www.cincom.co.jp/products/seminar/apple_seminar3.html

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

Cincom Healthcare Night Vol.2

日時: 2010年12月7日(火) 19:00~20:30(受付開始 18:30)
会場: アップルストア銀座(東京都中央区銀座3-5-12 サエグサビル本館)
地図: http://www.apple.com/jp/retail/ginza/map/
参加費: 無料
対象者: 医療機関の方
      企業や団体でヘルスケア、健康関連業務に携わっていらっしゃる方
定員 : 150名(うち座席84名)
参加申込: お申込は必要ありません。当日直接会場にお越し下さい。

※当日はお名刺をご用意頂けますようお願い申し上げます。
※当日のお席は講演者や関係者など一部の方を除き当日先着順とさせて頂きます。
※満席の場合はお立見となります。また定員に達しますと入場をお断りする場合がございます。何卒ご了承ください。シンコム・システムズ・ジャパン、アップルストア銀座にて「Cincom Healthcare Night Vol.2」開催

【セミナーについて】
医療や健康・ヘルスケアへの関心が高まる中、これらの業務を支援するツールとしてiPhone/iPadが注目を集めています。ご好評頂きました過去2回のセミナーに続き、第3回となる今回は訪問看護におけるiPhone/iPadをはじめとしたICT活用の可能性を探ります。

基調講演として、医療現場の実務経験を通じて医療機関の実情に精通し、研究、コンサルティングなど多様な側面から医療分野の先進的な取組みに携わっておられる木村憲洋先生をお招きし、訪問看護ステーションが抱える課題、課題解決の可能性についてご講演いただきます。また、株式会社エス・ケイからヘルスケア分野でのiPhone/iPadアプリの活用事例について、シンコム・システムズ・ジャパン株式会社から米国でのヘルスケアクラウドを活用した訪問看護システムの事例について講演いたします。

セミナー詳細はこちら:
http://www.cincom.co.jp/products/seminar/apple_seminar3.html

皆様のご来場をお待ち申し上げております。

2010年11月20日(土)

TOKYOウォーク2010

TOKYOウオーク2010は、全5回シリーズのウオーキング大会です。今年は多摩地域も含め、東京の様々な魅力を体感できるコースを設定しました。あなたも気軽に参加できるスポーツ “ウオーキング” に、是非チャレンジください。

■日時・場所
第1回大会 2010年5月22日(土)お台場エリア
第2回大会 2010年6月19日(土)浅草・両国エリア
第3回大会 2010年7月17日(土)調布エリア
第4回大会 2010年9月11日(土)日野エリア
第5回大会 2010年11月20日(土)神宮外苑エリア

■主な内容
・各回とも、約6km・11km・20kmの3つのコースを設定
・体力や好みにあわせてコースを選択
・3大会以上の完歩で、大会記念メダルを授与

■参加費
1大会あたり
(事前申込)大人:1,000円、中高生・75歳以上:500円
(当日申込)大人:1,500円、中高生・75歳以上:1,000円
※小学生以下は、事前・当日とも無料

■主催
東京、(社)日本ウォーキング協会

■共催
産経新聞社
特別協賛
ライオン(株)

■問合せ
TOKYOウオーク2010大会事務局
(社)日本ウオーキング協会
〒113-8530 東京都文京区湯島1-2-4 神田セントビル
TEL:03-5256-7855
受付時間:午前10時-午後5時、土曜、日曜・祝日を除く

http://www.tokyo-walk.jp/

2010年11月14日(日)

参加費無料!アンチエイジングセミナー2010「温泉でアンチエイジング」

開催日時:2010年11月14日(日)
<展示ブース>11:00~17:00
<セミナー>13:00~(受付開始、開場は12:00)
開催場所:大手町サンケイプラザ 4F大ホール(東京都千代田区大手町1-7-2)
【セミナー概要】
特定非営利活動法人アンチエイジングネットワークでは、活動目的であるアンチエイジングを啓蒙する活動の一環として、毎年1回無料のセミナーを開催しています。今年は当法人が制定した「アンチエイジングの日(「いいとし」の語呂合わせから11月14日)」に開催。造顔マッサージで有名な田中宥久子さんなど豪華講師をお招きし、「温泉でアンチエイジング」をテーマに、日本人のためのアンチエイジングについてお話いただきます。セミナーの他にも企業による展示ブース(特典あり)、素敵な商品が当たる抽選会など各種イベントを実施予定。
詳しくはこちら→ https://www.anti-ageing.jp/seminar/1011/
〔講  演〕
開催の挨拶『温泉でアンチエイジング』塩谷信幸氏(北里大学名誉教授、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク理事長、AACクリニック銀座 名誉院長)
1.『入浴は健康で長生きする秘訣』講師:前田眞治氏(国際医療福祉大学大学院
教授 温泉療法専門医)
2.『温泉旅でアンチエイジングする秘訣』講師:石井宏子氏(温泉ビューティ研究家)
3.『美は人を幸せにする 美しくなると人は単純に楽しくなってくる』講師:田中宥久子氏(ビューティーアーティザン)
【参 加 費】無料
【主  催】特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク
【共  催】日本抗加齢協会
【協  賛】アカデミー・オブ・トータルセラピー、アンファー株式会社、大塚製薬株式会社、株式会社コスメテックジャパン、株式会社シェイプアップハウス、株式会社ジェイメック、セコム医療システム株式会社、株式会社 日本生物製剤、日本農産工業株式会社、パラマウントベッド株式会社、株式会社リツビ

2010年11月14日(日)

ホリスティック医学シンポジウム2010

【 日 時 】 2010年11月14日(日)  開演 11:00  終了 17:20       
※開演前に会員総会(10:30~)が行われます
【 会 場 】 社会文化会館 三宅坂ホール
東京都千代田区永田町1-8-1 TEL 03-3592-7531
( 交 通 )地下鉄 有楽町線「永田町駅」2番出口から徒歩3分
     地下鉄 半蔵門線・南北線「永田町駅」3番出口から徒歩4分
     地下鉄 丸の内線・千代田線「国会議事堂前駅」1番・2番出口から徒歩6分
【プログラム】1.講演「虚空につながる」
         帯津良一 医学博士 帯津三敬病院名誉院長 日本ホリスティック医学協会会長
        2.ワイル博士の「統合医療プログラム」修了医師たちによるトークセッション
         山本 竜隆 医学博士 朝霧高原診療所院長 
         原田美佳子 医学博士財団法人メディポリス医学研究財団付属医院院長
         織田  聡  医学博士 富山大学医学部和漢診療学講座
        3.映画「地球交響曲 ガイアシンフォニー 第7番」上映
        4.対談
          龍村 仁 映画監督
          上野圭一 翻訳家 日本ホリスティック医学協会副会長 
【参加費】 前売チケット 会員 3,500円   一 般 4,500円
        2名ペアチケット 7,000円    10名グループチケット 30,000円
※後援団体の会員様も会員価格となります。
※当日券は、1000円増しとなります。(ペア並びにグループチケットの当日券はございません)
※会場周辺に食事施設はあまりございません。(コンビニ・ファーストフード店は有り)
 会場内でお弁当等をお召し上がりいただくことも可能です。お弁当を御希望の方は事前にお申し出ください。
※生活習慣病予防指導士の方は、シンポジウムに出席すると「2単位」取得できます。
お申込み方法:
下記事務局にお電話にてお申込みください。 申込み後、参加費を下記の郵便振替口座にお振込み下さい。

日本ホリスティック医学協会 本部事務局 TEL 03-3341-3418
インターネットでのお申込みはこちら↓
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P89230240

2010年11月11日(木)

第11回健康日本21全国大会

【目 的】
「健康日本21」を国民の自主的な参加による国民運動として普及・推進するために、広く国民、健康関係団体等の参加を経て、健康づくりに関する情報交換や関係者の交流とする健康日本21全国大会を開催する。

■日時
2010年11月11日(木)  13:00-16:30

■場所
愛媛県武道館(愛媛県松山市市坪西町551)

■主催
厚生労働省、健康日本21推進国民会議、健康日本21推進全国連絡協議会、愛媛県等

■内容
【シンポジウム】
「きちんと食べて 楽しく運動 すっきり禁煙 いよっ!えひめ」
コーディネーター:宮嵜 雅則(厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室長)
シンポジスト:
秦 榮子(愛媛県食生活改善推進連絡協議会会長)
松本 陽子(NPO法人えひめ高齢者ヘルスプロモーション研究会副理事長)
大橋 勝英(愛媛県医師会副会長)

○各種団体による健康づくり活動紹介
○ウォーキング大会<ノルディックウォークを含む>

■対象
国民一般、行政関係者、健康増進関係団体、ボランティア団体等

■問合先
愛媛県 保健福祉部 健康衛生局 健康増進課 健康政策係
Tel 089-912-2401
URL:http://www.kenkounippon21.gr.jp/kenkounippon21/katsudo/index.html

2010年10月28日(木)

静かに広がる、働き世代のアルコール問題!~依存症にならないために

仕事帰りの一杯、友人との会食、晩酌など、日常生活の中では様々な飲酒機会がありますが、現在、働く人の間でアルコールの問題が静かに広がりつつあります。

アルコール依存は、身体的・経済的・社会的な問題を引き起こすだけでなく、うつ病などの精神的問題や自殺にも大きく関連している問題です。

寝つきを良くするための寝酒やストレス解消のためのアルコールは、依存症への第一歩とも言われています。アルコール依存にならないためには、本人だけではなく、家族や周囲の方も適切な対処方法を知ることが大切です。

今回のセミナーでは、過度のアルコール摂取による心身両面への影響やアルコールに対する正しい知識など、アルコール依存症にならないためのセルフコントロール術をご紹介します。

人生のスパイスとしてのアルコールと上手にお付き合いをするコツを修得しましょう。

※参加費無料

■日時
2010年10月28日(木)18:15~20:35(開場17:45)

■場所
女性と仕事の未来館
東京都港区芝5-35-3

■内容

司会:及川 孝光(こころとからだの元氣プラザ 統括所長)

【基調講演】アルコールの及ぼす身体への影響
加藤 眞三 先生(慶応義塾大学看護医療学部 教授)

【基調講演】依存にいたるプロセスと予防方法
樋口 進 先生(国立病院機構・久里浜アルコール症センター 副院長)

■定員
250名

■申込方法
事前のお申込が必要です。WEBまたはFaxにてお申込みください。
情報掲載ページ((財)東京顕微鏡院
開催1週間前に受講票をお送りいたします。郵便事情により到着が遅れる場合もあります。当日はお送りした受講票をお持ちください。受講票がない場合は入場できません。

■主催
(財)東京顕微鏡院 / 医療法人社団こころとからだの元氣プラザ
〒102-8288 東京都千代田区九段南4-8-32
Tel 03-5210-6651 Fax 03-5210-6671

■後援
厚生労働省、東京都、健康日本21推進全国連絡協議会、中央労働災害防止協会、日本アルコール・薬物医学会、日本アルコール関連問題学会、日本アルコール精神医学会

2010年10月20日(水)

第9回 老化・老年病研究センター公開セミナー

日時:2010年10月20日(水)14時から18時
場所:東邦大学習志野キャンパス 薬学部 A館 401号室
                      理学部 5号館 5201-5203(ポスター発表)
参加費:無料
事前申込:不要
【講演】複合糖質による細胞機能の制御とその機構の解析、乳ガン治療の新しい分子標的としてのアルリ炭火水素受容体(AhR)、AhR抑制因子(AhRR)の可能性、など。

2010年10月19日(火)~10月22日(金)

健康美容情報認定講座

日程:2010年10月19日(火)~10月22日(金)※修了試験=11月27日(土)
会場:(株)テクノアソシエーツ セミナールーム(東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー東館 17階)
主催:日経ヘルス/日経ヘルス プルミエ
申込期間:2010年8月20日(金)~10月12日(火)
定員:30名(先着順)
申込方法:インターネット
       健康美容情報ナビ(http://kenbi-navi.jp/)経由
       健康美容情報認定講座 運営事務局 (株)テクノアソシエーツ
受講料:12万6,000円(修了試験料:1万5,750円含む)

2010年10月17日(日)

第33回日本高血圧学会総会・日本高血圧協会 市民公開講座

■日時
2010年10月17日(日)14:00~16:00

■場所
イムズホール
福岡市中央区天神1-7-11
地下鉄天神駅から徒歩約3分

■内容

「血圧を下げて元気で長生き」

座長:
荒川規矩男 先生(日本高血圧協会理事長、福岡大学)
日和田邦男 先生(日本高血圧協会専務理事、愛媛大学)

開会の辞
今泉 勉 先生(第33回日本高血圧学会総会会長、久留米大学)

「高血圧は何故怖い?」
柊山幸志郎 先生(日本高血圧協会理事、琉球大学)

「1に減塩、2に運動」
浦田秀則 先生(福岡大学筑紫病院)

「クスリの種類と使い方」
荒川規矩男 先生(日本高血圧協会理事長、福岡大学)

Q&A

閉会の辞
荒川規矩男(日本高血圧協会理事長、福岡大学)

■連絡先
第33回日本高血圧学会総会運営事務局
〒812-0016 福岡市博多区博多駅南1-3-6 第3博多偕成ビル
(株)コンベンションリンケージ内 Tel 092-437-4188 Fax 092-437-4182

■主催
日本高血圧学会、日本高血圧協会

2010年10月16日(土)

2人のヒマラヤ聖者との出会い

日時:10月16日(土)13:00~16:45
会場:財団法人 広島市文化財団 アステールプラザ(広島市中区加古町4-17)
主催:ヨグマタ&パイロットババ ワールドピースキャンペーンツアー実行委員会
内容:「講演会」と「アヌグラハクリヤ(呼吸法を含む)瞑想ワークショップ」

【ワークショップの特徴】
2人のシッダーマスターは、ヒマラヤでの過酷な苦行を経て、生命維持活動を自在に科学的にコントロールできるヨガ・瞑想を極めた最高峰のヒマラヤ聖者です。瞑想の効用は脳科学者の研究で実証されていますが、潜在意識にダイレクトに働きかけるので、やり方次第では、かえって心身のバランスを崩すことにもなりかねません。瞑想の経験がない初心者にも危険なく安全に深い瞑想にガイドします。

【お申込み方法】
◆詳細、お申し込み先
ヨグマタ&パイロットババ ワールドピースキャンペーンツアー実行委員会
URL: http://worldpeacecampaign.blogspot.com/
TEL: 03-3794-2513(平日12時~21時)

【講師紹介】
■ヨグマタ相川 圭子
1970年代より35年以上に渡り「相川ヨガ」の創始者として国内各地にて朝日、読売日本テレビ、NHKカルチャーをはじめデパートのカルチャースクールで50箇所以上の定期講座を持ち、毎年直接指導の特別講座を展開。時代の先駆けとなってヨガや瞑想を指導・監修し、今なおその普及に努めています。また、アメリカ、中国などでも心理、身体療法を学び取得。1984年フジテレビの番組のサポートをきっかけにヒマラヤ聖者パイロットババ氏と出会い、ヒマラヤでの修行を開始。高度5,000メートルを超える氷河近くでの過酷な修行を重ね、究極のサマディに到達。聖者のなかでも最高峰のシッダーマスター(サマディマスター)としてインド政府機関World Development Perliamentから公認されています。

主な著書等
・『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』(PHP研究所)
(丸善『2010に読むべき本 夏の100冊』第1位)
・『ヒマラヤ聖者の超シンプルなさとり方』(徳間書店)
・『心を空っぽにすれば夢が叶う』(講談社インターナショナル)
(丸善2009年人文・教育部門年間ベストセラー第2位)
・『NHKラジオ深夜便CD~ヨガと瞑想の極致を求めて』

■パイロットババ
インドのビハール州ササラムの王族に生まれる。この地はゴータマ・ブッダと縁の深い土地であり、幼少の頃よりヒマラヤ聖者に見守られて成長する。学業終了後23歳でインド空軍に入隊。中佐で退官後、ヒマラヤでの修行を開始。山中を歩きまわり、そこに住む多くのヒマラヤ聖者たちと親交を結び、多くの秘儀に精通する。定められた数日間、生体反応がすべて消失する「サマディ」は公開されているだけで、百数十回に及ぶ。現在、ハリババジの兄弟弟子であるヨグマタ相川圭子と共にワールドピース・キャンペーンの使命に従事。人々に瞑想やサマディのアートを教えるために世界中を回っています。

2010年10月16日(土)

第33回日本高血圧学会総会 市民公開講座「今からできる!メタボ解消法」

■参加無料
定員260名

開催ポスター
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/52/52880_pdf1.pdf

■日時
2010年10月16日(土)午後17:00~18:50
(受付開始 午後16:40)

■場所
福岡国際会議場 4F 413・414号室
福岡市博多区石城町2-1

■内容

「今からできる!メタボ解消法」

開会挨拶「メタボ対策と高血圧~予防・治療に悩む方々へ」
島本和明 先生(日本高血圧学会理事長、札幌医科大学学長)

基調講演「メタボ対策のノウハウ~失敗を糧にする」
坂田利家 先生(大分大学名誉教授)

講演「身体活動の処方箋~どんな運動をどのくらい?」
吉田典子 先生(久留米大学健康・スポーツ科学センター)

講演「子供の食生活と健康実態~生涯にわたる生活習慣病予防対策を」
野口 緑 先生(尼崎環境市民局市民サービス室)

パネルディスカッション

■参加申込・連絡先
産経新聞社 メタボ撲滅委員会事務局
〒100-8079 (住所不要)産経新聞社
メタボ撲滅委員会事務局「高血圧学会総会市民公開講座」係
Tel 03-3275-8944 Fax 03-3242-1800
E-mail:t-jigyo@sankei.co.jp

■主催
第33回日本高血圧学会総会、メタボリックシンドローム撲滅委員会

2010年10月14日(木)

「高齢者の食生活と健康」についての食育学習会

【元気高齢者のための特別企画】
「自分や家族や親の健康が気になる・・・」「今の自分の食事の仕方で大丈夫だろうか?」などとお考えの皆さん。食生活のポイントを学んで、日々の食卓をすこし変えるだけで高齢になっても元気で活動的でいる事ができます。皆さんのご参加をお待ちしております!!
費用 無料

「高齢者の食生活と健康」について学ぶ食育学習会(チラシ)
http://kenkou-seikatsu.jp/20101014tokyo.pdf

■日時
2010年10月14日(木) 午前10:00~12:00

■場所
コープビル 第1会議室(5階)
地下鉄:大手町駅から徒歩約5分丸の内線(A1出口)、千代田線(C1出口)、東西線(B1出口)
JR:神田駅西口から徒歩8分、東京駅からタクシー5分

■対象
ご自身、あるいはご家族の健康を気づかう方(参加者の年齢は不問)

■募集人数
50名(先着順)

■内容

【講習1】「高齢者の食生活と健康」
講師:柴田 博先生(人間総合科学大学大学院教授、日本応用老年学会理事長)(医学博士)

【講習2】「食事バランスガイドを使って健康に」
講師:(株)ニチレイフーズ 管理栄養士
※食事バランスガイドについて簡単なアンケートがあります。

【特典】参加者の方で希望される方には講習②の中で解説する冷凍のお弁当「気くばり御膳」2食を後ほど御自宅にお送り致します
申込方法
【学習会応募方法】お電話(ニチレイフーズダイレクトコールセンター)
フリーダイアル 0120-86-2101(平日午前9時~午後7時まで)
最初に「10月14日の食育学習会に参加したい」とおっしゃってください。
(ニチレイフーズダイレクトはニチレイフーズの子会社です。)
【持ち物】筆記用具

●この食育学習会は平成22年度農林水産省の食育実践活動推進事業の一環で行われております。
●今回の食育学習会はニチレイフーズが担当して行います。

■応募受付期間
9月24日(金)~10月12日(火)

■主催
おとどけシステム食育推進協議会(会長中村靖彦、(株)きわむ元気塾、公益財団法人すこやか食生活協会、(株)グリーンハウス、(株)ニチレイフーズ

2010年10月11日(月・祝)

平成22年度第4回ウォーキングトレーナー養成講習会

【第4回 福岡会場】

■日時
2010年10月11日(月・祝) 10:00-17:30

■場所
福岡医健専門学校
福岡市博多区石城町7-30

■講師
六田修氏(健康運動指導士、ACSM/HFS、ウォーキングライフマイスター)

■内容
単に(一時的な)運動としてのウォーキングを指導するのではなく、「日常生活のなかでの歩行を意識させるとともに、適切な運動習慣を身につけたウォーキング実施者の育成を行う」ための指導者を養成する講習会です。
詳細>>http://mfa.or.jp/modules/information/index.php?id=34

■対象者
フィットネス施設,健康増進施設、病院・整骨院、地方自治体、特定健診・特定保健指導関連施設、介護予防事業関連施設、健康関連企業、小学校・中学校・高等学校、ウォーキングサークル 等において健康支援に携わる方

■定員
40名 ※定員になり次第締め切り

■参加費
一般12,000円、会員9,500円

■主催
(社)メディカル・フィットネス協会

■申込方法
ホームページより申し込み
http://mfa.or.jp/

■申込・問合先
(社)メディカル・フィットネス協会
〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-13 新大阪御幸ビル2F
Tel 06-6101-2322 Fax 06-6101-0665

2010年10月9日(土)~10日(日)

2人のヒマラヤ聖者との出会い

■日時:10月9日(土)11:00~16:30
     10月10日(日)11:00~15:00
■会場:東京六本木 泉ガーデンギャラリー(東京都港区六本木1-5-2)
■主催:ヨグマタ&パイロットババ ワールドピースキャンペーンツアー実行委員会
■内容:「講演会」と「アヌグラハクリヤ(呼吸法を含む)瞑想ワークショップ」
【ワークショップの特徴】
2人のシッダーマスターは、ヒマラヤでの過酷な苦行を経て、生命維持活動を自在に科学的にコントロールできるヨガ・瞑想を極めた最高峰のヒマラヤ聖者です。瞑想の効用は脳科学者の研究で実証されていますが、潜在意識にダイレクトに働きかけるので、やり方次第では、かえって心身のバランスを崩すことにもなりかねません。瞑想の経験がない初心者にも危険なく安全に深い瞑想にガイドします。

【お申込み方法】
◆詳細、お申し込み先
ヨグマタ&パイロットババ ワールドピースキャンペーンツアー実行委員会
URL: http://worldpeacecampaign.blogspot.com/
TEL: 03-3794-2513(平日12時~21時)

【講師紹介】
■ヨグマタ相川 圭子
1970年代より35年以上に渡り「相川ヨガ」の創始者として国内各地にて朝日、読売日本テレビ、NHKカルチャーをはじめデパートのカルチャースクールで50箇所以上の定期講座を持ち、毎年直接指導の特別講座を展開。時代の先駆けとなってヨガや瞑想を指導・監修し、今なおその普及に努めています。また、アメリカ、中国などでも心理、身体療法を学び取得。1984年フジテレビの番組のサポートをきっかけにヒマラヤ聖者パイロットババ氏と出会い、ヒマラヤでの修行を開始。高度5,000メートルを超える氷河近くでの過酷な修行を重ね、究極のサマディに到達。聖者のなかでも最高峰のシッダーマスター(サマディマスター)としてインド政府機関World Development Perliamentから公認されています。

主な著書等
・『ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵』(PHP研究所)
(丸善『2010に読むべき本 夏の100冊』第1位)
・『ヒマラヤ聖者の超シンプルなさとり方』(徳間書店)
・『心を空っぽにすれば夢が叶う』(講談社インターナショナル)
(丸善2009年人文・教育部門年間ベストセラー第2位)
・『NHKラジオ深夜便CD~ヨガと瞑想の極致を求めて』

■パイロットババ
インドのビハール州ササラムの王族に生まれる。この地はゴータマ・ブッダと縁の深い土地であり、幼少の頃よりヒマラヤ聖者に見守られて成長する。学業終了後23歳でインド空軍に入隊。中佐で退官後、ヒマラヤでの修行を開始。山中を歩きまわり、そこに住む多くのヒマラヤ聖者たちと親交を結び、多くの秘儀に精通する。定められた数日間、生体反応がすべて消失する「サマディ」は公開されているだけで、百数十回に及ぶ。現在、ハリババジの兄弟弟子であるヨグマタ相川圭子と共にワールドピース・キャンペーンの使命に従事。人々に瞑想やサマディのアートを教えるために世界中を回っています。

2010年9月24日(金)、25日(土)、26日(金)

ヨガフェスタ横浜2010

会場:パシフィコ横浜 アネックス全館+ハーバーラウンジ、展示ホールC
日程:2010年9月24日(金)11:00~18:30
         25日(土) 9:00~18:30
         26日(金) 9:00~16:30
主催:ヨガフェスタ事務局
運営:株式会社ヨガタウン
【詳細】
「ヨガフェスタ」は今年で7回目を迎え、昨年行われた同イベントの第6回「ヨガフェスタ東京2009」では2万人を超える来場者を迎え、盛況を呈しました。今年の講師陣もTVや雑誌等 日本におけるヨガの第一線で活躍するケンハラクマさん、千葉麗子さんやヨガタウン代表 綿本 彰、モデルのSHIHOさんといった講師陣80名を迎え99レッスンを行います。また、今年は無料エリアのイベントの拡充により、延べ約3万人の来場を見込んでいます。

◆お申込み方法
レッスンに参加する方は事前にチケットを購入しネットでレッスンを予約。
URL: http://www.yogatown.jp/category/147.html
会場で当日券も販売いたします。無料イベントへの入場につきましては、事前の申し込み不要です。

◆レッスンエリア(有料)
幅広い対象に対応したレッスンは、3日間で全99コマ(指導者向けレッスン21コマ含む)、40種類以上のヨガが大集結。今年は指導者向けクラスも充実、受講する事で認定書が発行されるクラスも用意しています。

<チケット種類>
3回券: 8,500円
5回券:13,000円
10回券:23,000円
1回券(当日のみ販売):3,000円
※価格は税込みです。

◆ショーケースエリア(無料)
今年はヨガ関連ブースが40社以上65ブースと、昨年の1.5倍の規模になり充実。昨年から始まり好評だったヨガファッションショーも規模を拡大し、25日に実施いたします。ステージも2つに増えて、毎日、どの時間に来ても無料で参加できるデモンストレーションや対談、音楽イベントといったフリーイベントが満載。レッスンの合間の憩いの場所として利用いただける自然食のカフェも設置する予定です。

◆『ヨガフェスタ横浜2010』に関するお問合わせ先
ヨガフェスタ横浜2010事務局
TEL:03-5771-2328

【運営会社 概要】

社名  : 株式会社ヨガタウン
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座3丁目-10-15 東銀2ビル5階
代表者 : 代表取締役 綿本 哲
事業内容: ヨガに特化したECポータルの運営、ヨガフェスタの企画・運営
URL   : http://www.yogatown.jp/

6月16日(水) ~ 6月18日(金)

ヘルス&フィットネスジャパン2010(HFJ2010)

開催日:6月16日(水) ~ 6月18日(金) 10時~17時30分(最終日は16時まで)
会場:東京ビッグサイト 西3ホール
概要 フィットネス・福祉・食品の関連企業が最新のハードとソフトを一堂に展示するコンベンション。フィットネス関連のほか福祉・医療などのセミナーも行う。
URL:http://www.hfj.jp/
主催 日本スポーツ・フォア・オール協議会 / ヘルス&フィットネスジャパン実行委員会

2010年4月19日

ボディマネジメント2級通学認定講座

日時:2010年4月19日(月)
    11時~17時(昼休憩1時間)
会場:楽習フォーラム・セミナールーム
    東京都港区東新橋1-1-21-8F
受講料:25,000円(税込)
副教材費:お腹ぺったんこダイエット(ビジネス社)1,000円(税込)
      *既にお持ちの方は持参して下さい。
講師:前田弘子先生
定員:20名
【概要】もう、ダイエットに「努力」はいりません。楽しいから自然に続きます。ボディマネジメントコーチ2級講座では、いろいろなダイエット法を試しても、うまくいかなかった人が成功する「脳ダイエット」の秘密がわかります。今回『お腹ぺったんこダイエット』の前田弘子先生が「脳ダイエット」の理論と実践を直接指導します。

内容:「脳でやせる理論と実践」
    (1)脳ダイエットの基礎知識
    (2)「脳」を変えれば、楽しくダイエット
    (3)ダイエット宝地図の作り方
    (4)脳ダイエットの理論を学ぶ
    (5)脳ダイエットを成功させるためのコツ

主催:日本ウェルネス推進協議会(会長 寺下謙三医学博士) 
監修・認定:財団法人日本余暇文化振興会(所管:文部科学省) 

☆★☆ボディマネジメント2級認定講座☆★☆
http://www.metabo-kaizen.jp/

受講申込はこちら
http://www.metabo-kaizen.jp/category/1322775.html

問合わせ:メタボ対策ボディマネジメントコーチ認定講座 日本ウェルネス推進協議会事務局  
株式会社 コロネット
〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21-8F
TEL : 03-6274-5615

2010年3月7日(日)

市民公開講座「自分でできる心筋梗塞、脳梗塞の予防!」 専門家に聞く生活習慣病対策の秘訣~

■2010年3月7日(日)予定
■14:00~16:30
■KBSホール(京都市上京区烏丸通り一条下ル龍前町600番地の1)
■参加費 無料

[内容]
講演:京都府、京都市、日本医師会、京都府医師会(いずれも予定)

1 開会挨拶
北 徹(神戸市立医療センター中央市民病院)

2 講演1 肥満、メタボリックシンドローム(仮題)
松澤佑次(大阪大学名誉教授/(財)住友病院)

3 講演2 高血圧(仮題)
島本和明(札幌医科大学内科学第二講座)

4 講演3 脳梗塞の予防(仮題)
松本昌泰(広島大学病態探求医科学講座脳神経内科学)

5 講演4 NIPPON DATAから得られる教訓(仮題)
上島弘嗣(滋賀医科大学生活習慣病予防センター)

6 パネルディスカッション
コーディネーター:北 徹(神戸市立医療センター中央市民病院)
パネリスト1:尾池和夫((財)国際高等研究所)
パネリスト2:松澤佑次(大阪大学名誉教授/(財)住友病院)
パネリスト3:島本和明(札幌医科大学内科学第二講座)
パネリスト4:松本昌泰(広島大学病態探求医科学講座脳神経内科学)
パネリスト5:上島弘嗣(滋賀医科大学生活習慣病予防センター)

7 閉会挨拶
北 徹(神戸市立医療センター中央市民病院)


【主 催】
第74回日本循環器学会総会・学術集会、日本心臓財団、朝日新聞社
【協 賛】
第一三共(株)
【連絡先】
第74回日本循環器学会総会・学術集会 運営準備室
日本コンベンションサービス(株) 関西支社
〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋4-4-7 京阪神不動産淀屋橋ビル2階
Tel 06-6209-0343 Fax 06-6221-5938

2010年3月9日(火)

ダイエット&TOKYO体操セミナー 第3回目標達成の心理学

■2010年3月9日(火)
■19:00~20:30
■東京武道館(東京都足立区綾瀬3-20-1)
■参加費 無料
■定員 50名
※事前申し込みが必要です
※15歳以上(中学生を除く) 
※全3日間において参加可能な方
※動きやすい服装、筆記用具等

●第1回60日で5kgやせる方法 2010年1月12日(火)
●第2回ダイエットと生活習慣病 2010年2月9日(火)

[内容]
東京都では、誰もが楽しくできる新しい健康体操プログラム「TOKYO体操」を企画・開発しました。
あなたもTOKYO体操で体の変化を実感してみませんか?

第3回 目標達成の心理学
「これであなたもTOKYO 体操マスター!」・「ダイエットの効果を検証しましょう」

◆お申込み
往復はがきに(1)教室名「ダイエット&TOKYO体操セミナー」、(2)会場名、(3)氏名、(4)年齢、(5)性別、(6)郵便番号・住所、(7)電話番号を書き、スマイルスポーツ事業センターへ。
スマイルスポーツ事業センター
〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷1-17-1 東京体育館内
2009/11/1~11/20(当日消印有効)


【連絡先】
スマイルスポーツ事業センター
フリーダイヤル 0120-612-001 Fax 03-5474-0145
予約受付時間 午前10時から午後5時まで
定休日 土日、祝日、年末年始
【公式ホームページ】
http://www.tef.or.jp/learning/le_all/details.php?id=E0000026

2010年3月7日(日)

女性のための漢方セミナー~恋も仕事も! モテる大人女子でいく~

■2010年3月7日(日)
■13:00開場 14:00開演 16:30終了予定
■渋谷C.C.Lemonホール(旧 渋谷公会堂)東京都渋谷区宇田川町1-1
※駐車場に限りがございますので、できる限り公共交通機関でご来場ください。


[内容]

第1部 キーノートスピーチ
「女性サイクルによる不調を上手にケア
-使える漢方のちょっとイイ話-」
■講 師
丸山綾先生(丸の内クリニック 婦人科)
「漢方で 賢く 美肌&美ボディに!!」
■講 師
小林暁子先生(小林メディカルクリニック新宿御苑 院長)

第2部 トークセッション
「恋も仕事も!モテる大人女子でいく」
■講 師
丸山綾先生(丸の内クリニック 婦人科)
小林暁子先生(小林メディカルクリニック新宿御苑 院長)
■ゲスト
徳澤直子さん(『CanCam』専属モデル)
■司会
田村あゆちさん(フリーアナウンサー)

※お申込み

朝日新聞社HP、もしくはハガキ・FAXから(1)郵便番号、(2)住所、(3)氏名、(4)年齢、(5)電話番号、(6)職業、(7)参加希望人数(1 通につき2名様まで)を明記の上、お申し込みください。応募者多数の場合は抽選となります。当選者の発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。
※女性を対象にしたセミナーですので、男性のみの参加はご遠慮ください。
※お寄せいただいた個人情報は、招待状の発送のためにのみ利用いたします。

○ハガキ
〒104-0031
東京都中央区京橋2-8-8 新京橋ビル6F
シータイム内「漢方セミナー」係
○ FAX
03-5159-0288
(『漢方セミナー』係と明記してください)

締切り
平成22年2月23日(火) ※必着

【主 催】
朝日新聞社
【後 援】
厚生労働省、(社) 日本医師会、(社) 東京都医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
事務局
03-5159-0369
(9:30~18:00、土・日・祝日を除く)
【ホームページ】
http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/100307.htm

2010年3月7日(日)

第10回ハートフルウォーキング

■2010年3月7日(日)
■7:00~8:15 雨天中止 小雨決行
■集合 AM 7:00 国立京都国際会館 正面玄関
■ルート 宝ヶ池公園
■参加費 無料
※事前申込み必要なし
■服装 軽装、スーツ可
※更衣室の準備はございませんのでご了承ください。荷物預かりの準備あり。


[内容]

~循環器専門医、心臓リハビリテーション指導士と歩く~
やってる?やってみた?ノルディックウォーキングの効果を知ろう!

AM 7:15~8:15
歩き方教室とウォーキング、ミニレクチャー
ノルディックウォーキング講師 竹田正樹(同志社大学スポーツ健康科学部)

AM 7:15~8:15 
血圧相談コーナー


【主 催】
NPO法人ジャパンハートクラブ
【後 援】
第74回日本循環器学会総会・学術集会、日本ノルディックフィットネス協会
【協 力】
スポーツショップ 株式会社クロス

2010年3月7日(日)

日本女性の健康を守る 更年期・メノポーズを美しく生きる

■2010年3月7日(日)
■13:00~15:00(12:30開場)
■科学技術館「サイエンスホール」(千代田区北の丸公園2-1)
■参加費 無料
■定員 400名


[内容]

■第一部 基調講演
「更年期医療とホルモン補充療法 ~更年期のからだの疑問にお答えします~」
水沼 英樹氏(日本更年期学会 理事長/弘前大学医学部産科婦人科学講座 教授)

■第二部 パネルディスカッション
「アンチエイジングから“ウェルエイジング”へ」
水沼 英樹氏(日本更年期学会 理事長/弘前大学医学部産科婦人科学講座 教授)
池田 理代子氏(劇画家・声楽家)

●お申込み
ホームページより申し込み。
URL:http://www.sankei-health.com/100307/index.html

●締切り
2月23日(火)必着

【主 催】
産経新聞社、メノポーズ委員会
【後 援】
日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本更年期医学会、日本女性心身医学会、日本助産師会、日本看護協会、女性のための抗加齢医学研究会、NPO法人 更年期と加齢のヘルスケア、NPO法人 女性の健康とメノポーズを考える会
【協 賛】
キリン堂、バイエル薬品、久光製薬
【協 力】
REENAL by Resona Bank
【連絡先】
TEL:03-3275-8944
(土日祝を除く午前10時~午後5時)
【公式ホームページ】
http://www.sankei-health.com/100307/index.html

2010年3月7日(日)

市民公開講座「自分でできる心筋梗塞、脳梗塞の予防!」 専門家に聞く生活習慣病対策の秘訣~

■2010年3月7日(日)
■14:00~16:30(予定)
■KBSホール(京都市上京区烏丸通り一条下ル龍前町600番地の1)
■参加費 無料

[内容]

講演:京都府、京都市、日本医師会、京都府医師会(いずれも予定)

1 開会挨拶
北 徹(神戸市立医療センター中央市民病院)

2 講演1 肥満、メタボリックシンドローム(仮題)
松澤佑次(大阪大学名誉教授/(財)住友病院)

3 講演2 高血圧(仮題)
島本和明(札幌医科大学内科学第二講座)

4 講演3 脳梗塞の予防(仮題)
松本昌泰(広島大学病態探求医科学講座脳神経内科学)

5 講演4 NIPPON DATAから得られる教訓(仮題)
上島弘嗣(滋賀医科大学生活習慣病予防センター)

6 パネルディスカッション
コーディネーター:北 徹(神戸市立医療センター中央市民病院)
パネリスト1:尾池和夫((財)国際高等研究所)
パネリスト2:松澤佑次(大阪大学名誉教授/(財)住友病院)
パネリスト3:島本和明(札幌医科大学内科学第二講座)
パネリスト4:松本昌泰(広島大学病態探求医科学講座脳神経内科学)
パネリスト5:上島弘嗣(滋賀医科大学生活習慣病予防センター)

7 閉会挨拶
北 徹(神戸市立医療センター中央市民病院)


【主 催】
第74回日本循環器学会総会・学術集会、日本心臓財団、朝日新聞社
【協 賛】
第一三共(株)
【連絡先】
第74回日本循環器学会総会・学術集会 運営準備室
日本コンベンションサービス(株) 関西支社
〒541-0042 大阪府大阪市中央区今橋4-4-7 京阪神不動産淀屋橋ビル2階
Tel 06-6209-0343 Fax 06-6221-5938

2010年3月6日(土)

第8回禁煙推進のための市民公開講座

■2010年3月6日(土)
■14:00~16:00
■京都産業会館 シルクホール(京都市下京区四条通室町東入 きらっ都プラザ京都産業会館内)
■参加費 無料
■定員 700名(お申込み先着順)


[内容]

生き方上手:絶対 禁煙!

座長:
朔啓二郎(福岡大学心臓・血管内科学)
室原豊明(名古屋大学循環器内科)

1 「喫煙がもたらす健康被害と治療の実際」
飯田真美(JA岐阜厚生連中濃厚生病院)

2 「禁煙体操:すわん君と一緒にスワンデクササイズ」
森山暎子(スタジオPARADISO)

3 「今伝えたい大切なこと:禁煙と世界の平和」
日野原重明(聖路加国際病院)

4 総合討論「禁煙社会を作るため、私たちができること」


※お申込み方法
住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、下記までハガキ、FAX、メールにて2月28日(日)必着でお申込みください。
1通で複数名お申込みの場合はお連れ様のお名前もご記入ください。
事前に招待状をお送りします。

【連絡先】
〒541-0042 大阪市中央区今橋4-4-7 京阪神不動産淀屋橋ビル2F
日本コンベンションサービス(株) 関西支社 「日本循環器学会K係」宛
Fax 06-6221-5938
(お問合せのみ Tel 06-6209-0343)
E-mail:jcs2010-shimin@convention.co.jp
【ホームページ】
http://www2.convention.co.jp/jcs2010/jpn/open_lecture.html

2010年3月6日(土)

「加齢と目の健康」医療ルネサンス名古屋フォーラム

■2010年3月6日(土)
■13:00~15:30(開場12:30)
■テレピアホール(名古屋市東区東桜1-14-25)
■参加費 無料
■定員 定員400人


[内容]

基調講演「早期発見が決め手――知っておきたい目の病気の最新情報」
大鹿哲郎(筑波大学教授)

対談
講師:
大鹿哲郎(筑波大学教授)
安間哲史(愛知県眼科医会会長・安間眼科院長)
聞き手:田中秀一(読売新聞医療情報部長)

※申し込み方法
郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、「医療ルネサンス名古屋フォーラム聴講希望」を明記し、はがき、ファクス、Eメールのいずれかで送付。折り返し先着順に聴講券を郵送します。講師への質問がありましたら、書き添えてください。
〒460-8470 名古屋市中区栄1-17-6 読売新聞中部支社「医療ルネサンス」係
Fax 052-211-1085
E-mail:c-chukdesk@yomiuri.com

【連絡先】
読売新聞中部支社「医療ルネサンス」係
Tel 052-211-1477
【後 援】
愛知県、名古屋市、愛知県医師会、名古屋市医師会、愛知県眼科医会、中京テレビ放送

2010年3月5日(金)

『抗疲労・癒し』科学的研究の基礎と活用“虎の巻”1日集中講座

■2010年3月5日(金)
■10:30~17:50
■大阪産業創造館17F
※駐車場に限りがございますので、できる限り公共交通機関でご来場ください。
■お申込み締切り
2月24日(水) 17:00まで
■参加費 17,500円(消費税込み)
※事前お振込み。振込先・方法のご案内は、締切後にご案内させていただきます。
■定員 30名


[内容]

ストレスと疲労感、そして疲労のメカニズムや計測方法など、日本が世界をリードする科学的研究の基本的理解と、そのビジネス応用に必要な基礎を学んでいただけます。

大阪産業創造館の独自調査によると、2020年には“抗疲労・癒しビジネス”の市場規模は12兆円になる見込みです。 
抗疲労・癒しマーケットは、食品・飲料・機器・サービスなど既存の健康産業のほか、鉄道や航空機などの交通機関、住宅・商業施設・オフィスなどの設備関連、家具・衣類・文具・グッズなど裾野が広く、様々な分野の企業の参入が期待されます。
本研究会は、これから同分野への参入をめざす企業を対象に、商品やサービスづくりのベースとなる疲労研究の基礎知識と実測、応用ケーススタディなどについて学んでいただける1日集中講座です。

【主 催】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【ホームページ】
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=10438

2010年3月1日(月)

“遺伝子”を味方にする食生活

■2010年3月1日(月)
■19:00~21:00
■東京国際フォーラム ホールB7(東京都千代田区丸の内3-5-1)
■参加費 3,500円(要事前申込)


[内容]

ビューティフルエイジング~美と医の融合
ミス・ユニバースの食事法と長寿遺伝子
講師は長寿遺伝子の研究や100歳長寿の方々の健康法などに詳しい、順天堂大学教授の白澤卓二先生。老化にかかわる遺伝子のお話や、どうすれば美しさを保つ遺伝子をうまく働かせることができるのかについて、食事、運動、睡眠、キモチなど、すぐに実践できるライフスタイル見直しの具体的なアドバイスを聞くことができます。

講師:
白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授)
エリカ・アンギャル(栄養士。ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント)
宮坂絵美里(モデル)


【連絡先】
講談社 ヘルスアンドビューティーレビュー事務局
Tel 0120-600-225
【公式ホームページ】
http://www.hbrweb.jp/

2010年2月17日(水)

第72回 気をつけよう!生活習慣病が引き起こす慢性腎臓病(CKD)

■2010年2月17日(水)
■14:00~16:00(開場13:30)
■三越劇場 日本橋三越本店本館6階(中央区日本橋室町1-4-1)
■参加費 無料
■定員 500名(応募者多数の場合は抽選)

[内容]

~腎臓を譲ることは命を守ることです~

講演 1
「慢性腎臓病(CKD)と生活習慣病の関わり」
政金 生人氏(医療法人社団清永会 矢吹 嶋クリニック 院長)

講演 2
「見直そう!食生活~生活習慣病が気になる方へ」
足立 香代子氏(せんぽ東京高輪病院 栄養管理室長)

パネルディスカッション
テーマ「気をつけよう!生活習慣病が引き起こす慢性腎臓病」
パネリスト:
政金 生人氏(医療法人社団清永会 矢吹 嶋クリニック 院長)
足立 香代子氏(せんぽ東京高輪病院 栄養管理室長)
假屋崎 省吾氏(華道家)

コーディネーター:
西沢 邦浩氏(日経ヘルスプルミエ 編集長)


◆申込締切 2月3日(水)

【主 催】
日本経済新聞社
【協 賛】
日本腎臓財団
【協 力】
中外製薬
【後 援】
厚生労働省、日本医師会、全国腎臓病協議会、日本栄養士会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本薬剤師会、日本臨床工学技士会、日本腎不全看護学会(予定)
【連絡先】
日経健康セミナー21(72)事務局
Tel:03-5510-4055
(受付時間 10:00~18:00 12月26日~1月4日、土、日、祝日を除く)
Fax:03-5510-4060

2010年2月9日(火)

ダイエット&TOKYO体操セミナー 第2回ダイエットと生活習慣病

■2010年2月9日(火)
■19:00~20:30
■東京武道館(東京都足立区綾瀬3-20-1)
■参加費 無料
■定員 50名
※事前申し込みが必要です
※15歳以上(中学生を除く) 
※全3日間において参加可能な方
※動きやすい服装、筆記用具等

●第1回60日で5kgやせる方法 2010年1月12日(火)
●第3回目標達成の心理学 2010年3月9日(火)

[内容]
東京都では、誰もが楽しくできる新しい健康体操プログラム「TOKYO体操」を企画・開発しました。
あなたもTOKYO体操で体の変化を実感してみませんか?

第2回 ダイエットと生活習慣病
「TOKYO 体操の復習」・「3つの栄養素をバランスよく摂りましょう」

◆お申込み
往復はがきに(1)教室名「ダイエット&TOKYO体操セミナー」、(2)会場名、(3)氏名、(4)年齢、(5)性別、(6)郵便番号・住所、(7)電話番号を書き、スマイルスポーツ事業センターへ。
スマイルスポーツ事業センター
〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷1-17-1 東京体育館内
2009/11/1~11/20(当日消印有効)


【連絡先】
スマイルスポーツ事業センター
フリーダイヤル 0120-612-001 Fax 03-5474-0145
予約受付時間 午前10時から午後5時まで
定休日 土日、祝日、年末年始
【公式ホームページ】
http://www.tef.or.jp/learning/le_all/details.php?id=E0000026

2010年2月6日(土)

市民公開講座「わかりやすい慢性腎臓病の治療と対策」

■2010年2月6日(土)
■14:00~16:00
■ホテルメトロポリタン 富士 3階(東京都豊島区西池袋1-6-1)
■席数 450席(最大)

[内容]
高橋 進(認定NPO法人腎臓病早期発見推進機構 理事長)
松本 紘一(日本大学医学部内科学系 腎臓高血圧内分泌内科学分野教授)

1. 「慢性腎臓病とは」
岡野 匡雄(日本大学 客員教授・医学部同窓会会長)

2. 「慢性腎臓病の生活指導」
永野 正史(練馬桜台クリニック 院長)

3. 「慢性腎臓病の食事療法」
大湊 正之(赤羽中央総合病院 内科部長・腎センター所長)

4. 「慢性腎臓病の薬物療法」
阿部 雅紀(日本大学医学部内科学系 腎臓高血圧内分泌内科学分野助教)

5. 「移植法改正で変わる腎移植とは」
松野 直徒(板橋中央総合病院 腎不全外科、日本臓器移植ネットワーク顧問医師)

6. 「血液透析とは」
堀川 和裕(豊島中央病院 病院長)

7. 「自宅で行う血液透析とは」
大濵 和也(埼玉医科大学病院 血液浄化部係長)

8. 「腹膜透析とは」
佐中 孜(東京女子医科大学東医療センター 内科教授)

9. 「慢性腎臓病の早期発見と早期連携の重要性」
岡田 一義(日本大学医学部内科学系 腎臓高血圧内分泌内科学分野准教授、じんぞう病治療研究会 代表世話人)

慢性腎臓病についての展示 16:00~17:00

医療連携
堤 真智子(日本大学医学部附属板橋病院 医療連携室主任)
岡田 一義(日本大学医学部内科学系 腎臓高血圧内分泌内科学分野准教授)

生活指導
柴山 えみ(日本大学医学部附属板橋病院 内科外来看護師)
吉田 好徳(板橋区医師会病院 内科医長)
久野 勉(池袋久野クリニック 院長)

食事療法
和田 かおり(日本大学医学部附属板橋病院 栄養科、管理栄養士)
亀山 久美子(日本大学医学部附属板橋病院 栄養科主任、管理栄養士)

薬物療法
磯部 幸(日本大学医学部附属板橋病院 薬剤部)
大塚 進(日本大学医学部附属板橋病院 薬剤部主任)
木村 高久(日本大学医学部附属板橋病院 薬剤部技術長補佐)

腎移植
関 真美(板橋中央総合病院 病棟看護師主任)
川瀬 友則(板橋中央総合病院 腎不全外科部長)

血液透析
小川 千恵(赤塚幸クリニック 副院長)
丸山 範晃(日本大学医学部内科学系 腎臓高血圧内分泌内科学分野助教)

在宅血液透析
水盛 邦彦(日本大学医学部附属板橋病院 透析室臨床工学技士責任者)
阿部 雅紀(日本大学医学部内科学系 腎臓高血圧内分泌内科学分野助教)

腹膜透析
大塚 恵子(日本大学医学部附属板橋病院 透析室看護師責任者)
丸山 高史(日本大学医学部内科学系 腎臓高血圧内分泌内科学分野助教)

※お申込み
事前申し込み:先着順
下記申込み書に必要事項をご記入の上、下記宛に郵送またはFAXをしてください。
市民公開講座「わかりやすい慢性腎臓病の治療と対策」申し込み書(NPO法人東京腎臓病協議会)(PDF)
申し込み順に座席予約券を郵送(1月中旬頃)致しますので、お早めにお申し込みください。

【主 催】
じんぞう病治療研究会
【後 援】
NPO法人東京腎臓病協議会、(社)東京都医師会
【連絡先】
日本大学医学部内科学系腎臓高血圧内分泌内科学分野 阿部 雅紀
〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1
Tel 03-3972-8111 Fax 03-3972-1098
【公式ホームページ】
http://www.toujin.jp/html/news/detail.php?id=29

2010年1月23日(土)

日本総合健診医学会市民公開講座「健康な長寿の秘訣」

■2010年1月23日(土)
■15:00~17:00
■日本大学カザルスホール(東京都千代田区神田駿河台1-6)


[内容]
「健康な長寿の秘訣」
講師:日野原重明 先生(聖路加国際病院)
司会:久代登志男 先生(日本大学医学部総合健診センター)
ゲスト:
SAYAKA 氏(バイオリニスト)
大口純一郎 氏(ピアニスト)

※事前参加登録が必要です。
※当日は、都市センターホテルより日本大学カザルスホールへバスの運行を予定しております。

※お申込み
先着順、定員になり次第締切らせていただきます。ひとり1枚の往復ハガキに「郵便番号、住所、氏名、電話番号、LPC会員・新老人の会員の方は会員番号」をご記入になり、返信用にはご自分の住所、氏名を明記のうえ下記までお送りください。参加証発送は1月となります。

【連絡先】
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-5 砂防会館5階
(財)ライフ・プランニング・センター 「市民公開講座」係
Tel 03-3265-1907
【公式ホームページ】
http://www.congre.co.jp/kenshin38/

2010年1月20日(水)

新型インフルエンザ これからどうなる?

■2010年1月20日(水)
■14:00~16:20
■神戸市勤労会館7階大ホール(神戸市中央区雲井通5-1-2)
■参加費 無料
■定員 300名(参加登録順)

[内容]
文部科学省「新興・再興感染症研究拠点形成プログラム」
【市民公開講演会】
新型インフルエンザ これからどうなる?

講演1
「新型インフルエンザ 本当の姿」
河岡 義裕(東京大学医科学研究所 教授)

講演2
「感染のトライアングル!?/トリーブターヒト インドネシア動物市場にて」
新矢 恭子(神戸大学大学院 准教授)

講演3
「知っておきたい新型インフルエンザ 医師の視点から」
工藤 宏一郎(国立国際医療センター国際疾病センター センター長)

講演4
「神戸で何が起こったのか 先を見据えて」
春田 恒和(神戸市立医療センター中央市民病院 感染症科 部長)

※お申込み
ホームページ若しくは携帯電話の登録フォーム又はファックスで、連絡先(メールアドレス/ファックス)をお知らせください。
※12月8日(火)から登録受付開始。


【主 催】
文部科学省、理化学研究所感染症研究ネットワーク支援センター、神戸大学
【後 援】
神戸市
【公式ホームページ】
http://www.crnid.riken.jp/pfrc/jpn/event/index.html

2010年1月12日(火)

ダイエット&TOKYO体操セミナー 第1回60日で5kgやせる方法

■2010年1月12日(火)
■19:00~20:30
■東京武道館(東京都足立区綾瀬3-20-1)
■参加費 無料
■定員 50名
※事前申し込みが必要です
※15歳以上(中学生を除く) 
※全3日間において参加可能な方
※動きやすい服装、筆記用具等

●第2回ダイエットと生活習慣病 2010年2月9日(火)
●第3回目標達成の心理学 2010年3月9日(火)

[内容]
東京都では、誰もが楽しくできる新しい健康体操プログラム「TOKYO体操」を企画・開発しました。
あなたもTOKYO体操で体の変化を実感してみませんか?

第1回 60日で5kgやせる方法
「Let’ s TOKYO 体操!! 」・「血糖コントロールダイエットとは?」

◆お申込み
往復はがきに(1)教室名「ダイエット&TOKYO体操セミナー」、(2)会場名、(3)氏名、(4)年齢、(5)性別、(6)郵便番号・住所、(7)電話番号を書き、スマイルスポーツ事業センターへ。
スマイルスポーツ事業センター
〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷1-17-1 東京体育館内
2009/11/1~11/20(当日消印有効)


【連絡先】
スマイルスポーツ事業センター
フリーダイヤル 0120-612-001 Fax 03-5474-0145
予約受付時間 午前10時から午後5時まで
定休日 土日、祝日、年末年始
【公式ホームページ】
http://www.tef.or.jp/learning/le_all/details.php?id=E0000026

2009年12月13日

『元気に歩こう! ~ひざの痛みと治療法~』

開催日時:12月13日(日)14:00-16:30(受付開始13:30)
開催場所:岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム 2階 展示ホール
住所:岡山県岡山市北区駅元町14番1号 (TEL:086-214-1000)
講座内容(予定):
◇講演 「ひざ関節のしくみ、疾患、治療法について」
        ◇講演 「手術療法について-関節鏡視下手術、高位脛骨骨切り術、人工膝関節置換術 について」
        ◇講演 「術後生活について-筋力強化体操実演」

講演者    :岡山市立市民病院 整形外科部長 臼井 正明 先生
         岡山市立市民病院 整形外科副部長 茂山 幸雄 先生
         岡山市立市民病院 リハビリテーション科技師 大河 俊博先生
入場料/定員  :無料/190名
申し込み方法 :下記必要事項を明記の上、ハガキ、電話、またはファクスにて事前申し込み(先着順)
主催:ジンマー株式会社

【必要事項】
住所・氏名・年齢・電話番号・参加人数
※講師への質問も受け付けておりますので、あわせてご記入下さい

【申し込み先】
市民公開講座 事務局
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-2-1ラクチョウビル2Fサンケイビルテクノ内
「ひざの健康セミナー事務局 岡山係」あて

TEL:03-3569-6839(月~金 10:00-17:00、土日祝休)
FAX:03-3569-6810

※ご参加いただける方には先着順にて参加証を郵送いたします。
※参加証は当日会場までお持ちください。

※お申込の際の個人情報は、当イベントの参加者管理目的にのみ使用いたします。

2009年12月12日(土)

認知症フォーラム あきらめない~最新医療と社会の支え~

■2009年12月12日(土)
■開場13:00 開演13:30~16:00(予定)
■長崎ブリックホール 国際会議場(長崎県長崎市茂里町2-38)
■参加費 無料
■定員 500名
※事前申し込みが必要です

[内容]
菅﨑弘之先生(心療内科すがさきクリニック 院長)
白仁田敏史氏(グループホームあんのん、小規模多機能ホームあんのん 代表)
長尾一雄氏(認知症の人と家族の会長崎県支部 代表)

コーディネーター
町永俊雄(NHKアナウンサー)

◆お申込み
郵便はがき(私製を除く)またはFAXで、(1)氏名、(2)住所、(3)電話番号、(4)参加人数(1枚につき4人まで)を明記の上、お申し込みください。
※応募多数の場合は抽選の上、希望人数分の入場整理券を12月2日(水)に発送する予定です。
応募宛先
【はがき】〒850-8603 NHK長崎放送局 「認知症フォーラム」係
【FAX】095-825-7331
※2009年11月27日(金)必着

【主 催】
読売新聞社、NHK、NHK厚生文化事業団
【後 援】
厚生労働省、社団法人 認知症の人と家族の会
【協 賛】
株式会社ツムラ
【連絡先】
NHK長崎放送局 事業「認知症フォーラム」係
095-821-3124(平日10:00~18:00)
【公式ホームページ】
http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/other/091212.html

2009年12月1日(火)

メタボ・うつと睡眠障害 予防と対策法

■2009年12月1日(火)
■18:30~20:30(開場18:00)
■女性と仕事の未来館(東京都港区芝5-35-3)
■参加費 無料
■定員 30名

[内容]
シリーズ『働きざかりから始める、人生80年時代の健康づくり』 第6回
「仕事のストレスで眠れない」「残業が多くて睡眠時間が取れない」など、働く人々の間で睡眠の問題が増加しつつあります。睡眠障害は仕事でのミスや事故につながる可能性を高めるだけでなく、うつやメタボリックシンドロームなど心身への影響が指摘されています。
また、肥満者の増加により睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者も増加しています。「いびきがとてもうるさいと言われる」「昼間眠くてたまらない」「熟睡感がない」…そんなことはありませんか? SASは糖尿病などの生活習慣病への影響だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが3倍になると言われています。
今回のセミナーでは、睡眠障害によるこころの病や生活習慣病への影響とその対策、最近増加傾向にある睡眠時無呼吸症候群とケアの方法など、「睡眠」から考える健康づくりをご紹介します。

メタボ・うつと睡眠障害 予防と対処法
井上雄一 先生((財)神経研究所付属睡眠学センターセンター長 東京医科大学精神医学講座/睡眠学講座教授)

◆お申込み
事前のお申込が必要です。WEBまたはFaxにてお申込みください。詳細は(財)東京顕微鏡院ホームページをご覧ください。

【主 催】
(財)東京顕微鏡院/医療法人社団こころとからだの元氣プラザ
【連絡先】
(財)東京顕微鏡院/医療法人社団こころとからだの元氣プラザ
〒102-8288 東京都千代田区九段南4-8-32
Tel 03-5210-6651 Fax 03-5210-6671
【公式ホームページ】
http://www.kenko-kenbi.or.jp/tkf/002_relation/02seminar/01schedule/kongetsu.html#seminar091201

2009年11月29日(日)

市民公開講座「メタボリックシンドロームと高血圧」

■2009年11月29日(日)
■11:30~12:30
■福岡国際会議場 メインホール(福岡市博多区石城町2-1)
■参加費 無料
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
最近話題のメタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積を伴う腹部肥満に脂質異常、血圧高値、血糖高値が重複合併した病態です。一方、高血圧は有病率が極めて高く、最近の調査では成人の約1/3、高齢者の約2/3は高血圧で、総数は約4000万人にもなります。メタボリックシンドロームの人の中でも、血圧高値が最も高頻度です。
しかし、適切な治療によりこれらの病気をかなり予防できることも、明らかになっています。
今回、国立循環器病センター高血圧腎臓内科部長の河野雄平氏による『メタボリックシンドロームと高血圧』について講演が行われます。参加費は無料となっていますので、ぜひお越しください。

【主 催】
第6回日本循環器看護学会学術集会
【後 援】
福岡市、古賀市、福岡女学院、福岡女学院看護大学
【連絡先】
第6回日本循環器看護学会学術集会事務局
〒811-3113 福岡県古賀市千鳥1-1-7 福岡女学院看護大学内
Tel 092-943-4173 Fax 092-940-2341
【公式ホームページ】http://jacn2009.umin.jp/shimin.html

2009年11月25日(水)

第30回世界健康フォーラム2009京都

■2009年11月25日(水)
■13:30~17:00(開場12:00)
■国立京都国際会館メインホール(京都市左京区宝ヶ池)
■参加費 2500円(30名以上の場合団体割引あり、1名2000円)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆テーマ◆世界の健康は食文化から
「元気な高齢社会-アジアの未来を考える-」
尾身 茂氏(自治医科大学地域医療学センター教授/名誉世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局長)

UNESCO(国連教育科学文化機関)からのメッセージ
「食文化と食育で世界の健康を」

記念講演「いきいき脳をつくるには」
茂木 健一郎氏(脳科学者)
 
ミレニアムフォーラム「寝たきり長生きから健康長寿へ」
コーディネーター
宮崎 緑氏 [千葉商科大学教授]
パネリスト
茂木 健一郎氏 [脳科学者/ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー]
海原 純子氏 [心療内科医/白.大学教授、 ハーバード大学客員研究員]
森谷 敏夫氏 [運動生理学者/京都大学大学院人間・環境学研究科教授]
横山 清氏 [(社)日本セルフ・サービス協会名誉会長]
家森 幸男氏 [予防栄養医学者/武庫川女子大学国際健康開発研究所所長]

【主 催】
NPO法人 世界健康フロンティア研究会
【共 催】
WHO(世界保健機関)、武庫川女子大学国際健康開発研究所
【後 援】
UNESCO(国連教育科学文化機関)、NHK、京都府、京都市、国際連合世界食糧計画WFP協会、(社)日本セルフ・サービス協会、朝日新聞社、日本経済新聞社、京都新聞社、(財)京都SKYセンター、新老人の会、(財)日本ウエルネス協会、NPO法人日本食育協会、(財)兵庫県健康財団、武庫川女子大学
【連絡先】
世界健康フォーラム事務局
TEL:0798-43-0099 受付9:00-17:00(土・日・祝を除く)
【公式ホームページ】http://www.wellness.or.jp/pdf/090811_kyoto.pdf

2009年11月16日(月)

糖尿病予防講演会「本当は怖い糖尿病 知っておきたい予防と治療」

■2009年11月16日(月)
■13:00~16:00(入場受付10:00~)
■品川区立総合区民会館きゅりあん(東京都品川区東大井5-18-1)
■定員 先着1,000名。参加費無料。託児あり。(1歳以上就学前、10名)

[内容]
1基調講演「糖尿病はどんな病気?なぜ怖い?」
講師:岩本安彦(東京女子医科大学糖尿病センター センター長)

パネルディスカッション「糖尿病<予防と治療のポイント>」
コーディネーター:岩本安彦(東京女子医科大学糖尿病センター センター長)
パネリスト:
菅原正弘(菅原医院 院長)
加藤則子(加藤内科クリニック 管理栄養士)
五十嵐千代(富士電機リテイルシステムズ(株) 健康管理室副室長)
田辺達也(あいそ内科糖尿病友の会 豊島かとれあ会会長)

エクササイズ実演「ひばりエクササイズ」
出演:(社)日本フィットネス協会(東京都健康づくり応援団)

特別講演「食育のすすめ 大切なものを失った日本人」
講師:服部幸應(学校法人服部学園理事長、医学博士)

◆お申込み
11月6日(消印・受信有効)までに、往復はがき(1枚につき1人)、ファクス、Eメールのいずれかにより、以下の内容を明記の上、お申し込みください。
(1) 住所 (2) 氏名 (3) 電話番号(ファクスの場合はファクス番号も) (4) 車いす利用の有無 (5) 手話通訳利用の有無 (6) 託児(1歳以上就学前)希望の場合は子どもの年齢と人数
※申し込まれた手段により、参加の可否を御連絡します。


【連絡先】
〒163-8001 東京都福祉保健局保健政策部健康推進課
Tel 03-5320-4361 Fax 03-5388-1427
E-mail:S0000289@section.metro.tokyo.jp

2009年11月15日(日)

日本臨床栄養学会サテライト市民セミナー「食塩摂取と高血圧フォーラム IN 静岡」

■2009年11月15日(日)
■10:00~15:00
■第1部:「静岡市青葉公園イベント広場ふしみや」会議室、第2部:静岡市青葉公園イベント広場


[内容]
■第1部 10:00-11:30
司会:熊谷 裕通 先生(静岡県立大学 食品栄養科学部栄養生命科学科 教授)
講演I 脇 昌子 先生(静岡市立静岡病院 内分泌代謝内科 診療部長)
講演II 久保田 美保子 先生(静岡市立静岡病院 医療技術部栄養科 副技師長)
■第2部 11:30-15:00
「減塩食コンテスト」


【主 催】
第31回日本臨床栄養学会総会・第30回日本臨床栄養協会総会 第7回大連合大会
【共 催】
ノバルティスファーマ(株)
【連絡先】
運営事務局:(株)コングレ内
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-6-13
Tel 06-6229-2555(代) Fax 06-6229-2556

2009年11月12日(木)

日経ヘルスビジネスカンファレンス2009

■2009年11月12日(木)
■10:30~17:00(入場受付10:00~)
■目黒雅叙園(東京都目黒区下目黒1-8-1)
■定員 800名(予定)事前登録制、定員になり次第締め切り
■参加費 無料

※事前お申込みが必要です。
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
10:30~10:35 主催者挨拶
10:35~11:25 基調講演
アンチエイジング、メタボリックシンドローム予防の新時代(仮)
東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科 教授 門脇 孝 氏
11:25~12:10 講師選定中

【主 催】
日経ヘルス・日経ヘルス プルミエ
【後援・協力】
日本抗加齢医学会、地方自治体、(財)日本健康・栄養食品協会、AMI (予定)
【公式ホームページ】http://ac.nikkeibp.co.jp/nh/bc2009/

2009年11月11日(水)~13日(金)

生活習慣病対策展2009

日時:2009年11月11日(水)~13日(金)
会場:東京ビッグサイト
【概要】展示会・セミナー・講演会、3つのアプローチでヘルスケアに関する新製品や最新情報を幅広く提供する。
来場対象:健康保険組合、共済組合、保健師、自治体、健診機関、病院・医院、管理栄養士・栄養士・運動指導士など。
HP:http://www.jma.or.jp/hs/
問い合わせ:生活習慣病対策展事務局 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 ℡:03-3434-1988
fax:03-3434-8076 e-mail: hs@convention.jma.or.jp

2009年11月11日(水)

第10回健康日本21全国大会

■2009年11月11日(水)
■10:00~17:00
■富山県民会館(富山市新総曲輪4-18)
※健康と長寿の祭典(11月11日-12日)と同日開催

※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
テーマ
1に運動 2に食事 しっかり禁煙 みんなで健康 人が輝く元気とやま!

健康日本21(21世紀における国民健康づくり運動)を国民一人ひとりが主体的に取り組む国民運動として普及、推進するため、広く国民、健康関係団体等の参加を得ながら、生活習慣病の予防など健康づくりに関する情報発信や関係者の交流の場とすることを目的に開催する。

基調講演「もっと元気に輝くために!~いつでもどこでもできる 美しい姿勢の作り方と呼吸法~」
講師:中尾和子氏(健康大使、トータルフィットネスコーディネーター、京都府出身)
1983年第1回ミス日本ボディビルコンテスト優勝。現在、一般向けに運動啓発のための講演、イベントなど多数実施。

アトラクション

シンポジウム「地域の特性を活かした健康づくり」
健康、運動、栄養など専門分野講師及び健康大使による講演

(関連行事)
健康づくりに関する展示


【主 催】
厚生労働省、健康日本21推進国民会議、健康日本21推進全国連絡協議会、富山県、富山県健康づくり県民会議
【公式ホームページ】http://www.kenkounippon21.gr.jp/index.html

2009年11月10日(火)

女性のための漢方セミナー~ドクターとめざそう♪めっちゃナチュラルビューティー~

■2009年11月10日(火)
■開場18:00 開演18:30
■大阪厚生年金会館芸術ホール(大阪市西区新町1-14-15)
■定員 1,000名
※事前申込みが必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
第1部 基調講演
■講師
小村十樹子先生(医療法人十美会トキコクリニック総院長)
川口惠子先生(川口レディースクリニック院長)

第2部 パネルディスカッション
■講師
小村十樹子先生(医療法人十美会トキコクリニック総院長)
川口惠子先生(川口レディースクリニック院長)
■ゲスト
松浦亜弥さん(歌手)
■司会
毛利聡子(キャスター)


【主 催】
中国放送
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 広島県医師会、(社) 広島市医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
毎日新聞社広告局「女性のための漢方セミナー」事務局
06-6359-2138(平日10:00~17:00)
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/091110.htm

2009年11月8日(日)

市民公開講座「若さを保つアンチ・エイジング医学の最前線(V)」-中高年男女も、元気で、きれいに!!-

■2009年11月8日(日)
■札幌医科大学 臨床教育研究棟講堂(札幌市中央区南1条西16丁目)
■参加費 無料
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
第5回日本抗加齢医学会北海道研究会
長寿化時代になり、高齢者医療について、政府も積極的の予防医学の啓蒙に力を入れ始めました。それだけ社会的に大きな問題となって来たと言えます。元気で長寿を目指すための医療を、市民の方々と共に、真剣に一緒に考え・検討しなければならない時が来たわけです。
今後、団塊の世代以上の方々が、さらに元気に社会の為に貢献できるような健康創りを行うために、毎年公開講座を実施しています。

(1) アンチ・エイジングの意義と実践-栄養学の視点から
白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授)
(2) 女性の美しく明るさを保つアンチ・エイジング-ホルモン補充療法を考える
安達知子(愛育病院産婦人科部長、東京女子医科大学客員教授)
(3) 皮膚のアンチ・エイジング-“しわ・しみ・たるみ”への医学的対応
吉村浩太郎(東京大学医学部形成外科講師)
(4) 体型のアンチ・エイジング-若き体型を如何に整えるか?
篠崎彰大(ワコール人間科学研究所所長)

◆お申込み方法
定員300名 当日直接会場にご来場ください。
( 事前にお申込みの必要はありません。)
お席は先着順とさせていただきます。満席となりました場合は、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

【主 催】
日本抗加齢医学会北海道研究会・札幌医科大学
【共 催】
日本抗加齢協会
【後 援】
北海道医師会・札幌市医師会・北海道歯科医師会・北海道薬剤師会
【連絡先】
日本抗加齢医学会北海道研究会事務局
(株)ほくやく医業情報部内
Tel:011-737-1091 Fax:011-747-4331
【公式ホームページ】http://www.anti-aging.gr.jp/members/course/pdf/5th_hokkaido2009.pdf

2009年11月8日(日)

第28回関東甲信越糖尿病-群馬-セミナー

■2009年11月8日(日)
■9:15~16:30
■前橋市民文化会館(群馬県前橋市南町62-1)
※電車の場合(JR両毛線・前橋駅から徒歩5分)
※自動車の場合(関越自動車・前橋ICより20分)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
テーマ:上州から広げよう! ブールーサークル 群青(ぐんじょう)、人情そして友情

一般向け(大ホール)
9:15-
世界糖尿デー 世界の取り組み、群馬の取り組み
  伴野祥一(群馬大学)
小児糖尿病の君たちヘ~夢を忘れないで
  山田思郎(群馬大学)
患者として医療スタッフとして 七転び八起きるの体験談
  医療スタッフ他
老後をみつめて~介護の現場から
  正田純史(下仁田厚生病院)
休憩+だるまスタンプラリーの説明

12:00-
だるまスタンプラリー(大ホール内、運動またはフットケア実践)
  運動指導士

14:00-
糖尿病と笑い
  中島英雄(桂 前治)
花の心、上州の心(星野富弘氏、絵と詩の朗読)
  ナレーション
耳を開く、心を開く~音楽療法
  首村映子
私の青空、世界の青空、そして皆の笑顔
  映像と音楽
青空の下で(歌と踊り)
  安部 純(清水内科)

医療スタッフ向け(小ホール)

9:30-
皆で支える糖尿病、ここが知りたい指導のコツ紹介
  宮田洋子(群馬大学附属病院)
生活に合わせた栄養指導~食品交換表をこえて
  小内 亨(おない内科クリニック)
口腔ケアは糖尿病ケアの入り口
  歯科医
外来でフットケアをはじめるために
  中村保子(前橋赤十字病院)
休憩+だるまスタンプラリーの説明

13:00-
血糖変化に向き合うために(BGAT)
  溝口史剛(群馬大学)
糖尿病治療薬の選び方(インクレチン、ジェネリック含めて)
  清水弘行(群馬大学)
外来で始めるインスリン導入、血糖測定指導のコツ
  秋山 仁(東邦病院)
外来診察で血管合併症をどこまでみるか。(眼、腎、動脈硬化)

【共 催】
(社)日本糖尿病協会関東甲信越地方連絡協議会、日本糖尿病学会関東甲信越支部
【公式ホームページ】http://www.jds.or.jp/jds_or_jp0/modules/kanto/index.php?id=1

2009年11月7日(土)

第45回全国糖尿病週間市民公開講座「ハートアタックを防ごう」

■2009年11月7日(土)
■13:00~16:30(開場12:00)
■さいたま赤十字病院 本館5階 講堂(埼玉県さいたま市中央区上落合8-3-33)
※事前申込みが必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
~演劇と運動による、簡単な糖尿病と心臓病の基礎講座~
さいたま赤十字病院 糖尿病療養サポートチーム(DCST)

講演「糖尿病で心筋梗塞が起こったら」
糖尿病専門医・循環器科専門医・看護師・薬剤師・栄養士・検査技師からの糖尿病と心臓病での簡単講習会
講師:
生井 一之 医師(さいたま赤十字病院糖尿病内分泌内科部長・糖尿病専門医)
浅川 喜裕 医師(さいたま赤十字病院循環器科部長・循環器専門医)

特別講演「心臓をお手入れする運動!」
簡単な運動を実際に行います。運動しやすい服装、靴でおいでください。
講師:松井 浩 氏(ヒューマンモア・運動コーディネーター)

食品・フットケア・血糖測定関連の展示があります。休憩時間にゆっくりご覧になってください。

◆申込方法
往復はがきの返信用に、住所・氏名をご記入、往信用の裏面に参加する方の全員の氏名を記入の上、下記に送付をお願いします。
締め切り10月28日(水)
定員200名まで(定員を超えた場合は抽選となります)
  〒338-8553 さいたま市中央区上落合8-3-33
  さいたま赤十字病院 総務課 市民公開講座担当者行

【共 催】
日本糖尿病協会玉県支部、埼埼玉県医師会、埼玉糖尿病対策推進会議、日本イーライリリー(株)
【後 援】
さいたま市、さいたま赤十字病院
【連絡先】
さいたま赤十字病院 総務課
Tel 048-852-1111(2212)
【公式ホームページ】http://www.dm-net.co.jp/event/ippan/009263.php

2009年11月6日(金)

国立長寿医療センター県民講座「豊かな長寿社会のために」

■2009年11月6日(金)
■13:30~16:10
■あいち健康プラザ 健康科学館 1階 ヘルスサイエンスシアター
(愛知県知多郡東浦町大字森岡字源吾山1-1)
■定員 250人(参加申込みの先着順) 参加申込みをされないで当日お越しになった場合でも、空席があれば、御参加いただくことができます。

[内容]
「豊かな長寿社会のために」をテーマに、国立長寿医療センターの研究や活動を広く地域の皆様にお伝えするとともに、老化に伴う免疫力の変化や排尿の問題、さらに在宅医療の現状とそれに連動した地域活性化の取組についてお話しいたします。

主催者挨拶
大島伸一(国立長寿医療センター総長 あいち健康長寿産業クラスター推進協議会会長)

地域首長挨拶
井村德光(東浦町長)

講演1:「老化と免疫~免疫力ってご存じですか?」
丸山 光生(国立長寿医療センター研究所 老化機構研究部長)

講演2:「高齢男性の方、排尿の問題で困っていませんか?」
岡村 菊夫(国立長寿医療センター病院 手術・集中医療部長)

講演3:「地域活性化と在宅医療」
三浦 久幸(国立長寿医療センター病院 第一外来総合診療科医長)

会場の方々との質疑応答・意見交換会

地域首長挨拶
久野 孝保(大府市長)

◆お申込み方法
参加申込書に必要事項を御記入の上、2009年10月30日(金)までに郵送又はファクシミリで申込み先にお送りください(必着)。
●申し込み先
あいち健康長寿産業クラスター推進協議会
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-4-7 (財)科学技術交流財団内
Tel 052-231-1477 Fax 052-231-5658
●参加申込書
http://www.pref.aichi.jp/cmsfiles/contents/0000027/27175/pamphlet091106.pdf

【主 催】
国立長寿医療センター、愛知県、あいち健康長寿産業クラスター推進協議会
【後 援】
(財)愛知県健康づくり振興事業団、大府市、東浦町
【連絡先】
愛知県 産業労働部 新産業課科学技術推進室
Tel 052-954-6349 E-mail:kagaku@pref.aichi.lg.jp

2009年11月6日(金)

女性のための漢方セミナー~ココロとカラダをメンテナンス 女性の健康を応援します!~

■2009年11月6日(金)
■開場18:30 開演19:00
■広島国際会議場フェニックスホール(広島市中区中島町1-5)
■定員 500組 1,000名
※事前申込みが必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
第1部 基調講演
■講師
工藤美樹先生(広島大学 大学院医師薬学総合研究科 産婦人科 教授)
坂下知久先生(広島大学病院 周産母子センター(産婦人科)助教)
第2部 パネルディスカッション
■講師
坂下知久先生(広島大学病院 周産母子センター(産婦人科)助教)
■ゲスト
マリエさん(タレント)
■司会
和佐由紀子(RCCアナウンサー)


【主 催】
中国放送
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 広島県医師会、(社) 広島市医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
中国放送事業部「女性のための漢方セミナー」事務局
082-222-1133(平日9:30~17:30)
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/091106.htm

2009年10月31日(土)

第6回ウェルビーイングフォーラム イン 幕張

■2009年10月31日(土)
■13:30~15:10(開場13:00)
■クロスウェーブ幕張 幕張テクノガーデンA棟2階ホール
■参加費 無料
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
毎日を笑顔で過ごすために、知っておきたいことがあります。家族や自分が病気になったとき、治療法や選択肢などの疑問を、医師をはじめとした専門家とともに考えていきましょう。今回は「セカンドライフをいきいきと」をメインテーマに、女性の人生の質に関わる健康知識として最近話題の骨盤臓器脱・尿もれの最新治療法や女性に優しい東洋医学の活用法についてお話します。
(亀田メディカルセンター主任産婦人科部長 清水幸子先生)

講演 ~治して快適に~ 骨盤臓器脱・尿もれ
野村 昌良 先生 (亀田メディカルセンター ウロギネセンター 副センター長)

講演 若さが恋しいあなたに捧げる、東洋医学の活かし方
南澤 潔 先生 (亀田メディカルセンター 東洋医学診療科 部長)

講演 ちょっとためになる薬の話 ~OTC 第一類医薬品って何?~
秋葉 久典 先生 (亀田メディカルセンター 薬剤部 薬剤師)


【共 催】
南関東健康研究会、株式会社ツムラ
【後 援】
幕張新都心まちづくり協議会
【連絡先】
亀田総合病院内 カスタマーリレーション部
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
Tel:04-7099-2359 Fax:04-7099-1231
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/other/091031.html

2009年10月31日(土)

第4回 日本脳卒中協会奈良県支部 脳卒中市民公開講座

■2009年10月31日(土)
■14:00~16:00
■奈良県文化会館2階小ホール(奈良市登大路町6-2)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆テーマ◆防ごう、脳卒中!! 身近にできることから
開会あいさつ
榊 寿右(奈良県立医科大学 附属病院長/(社)日本脳卒中協会 奈良県支部 支部長)

講演1 「日頃が大切、脳卒中」
中谷 敏也(奈良県立奈良病院 消化器内科 部長)
司会
菊池 英亮(奈良県立奈良病院 副院長)

講演2 「こうして治す、防ぐ脳卒中」
新 靖史(奈良県立奈良病院 脳神経外科 医長)
司会
三島 秀明(奈良県立奈良病院 脳神経外科 医長)

質問コーナー・最近の話題
講演、司会の4名の医師に加え、榊 寿右(奈良県立医科大学付属病院長)、川口 正一郎(奈良県立奈良病院病院長)が質問に答えます。

閉会あいさつ
川口 正一郎(奈良県立奈良病院病院長/(社)日本脳卒中協会 奈良県支部 副支部長)


【主 催】
(社)日本脳卒中協会奈良県支部
【後 援】
奈良県、朝日新聞社奈良総局、毎日新聞奈良支局、読売新聞奈良支局
【公式ホームページ】http://www.jsa-web.org/kouen/091031N.html

2009年10月30日(金)

第18回腸内フローラシンポジウム

■2009年10月30日(金)
■10:00~17:00
■ヤクルトホール(東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル)
■入場料 無料(当日受付、事前申込み不要)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆テーマ◆腸内フローラとメタボリックシンドローム

特別講演1「メタボリックシンドロームの基礎と臨床」
門脇 孝(東京大学大学院医学系研究科)

特別講演2「Intestinal Microbiota and Metabolism of Host」
J. K. Nicholson (Imperial College London, UK)

講演1「Impact of the gut microbiota on the development of metabolic disorders associated with obesity」
Patrice D. Cani(Universite Catholique de Louvain, Belgium)

講演2「Obesity and Microbiota」
Daniel A. Peterson(University of Nebraska-Lincoln, USA)

講演3「バイオフィルム形成歯周病原性細菌とメタボリックシンドロームの密接な関係」
奥田 克爾(東京歯科大学名誉教授)

講演4「食欲、消化管機能と消化管フローラ」
鈴木 秀和(慶応義塾大学医学部内科学)

講演5「プロバイオティクスとメタボリックシンドローム:プロバイオティクスのインスリン抵抗性改善作用」
吉田 康人(ヤクルト本社中央研究所)

※同時通訳付

【主 催】
(財)ヤクルト・バイオサイエンス研究財団
【後 援】
文部科学省(予定)
【連絡先】
(財)ヤクルト・バイオサイエンス研究財団 シンポジウム事務局
Tel 03-3524-8997

2009年10月24日(土)

横浜ライフデザインフェア2009 NPO睡眠時無呼吸症候群ネットワークセミナーと展示

■2009年10月24日(土)
■13:00~15:00
■横浜市市民活動支援センター(横浜市中区桜木町1-1-56 みなとみらい21 クリーンセンター4F・5F)
※セミナー会場は会場2
■参加費 無料・事前申込なし
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
セミナー「睡眠時無呼吸症候群(SAS)の現状と治療について」
講師:鈴木一郎 先生(日赤医療センター脳神経外科部長)
展示「イビキや睡眠時無呼吸症候群の健康被害と対処法」


【主 催】
NPO法人睡眠時無呼吸症候群ネットワーク
【公式ホームページ】http://www.sas-j.org/

2009年10月24日(土)

市民公開講座「むずむず脚症候群~知ることから、治療がはじまる~」

■2009年10月24日(土)
■13:00~15:00(開場 12:30)
■大阪市中央公会堂(大阪市北区中之島1-1-27)

[内容]
■基調講演「むずむず脚症候群を見逃さない」
井上雄一先生(東京医科大学 精神医学講座 教授)
■パネルディスカッション「むずむず脚症候群~みんなが持っているこんな悩み~」
司会・座長/清水徹男氏(秋田大学大学院医学系研究科医学専攻 病態制御医学系精神科学講座 教授)
パネリスト
井上雄一先生(東京医科大学 精神医学講座 教授)
黒田健治先生(医療法人 杏和会 阪南病院 院長)
平田幸一先生(獨協医科大学 神経内科 教授)
良永信男氏(むずむず脚症候群友の会 代表)
※タイトル・内容・パネリスト等は変更になる場合があります。

◆お申込み
住所、氏名、電話番号、性別、職業、参加人数、車椅子使用の有無、質問(ある方のみ)を明記の上、はがき、ファクス、メールにてご応募ください。4名様まで応募できます。
・はがきでの応募先:
〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-13 阪神産経桜橋ビル4F
「むずむず脚症候群 市民公開講座」事務局係まで。
・ファクスでの応募先:「むずむず脚症候群 市民公開講座」と明記の上、
FAX06-6341-7360 まで。
・メールでの応募先:件名に「むずむず脚症候群 市民公開講座」と明記の上、
E-mail uketu3@sankeiad.co.jpまで。

10月9日必着。抽選の上、聴講券を発送します。


【主 催】
第6回アジア睡眠学会、日本睡眠学会第34回定期学術集会、第16回日本時間生物学会学術大会合同大会
【共 催】
産経新聞社
【協 賛】
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
【連絡先】
「むずむず脚症候群 市民公開講座」事務局係
06-6343-3294(平日10時~18時)

2009年10月24日(土)

ビタミン学からみた食育推進運動

■2009年10月24日(土)
■13:00~17:00
■高槻市生涯学習センター(大阪府高槻市桃園町2-1、072-674-7700)
※来聴を歓迎します。
※参加費無料
※事前登録は不要です。

[内容]
1)子ども食育推進運動の重要性
(大阪医科大学小児科教授 玉井 浩)
2)糖尿病とビタミン
(大阪薬科大学教授 田中孝生)
3)栄養士からみた食育推進とビタミン
(奈良女子大学教授 伊達ちぐさ)
4)骨粗鬆症とビタミン
(京都女子大学教授 田中 清)


【連絡先】
日本ビタミン学会事務局
京都市左京区吉田河原町15-9 京大会館2階
TEL:075-751-0314  FAX:075-751-2870
(月曜日~金曜日 10時から17時まで)
【公式ホームページ】http://web.kyoto-inet.or.jp/people/vsojkn/index.html

平成21年10月22日(木)~23日(金)

日伊国際シンポジウム「食と健康-過去、現在そして未来」Italy-Japan Symposium on “Foods and Health: past, present and future”

日時 :平成21年10月22日(木)~23日(金)
会場 :イタリア文化会館 東京(東京都千代田区九段南2-1-30)
参加費 :一般 10,000円 学生 5,000円(当日会場にて受付)
日本側世話人:名古屋大学大学院生命農学研究科教授 大澤俊彦
問い合わせ先:名古屋大学大学院生命農学研究科食品機能化学研究室内
日伊国際シンポジウム事務局
http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/~food/Italy-Japan%20Sympo/Italy-Japan%20Symposium%202.html

【お申し込み】会社名、氏名、メールアドレスをご記入の上、日伊国際シンポジウム事務局までお送りください。
E-mail;italy09@hc-sys.jp
Fax;03-5217-5562

2009年10月22日(木)

市民公開講座「新型インフルエンザの予防と対策」

■2009年10月22日(木)
■14:00~16:30
■横浜情文ホール(横浜市中区日本大通11番地)
■参加費 500円
■定員 220名(先着順)
※事前お申込みが必要です。
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
本年4月に発生した新型インフルエンザウイルスA(H1N1)は、パンデミック(世界流行)を引き起こし、我が国でも流行を迎え、国家・地域・個人の各レベルでの対応が求められています。今回の講座では、市民・市内事業者の皆様を対象に、これまでに分かってきた新型インフルエンザの特徴や感染予防・感染対策の考え方と実践について、わかりやすく解説します。

1 新型インフルエンザの疫学と感染予防・感染対策
満田 年宏(横浜市立大学附属病院 感染制御部長・准教授)
2 横浜市における新型インフルエンザへの対応
岩田 眞美(横浜市健康福祉局 健康安全部 新型インフルエンザ対策担当部長)


【共 催】
横浜市立大学エクステンションセンター・横浜市健康福祉局
【後 援】
横浜市都市経営局
【連絡先】
公立大学法人横浜市立大学エクステンションセンター
〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
Tel 045-787-8930 Fax 045-701-4338
受付は月曜日~金曜日(祝日を除く)8:45~17:15
【公式ホームページ】http://www.yokohama-cu.ac.jp/ext/hos/chiiki/091022.html

2009年10月18日(日)

健康日本21 健やか生活習慣病推進フェスタ2009 医師たちとみんなで歩こう!IN 新宿

■2009年10月18日(日) 雨天決行
■スタート会場:新宿中央公園 水の広場、ゴール会場:新宿区立西戸山中学校
■受付時間 午前8:00~10:00(スタート会場でお申し込みいただければどなたでも参加OK、事前予約は必要ありません)
■参加費 無料

[内容]
本イベントは、医療関係者とふれあい、語り合いながら新宿の街を歩き、楽しく健康づくりに取り組むウオーキングイベントです。生活習慣病やメタボリックシンドロームが気になる方、最近運動をしていないという方は、正しい生活習慣と運動を始めるきっかけに、ぜひご参加ください。ゴール会場では、健やかな生活習慣づくりをサポートするフェアを開催。医療関係者による健康相談や健康チェックなどが受けられるイベントブースなども出展される予定です。


【主 唱】
健康日本21推進全国連絡協議会、健やか生活習慣国民運動実行委員会
【主 催】
医師たちとみんなで歩こう!健康日本21推進フェスタ2009組織委員会
【構成団体】
日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本看護協会、日本栄養士会、国民健康保険中央会、健康保険組合連合会、全国健康保険協会、日本ウオーキング協会、健康・体力づくり事業財団
【共 催】
新宿区 大新宿区祭り ふれあいフェスタ2009
【後 援】
厚生労働省、東京都、新宿区ウオーキング協会など官庁・自治体関係、東京都医師会、東京都看護協会など実施地域の医療関係団体(一部予定)
【特別協力】
新宿区生涯学習財団、産経新聞社
【連絡先】
健康日本21健やか生活習慣推進フェスタ2009実行委員会事務局
TEL 03-5256-7855(受付時間:10:00~18:00/土日祝日除く)


2009年10月17日(土)

第11回ダノン健康・栄養フォーラム 「臨床現場で求められる栄養指導」

■2009年10月17日(土)
■13:00~17:00
■都市センターホテル コスモスホール(東京都千代田区平河町2-4-1)
■定員 300名
■参加費 無料
※参加申込が必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
開会挨拶
井廻道夫(ダノン健康・栄養普及協会 理事長/昭和大学医学部 教授)

基調講演「行動変容を促す栄養指導」
座長:井廻道夫(ダノン健康・栄養普及協会 理事長/昭和大学医学部 教授)
講師:川島由起子(聖マリアンナ医科大学病院栄養部 部長)

シンポジウム
座長:荒井綜一(東京農業大学総合研究所 客員教授)
座長:板倉弘重(茨城キリスト教大学生活科学部 教授)
1. 「特定健診と保健指導」
納谷和余(管工業健康保険組合)
2. 「腎疾患の栄養指導」
石井宏明(東海大学医学部付属病院栄養科 係長)
3. 「外来糖尿病患者に対する栄養指導の実際」
平松智子(福山大学生命工学部生命栄養科学科 准教授)
4. パネルディスカッション
パネリスト:各講師


【共 催】
ダノン健康・栄養普及協会(DIJ)、日本栄養士会
【後 援】
日本栄養・食糧学会、日本臨床栄養学会
【協 賛】
ダノンジャパン(株)
【公式ホームページ】http://www.danone-institute.gr.jp/forum/index.html

2009年10月12日(月・祝)

ヘルシー・エイジング フェスタ 2009

■2009年10月12日(月・祝)
■10:00~17:00
■東京国際交流館 国際会議場、メディアホール、ホワイエ(東京都江東区青海2-79)
■入場料 前売り券(一般)3000円、当日券(一般)4000円
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
出演者:
服部幸應(服部学園服部栄養専門学校理事長・校長)
白澤卓二(順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座教授)
山東昭子(参議院議員副議長)
芳村真理(メディアパーソナリティ)
大桃美代子(タレント)
山口喜久二(ジャパンローヤルゼリー(株)代表取締役会長)
ジェニー牛山(ハリウッドビューティ専門学校校長、ハリウッド大学院大学教授)
山口蘭子(タンゴラテン歌手)
鷹松香奈子(ウォーキング インストラクター (株)B・Walk代表)
荒木葉子(医学博士・労働衛生コンサルタント)
鈴木志保子(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授)
いとうゆき(日本リビングフード協会代表)
長田恵美子(うえのはらハーブガーデン 代表)


【主 催】
NPO法人 元気な120才を創る会 フェスタ実行委員会
【後 援】
内閣府・農林水産省・厚生労働省、NPO法人生活・福祉環境づくり21(SFK)、(社)長寿社会文化協会、(財)都市農山漁村交流活性化機構、日本雑穀協会、NPO法人日本ネイリスト協会
【連絡先】
ヘルシーエイジングフェスタ事務局
東京都千代田区一番町15-1 ファーストビル6F
Tel 03-3556-1200
【公式ホームページ】http://www.genki120.net/event/000033.html

2009年10月10日(土)

第30回日本肥満学会市民公開講座「ストップ・ザ・こどものメタボ」~こどもたちの肥満・メタボリックシンドロームを防ぐ~

■2009年10月10日(土)
■15:00~17:00
■アクトシティ浜松 大ホール(静岡県浜松市中区板屋町111-1 )
■参加費 無料
■定員 先着1,000名(定員になりしだい募集を締め切らせていただきます。)

★お申込み
ハガキ、Eメール、FAXのいずれかに、〒、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、参加人数と、こどものメタボに関する疑問・質問があれば明記して、下記へお申し込みください。後日、参加証を郵送します。

住所:〒100-8079(住所不要)産経新聞社 メタボ撲滅委員会事務局「肥満学会セミナー」係
E-mail: t-jigyo@sankei-net.co.jp
FAX: 03-3243-1800

[内容]
ご挨拶/基調講演「子どもの肥満~何が問題なのか、どうすれば良いのか」
  大関 武彦(浜松医科大学小児科教授、第30回日本肥満学会会長)
 講 演 「肥満は、胎児のときから要注意」
  堀川 玲子(国立成育医療センター内分泌代謝科医長)
 講 演 「学校における小児肥満」
   大石 隆示(浜松市砂丘小学校校長)
 講 演 「子供の健康食生活と食育」
  仲山 順子(浜松医科大学付属病院栄養部栄養管理部門長)
 講 演 「小児肥満対策、1に運動・外遊び!」
  冨樫 健二(三重大学教育学部保健体育学科教授)
 Q&Aコーナー                        (敬称略)
  ※都合により、内容の一部を変更する場合がございます。

当日参加者にもれなくメタボ関連グッズをプレゼント!

【主 催】
第30回日本肥満学会、メタボリックシンドローム撲滅委員会、小児肥満対策推進委員会
【連絡先】
Tel. 03-3275-8944(土・日・祝を除く10時~17時)

2009年10月9日(金)

東北大学加齢医学研究所 第1回市民講座

■2009年10月9日(金)
■13:00~17:00
■せんだいメディアテーク 7F スタジオシアター(仙台市青葉区春日町2-1)
■参加費 無料
※事前申込みが必要です
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆テーマ◆愉しく老いる-高齢者が元気に暮らせる社会を目指して-
開会のあいさつ 13:30-13:35 福田寛(加齢医学研究所所長)

講演1 13:35-14:20
「脳の老化と認知症予防」
荒井啓行(加齢医学研究所加齢老年医学研究分野教授/東北大学病院老年科科長)
  
講演2 14:20-15:05
「健康寿命をのばすために」
柴田博(桜美林大学大学院老年研究科教授)

休憩 15:05-15:15

講演3 15:15-16:45
「上手な老い方で老年期を愉しもう」
山本思外里(全国民間カルチャー事業協議会顧問、元読売・日本テレビ文化センター社長)

閉会のあいさつ 16:45-16-50
荒井啓行(加齢医学研究所加齢老年医学研究分野教授/東北大学病院老年科科長)

アンケート記入、受講証・記念品お渡し 16:50-17:00


【主 催】
東北大学加齢医学研究所
【共 催】
東北大学加齢医学研究所シンポジウム、加齢医学研究所付属ゲノムリサーチセンターワークショップ、東北大学遺伝子実験センター
【後 援】
財団法人厚生会、河北新報社
【連絡先】
東北大学加齢医学研究所
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1
TEL:022-717-8504 FAX:022-717-8505
【公式ホームページ】http://www.idac.tohoku.ac.jp/kouza2009/

2009年10月7日(水)

全国健康・体力つくり推進フォーラム2009

■2009年10月7日(水)
■東京国際フォーラム ホールB7(東京都千代田区丸の内3-5-1)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
本フォーラムは、多くの国民が気軽にスポーツを楽しみ、健康・体力づくりのきっかけとなること、あわせて健康・体力づくりの指導者や実施場所として期待されている総合型地域スポーツクラブなどの情報交換や国民へのPRを目的に、2005年までに全国を一巡した「健康・体力つくり運動推進全国大会」をリニューアルして実施しているものです。

全ての国民が健康で明るい生活を築くために、自治体、公益法人等の関連団体が一体となって、国民一人ひとりが健康・体力つくり運動に主体的に取り組む気運を醸成すべく、必要な健康・体力つくりについての認識を深めることを目的とする。

開会式典
体力つくり優秀組織表彰
基調講演
パネルディスカッション
健康・体力つくり関係団体展示ブースの設置
体力つくり国民会議参加団体(233団体)

【主 催】
文部科学省、(財)健康・体力づくり事業財団
【公式ホームページ】http://www.health-net.or.jp/undou/jigyou/forum/2009/index.html

2009年10月4日(日)

東京内科医会市民セミナー2009

■2009年10月4日(日)
■13:30~
■新宿住友ビル 47階 スカイルーム(東京都新宿区西新宿2-6-1)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
総合司会:木内章裕(内科医会理事)

開会の辞 13:00-
菅原正弘(内科医会副会長)

ご挨拶
望月紘一(内科医会会長)

基調講演(1)「高血圧治療-これまでとこれから-」 13:10-
座長:武石昌則(内科医会理事)
演者:猿田享男(慶應義塾大学名誉教授)

パネルディスカッション「市民の疑問に答える」 14:15-
座長:吉田幸子(内科医会理事)
1.ジェネリック医薬品について
須藤秀明(内科医会理事)
2.お薬情報書のみかた
谷田貝茂雄(内科医会理事)
3.健康食品・サプリメントについて
石川 徹(内科医会理事)

----- 休憩(15分) 15:45-16:00 -----

医療相談会 16:00-
東京内科医会 理事 加藤匡志
理事 小松英昭
理事 近藤太郎
理事 斉藤欣一
理事 成子 浩
理事 野口 晟
理事 若井安理

閉会の辞 16:45-
清水恵一郎(東京内科医会 副会長)

【主 催】
東京内科医会事務局
【共 催】
東京内科医会、興和創薬(株)
【後 援】
日本臨床内科医会、東京都医師会
【連絡先】
東京内科医会事務局 Tel 03-3259-6133
【公式ホームページ】http://www.topa.jp/

2009年10月4日(日)

第15回咀嚼と健康ファミリーフォーラム「食育を守る・育てる咀嚼そして脳」

■2009年10月4日(日)
■開場13:30 開会14:00~16:30
■西日本新聞会館 福岡国際ホール 大ホール(福岡市中央区天神1-4-1)
※事前お申込みが必要です。
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
開会挨拶
小林義典(咀嚼学会理事長・日本歯科大学)

第Ⅰ部:特別講演
第Ⅰ部:候補:村上 祥子「食べる力は、生きる力」(仮題)

第Ⅱ部:パネルディスカッション『食育を守る・育てる咀嚼そして脳』
司会:山田 好秋 (咀嚼学会副理事長・新潟大学教授)
講師:
岡崎 光子(女子栄養大学栄養指導研究室教授)
丸茂 ゆきこ(結氣膳家・フードセラピスト)
山村 健介(新潟大学医歯学総合研究科口腔生命科学専攻教授)

【主 催】
特定非営利活動法人日本咀嚼学会
【連絡先】
日本咀嚼学会第20回記念学術大会・総会運営事務局
東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル3F (財)口腔保健協会コンベンション事業部内
TEL:03-3947-8761 FAX:03-3947-8873
【公式ホームページ】http://www.kokuhoken.or.jp/jsmshp20/

2009年10月3日(土)

日本高血圧学会市民公開講座「血圧を下げて元気で長生き」

■2009年10月3日(土)
■14:30~16:30(無料血圧測定コーナー:13時~17時)
■大津プリンスホテル「プリンスホール」3階(滋賀県大津市におの浜4-7-7)
■参加費 無料
■定員 700名
※ご参加は事前のお申込みが必要です。詳しくは公式ホームページをご覧下さい。

[内容]

開会挨拶
上島弘嗣(第32回日本高血圧学会総会会長、滋賀医科大学生活習慣病予防センター特任教授)

司会:
戸田 昇(滋賀医科大学名誉教授、トヤマ循環器病治療薬研究所所長)
浅野定弘(滋賀県医師会会長)

講演1 食べて血圧を下げる
─世界調査でわかった元気できれいになる秘訣─
家森幸男(京都大学名誉教授 武庫川女子大学国際健康開発研究所所長)

講演2 運動の降圧・その他の効用
荒川規矩男(福岡大学名誉教授 日本高血圧協会理事長)

講演3 降圧薬の正しい内服法
日和田邦男(愛媛大学名誉教授 日本高血圧協会専務理事)

ご自身が高血圧の方、ご家族が高血圧の方など、どなたでも無料でご参加いただけます。
会場に「無料血圧測定コーナー」を設け、抽選で10名様に最新の血圧計を進呈いたします。

【主 催】
第32回日本高血圧学会総会、日本高血圧協会
【後 援】
滋賀県、滋賀県医師会、(社)日本循環器管理研究協議会、日本心臓財団、オムロンヘルスケア(株)
【協 賛】
滋賀医科大学、バイエル薬品(株)
【連絡先】
(株)コンベックス内 「第32回日本高血圧学会総会 市民公開講座」事務局宛
〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-22 一乗寺ビル
Tel 03-3583-6676 Fax 03-3589-3974
【公式ホームページ】http://jsh32.umin.ne.jp/index.html

2009年9月27日(日)

板橋区医師会医学会 区民公開講座

■2009年9月27日(日)
■9:30~16:30
■板橋区立文化会館 小ホール(東京都板橋区大山東町51-1)
東武東上線 大山駅下車徒歩3分
都営地下鉄三田線 板橋区役所前駅下車徒歩7分

[内容]
シンポジウム1「考えよう日本のあした ―見直そう 子どもの生活習慣―」
座長:
鈴木育夫(板橋区医師会理事)
泉 裕之(板橋区医師会病院院長)

(1)「早起き早寝が大切なわけ」
  神山 潤(東京ベイ・浦安市川医療センター長)
(2)「子どもの生活習慣病の現状について」
  岡田知雄(日本大学医学部小児科学系小児科学分野准教授)
(3)「子どもの生活習慣-板橋区医師会の取り組み」
  平山貴度(板橋区医師会学校医部長・学校医会副会長)
(4)「生活習慣をめぐる教育委員会の取り組み」
  茂木良一(板橋区教育委員会事務局次長)

特別講演「糖尿病の早期治療の意義は?/特定健診・一般健診を活かそう」
河盛隆造(順天堂大学大学院教授)

シンポジウム2「早く見つけよう! ―がんなんて怖くない」
座長:
天木 聡(板橋区医師会副会長)
齋藤英治(板橋区医師会理事)

(1)「肺がん」
  市岡正彦((財)東京都保健医療公社豊島病院副院長)
(2)「乳がん」
  天野定雄(日本大学医学部外科学系小児・乳腺内分泌外科分野准教授)
指定発言 舟木素子(板橋健康福祉センター所長)
(3)「大腸がん」
  西田 茂(板橋区医師会病院消化器センター長)
(4)「板橋区のがん検診」
  藤田浩二郎(板橋区健康生きがい部参事)

AED心肺蘇生法講習会
※AED心肺蘇生法講習会は予約が必要です。


【主 催】
板橋区医師会(http://www.itb.tokyo.med.or.jp/

2009年9月20日(日)

第57回日本心臓病学会学術集会 市民公開講座 「ストップ・ザ・メタボ~心臓病を防ぐために~」

■2009年9月20日(日)
■14:00~16:00
■ロイトン札幌 3FロイトンホールA(札幌市中央区北1条西11-1)
■定員 500名(先着順/定員になりしだい募集を締め切り)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
ご挨拶
島本 和明(札幌医科大学内科学第二講座教授、第57回日本心臓病学会会長)
講演
「特定健診・保健指導スタート1年、現状と課題について」
木村博承(厚生労働省健康局生活習慣病対策室長)
「メタボ肥満から心臓病へ ~臨床の立場から」
斎藤 重幸(札幌医科大学内科学第二内科講師)
「いまからでも遅くないメタボ予防・健診」
野口 緑(尼崎市国保年金課保健師)
「食は医なり ~内臓脂肪の減らし方」
伊藤 和枝 (天使大学栄養学科教授)
「運動習慣が決めて」
宮地 元彦(国立健康・栄養研究所プロジェクトリーダー)


【主 催】
第57回日本心臓病学会学術集会、メタボリックシンドローム撲滅委員会
【連絡先】
産経新聞社 03-3275-8944
【公式ホームページ】http://www.jcc.gr.jp/

2009年9月19日(土)

日本心臓病学会市民公開講座 高齢者が心得るべき循環器疾患の常識と対応

■2009年9月19日(土)
■14:00~15:00
■ウェルシティ札幌(北海道厚生年金会館) 1F大ホール(札幌市中央区北1条西12丁目)
※事前申込みが必要です。
※応募者多数の場合は、抽選で1,500名の方に聴講券をお送りします。
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
高齢者が心得るべき循環器疾患の常識と対応
座長:
島本和明 先生(札幌医科大学 内科学第二講座)
日野原重明 先生(聖路加国際大学 理事長)


【連絡先】
北海道新聞社事業局
Tel 011-210-5732 (土・日を除く9:30~17:30)
【公式ホームページ】http://www.57jcc.com/koukaikouza.html

2009年9月18日(金)

若さの栄養学 秋の講演会

■2009年9月18日(金)
■14:00~16:10
■大阪産創造会館 6階 会議室E(大阪市中央区本町1-4-5)
■定員 100名(先着)
■参加費 無料(事前申込不要、当日会場にて受付)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
「血圧が高いとなぜ悪いのか?」
 岩尾洋(大阪市立大学大学院医学研究科 教授)
「うす味のススメ~高血圧を予防しよう~」
 立川芳子(若さの栄養学協会 管理栄養士)


【主 催】
(財)若さの栄養学協会
【連絡先】
(財)若さの栄養学協会
530-0015 大阪府北区中崎西2-6-3-406
Tel/Fax 06-6359-0555
【公式ホームページ】http://www12.ocn.ne.jp/~wakasa/

2009年9月12日(土)

第29回聖マリアンナ医科大学公開講座 ストップ・ザ・ロコモ&メタボ シンドローム-いつまでも元気で歩くために-(2回目)

■2009年9月12日(土)
■13:30~15:40
■聖マリアンナ医科大学 医学部本館6階大講堂(神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1)
■定員 300名(定員を超えた場合は抽選、原則18歳以上)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆認知症の問題行動って何?
山口 登(神経精神科学教授)
◆要介護・要支援って何?
斎藤祐子(メディカルサポートセンター副師長)


【主 催】
聖マリアンナ医科大学・川崎市教育委員会
【連絡先】
聖マリアンナ医科大学 図書情報課内 第29回公開講座係
Tel 044-977-8111(代) 〒216-8511 川崎市宮前区菅生2-16-1
川崎市教育委員会生涯学習推進課
Tel 044-200-3304 Fax 044-200-3950
【公式ホームページ】http://www.marianna-u.ac.jp/houjin/event/event20090724.html

2009年9月12日(土)

市民公開講座「味のシンポジウム」 「うま味」発見から一世紀を記念して

■2009年9月12日(土)
■和歌山県民文化会館(和歌山市小松原通り1-1)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
「味のシンポジウム」-鰹だしと醤油はうま味の基本-
第1部 鰹だしとうま味
司会:南條輝志男(和歌山県立医科大学学長)
演者:河野一世(味の素食の文化センター)
●第2部 味覚障害の診断と治療
司会:山中 昇(和歌山県立医科大学)
演者:井之口 昭(佐賀医科大学)
●第3部 「味のある人生」座談会
司会:河野一世(味の素食の文化センター)、山中 昇(和歌山県立医科大学)
演者:南條輝志男(和歌山県立医科大学学長)、井之口 昭(佐賀医科大学)、河野一世(味の素食の文化センター)、加納 誠(湯浅醤油角長)

【公式ホームページ】http://www.knt-ec.net/2009/jssp/

2009年9月9日(水)

日本アルコール・薬物医学会市民公開講座「お酒と生活習慣病およびメタボリックシンドローム」

■2009年9月9日(水)
■14:00~19:00
■パシフィコ横浜 会議センター 5階 A会場 小ホール(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
※参加費無料、事前申込不要
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
司会:
丸山勝也(独立行政法人国立病院機構久里浜アルコール症センター院長)
岡崎 勲(国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授)
1. メタボリックシンドロームと糖尿病、高脂血症―お酒とのつき合い方
平尾紘一(HECサイエンスクリニック理事長)
2. メタボリックシンドロームと高血圧―お酒とのつき合い方
杤久保 修(横浜市立大学医学研究科特任教授、(財)神奈川県予防医学協会循環器病予防部長)
3. メタボリックシンドロームと肝障害―お酒とのつき合い方
竹井謙之(三重大学大学院医学系研究科病態制御医学消化器内科学教授)
4. がんとお酒の係わり
岡崎 勲(国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授)
5. 生活習慣病、メタボリックシンドロームにならないお酒の飲み方
樋口 進(独立行政法人国立病院機構久里浜アルコール症センター副院長)


【主 催】
第44回日本アルコール・薬物医学会総会
【共 催】
(財)神奈川県予防医学協会
【後 援】
神奈川県、横浜市健康福祉局、(社)アルコール健康医学協会
【連絡先】
第44回日本アルコール・薬物医学会総会 事務局
神奈川県横須賀市野比5-3-1
独立行政法人国立病院機構久里浜アルコール症センター
院長 丸山勝也
TEL: 046-848-1550, FAX: 046-849-7743
【公式ホームページ】http://www2.kpu-m.ac.jp/~jmsas/open.html

2009年9月5日(土)

第29回聖マリアンナ医科大学公開講座 ストップ・ザ・ロコモ&メタボ シンドローム-いつまでも元気で歩くために-(1回目)

■2009年9月5日(土)
■13:30~15:40
■聖マリアンナ医科大学 医学部本館6階大講堂(神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1)
■定員 300名(定員を超えた場合は抽選、原則18歳以上)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
◆開講式
尾崎承一(聖マリアンナ医科大学医学部長)
◆ロコモティブシンドロームって何?
別府諸兄(整形外科学教授)
◆メタボリックシンドロームって何?
田中 逸(内科学代謝・内分泌内科教授)

【主 催】
聖マリアンナ医科大学・川崎市教育委員会
【連絡先】
聖マリアンナ医科大学 図書情報課内 第29回公開講座係
Tel 044-977-8111(代) 〒216-8511 川崎市宮前区菅生2-16-1
川崎市教育委員会生涯学習推進課
Tel 044-200-3304 Fax 044-200-3950
【公式ホームページ】http://www.marianna-u.ac.jp/houjin/event/event20090724.html

2009年9月4日(金)

日本人間ドック学会市民公開講座

■2009年9月4日(金)
■グランドプリンスホテル赤坂 クリスタルパレス(東京都千代田区紀尾井町1-2)
※詳しくは公式ホームページを参照ください

[内容]
「がんを予防する食生活」
座長:小山和作(日本赤十字社熊本健康管理センター)
講師:津金昌一郎(国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部)
「食育」
座長:松木康夫(新赤坂クリニック)
講師:服部幸應(学校法人服部学園 服部栄養専門学校)


【連絡先】
日本コンベンションサービス株式会社 メディカルカンパニー内
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル18F
Tel 03-3508-1278 Fax 03-3508-1302
【公式ホームページ】http://www2.convention.co.jp/dock50/50th/

2009年8月31日(月)

野菜を食べよう-メタボ撲滅-シンポジウム

■2009年8月31日(月)
■13:00~17:00
■ヤクルトホール(東京・新橋)
■参加費 無料(事前申込制)
■定員 約500名
※詳しくはホームページで確認下さい

[内容]
開会・セレモニー
講演「私の健康づくりと野菜」(仮)
 服部栄養専門学校理事長・校長 服部 幸應

シンポジウム「野菜の機能性と生活習慣病予防」(仮)
座長:(社)日本栄養士会会長 中村 丁次
・生活習慣病・がんの予防と野菜(仮)
国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部長 津金 昌一郎
・野菜の機能性、野菜の消費・摂取の状況(仮)
大妻女子大学家政学部食物学科学科長・教授 池上 幸江
・管理栄養士・利用しの取り組み
秦野市健康づくり課管理栄養士 深川 やよい

総合討論

展示・体験コーナー(12:00-13:00、15:30-17:00)
○野菜の機能性に冠する展示
○野菜クイズ
○350グラムってどれくらい?
 ぴったりグラムで、野菜に関するお土産をプレゼント
○栄養相談コーナー
○野菜に関するお土産


【主 催】
(社)日本栄養士会、(社)米穀安定供給確保支援機構
【後 援】
農林水産省(予定)
【連絡先】
(社)日本栄養士会 野菜を食べよう-メタボ撲滅-シンポジウム係
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-39
Tel 03-3295-5151  Fax 03-3295-5165
【公式ホームページ】http://www.dietitian.or.jp/index.html

2009年6月20日(土)

第8回日本医学会公開フォーラム メタボリックシンドローム-糖尿病-

■2009年6月20日(土)
■13:00~16:00
■日本医師会館 大講堂(東京都文京区本駒込2-28-16)
■参加費 無料

【内容】
総合司会:春日雅人(国立国際医療センター研究所長)

開会の挨拶
久 史麿(日本医学会長)

メタボリックシンドロームと糖尿病
春日雅人(国立国際医療センター研究所長)

糖尿病の予防
田嶼尚子(東京慈恵会医科大学教授 糖尿病・代謝・内分泌内科)

糖尿病の薬物治療―主にメタボリックシンドロームを合併する方々へ
難波光義(兵庫医科大学教授 内科学・糖尿病科)

糖尿病性腎症の予防
槇野博史(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授 腎・免疫・内分泌代謝内科学)

糖尿病における動脈硬化の予防
渥美義仁(東京都済生会中央病院副院長)

フロアーとの質疑応答
司会:春日雅人(国立国際医療センター研究所長)

閉会の挨拶
久道 茂(日本医学会副会長)


【主催者】
日本医学会
【後 援】
日本医師会、NHK、読売新聞東京本社
【連絡先】
日本医学会
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館内
Tel 03-3946-2121(代) Fax 03-3942-6503
【公式ホームページ】http://jams.med.or.jp/

2009年6月17日~19日

第18回ヘルス&フィットネスジャパン2009

日時:6月17日~19日(10時から17時30分※最終日は16時まで)
場所:東京国際展示場「東京ビッグサイト」西3ホール
    東京都江東区有明3-21-1
入場料:無料
主催:日本トリム・フィットネス生涯スポーツ協議会/ヘルス&フィットネスジャパン実行委員会
【お申し込み・お問い合わせ】
ヘルス&フィットネスジャパン実行委員会:〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼1-40-11-808
(株)櫂人内 ℡:045・316・5387 fax:045・290・1222
URL:http://www.hfj.jp/

2009年5月28日(木)

女性のための漢方セミナー~お医者さんと一緒に女子力アップ大作戦!~

■2009年5月28日(木)
■18:00開場 18:45開演
■電力ホール(宮城県仙台市青葉区一番町3-7-1)
※ご参加は事前のお申込みが必要です。詳しくは公式ホームページをご覧下さい。
※応募締切りは平成21年5月20日(水)必着

[内容]
第1部 基調講演
「ひとりで悩まないで!
  ~もっと知ろう、自分の心と体~」
■講 師 渡邉久美子先生
(福島県立医科大学器官制御外科学講座 助教)

「がんばるおなごは悩みがいっぱい
  ~漢方薬で心も体もすっきり元気~」
■講 師 武田卓先生
(東北大学大学院医学系研究科 先進漢方治療医学講座 准教授)
第2部 パネルディスカッション
「お医者さんと一緒に女子力アップ大作戦!」
■講 師 武田卓先生
(東北大学大学院医学系研究科 先進漢方治療医学講座 准教授)
渡邉久美子先生
(福島県立医科大学器官制御外科学講座 助教)
■ゲスト 辺見えみりさん(タレント・女優)
■コーディネーター 二瓶由美さん(フリーアナウンサー)


【主 催】
河北新報社
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 宮城県医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
河北新報社営業部
022211-1344(平日9:30~17:30)
【公式ホームページ】
http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/090528.htm

2009年5月26日~28日

メンタルヘルスケア・ジャパン2009

会期:2009年5月26日(火)~28日(木)3日間
会場:都立産業貿易センター(東京・浜松町)
主催:メンタルヘルスケア・ジャパン2009実行委員会
後援:厚生労働省、東京都、独立行政法人労働者健康福祉機構、社団法人日本産業カウンセラー協会

【内容】今回7回目の開催となるメンタルヘルスケア・ジャパン2009会議は、「現代型うつ病」、「メンタルヘルスの法律問題」、「適応障害」などの最新のトピックスを取り上げたエキスパートプレゼンテーションと先進企業9社の事例発表により、職場が抱える課題への対応策を提示できるように構成しています。(エキスパートプレゼンテーション参加料1日24,000円、会議参加料1日26,000円)。同時開催の専門展示会では30社によるストレス診断、EAP(従業員支援プログラム)、e-ラーニング教材、ヒーリングCD&DVD、メンタルヘルス電話相談サービスなど最新のハード・ソフトが展示されます。また、展示会場内特設会場では5/27「対人関係によるストレスマネジメント」、5/28「セルフケアとしての自律訓練法」の特別セミナーが13:30~15:00まで開催されます。(聴講無料)展示会開催は5/27、5/28の2日間、10:00~17:00入場無料、入場登録制)

問い合わせ先:メンタルヘルスケア・ジャパン事務局
        株式会社アムス内  Tel 03-3341-4591
〒160-0008 東京都新宿区三栄町18-8
e-mail: ams-c@sweet.ocn.ne.jp

2009年5月23日(土)

第6回東京都脳卒中市民公開セミナー 東京都脳卒中ネットワーク始動(東京都における脳卒中への取り組み)

■2009年5月23日(土)
■13:00~16:00
■東医健保会館(東京都新宿区南元町4番地)
■参加費 無料(事前申込み不要、当日直接会場にお越し下さい。)
■定員 200名

[内容]
総合司会:星野晴彦(慶應義塾大学医学部神経内科・脳血管障害予防医学講座)
開会挨拶
高木 誠(日本脳卒中協会東京都支部長/東京都済生会中央病院)

講演
(1)「脳卒中かな?と思ったら」
後藤 淳(東京都済生会中央病院神経内科)
(2)「機能回復に向けてのリハビリテーションの実際」
山田 深(慶應義塾大学月が瀬リハビリテーションセンター)
(3)「脳卒中の再発予防に向けてすべきこと」
伊藤義彰(慶應義塾大学医学部神経内科)
(4)「医療連携ネットワークを活かす」
三谷嘉章(慶應義塾大学病院 医療連携室)

【主 催】
(社)日本脳卒中協会東京都支部
【連絡先】
慶應義塾大学医学部神経内科(医局内)
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
Tel 03-5363-3788 Fax 03-3353-1272
【公式ホームページ】http://mhlab.jp/event/seikatsusyukanbyo_01/2009/05/003489.php

2009年5月20日(水)~22日(金)

第63回日本栄養・食糧学会

■2009年5月20日(水)~22日(金)
■20日:9:00~20:00、21日:8:15~20:50、22日:8:15~16:40
■長崎ブリックホール(長崎市茂里町2-38)
※詳細は公式ホームページを参照下さい

[内容]
今や、わが国は運動不足と過栄養による健康侵害が切実な社会問題となっております。今日的疾患であるメタボリックシンドロームの克服は、本学会に課せられた重要な役割であると認識しております。本大会では多彩なプログラムを企画して、これらの問題解決に貢献したいと考えております。会員ならびに関係諸氏の多数の御参加をお願い申し上げます。

【連絡先】
第63回日本栄養・食糧学会大会事務局
〒851-2195
長崎県西彼杵郡長与町まなび野1-1-1
長崎県立大学 シーボルト校 栄養健康学科気付
電話&FAX 095-813-5187
【公式ホームページ】http://scarpa.co.jp/eishoku63/index.html/a>

2009年5月1日(金)

内閣府食育推進会議専門委員 砂田登志子の元気をつくる育自塾「21世紀 自分力・人間力強化研修会」

■2009年3月3日(火)、4月3日(金)、5月1日(金)
■13:30~15:30
■静岡グランシップ

【内容】
■講師 内閣府食育推進会義専門委員 砂田登志子先生
【概要】2009年、本当の自分を把握し育む。未来への投資。日本の女性は世界一長生きする世界最大の未開発資源。その有効活用法!! もっと賢くもっと美しく、人生をもっと有意義に楽しく生きるための…心の運転術。

【連絡先】
主催:砂田登志子茶寿の会(日本リンパ美容健康普及会内)
〒107-0062 東京都港区南青山5丁目12-3
お申し込み:TEL0120-345-679/FAX:0120-688-464
E-mail:info@to-a-jp.co.jp
URL:http://www.jlms.info/

2009年4月25日(土)

【市民公開講座】睡眠時無呼吸症候群 早期治療で高血圧や心疾患、脳卒中を防ごう!

■2009年4月25日(土)
■14:00~15:30
■舞鶴市商工観光センター 4階 展示交流室(舞鶴市字浜66)※駐車場あり
■参加費 無料(事前申込不要)
※詳しくは公式ホームページを参照下さい

[内容]
司会 国立病院機構 舞鶴医療センター 臨床研究部長 吉岡 亮 先生
1.「脳卒中と睡眠時無呼吸症候群」
 国立病院機構 舞鶴医療センター 臨床研究部長 吉岡 亮 先生
2.特別講演「睡眠時無呼吸症候群とは何ですか?-合併症・診断・治療-」
 京都府立医科大学大学院 呼吸器内科 講師 有本 太一郎 先生
3.質疑応答(参加者のご質問に講師が回答します)


【連絡先】
舞鶴医療センター地域医療連携室
TEL:0773-62-2680
【公式ホームページ】http://www.sleep-seminar.jp/event/090425_kyoto.html

2009年4月22日(水)

効果的な特定保健指導のための実践セミナー(運動アドバイス編)

■2009年4月22日(水)
■19:00~20:30(受付開始 18:30)
■大阪ハイテクノロジー専門学校 スポーツトレーナー学科棟(大阪市淀川区宮原1-2-43)
■参加費 一般3,000円、会員2,000円、一般学生1,500円、学生会員1,000円
■定員 30名(定員になり次第、受付終了)
※お申込みは公式ホームページを参照下さい

[内容]
「効果的な特定保健指導のための実践セミナー」
-エクササイズガイドに基づく運動アドバイス-
講師:六田 修氏(メディカル・フィットネス協会 主任研究員、健康運動指導士)

特定保健指導での支援(初回面接・継続支援)において、運動及び生活活動に関するアドバイスは、多くの方に効果が期待されています。少ない支援機会の中で、より効果的な特定保健指導を行うために、「健康づくりのための運動指針(エクササイズガイド)」に基づいた運動アドバイスの方法をご紹介致します。

【主 催】
(社)メディカル・フィットネス協会
【連絡先】
(社)メディカル・フィットネス協会
TEL:06-6101-2322 FAX:06-6101-0665
【公式ホームページ】http://mfa.or.jp/modules/information/index.php?id=28

2009年4月18日(土)

【市民公開講座】睡眠時無呼吸症候群はメタボリックシンドローム、その他様々な疾患と密接に関係します。

■2009年4月18日(土)
■14:00~15:30
■品川イーストワンタワー21階(東京都港区港南2-16-1)
■参加費 無料(事前申込不要)
※詳しくは公式ホームページを参照下さい

[内容]
講演「睡眠時無呼吸症候群とその合併症」
 グッドスリープ・クリニック 院長 星 作男 先生
講演「CPAP治療のトラブルを乗り切るために」
 グッドスリープ・大森クリニック 院長 齋藤 恒博 先生
◎ご参加の皆様からのご質問に講師がお答えします。


【連絡先】
グッドスリープ・クリニック
TEL:03-5733-3251
【公式ホームページ】http://www.sleep-seminar.jp/event/090418_tokyo.html

2009年4月14日(火)~15日(水)

関西健康産業フェア2009

■2009年4月14日(火)~15日(水)
■13:00~17:00
■マイドームおおさか・3階展示場((財)大阪産業振興機構)

[内容]
健康の増進と予防の時代へ。未来を拓く健康産業の祭典

【主 催】
ニューマガジン社
【後 援】
NPO全日本健康自然食品協会、(財)日本健康・栄養食品協会、日本健康食品規格協会、日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会、正食協会、日本CI協会、NPO医薬品・食品品質保証支援センター
【連絡先】
関西健康産業フェア2009事務局
大阪市北区西天満3-5-4アカシヤビル(ニューマガジン社内)
TEL:06-6365-8024 FAX:06-6365-6306
【公式ホームページ】http://www.newmagazine.ne.jp/sko-fea2009.html

2009年4月12日(日)

滋賀県脳卒中市民公開講座「脳卒中の予防」

■2009年4月12日(日)
■14:00~16:00
■滋賀医科大学臨床講義室3
■参加費 無料
※お申込みは公式ホームページを参照してください。

[内容]
「脳卒中とはどんな病気?」
宮松 直美先生(滋賀医科大学 臨床看護学講座 教授)

「脳卒中予防のための食事」
岩川 裕美先生(滋賀医科大学医学部付属病院 栄養治療部 副部長)

「脳卒中のためのお薬」
林 理之先生(京都市立病院 神経内科 部長)


【主 催】
(社)日本脳卒中協会滋賀県支部
【後 援】
滋賀県、滋賀県医師会
【連絡先】
〒520-2192 滋賀県大津市瀬田月輪町
滋賀医科大学 医学部 脳神経外科内「日本脳卒中協会滋賀県支部」
TEL:077-548-2257 FAX:077-548-2531
【公式ホームページ】http://www.shiga-med.ac.jp/koukaiko/koza210412.html

2009年4月3日(金)

内閣府食育推進会議専門委員 砂田登志子の元気をつくる育自塾「21世紀 自分力・人間力強化研修会」

■2009年3月3日(火)、4月3日(金)、5月1日(金)
■13:30~15:30
■静岡グランシップ

【内容】
■講師 内閣府食育推進会義専門委員 砂田登志子先生
【概要】2009年、本当の自分を把握し育む。未来への投資。日本の女性は世界一長生きする世界最大の未開発資源。その有効活用法!! もっと賢くもっと美しく、人生をもっと有意義に楽しく生きるための…心の運転術。

【連絡先】
主催:砂田登志子茶寿の会(日本リンパ美容健康普及会内)
〒107-0062 東京都港区南青山5丁目12-3
お申し込み:TEL0120-345-679/FAX:0120-688-464
E-mail:info@to-a-jp.co.jp
URL:http://www.jlms.info/

2009年3月20日(金)

第8回ハートフルウォーキング

■2009年3月20日(金)
■7:30~8:30
■大阪国際会議場周辺
■集合 7:00 大阪国際会議場 グランキューブ大阪 正面玄関
■参加費 無料、予約不要

【内容】
「歩き方教室とウォーキング」
ノルディックウォーキング講師:竹田 正樹先生(同志社大学スポーツ健康科学部)

「血圧相談コーナー」

雨天中止(小雨決行)、服装は軽装(スーツ可)
※更衣室の準備はございませんのでご了承ください。荷物預かりの準備はございます。

【主催者】
NPO法人ジャパンハートクラブ
【共 催】
第73回日本循環器学会総会・学術集会
【協 力】
日本ノルディックフィットネス協会、スポーツショップ 株式会社クロス
【公式ホームページ】http://www2.convention.co.jp/jcs2009/jpn/open_lecture.html#contents4

2009年3月11日(水)~13日(金)

健康博覧会2009

■2009年3月11日(水)~13日(金)
■10:00~17:00
■東京ビッグサイト 東2・3・5・6ホール
■入場料 3,000円(税込)※事前登録で無料

[内容]
「健康博覧会」は1983年の誕生以来、健康産業の成長とともに年々その規模を拡大し、現在では健康ビジネスの専門展示会としては国内最大、No.1ブランドとしての地位を確立しています。健康産業のリーディングカンパニーとバイヤー、業界関係者が日本全国、そして海外からも集結。毎回会場内は4万人を超える来場者で埋め尽くされます。

※同時開催
統合医療展2009
メディケアフーズ展2009

【主 催】
CMPジャパン株式会社
【後 援】
経済産業省、農林水産省、厚生労働省、東京都、日本貿易振興機構(ジェトロ) ※予定
【協 賛】
(財)日本健康・栄養食品協会、(財)日本健康スポーツ連盟、(財)日本ウエルネス協会、(社)日本ホームヘルス機器協会、(社)日本栄養士会、(社)日本通信販売協会、日本生活習慣病予防協会、NPOセルフメディケーション推進協議会、日本健康科学学会、(社)日本アロマ環境協会、日本生活協同組合連合会 ※予定
【連絡先】
CMPジャパン株式会社
東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル2F
TEL:03-5296-1025 FAX:03-5296-1018
【公式ホームページ】http://www.this.ne.jp/

2009年3月10日(火)

第18回伝承医薬食素材研究会セミナー

■2009年3月10日(火)
■13:20~17:00
■糖業会館(東京都千代田区有楽町1-9-3 ※東京有楽町、ニッポン放送のビル)
■参加費 一般7000円(1名)、個人会員3000円(1名)法人会員5000円(1名)(2名以降1名3000円)


【内容】
挨 拶  13時20分~13時30分
当研究会代表幹事  小山田 康之

第一講座 13時30分~14時10分
平成21年度「食薬区分」見直しで「専ら医」リストへ変更が予測される素材について
講師:伝承素材開発研究所所長、当研究会副代表幹事 劉 勝彦
ボタンボウフウ、フーディア・ゴードニー、大花紅景天、シッサス・クァドラングラリスなどが、平成19年度の厚生労働科学研究(平成20年3月報告)に基づき、「専ら医」とされる可能性あり!!

第二講座 14時20分~15時
インドの健食素材に関する最新事情
講師:(株)モナ代表取締役社長、当研究会幹事 西村 幸浩
アーユルヴェーダ(生命の科学)を思想背景に持つインドの健康食品及び医療について、その国内市場及び輸出市場の現状を、出張報告としてビジュアルに解説する。

第三講座 15時10分~16時40分
腸管免疫の重要性と関与する素材
講師:東京大学名誉教授、日本大学教授 上野川 修一
体内の免疫細胞の大半が集中する腸管免疫の重要性とメカニズム、そして関与する乳酸菌などの素材について解説する。

質疑応答・名刺交換 16時40分~17時 


【連絡先】
伝承医・薬・食素材研究会事務局
〒113-0034 東京都文京区湯島3-36-3 歌川ビル4F
Fax:03-3831-6332 Tel:03-3831-6338
【公式ホームページ】http://www.health-mag.co.jp/image/den.pdf

2009年3月9日(月)~10日(火)

【ヘルスケア・フロンティア】働く人のヘルスケアソリューションフェア~メタボ・メンタルヘルス不全 対策展~

■2009年3月9日(月)13:00~17:30 、10日(火)11:00~16:30
■大阪産業創造館 3Fマーケットプラザ
■料金 無料

【内容】
メタボリックシンドローム対策
メンタルヘルス不全対策の事業者が大集合!!
今や企業の2大健康課題ともいえるメタボリックシンドロームとメンタルヘルス不全。
企業における従業員の健康管理は生産性の向上やコンプライアンスの観点からも重要視されており、企業における「従業員の健康課題」は企業の「経営課題」とも言えます。

働く人のヘルスケアソリューションフェアでは、メタボリックシンドローム対策 ・ メンタルヘルス不全対策に関連する情報の提供とアウトソーシング事業者、及び周辺サービスを提供する事業者が事業プレゼンテーションを実施!!

企業の人事・労務担当者、健康保険組合などの医療保険者の方 必見です!!

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=09241

2009年3月6日(金)

最新の「疲労」研究発表会【大阪市立大学 21世紀COEプログラム 公開シンポジウム】

■2009年3月6日(金)
■13:00~18:30
■秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区)
■料金 無料
■定員 400名(満席になり次第、締め切ります)

【内容】
21世紀COEプログラム「疲労克服研究教育拠点の形成」は、平成21年3月をもって、その5年間のプロジェクトを終了する。疲労の国際的研究、第1線の臨床研究、抗疲労・癒し医薬品・食品・環境空間開発研究の三位一体で行ってきた。代表的な成果としては、1)様々な疲労と慢性疲労・慢性疲労症候群の分子神経メカニズムの解明、2)抗疲労製品開発のための疲労バイオマーカーの創出、3)抗疲労ビジネスモデルの創出、が上げられる。これらの本研究の成果を紹介するとともに、今後の抗疲労・癒しのための国内外の研究とビジネスの展開を展望する。

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=09276

2009年3月3日(火)

内閣府食育推進会議専門委員 砂田登志子の元気をつくる育自塾「21世紀 自分力・人間力強化研修会」

■2009年3月3日(火)、4月3日(金)、5月1日(金)
■13:30~15:30
■静岡グランシップ

【内容】
■講師 内閣府食育推進会義専門委員 砂田登志子先生
【概要】2009年、本当の自分を把握し育む。未来への投資。日本の女性は世界一長生きする世界最大の未開発資源。その有効活用法!! もっと賢くもっと美しく、人生をもっと有意義に楽しく生きるための…心の運転術。

【連絡先】
主催:砂田登志子茶寿の会(日本リンパ美容健康普及会内)
〒107-0062 東京都港区南青山5丁目12-3
お申し込み:TEL0120-345-679/FAX:0120-688-464
E-mail:info@to-a-jp.co.jp
URL:http://www.jlms.info/

2009年3月1日(日)

女性のための漢方セミナー~更年期を上手にすごすヒント~

■2009年3月1日(日)
■13:00開場 14:00開演
■ウェルシティ東京(東京厚生年金会館) 東京都新宿区新宿5-3-1

【内容】
第1部 キーノートスピーチ
「女性のライフサイクルと更年期」
■講 師 白土 なほ子先生(昭和大学産婦人科 助教)
「女性の"元気"を漢方でサポート」
■講 師  姫野 友美先生(ひめのともみクリニック院長)
第2部 トークセッション
「~更年期を上手にすごすヒント~」
■講 師  白土 なほ子先生(昭和大学産婦人科 助教)、姫野 友美先生(ひめのともみクリニック院長)

●ゲスト 麻木久仁子(タレント)
●司 会 田村あゆち

※ハガキまたはインターネットからお申し込みください。

【主催者】
朝日新聞社広告局
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 東京都医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
事務局
TEL:03-5159-0369(9:30~18:00、土・日・祝日を除く)
【公式ホームページ】http://www.asahi.com/ad/clients/kampo/index.html

2009年2月28日(土)

第10回一般公開セミナー 生活習慣と健康-メタボリックシンドロームを予防するために-

■2009年2月28日(土)
■12:00~16:15(開場12:00)
■よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)
■入場 無料 当日会場にて受付
■定員 先着800名


【内容】
総合司会:山崎聖美(上級研究員)

挨拶
渡邊 昌(独立行政法人国立健康・栄養研究所理事長)

国立健康・栄養研究所の取り組み
大森豊緑(研究企画評価主幹)

基調講演『メタボリックシンドロームとはどんな病気か』
春日雅人(国立国際医療センター研究所長)

講演『国民の健康・栄養の現状』
由田克士(国民健康・栄養調査プロジェクトリーダー)

講演講演『食事バランスをいかに改善するか』
饗場直美(栄養教育プログラムリーダー)

講演『身体活動量をいかに増やすか』
宮地元彦(運動ガイドラインプロジェクトリーダー)

特別講演『「ドラゴン」のネバーギブアップ運動!!』
藤波辰爾(プロレスラー)

質疑応答


【主 催】
独立行政法人国立健康・栄養研究所
【後 援】
厚生労働省、文部科学省、東京都、千代田区、国立保健医療科学院、国立国際医療センター、(社)日本医師会、(社)日本栄養士会、独立行政法人国民生活センター、(財)健康・体力づくり事業財団、特定非営利法人健康運動指導士会
【賛助企業】
アサヒ飲料(株)、エムジーファーマ(株)、大塚製薬(株)、オムロンヘルスケア(株)、(株)カーブスジャパン、(株)ニチレイフーズ、ネスレ日本(株)、不二製油(株)、マルサンアイ(株)、(株)ミツカングループ本社、(株)リコム(五十音順)
【連絡先】
独立行政法人国立健康・栄養研究所 事務部業務課
東京都新宿区戸山1-23-1
TEL:03-3203-5721 FAX:03-3202-3278
【公式ホームページ】http://www.nih.go.jp/eiken/

2009年2月27日(金)

【ヘルスケア・フロンティア】癒し・抗疲労シーズ発表会

■2009年2月27日(金)
■10:00~17:30
■大阪産業創造館 17F フリースペース
■料金 無料

【内容】
「疲労大国日本」を救う画期的な商品・サービスを産学連携で開発しませんか!?
本シーズ発表会では、「癒し・抗疲労」分野の独自のマーケット調査の結果を発表するとともに、商品やサービス開発をめざす企業と、大学や研究機関のシーズとのマッチングを目的とし、「疲労」に関する最新の研究成果やメカニズム、評価法などを解説、発表します。
[講師] 株式会社明治安田生活福祉研究所 福祉社会研究部 主席研究員 藤森敏雄氏

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=09255

2009年2月26日(土)

日本健康科学学会市民公開講演会

■2009年2月26日(土)
■15:00~16:50
■東京医科大学病院 臨床講堂 6階(東京都新宿区西新宿6-7-1)


【内容】
「消費者に健康情報を提供するアドバイザリースタッフの質の向上-教育と検証、資格・認定制度の現状と課題-」
司会:浜野弘昭(ダニスコジャパン(株) 学術・技術担当最高顧問/日本健康科学学会理事)
1. アドバイザリースタッフの養成に関する基本的な考え方の経緯
玉川 淳(厚生労働省 医薬食品局食品安全部 新開発食品保健対策室長)
2. 消費者側が求めるアドバイザリースタッフ像と検証
宗林さおり((独)国民生活センター 商品テスト部 調査役)
3. アドバイザリースタッフの養成-教育、フォローアップ体制と検証-
長村洋一(鈴鹿医療科学大学 保健衛生学部 教授/NPO日本食品安全協会 理事長)


【連絡先】
日本健康科学学会事務局
住所:〒164-0001 東京都中野区中野2-2-3 株式会社へるす出版事業部内
電話:03-3384-8037
【公式ホームページ】http://www.jshs.gr.jp/meeting/symposium.html

2009年2月20日(金)

第42回日本痛風・核酸代謝学会市民総会公開講座 高尿酸血症・通風の最前線

■2009年2月20日(金)
■18:00~19:30
■京王プラザホテル 南館4階「扇」 (東京都新宿区)
■定員 250名
■入場料 無料


[内容]
「高尿酸血症・痛風の最前線」見直そう!生活習慣 あなたの日頃の疑問にお答えします。

1.高尿酸血症・痛風のいま(帝京大学医学部:藤森 新)
2.高尿酸血症・痛風治療のウソ?ホント!(両国東口クリニック:大山 博司)
3.高尿酸血症・痛風予防のABC
   ~A(アルコール)・B(美味:プリン体)・C(カロリー)~
  (帝京大学薬学部:金子 希代子)

【主 催】
日本痛風・核酸代謝学会
【後 援】
(財)痛風研究会
【共 催】
グラクソ・スミスクライン株式会社、日本ケミファ株式会社
【連絡先】
(財)痛風研究会 事務局
TEL:03-3597-9394
【公式ホームページ】http://www.tukaku.jp/

2009年2月11日(水・祝)

第2回トクホ適正使用研究会セミナー 生活習慣病の一次予防とトクホの有効利用をめぐって

■2009年2月11日(水・祝)
■14:00~16:30
■ブリーゼプラザ小ホール(大阪市北区梅田・ブリーゼタワー7F)
■定員 150名(事前申し込み・先着順)


【内容】
座長:池上幸江先生(大妻女子大学家政学部食物学科教授、食品安全委員会新開発食品専門調査会座長代理)

【第1部】
基調講演1:
「トクホと生活習慣病の一次予防、誰が適用対象者か」
 井上修二先生(共立女子大学家政学部学部長食物栄養学科教授、トクホ適正使用研究会理事長)
基調講演2:
「特定保健指導対象者の選別とトクホ有効利用の具体策」
 和田高士先生(東京慈恵会医科大学総合健診・予防医学センター教授)

【第2部】
「基調講演を聞いて~コメンテーターからの一言」
 池田義雄先生(日本生活習慣病予防協会理事長)
座長と講演者によるパネルトーク
  「トクホの現状と有効利用をめぐる問題点」
   (参加者からの疑問・質問を中心に)

【主 催】
トクホ適正使用研究会
【連絡先】
産経新聞社営業局トクホセミナー担当
TEL:03-3275-8944
【公式ホームページ】http://tokuho-kenkyu.net/

2009年2月10日(火)

第26回健康セミナー「生活習慣病から身を守るには」

■2009年2月10日(火)
■13:00~15:45(開場午後12:30)
■京王プラザホテル 南館4階「扇」(東京都新宿区西新宿2-2-1)


【内容】
総合司会:中村 治雄(三越厚生事業団常務理事・防衛医科大学校名誉教授)

講演 午後1:00-2:00
演題「ふしぶしの痛む病気について」
講師:原 まさ子(東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センターリウマチ膠原病内科教授)
質疑応答:午後2:00-2:15

講演 午後2:30-3:30
演題「脂質異常症について」
講師:細合 浩司(三越厚生事業団三越診療所 部長)
質疑応答:午後3:30-3:45


【主 催】
(財)三越厚生事業団
【後 援】
日本動脈硬化学会・日本人間ドック学会・毎日新聞社
【連絡先】
(株)スタジオアルタ内「第26回三越厚生事業団健康セミナー」係
新宿区新宿2-19-1 ビッグス新宿ビル13階
Fax 03-3350-0478 Tel 03-3350-8200
【公式ホームページ】http://mhlab.jp/event/seikatsusyukanbyo_01/2009/02/003266.php

2009年2月8日(日)

日本医師会市民公開フォーラム「知って防ごうCKD(慢性腎臓病)」

■2009年2月8日(日)
■14:00~16:00
■日本医師会館大講堂
■参加費 無料


[内容]
パネルディスカッション「知って防ごう「CKD(慢性腎臓病)」
  司会:好本 惠(元NHKアナウンサー)
パネリスト: 菱田  明(浜松医科大学第一内科教授)
槇野 博史(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科腎・免疫・内分泌代謝内科学教授/日本腎臓学会理事長)
内田 健夫(日本医師会常任理事)

【主 催】
日本医師会
【後 援】
NHKエデュケーショナル、日本糖尿病対策推進会議、日本慢性腎臓病対策協議会、読売新聞東京本社

【公式ホームページ】http://www.med.or.jp/etc/forum20.html

2009年1月28日(水)

NNFAジャパン「設立10周年記念特別公開セミナー&交流会」

■2009年1月28日(水)
■特別公開セミナー14:30~16:30(受付14:00~)、新春交流会17:30~19:30
■如水会館 3階(東京都千代田区一ツ橋2-1-1)
■参加費 会員:お一人様 10,000円、非会員:お一人様 15,000円(交流会を含む)

[内容]
■14:00~14:05
挨拶:NNFAジャパン 理事長
■14:05~15:35
演題:「国際経営情勢と日本経済の行方」
講演者:経済アナリスト 獨協大学教授
森永卓郎氏
■15:50~17:15
【パネルディスカッション】
テーマ:「サプリメント市場の展望と今後の課題について」
◆三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
副主任研究員  有元 裕美子氏
◆株式会社矢野経済研究所 ライフサイエンス産業調査本部
フード&サイエンス部 フード課
上級研究員 主任  飯塚 智之氏
◆CMPジャパン株式会社
代表取締役社長  牧野 順一氏
◆日経BP社 日経ヘルス プルミエ
編集長  西沢 邦浩氏
◆進行:NNFAジャパン 理事長 兼 広報委員会委員長  橋本 正史
■17:30~19:30
新春交流会

【連絡先】
NNFAジャパン 事務局
東京都新宿区新宿6-29-20 MATSUDA BLD. 5F
TEL:03-5287-3466 FAX:03-5287-3468
e-mail:info@nnfajapan.com
【公式ホームページ】http://www.nnfajapan.com/

2009年1月27日(火)

【ヘルスケア・フロンティア】食品制度のトレンド研究セミナー2 特別用途食品の法改正について

【ヘルスケア・フロンティア】
食品制度のトレンド研究セミナー2 特別用途食品の法改正について

日時 2009年1月27日(火) 13:30-16:40
場所 大阪産業創造館 6F会議室AB
料金 無料 
定員 80名(満席になり次第、締め切ります)

--------------------------------------------------------
申込みは下記から
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=09013
--------------------------------------------------------
「特別用途食品」制度の見直しと、今後の展望 (90分)
フレスコ・ジャパン有限会社代表 / 名古屋文理大学教授 清水 俊雄 氏    
制度の見直しによる、新しいカテゴリーの創設や、その後の商品の流通について解説する。

「制度の見直しに伴う、今後の医療・介護用食品開発の展望」(90分)
食品製造業(2社程度)の立場から考える、商品開発、流通対策、対象者への情報提供のあり方について。



------------------------------------------------------
問い合わせ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
------------------------------------------------------

2009年1月23日(金)

いつまでも動ける体づくり 老化と筋肉の不思議な関係

■2009年1月23日(金)
■13:15~16:30
■調布市グリーンホール 大ホール(東京都調布市小島町2-47-1)

[内容]
(1) 「知って納得!筋肉の不思議」
重本和宏(東京都老人総合研究所 老化ゲノムバイオマーカー研究チーム 研究部長)
(2) 「老化研究から発見した筋肉の不思議」
遠藤玉夫(東京都老人総合研究所 老化ゲノム機能研究チーム 研究部長)
(3) 「実践!使うほど貯まる筋肉の不思議」
島田裕之(東京都老人総合研究所 自立促進と介護予防研究チーム 研究員)
司会:田中雅嗣(東京都老人総合研究所 健康長寿ゲノム探索研究チーム 研究部長)

【主 催】
(財)東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合研究所、調布市、東京都老人医療センター
【連絡先】
東京都老人総合研究所研究調整部
電話 03-3964-3241
福祉保健局高齢社会対策部施設経営課
電話 03-5320-4582
【公式ホームページ】http://mhlab.jp/event/seikatsusyukanbyo_01/2009/01/003165.php

2009年1月18日(日)

第15回順天堂腎臓病・高血圧セミナー 慢性腎臓病(CKD)ってなあに?

■2009年1月18日(日)
■13:30~(開場13:00)
■順天堂大学「有山登記念館講堂」(東京都文京区本郷2-1-1 順天堂大学医学部構内)
■参加費 無料(要申込) 250名(申し込み先着順)

[内容]
◆ごあいさつ 13:30-13:40
富野康日己(順天堂医院腎・高血圧内科教授)
◆「医学用語の理解-医師の説明がわかりますか?-」 13:40-14:10
講演者:富野康日己(順天堂医院腎・高血圧内科教授)
◆休憩 14:10-14:20
◆「慢性腎臓病(CKD)ってなあに?-その診断と治療-」 14:20-15:00
講演者:富野康日己(順天堂医院腎・高血圧内科教授)
◆休憩 15:0-15:15
◆パネルディスカッション「みなさんのご質問にお答えします」 15:15-16:00
司会:富野康日己(順天堂医院腎・高血圧内科教授)
パネリスト:順天堂医院腎・高血圧内科医師、薬剤師、栄養士
◆個別相談 16:00-17:00

★参加者全員に富野康日己編「患者さんに説明する生活習慣病の基準値」((株)南江堂)、「臨床検査値・血圧ノート」を無料にて進呈いたします。
★すべての講演終了後順天堂医院腎・高血圧内科医師による個別相談を実施いたします。(希望者のみ整理券を受付時に配布いたします)

【主 催】
順天堂医院腎・高血圧内科
【後 援】
順天堂大学医師会
【連絡先】
(株)メディカル東友「順天堂腎臓病・高血圧セミナー」係
〒243-0013 神奈川県厚木市泉町3-5 厚木フォーラムビル8階
Tel:046-220-0321 Fax:046-220-1706
E-mail:juntendo@mtoyou.jp
受付日:月曜日-金曜日受付時間:900-17:00
※年末年始につきましては、12月27日から1月4日まで休暇となっております。
【公式ホームページ】http://mhlab.jp/event/seikatsusyukanbyo_01/2009/01/003201.php

2009年1月18日(日)

花粉症予防・治療シンポジウム

■2009年1月18日(日)
■14:00~16:30
■都議会議事堂 都民ホール
■参加費 無料
■定員 240名(希望者多数の場合は抽選)

[内容]
●平成21年春のスギ花粉飛散予測
 村山 貢司氏(気象予報士)
●花粉症の最新治療
 西端 慎一先生(西端耳鼻咽喉科理事長)
●花粉症予防グッズの効果
 石井 豊太先生 
 (国立病院機構相模原病院耳鼻咽喉科医長・臨床研究センター花粉症研究室長)
●花粉発生源対策と木材利用を通じた森林整備について
 太田 猛彦先生(東京大学名誉教授、東京農業大学教授)

【連絡先】
東京都福祉保健局健康安全部環境保健課
Tel:03-5320-4493
【公式ホームページ】http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2008/11/22ibr400.htm

2009年1月11日(日)

市民公開講座「脳卒中は防げる!生活習慣の見直しから」

■2009年1月11日(日)
■14:00~
■都市センターホテル(東京都千代田区平河2-4-1)

[内容]
1. 基調講演:脳卒中にかからないために
山口武典先生(日本脳卒中協会理事長、国立循環器病センタ-名誉総長)
2. 脳卒中を乗り越えて(仮)
小林完吾氏(アナウンサ-)
3. 運動のすすめ(仮)
三浦雄一郎先生(プロスキ-ヤ-、クラ-ク記念高等学校長)

【連絡先】
日本成人病(生活習慣病)学会 市民公開講座 事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 サンプラネット内
Tel:03-5940-2610 Fax:03-3942-6396
【公式ホームページ】http://mhlab.jp/event/seikatsusyukanbyo_01/2009/01/003138.php

2009年12月10日(水)

【ヘルスケア・ビジネスマッチング】 健診+αサービス 事業プレゼンテーション

日時 2008年12月10日(水) 13:30-17:30
場所 大阪産業創造館 3Fマーケットプラザ
料金 無料 
定員 100名(満席になり次第、締め切ります)
対象 健診機関、人間ドック機関、医療機関など

--------------------------------------------------------
申込みは下記から
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08978
--------------------------------------------------------
健診実施機関である健診機関・人間ドック機関・医療機関と、
「健康診断プラスアルファのサービス」を持つ事業者との
マッチング目的とした事業プレゼン会を実施。

プレゼン会に先だって人間ドックの現状と新しい検査の潮流である
医家向け画像検査専門クリニックの動向を紹介する特別セミナーも
併せて行う。

プログラム
【特別セミナー】

13:30~14:30
「画像診断検査のトレンド~医家向け画像検査専門クリニックの登場~」
メッドサポートシステムズ株式会社
経営企画本部 新規事業グループ 部長 大木清一郎氏
人間ドックを取巻く健康診断の概況の解説と首都圏で8施設を展開する医家向け画像検査専門クリニック「メディカルスキャニング」のコンセプトや事業概要、今後の事業展望についてお話しいただきます。

【事業プレゼン】

14:40~15:10
事業プレゼン1
「身体の歪み矯正プログラム」 新大阪健診クリニック
15:10~15:40
事業プレゼン2
「認知症早期発見 時計描画自動採点システム」株式会社ユメディカ
(20分休憩)
16:00~16:30
事業プレゼン3
「生体インピーダンス測定によるストレス測定」株式会社センサ
16:30~17:00
事業プレゼン4

*17:30まで、展示ブースによる商品・サービスの展示と商談をしていますので、個別の商談もしていただけます。

------------------------------------------------------
問い合わせ先 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
------------------------------------------------------

2008年12月5日(金)

女性のための漢方セミナー~更年期を快適に過ごそう~

■2008年12月5日(金)
■14:15開場 15:00開演
■アクロス福岡シンフォニーホール(福岡県福岡市中央区天神1-1-1)

【内容】
「女性のライフサイクルと更年期-産婦人科の立場から-」
講師:野崎 雅裕先生(九州中央病院 副院長)
「女性のための漢方入門講座」
講師:貝沼 茂三郎先生(九州大学病院 総合診療部 助教)
パネルディスカッション
講師:野崎 雅裕先生(九州中央病院 副院長)、貝沼 茂三郎先生(九州大学病院 総合診療部 助教)
ゲスト:梅宮 アンナ(タレント)
司会:福田 健次、津野瀬 果絵

※ハガキまたはインターネットからお申し込みください。

【主催者】
(株)テレビ西日本
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 福岡県医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会、(株)西日本リビング新聞社
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
西日本リビング新聞社内 テレビ西日本「女性のための漢方セミナー」係
TEL:092-733-0535
【公式ホームページ】http://www.lisa.co.jp/citywave/kampo/

2008年11月28日(金)

女性のための漢方セミナー ~気になる体の不調、これって更年期?~

■2008年11月28日(金)
■17:45開場 18:30開演
■大阪市中央公会堂(大阪府大阪市北区中之島1-1-27)

【内容】
基調講演 「更年期」
講師■森村 美奈先生(大阪市立大学医学部附属病院 女性診療科)、有光 潤介先生(大阪大学大学院医学系研究科 漢方医学寄付講座 助教・医学博士)
パネルディスカッション
講師■森村 美奈先生(大阪市立大学医学部附属病院 女性診療科)、有光 潤介先生(大阪大学大学院医学系研究科 漢方医学寄付講座 助教・医学博士)
ゲスト■ハイヒール モモコ(タレント)
司会■毛利 聡子さん(キャスター)

※ハガキまたはインターネットからお申し込みください。

【主催者】
(株)毎日新聞社
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 大阪府医師会、(社) 日本産科婦人科学会、(社) 日本産婦人科医会
【協 賛】
(株) ツムラ
【連絡先】
株式会社毎日新聞社
TEL:03-3212-2271
※土・日曜を除く午前10時~午後5時
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/081128.htm

2008年11月25日(火)

ボディマネジメントコーチ(BMC)2級講座

■日時:2008年11月25日(火)
    10時~16時(昼休憩1時間)

■会場:楽習フォーラム・ブルールーム
    東京都港区東新橋1-1-21-8F

■受講料:25,000円(消費税込み)

■副教材費:お腹ぺったんこダイエット(ビジネス社)1,000円

ボディマネジメントコーチ講座に関する問い合わせをたくさん頂き、
ありがとうございます。
通信だけでなく、教室で直接習いたいと言う声にお応えして、
ボディマネジメントコーチの2級講座を開講します。

<概要>

主催:日本ウェルネス推進協議会(会長 寺下謙三医学博士)

監修・認定:文部科学省許可(財)日本余暇文化振興会

講師:前田弘子先生
内容:BMC2級 実践編 

    「脳でやせる理論と実践」

     ①脳ダイエットの基礎知識

     ②「脳」を変えれば、楽しくダイエット

     ③ダイエット宝地図の作り方

     ④脳ダイエットの理論を学ぶ

     ⑤脳ダイエットを成功させるためのコツ

*ワークセミナー形式で実践で今日から使える技術を教えます。

BMC認定資格者もサロン、スポーツジム、教室の指導の確認のために再受講も可能です。(再受講者は1万円)

■お問い合わせ: http://www.yaserusa.jp/article/13167872.html

2008年11月20日(木)

東京都老人総合研究所 第100回老年学公開講座

■日 時:2008年11月20日(木)午後13:00-16:30
■場 所:板橋区立文化会館 大ホール (定員 1200人)
      東京都板橋区大山東町51-1
      東武東上線大山駅下車 徒歩3分、都営三田線板橋区役所前駅下車 徒歩8分

■内 容

(1) 「生活習慣病を克服し長寿を楽しむ」
井藤英喜(東京都老人総合研究所 所長)

(2) 「不老長寿という夢」
丸山直記(東京都老人総合研究所 副所長)

(3) 「高齢者は若返っている?!」
鈴木隆雄(東京都老人総合研究所 副所長)

リフレッシュタイム 合唱
板橋区老人クラブ連合会 盛年部(コンブリオ)

司会:鈴木隆雄(東京都老人総合研究所 副所長)

【概要】
(財)東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合老人総合研究所は、最新の研究成果を都民の皆様にわかりやすくご紹介する趣旨で、昭和48年から老年学公開講座を開催してまいりました。36年目の今回で第100回を迎える運びとなりました。これを記念して今回「身につけよう!長寿社会を生きる知恵 健康長寿をめざして」と題し、65歳以上の人口が 20%を超える高齢社会をいつまでも元気で長生きする上で役立つ数々の知恵をお話しいたします。

【主 催】
(財)東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合研究所
【共 催】
板橋区、東京都老人医療センター
■連絡先:東京都老人総合研究所研究調整部 Tel 03-3964-3241
      福祉保健局高齢社会対策部施設経営課 Tel 03-5320-4582
     (財)東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合研究所
入場無料・申込不要・先着順 ※手話通訳を同時に行います

2008年11月19日(水)

第4回とやま食育推進フォーラム

■日 時:2008年11月19日(水)
■13:30-16:00
■場 所:ボルファートとやま 2階多目的ホール「真珠の間」 富山市奥田新町8-1
■対 象:一般県民260名
■テーマ:富山型食生活で脱メタボ!
■内 容
基調講演「ごはん食で肥満、メタボリックシンドロームを予防・改善しよう!」

講師:森谷敏夫(京都大学大学院人間・環境学研究科教授)

クイズ&トークショー「野菜を知って毎日のごはんを楽しもう!」

講師:四十万谷正久((株)四十萬谷本舗代表取締役社長、シニアベジタブル&フルーツマイスター)
四十万谷直美((株)四十萬谷本舗取締役、シニアベジタブル&フルーツマイスター)

【概要】
富山県では広く県民運動として食育を推進していくため、平成18年8月に食育推進計画を取りまとめ、フォーラムの開催などにより、その普及啓発を図っています。
近年、食生活の乱れや運動不足により生活習慣病の増加が指摘されており、本年4月からはメタボリックシンドロームに着目した特定健診・特定保健指導が始まっています。メタボリックシンドロームの予防・改善の観点からも、美味しい富山米を中心に新鮮な地場産食材を栄養バランス良く摂取する「富山型食生活」を県民の皆様一人ひとりがご家庭などで実践していただけるよう、今回のフォーラムでは、ごはん食の優れた点、美味しい野菜の選び方などについて紹介します。

参加無料 事前申込不要
■連絡先:富山県農林水産部 農林水産企画課
〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁南別館2階
Tel 076-444-3264

2008年11月18日(火)

「女性のための漢方セミナー~更年期とつきあうために~

■2008年11月18日(火)
■13:15開場 14:00開演
■札幌市教育文化会館 大ホール(札幌市中央区北1条西13丁目)

【内容】
第1部「基調講演」
■講師
佐藤 力先生(医療法人渓仁会手稲渓仁会病院 副院長)
長峯 美穂先生(東光クリニック 院長)
第2部「公開番組収録(パネルディスカッション)」
■解説
佐藤 力先生(医療法人渓仁会手稲渓仁会病院 副院長)
長峯 美穂先生(東光クリニック 院長)
■ゲスト  エド・はるみ(タレント)、国生 さゆり (タレント)
■司会  堺 なおこ

※ハガキまたはインターネットからお申し込みください。

【主催者】
北海道文化放送(株)
【共 催】
(株)ツムラ
【連絡先】
北海道文化放送 漢方セミナー事務局
011-214-5242
※月~金(祝日除く)10:00~17:30
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/081118.htm

2008年11月15日(土)

知れば守れる あなたの健康 高血圧・糖尿病・メタボ

■日 時:2008年11月15日(土)13:00-15:30
■場 所:成増アクトホール 板橋区成増3-11-3-405
■テーマ:知れば守れるあなたの健康 高血圧・糖尿病・メタボ

内 容:座長:水野重樹(板橋区医師会 理事/水野医院 院長)

1.「高血圧の常識ウソとホント」
講師:桑島巌(東京都老人医療センター 副院長/循環器科)

2.「糖尿病は恐い?恐くない? 正しい理解 糖尿病の予防と治療」
講師:荒木厚(東京都老人医療センター 内分泌科部長)

3.「健康づくりのための運動とは?」
講師:井上昌彦(板橋区医師会 副会長/井上内科クリニック院長)

■定 員:450名(入場無料) ※事前申込みが必要です。
■申込方法:11月10日(月)までに、電話かファクスでお申し込みください。
ファクスの場合は講演名・氏名・住所・電話番号をご記入の上お申し込みください

【概要】
中高年のための健康講座東京都老人医療センターでは、地域医療連携推進の一環として、毎年、都民の方を対象に、健康講座を開催しています。今年のテーマは「高血圧」「糖尿病」「メタボリックシンドローム」。中高年に多いこれらの疾患の予防法、治療法、健康管理法などについて、専門家がわかりやすく説明します。 正しい知識を習得して、自分の健康をしっかり守っていきましょう!
※入場無料、事前申込み必要

■申込先:老人医療センター地域医療連携室
      Tel 03-3964-1141(平日9時-17時受付可)
      Fax 03-3964-1392(24時間受付)
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
参加不可の場合は、その旨を11月12日(水)までに連絡します。

■連絡先:東京都老人医療センター医事課
     Tel 03-3964-1141

2008年11月15日(土)~16日(日)

「特定健診・特定保健指導」スキルアップ講座

■2008年11月15日(土)~16日(日)
■15日(土)10:00~18:00、16日(日) 9:30~17:45
■女子栄養大学 坂戸キャンパス 12号館2階 栄養教育多目的室及び6号館3階コンピューター実習室(予定)
■参加費
一般の方: 参加者 20,000円、聴講者 15,000円
女子栄養大学大学院在籍者(含、大学院研究生):無料
本学教員: 10,000円
(初日15日の夕方、懇親会を予定していますが、この費用は別料金で当日徴収します)
■参加資格
以下の1及び2の両方を満たす方:30名(聴講を除く)
1.職種は限定しないが、過去5年以内に実際に保健指導の経験があり、対象者の事例やデータなどの情報提供をすることが可能な方。
2.原則、平成18・19年度に国、地方自治体、関係団体等による特定健診・特定保健指導のための研修を修了された方。
☆ 上記の条件を満たさない方で参加を希望される方には、「聴講」として若干名の参加を受け付けます。聴講者は演習やグループワークを周囲から見学することになります。
☆ 女子栄養大学大学院生、大学院研究生、本学大学院修了生、及び本学大学教員で、この条件に該当しない方は、「聴講」として参加可能です。

※詳しくは公式ホームページをご覧下さい


【連絡先】
女子栄養大学大学院 教務担当 スキルアップ講座係
埼玉県坂戸市千代田3-9-21
独)国立健康・栄養研究所(内)
Soy Nutrition Institute Japan 事務局
TEL:049-282-3601
【公式ホームページ】http://www.eiyo.ac.jp/info/sp_skillup/

2008年11月13日(木)

天下の台所復活!優良商材が大阪に集結!~全国のこだわり食材・業務用編~

■2008年11月13日(木)
■11:00~17:00
■大阪産業創造館 3F マーケットプラザ
■料金 無料
※入退場自由・要予約

【内容】
今回、「天下の台所」がサンソウカンに復活!!
日本全国の生産地から、こだわり食材を持った企業が大阪に集結します。
大手流通には乗っていないが、小~中ロットなら業務用として卸せる…そんな各地の食材が揃います。

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08921

2008年11月4日(火)

企業における攻めの健康づくり 2008

■2008年11月4日(火)
■13:20~17:30 (開場 12:30)
■東京大学安田講堂 (文京区本郷7-3-1)
■参加費 無料 (定員728名 先着順)

[内容]
13:20~14:00 セッション1 「特定保健指導の運営」
14:00~14:10 休憩
14:10~15:30 セッション2 「健診データの標準化」
15:30~15:40 休憩
15:40~17:30 大講演 「企業における健康管理のパラダイムシフト」~守りから攻めの健康管理へ~

【対象】企業総務人事、健康保険組合、共済組合


【連絡先】
東京大学医学部附属病院22世紀医療センター
健診情報学講座 (シンポジウム担当)
TEL:03-5684-2200 FAX:03-5800-9173
【公式ホームページ】http://www.kenshinjyohogaku.jp/

2008年11月1日(土)

トクホ適正使用研究会・第1回トクホセミナー「生活習慣病の一次予防とトクホの有効利用をめぐって」

■2008年11月1日(土)
■14:30~17:00
■サピアタワー・SAPIA TOWER(東京駅八重洲・日本橋口)6F 東京ステーションコンファレンス605号室
■定員 先着順150名 受付後、参加証を郵送します。
※お申込みは公式ホームページを参照ください

[内容]
「生活習慣病の一次予防とトクホの有効利用をめぐって」
       総合司会・座長:池上 幸江先生(大妻女子大学家政学部教授)
<第1部>
基調講演1:「トクホと生活習慣病の一次予防、誰が適用対象者か」
  井上 修二先生(共立女子大学家政学部学部長食物栄養学科教授、
             トクホ適正使用研究会理事長)
基調講演2:「特定保健指導対象者の選別とトクホ有効利用の具体策」
  和田 高士先生(東京慈恵会医科大学新橋健診センター所長)

<第2部>
1)基調講演を聞いてーコメンテーターからの一言―
   池田 義雄先生(日本生活習慣病予防協会理事長)
2)座長と講演者によるパネルトーク
  ートクホの現状と有効利用をめぐる問題点(参加者からの疑問・質問を中心に)― 

【連絡先】
トクホ適正使用研究会事務局
TEL:03-3275-8944
【公式ホームページ】http://tokuho-kenkyu.net/2008/09/20081101.html

2008年11月1日(土)

ウーマンヘルスフォーラム

■2008年11月1日(土)
■開場12:30、開演13:00
■品川インターシティホール(東京都港区港南2-15-4)
■参加費 無料(先着順/事前申し込みが必要です)

[内容]
「基調講演」---------------------------------
『女性が健康で活躍する社会を作るために』
■講師 黒川 清先生(政策研究大学院大学 教授/内閣特別顧問)
「セミナー1」---------------------------------
『乳がんから命と乳房を守るためには』
■講師 芳賀 駿介先生(日本乳癌学会 会長/日本医科大学乳腺科 教授)
「セミナー2」---------------------------------
『人は血管とともに老化する~血管から考えるアンチエイジング~』
■講師 森下 竜一先生(大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 教授)
「セミナー3」---------------------------------
『働く女性の健康上の悩みにドクターたちが答えます』
~日経WOMAN・CLUBでのアンケートから~
「セミナー4」---------------------------------
『漢方は女性の健康をたすける』
■講師 天野 恵子先生(千葉県衛生研究所 所長/千葉県立東金病院 副院長)
「パネルディスカッション」-----------------------
『女性がいつまでも健康で美しくあるには』
■パネリスト 坪田 秀子さん(日本ロレアル株式会社 取締役副社長)、木下 優子先生
(日本大学医学部内科学系統合和漢医薬学分野 医局長)
■コーディネーター 麓 幸子(日経WOMAN編集長)

【主 催】
日経WOMAN、日経ヘルス、日経ヘルス プルミエ、REAL SIMPLE JAPAN
【協 賛】
株式会社ツムラ 他
【連絡先】
日経BP読者サービスセンター セミナー係
TEL 03-5696-1111(平日9:00~17:00)/FAX 03-5696-1139
【公式ホームページ】http://ac.nikkeibp.co.jp/nwp/whf/

2008年10月31日(金)

NNFAジャパン 2008年度 第3回教育セミナー

■2008年10月31日(金)
■14:30~16:45(受付 14:00~)
■薬業健保会館 5階 大会議室(東京都千代田区永田町2-17-2)
■参加費 NNFAジャパン会員:無料、非会員: (個人)1名2,000円(法人)1名3,000円

[内容]
■14:30~15:30
演題: 「一般用医薬品販売制度の改正について」
講演者: 東京都福祉保健局健康安全部
薬務課長 下村 寿一 氏
■15:45~16:45
演題: 「サプリメントと食品添加物 ―国際的状況も含めて―」
講演者: 日本食品添加物協会
常務理事 平川 忠 氏

※本セミナーは独立行政法人 国立健康・栄養研究所より、NR(栄養情報担当者)更新用セミナーとして認定を受けています。更新用単位として 2単位 の取得が可能です。
※新たに日本サプリメントアドバイザー認定機構の研修単位 3単位 の認定も決定いたしました。

【主 催】
NNFAジャパン
【連絡先】
NNFAジャパン 事務局
東京都新宿区新宿6-29-20 MATSUDA BLD. 5F
TEL:03-5287-3466 FAX:03-5287-3468
【公式ホームページ】http://www.nnfajapan.com/

2008年10月30日(木)

足助式体操(医療体操)教室

■日時:2008年10月30日 13:00~15:00
■場所:東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F カルチャーサロン 青山
■持ち物:動きやすい服装、汗拭きタオル、マット
■お申し込み:トーア株式会社 TEL:0120-308-464またはFAX:0120-688-464
■定員 限定30名様 (先着10名様マット貸し出しします)
■参加費 3,150円
備考 動きやすい服装・汗拭きタオル・バスタオル。
ヨガマットをおもちの方は、ご持参ください。
※足助照子先生の直接指導を受ける事ができます
この機会をお見逃しなく受講ください!

[内容]     
足助式体操とは、足助次朗先生が考案された医療体操」(感情呼吸体操)で、先生は残念ながら1986年にお亡くなりになりますたが、現在は奥様の足助照子先生が意思を引き継ぎ普及を続けられています。弊社では足助照子先生のご指導の下、「足助式体操」を普及すべく活動をしており、今回の「足助式体操教室」の開催に至りました。
足助次朗先生は、さまざまな病気を患うことによって、退行性変化(老化現象)というものがいきあに根強く心身に悪影響を及ぼしているかということを知られました。そこで独自の運動法を研究し・実践され生み出されたのが「足助式体操」です。             
「足助式体操」のポイントは

(1)年齢に関係なく自分の体力に合わせて無理なくできる。
(2)場所をとらない。(ベッドや布団の上でできる。)
(3)病人から健康人まで対象が幅広い。
(4)腸の活動を高め、病気にならない身体をつくる。
(5)適度な運動のため免疫機能を高め、自分の持つ自然治癒力を発揮できる。
(6)体も心も柔軟になる。

このように「足助式体操」は、主に有酸素代謝によって体内にエネルギーが供給される為、さまざまな生活習慣病に適しているといえるでしょう。       

また弊社では、足助式体操のインストラクターの資格制度もあります。規定の制度で資格を取得し、お仕事に活かしてはいかがですか。

【足助照子】
・1928年、長崎県生まれ。1945、年神戸第一高等女学校卒業。
・1947年、田中千代服装学園師範科卒業。その後、結核と助膜炎を発病し闘病生活に入る
・1961年、田中千代服装学園専攻科卒業。
・足助次郎氏と結婚後、食養体操の指導を受ける。
次郎氏他界後は、病院でがんの術後の運動指導、ウエルネス研究会 の運動指導を経て、現在は公民館での運動指導にあたる。

元東洋医学免疫研究会理事。

2008年10月29日(水)

「女性のための漢方セミナー~更年期に負けない、女性の元気応援します~

■2008年10月29日(水)
■13:00開場 14:00開演
■岡山市民会館 大ホール(岡山市丸の内2-1-1)

【内容】
「女性の健康管理」
■講師
平松 祐司先生(岡山大学医学部産婦人科学教室 教授)
「更年期からも輝いて生きるために」
■講師
金重 惠美子先生(岡山中央病院 ウィミンズメディカルセンター長)
パネルディスカッション
■講師
平松 祐司先生(岡山大学医学部産婦人科学教室 教授)
金重 惠美子先生(岡山中央病院 ウィミンズメディカルセンター長)
■ゲスト
香坂 みゆき(女優・タレント)
宮宇地 美穂(コーディネーター)

※ハガキまたはインターネットからお申し込みください。

【主催者】
西日本放送(株)
【後 援】
(社)日本医師会、(社)岡山県医師会、(社)日本産科婦人科学会、(社)日本産婦人科医会
【共 催】
(株)ツムラ
【連絡先】
西日本放送株式会社
086-244-0113
※平日10:00~17:00
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/women/081029.htm

2008年10月16日(木)

メタボリックシンドローム改善講座

■2008年10月16日(木)
■13:00~16:00
■五反田 ゆうぽうと(東京都品川区五反田8-4-13)
■入場料 無料
■定員 先着60名
※詳しくは公式ホームページを参照ください。

【主 催】
healthクリック
http://www2.health.ne.jp/event/kouza080921.html

2008年10月16日(木)~18日(土)

メタボ対策フェア2008

■2008年10月16日(木)~18日(土)
■10:00~17:00
■パシフィコ横浜 ホールA(横浜・みなとみらい)
■入場料 10月16日~17日:1,000円、10月18日:無料
※招待状持参者、WEBからの事前登録者は入場無料

[内容]
◆【セミナー】
糖尿病などの生活習慣病予防対策についての研究や事例発表などの特別講演を開催します。
また、出展者セミナーも同時開催します(聴講無料)

◆【展示対象】
健康測定器具、健康管理システム・ソフト、栄養管理・メニュー提案ソフト、フィットネスクラブ、
スポーツウェア、ウォーキングシューズ、サプリメント、特定保健用食品等、その他

◆【企画】
メタボ測定会やスポーツ選手による健康・運動教室を開催します。

【主 催】
メタボ対策フェア実行委員会

【連絡先】
メタボ対策フェア事務局
〒106-0044 東京都港区東麻布2-22-5-1F (株)WM内
TEL:050-5805-0746
FAX:03-6230-0806
E-MAIL:info@metabo-fair.com
【公式ホームページ】http://www.metabo-fair.com/

2008年10月2日(木)

【ヘルスケア・フロンティア】働く人のメンタルヘルス・ソリューションフェア

■2008年10月2日(木)
■13:00~17:30
■大阪産業創造館 3Fマーケットプラザ
■定員 100名(満席になり次第、締め切ります)
■受講料 無料
※お申込はお一人様につき一件のみ承っています。(詳しくは公式ホームページをご覧ください)

[内容]
働く人のメンタルヘルスにおける最新の情報提供、中小企業での対策紹介を行うと共に、メンタルヘルス対策につながる4つのサービスをご紹介し、企業とサービス事業者のマッチングをはかります。
●13:00~14:00
中小企業の取り組み事例紹介
「オフィス内でできる心と身体の健康づくり体操」
株式会社ウエダ本社     代表取締役社長 岡村充泰氏
トータルフィット株式会社  代表取締役社長 梅田陽子氏

~~休憩10分~~

●14:10~14:40
・事業プレゼン1 
「企業のこころの健康を包括的にサポートするEAP事業」 
医療法人 あけぼの会 メンタルヘルスセンター 
●14:40~15:10
・事業プレゼン2 
「過労死の予防・メンタルヘルス対策としての疲労検診」
株式会社産業疲労特定健診センター 
●15:10~15:40
・事業プレゼン3 
「コミュニケーションの活性化と音声プライバシーに配慮した快適職場」
コクヨエンジニアリング& テクノロジー株式会社  

~~休憩20分~~

●16:00~17:15
◆総括講演「これからの企業に求められるメンタルヘルス対策~労働行政や労災認定の判例から~」
大阪ガス株式会社 人事部 健康開発センター 統括産業医 岡田邦夫氏

○13:00~17:30 各展示ブースにて商談


【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08889

2008年9月29日(月)

足助式体操(医療体操)教室

■2008年9月29日(月) 
■13:00~15:00
■トーア本社沼津教室(静岡県沼津市高島町3-4 加藤ビル2F)
■参加費:2,100円及び医療体操の本代1,680。
■持ち物:動きやすい服装、汗拭きタオル、マット
■お申し込み:トーア株式会社 TEL:0120-308-464またはFAX:0120-688-464

[内容]     
足助式体操とは、足助次朗先生が考案された医療体操」(感情呼吸体操)で、先生は残念ながら1986年にお亡くなりになりますたが、現在は奥様の足助照子先生が意思を引き継ぎ普及を続けられています。弊社では足助照子先生のご指導の下、「足助式体操」を普及すべく活動をしており、今回の「足助式体操教室」の開催に至りました。
足助次朗先生は、さまざまな病気を患うことによって、退行性変化(老化現象)というものがいきあに根強く心身に悪影響を及ぼしているかということを知られました。そこで独自の運動法を研究し・実践され生み出されたのが「足助式体操」です。             
「足助式体操」のポイントは

(1)年齢に関係なく自分の体力に合わせて無理なくできる。
(2)場所をとらない。(ベッドや布団の上でできる。)
(3)病人から健康人まで対象が幅広い。
(4)腸の活動を高め、病気にならない身体をつくる。
(5)適度な運動のため免疫機能を高め、自分の持つ自然治癒力を発揮できる。
(6)体も心も柔軟になる。

このように「足助式体操」は、主に有酸素代謝によって体内にエネルギーが供給される為、さまざまな生活習慣病に適しているといえるでしょう。       

また弊社では、足助式体操のインストラクターの資格制度もあります。規定の制度で資格を取得し、お仕事に活かしてはいかがですか。             

2008年9月26日(金)

大阪府立大学産学官連携フェア2008 ~進化するシーズと出会いませんか?~

■2008年9月26日(金)
■10:00~17:00
■大阪産業創造館 3Fマーケットプラザ
■入場料 無料

[内容]
企業における新規事業立ち上げは、将来の企業像を形成するための重要な取り組みです。
しかし、リスクも高く闇雲に取り組むことはできません。
そこで、既に大学で研究されている事業化の可能性が高いシーズをもとに、産学連携による新規事業立ち上げを検討してみませんか。
産学官連携フェアでは、産学連携を目的に企業の新事業や新製品開発に役立つナノテクノロジー、通信、環境、健康、福祉、創薬に至るまで幅広いテーマのシーズを研究者が発表します。
また、産学官連携事例や本学の大学発ベンチャーの紹介も参考になるかと思います。


【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08794

2008年9月25日(木)

女性のための漢方セミナー~もしかして更年期?!心と体にやさしい過ごし方~

■2008年9月25日(木)
■18:00開場 18:45開演
■ウェルシティなごや(愛知厚生年金会館)
■入場料 無料(公式ホームページよりお申込みください)

[内容]
東海テレビでは、羽野 晶紀さん、はしのえみさんなどテレビでお馴染みのゲストを迎え、更年期症状の治療の選択肢として関心の高まっている「漢方」について楽しく学べるセミナーを開催。 そして抽選で500組1,000名様を無料ご招待!当日は参加者全員にプレゼントもありますのでお楽しみに。お友達、母娘、またはご夫婦でお気軽にお越しください!!

第1部「基調講演」
■講 師 西浦 理佳先生(婦人科・内科「ザ・クリニック」-三重県朝日町-院長・医学博士)
第2部「パネルディスカッション(公開番組収録)」
■講 師  西浦 理佳先生(婦人科・内科「ザ・クリニック」-三重県朝日町-院長・医学博士)
■ゲスト 羽野 晶紀(タレント)、はしの えみ(タレント)

【主 催】
東海テレビ放送
【後 援】
(社) 日本医師会、(社) 日本産婦人科医会、(社) 愛知県医師会、(社) 名古屋市医師会
【協 賛】
株式会社ツムラ

【連絡先】
東海テレビ 漢方セミナー事務局
052-951-2511
【公式ホームページ】http://tokai-tv.com/event/kampo/

2008年9月14日(日)

21日間お腹ぺったんこダイエット

日時:9月14日(日)11時~12時30分

会場:和歌山マリーナシティー ロイヤルパインズホテル2階
   海の見えるテラスのある素敵な部屋です

内容:石田淳さんの「行動科学」と
望月俊孝さんの「宝地図」を融合させた
21日間お腹ぺったんこダイエット。

カリキュラムの一端をご披露すると

●ダイエット宝地図でダイエットの行動計画目標を設定

●具体的な行動を言葉にすればダイエットは継続する

●目に見えるように「見える化」がキーポイント

●足りない行動を増やし、過剰な行動を減らす

●ライバル行動とターゲット行動

●メジャーメントでモチベーションアップ

●無・増・少リストの作成

当日は、他にも
和歌山で町づくりを始めた頃の懐かしいロックバンド対決
オレンジユニオンvsオニオンユニオン
マリメッコのファブリックパネルつくり
手作りスピーカー聞き比べ
和歌山のオヤジ達がマリーナシティーで楽しみます。
家族連れでお越し下さい。


【ダイエット宝地図でお腹ぺったんこ 21日間で-5センチ】
http://www.genkinaoyaji.com/schedule.php

受講料:無料
   
教材:お腹ぺったんこダイエット(ビジネス社)1,000円

講師:前田出 日本ウェルナス推進協議会理事長
        (会長:寺下謙三医学博士)

2008年9月9日(火)

NNFAジャパン 2008年度 第2回教育セミナー

■2008年9月9日(火)
■14:30~16:45(受付 14:00~)
■薬業健保会館 5階 大会議室(東京都千代田区永田町2-17-2)
■参加費 NNFAジャパン会員:無料、非会員: (個人)1名2,000円(法人)1名3,000円

[内容]
■14:30~15:30
演題: 「アガリクス・ブラゼイ協議会における現在までの取り組み」
講演者: アガリクス・ブラゼイ協議会
 理事 豊田 剛史 氏 (予定)
 (会長 竹口 雅之 氏のご講演となる場合がございます)
■15:45~16:45
演題: 「サプリメントの適切な利用に対する考え方」
講演者: 独立行政法人 国立健康・栄養研究所
 情報センター センター長 梅垣 敬三 氏

※本セミナーは独立行政法人 国立健康・栄養研究所より、NR(栄養情報担当者)更新用セミナーとして認定を受けています。更新用単位として 2単位 の取得が可能です。
※新たに日本サプリメントアドバイザー認定機構の研修単位 3単位 の認定も決定いたしました。

【主 催】
NNFAジャパン
【連絡先】
NNFAジャパン 事務局
東京都新宿区新宿6-29-20 MATSUDA BLD. 5F
TEL:03-5287-3466 FAX:03-5287-3468
【公式ホームページ】http://www.nnfajapan.com/

2008年9月7日(日)~8日(月)

NSPA2008 OKINAWA(エヌスパ2008 沖縄)

■2008年9月7日(日)~8日(月)
■10:00~17:00
■沖縄コンベンションセンター(会議場Bおよび展示場)〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1

[内容]
国際的なスパに関する会議と展示会

【主催】
NPO法人日本スパ振興協会
NSPA2008 OKINAWA 実行委員会

【共催】
内閣府沖縄総合事務局経済産業部
OKINAWA型産業振興プロジェクト推進ネットワーク

【後援】
経済産業省/厚生労働省/国土交通省/沖縄県/那覇市/宜野湾市/国立大学法人琉球大学/国際観光振興会/(社)日本観光協会/(社)日本温泉協会/日本補完代替医療学会/日本温泉気候物理医学会/(財)日本予防医学協会/日本エステティック協会/日本エステティック業協会/(社)日本アロマ環境協会/NPO法人アクティブ倶楽部/NPO法人日本ハーブヘルスケア協会/NPO法人日本スパ協会/(財)日本ホテル教育センター/NPO法人日本海洋療法研究会/NPO法人日本ネイリスト協会/社団法人日本サウナ・スパ協会/日本貿易振興機構(JETRO)/ NPO 法人日本エステティック機構/有限責任中間法人リラクゼーション業振興協会/有限責任中間法人ボディリラクゼーション従事者安心・安全機構/その他関係諸団体

【海外後援団体(予定)】
Australiaスパ協会/Baliスパウエルネス協会/HK/Chinaスパ協会/韓国国際スパ協会/Malaysiaスパ協会/Philippinesスパ協会/Singaporeスパウエルネス協会/Taiwanスパ協会/Thailandスパ協会/ASIA PACIFIC SPAWELLNES/Indonesiaスパ協会/Nepalスパ協会

【連絡先】
日本スパ振興協会
NSPA 2008 OKINAWA 実行委員会事務局
〒110-0016 東京都台東区台東4-27-5 秀和御徒町ビル8F
TEL:03-3831-2624
FAX:03-5807-3019
E-MAIL:information@nspa2008.jp 
【公式ホームページ】http://www.nspa2008.jp/

2008年9月6日(土)

NHKエデュケーショナル 健康応援フェスタ'08「すこやかな体と漢方」

■2008年9月6日(土)
■13:00~16:30(12時開場)
■東京国際フォーラム ホールB7
■入場料 無料
■定員 800名
※参加をご希望の方は、はがき・電話・FAXまたはメールでお申し込みください。(詳しくは公式ホームページを参照ください。)

[内容]
■シンポジウム
「漢方と西洋医学の新たな融合~食欲不振~」
出演:乾 明夫 先生(鹿児島大学大学院教授)、屋嘉比 康治 先生(埼玉医科大学教授)、巽 浩一郎 先生(千葉大学大学院准教授)
司会:好本 惠(アナウンサー)
■健康Q&A
「かぜ・インフルエンザへの対処」
出演:柏木 征三郎 先生(国立病院機構 九州医療センター 名誉院長)、本間 行彦 先生(北海道大学名誉教授)
ゲスト:北村 総一朗 さん(俳優)、上原 さくら さん(タレント)
司会:久田 直子(「きょうの健康」キャスター)

※会場ではフロアイベントを行っています。健康測定などお楽しみください。
※ご来場の方にはもれなく記念品プレゼント!

【主 催】
NHKエデュケーショナル
【後 援】
日本医師会、日本東洋医学会、全日本鍼灸学会、和漢医薬学会、日本生薬学会
【協 賛】
(株)ツムラ
【連絡先】
NHKエデュケーショナル営業企画部「健康応援フェスタ」事務局
TEL: 03-3496-3000 (受付時間 平日9:00~18:00)
【公式ホームページ】http://www.tsumura.co.jp/event/syousai/nhk/080906.htm

2008年9月5日(金)

国際疲労学会、癒し・抗疲労ビジネス開発研究会 特別セミナー~学会サマリーセッション&琉球セッション~

9月3日~5日沖縄県で開催される「国際疲労学会」において3日間の総まとめを日本語で解説するセミナー、琉球大学による沖縄県での癒しをテーマとした実証実験を紹介するとともに、最新研究成果を踏まえた新規事業立ち上げにつながるパネルディスカッションを実施。
他では絶対に聞けない最新情報の発表多数のため、抗疲労分野の商品開発を検討している企業は必見。

【日時】
2008年9月5日(金)
セッション16:00~19:00
交流会 19:00~20:00
【場所】 
万国津梁館 サミットホール(沖縄県名護市)
【料金】
10,000円(税込み、交流会費含む)
【プログラム】
●16:00-17:30 「国際疲労学会サマリーセッション」
学会の中で発表された世界最新の研究成果と抗疲労方法の総まとめを、各研究者がトピックス別にそれぞれの専門的視点からわかりやすく日本語で解説します。
同様のセミナーは今後一切開催されないため、情報を入手するには貴重な機会!
●17:30-18:15 「沖縄 健康ビジネス支援事業取組事例の紹介」
沖縄スパ保養滞在プログラム検証・睡眠評価の事例
●18:15-19:00 「沖縄・大阪 交流パネルディスカッション」
癒し・抗疲労をテーマに、世界の最新研究に基づく新規事業開発のヒント大公開!
実現可能な異業種のコラボレーションとは!?
●19:00~20:00 交流会
日本の疲労研究のトップクラスの研究者が参加する交流会。

【申込み・詳細】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08770
 

【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)

2008年8月29日(金)~2009年2月17日(火)

ヘルスツーリズムビジネス研究会

「健康」と「旅行」を組み合わせたビジネスモデルの開発をめざす研究会。
「ヘルスツーリズム」についての基礎知識、最新情報など知識習得後、実際にプラン立案を行い、専門家によるブラッシュアップまでを行う。

【日程】
2008年8月29日(金)~2009年2月17日(火)
月1回 全7回 各回14:00~17:00
【場所】
大阪産業創造館 会議室及び研修室
【申込締切】
2008年8月22日(金) 12:00締め切り
【定員】
20社(1社2名まで参加可能、応募多数の場合、事前アンケート内容を参考にして参加者を決定)
【料金】
28,000円【内訳】参加費24,000円、交流会費4,000円  
*2名参加の場合、交流会費を追加でいただきます


【申込み・詳細】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08826 

【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)

2008年8月27日(水)

ヘルスケアビジネスセミナー 特定健診・保健指導 最前線レポート ~ビジネス参入に向けて~

■2008年8月27日(水)
■13:30~16:15
■大阪産業創造館 4Fイベントホール
■参加費 1,000円 (消費税込み、※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。)
■定員 150名(満席になり次第、締め切ります)

[内容]
◆セミナー1  13:30~14:30
「医療保険者の特定健診・保健指導に対する取組みの現状」 
株式会社シ-ド・プランニング ヘルスケアグループ 主任研究員 西須裕一氏
◆セミナー2  14:45~16:15
「特定健診・保健指導への参入と周辺ビジネスの可能性」
産業医科大学 医学部 公衆衛生学教室 教授 松田晋哉氏

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08765

2008年8月26日(火)

IT技術者のメンタルヘルス

■2008年8月26日(火)
■13:00~17:30 (開場12:30)予定
■秋葉原コンベンションホール(東京・JR秋葉原駅前)
■受講料 26,000円(税込)
※お申込は公式ホームページより

[内容]
IT技術者のメンタルヘルス対策では組織として何ができるのか。部門を率いる管理者は、部下のメンタルヘルスにどう対処すればよいのか。企業で長年メンタルヘルス対策に携わってきた担当者、プロスポーツ選手から一般企業のビジネスパーソンまで幅広い層に向けてメンタルスキル・トレーニングを行っている専門家が、徹底解説します。
◆講演1 13:00~14:00
「3年間の活動で見えた“職場の課題”」
日産自動車 人事部 安全健康管理室
シニアスタッフ 栗林 正巳 氏
◆講演2 14:15~15:15
「復職支援制度は、予防にも効果絶大」
シーエーシー 人事部 人事グループ
産業カウンセラー 宮崎 弦一 氏
◆講演3 15:30~16:30
「部下をダメにする上司、救う上司」
MJコンテス 取締役 
メンタルスキルコンサルタント 田中ウルヴェ 京 氏

【主 催】
日経コンピュータ
【連絡先】
日経BP社 読者サービスセンター
東京都港区白金1-17-3
TEL. 03-5696-1111(代表 平日9:00~17:00)
【公式ホームページ】http://coin.nikkeibp.co.jp/coin/nc/semi/0808/

2008年7月26日(土)~27日(日)

癒しフェア2008 in Tokyo

■2008年7月26日(土)~27日(日)
■(土)10:00~18:00、(日)10:00~17:00
■東京ビッグサイト東ホール(〒135-0063 東京都江東区有明3-21-1  TEL:03-5530-1111)
■入場料 1,000円
※お申込みの詳細は公式ホームページを参照してください。

[内容]
癒しフェア-心とカラダそして地球にやさしい癒し関連の商品・サービスが一度に体感できる総合見本市

【主催者】
株式会社フレイア
【協 力】
地球丸(天然生活)/PHP研究所/特定非営利活動法人日本ホリスティック医学協会/BABジャパン(セラピスト)/エルアウラ(TRINITY)etc ※予定
【連絡先】
株式会社フレイア 癒しフェア事務局
【公式ホームページ】http://www.a-advice.com/index.html

2008年7月24日

健康・食育マスター講座 説明会

■2008年7月24日(木)
■18:30~
■静岡県沼津市文化センター 2階 会議室
■定員 30人 申し込み順

[内容]
10年間、2万人のカウンセリングで得たノウハウを体系化。
医学的監修も加え、病気にならないこと、健康であることに
まっすぐアプローチする、文部科学省許可(財)日本余暇文化振興会
・認定を受ける本格的講座受講説明会。
試験はマスター2級が9月20日、21日(サンウェル沼津)
マスター1級が11月1日、2日。

【連絡先】
トーア株式会社 静岡県沼津市高島町29-2
日本リンパ美容普及会 食育認定事業部
TEL:0120-308-464 FAX:0120-688-464
【公式ホームページ】http://www.jlms.info/

2008年7月24日(木)

ヘルスケアビジネスセミナー 商品を活かす売り方の差別化/健康・スポーツ産業マーケティング

■2008年7月24日(木)
■10:30~12:30
■大阪産業創造館 3F
■参加費 無料
■定員 120名(満席になり次第、締め切ります)

[内容]
「商品を活かす売リ方の差別化」近畿大学 経営学部 教授 廣田章光
「健康・スポーツ産業マーケティング」株式会社ニーズ創造研究所 代表取締役社長 植田真司

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08745

2008年7月16日(水)~18日(金)

国際モダンホスピタルショウ2008

■2008年7月16日(水)~18日(金)
■10:00~17:00
■東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東展示棟(3つのホールを使用して開催予定)、会議棟 (〒135-0063 東京都江東区有明3-21-1  TEL:03-5530-1111)
■入場料 無料(原則として、招待券持参者のみ)

[内容]
国民が平等に医療サービスが受けられる、「いつでも」「どこでも」「だれでも」「なんでも」のユビキタス医療社会の構築をテーマに「ユビキタス医療IT-人と地域と医療をつなぐ」を主催者企画展示として展開いたします。さらに来場者の関心の高い展示コーナーを多数設置し、日常の難しい課題を抱えておられる医療人に対し、ご提案をいたしたいと存じます。

※同時開催
「介護フェア2008」、「スパ & ビューティ2008」

【主催者】
社団法人 日本病院会、社団法人 日本経営協会
【後 援】
厚生労働省、経済産業省、文部科学省、総務省、消防庁、外務省、環境省、東京都、独立行政法人 日本貿易振興機構、(財)対日貿易投資交流促進協会、(社)日本医師会、(社)日本歯科医師会、(社)日本薬剤師会、(社)日本看護協会、(財)医療情報システム開発センター、(財)日本医薬情報センター、(財)医療機器センター、(財)医療関連サービス振興会、(社)全国自治体病院協議会、(社)全日本病院協会、(社)日本精神科病院協会、(社)日本医療法人協会、全国公私病院連盟、(社)日本病院薬剤師会、(社)日本栄養士会、(社)日本放射線技師会、(社)日本臨床衛生検査技師会、(社)日本作業療法士協会、(社)日本理学療法士協会、(社)全国社会保険協会連合会、(財)日本訪問看護振興財団、(財)日本医療機能評価機構、NHK、(社)日本民間放送連盟、ほか(予定・順不同)
【協 賛】
社会福祉法人 全国社会福祉協議会、日本医療機器産業連合会、(社)日本画像医療システム工業会、(社)電子情報技術産業協会、日本薬科機器協会、日本医療産業同友会、日本医用機器工業会、日本医療器材工業会、日本理学療法機器工業会、日本医用光学機器工業会、(社)日本分析機器工業会、(社)日本衛生検査所協会、(社)日本衛生材料工業連合会、(社)日本ホームヘルス機器協会、(社)日本医療福祉建築協会、(社)全国消防機器協会、保健医療福祉情報システム工業会、(社)東京都医療社会事業協会、(社)日本臨床工学技士会、東京商工会議所、(財)テクノエイド協会、(社)全国老人保健施設協会、(社)日本医学放射線学会、(財)日本救急医療財団、有限責任中間法人 日本医療情報学会
【連絡先】
社団法人 日本経営協会 ホスピタルショウ事務局
〒151-8538 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
TEL:03-3403-8615 FAX:03-5413-4327
MAIL:hsg@noma.or.jp
【公式ホームページ】http://www.noma.or.jp/hs/index.html

2008年7月10日(木)

健康・食育マスター講座 説明会

■2008年7月10日(木)
■18:30~
■静岡県沼津市文化センター 2階 会議室
■定員 30人 申し込み順

[内容]
10年間、2万人のカウンセリングで得たノウハウを体系化。
医学的監修も加え、病気にならないこと、健康であることに
まっすぐアプローチする、文部科学省許可(財)日本余暇文化振興会
・認定を受ける本格的講座受講説明会。
試験はマスター2級が8月20日、21日(サンウェル沼津)
マスター1級が11月1日、2日。

【連絡先】
トーア株式会社 静岡県沼津市高島町29-2
日本リンパ美容普及会 食育認定事業部
TEL:0120-308-464 FAX:0120-688-464
【公式ホームページ】http://www.jlms.info/

2008年7月8日(火)

NNFAジャパン 2008年度 第1回公開セミナー

■2008年7月8日(火)
■13:30~16:45(受付 13:00~)
■新宿文化センター 展示室(東京都新宿区新宿6-14-1)
■参加費 会員: 1社1名1,000円(2名以降は無料)、非会員:(個人)1名2,000円(法人)1名3,000円

※本セミナーは独立行政法人 国立健康・栄養研究所の NR(栄養情報担当者)更新用セミナーとして、共催先である 株式会社FINESISより同研究所に申請中です。

[内容]
■13:30~15:00
演題: 「特定健診および特定保健指導制度の現状と
今後のメタボ市場動向と代替療法市場について(仮題)」
講演者:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員 有元 裕美子 氏
■15:15~16:45
演題:「免疫学から見る統合医療と
代替療法の必要性について(仮題)」
講演者:埼玉医科大学保健医療学部長教授・学科長 理学博士 和合 治久 氏

【主催者】
NNFAジャパン
【連絡先】
NNFAジャパン 事務局
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-29-20 MATSUDA BLD. 5F
TEL:03-5287-3466 FAX:03-5287-3468
E-Mail:info@nnfajapan.com
【公式ホームページ】http://www.nnfajapan.com/

2008年5月28日(水)~29日(木)

メンタルヘルスケア・ジャパン2008 展示会

■2008年5月28日(水)~29日(木)
■10:00~17:00
■都立産業貿易センター(東京・浜松町)2階展示会場

[出展対象]
EAP(従業員支援プログラム)
ストレスチェック、アセスメントツール
カウンセリング機関、クリニック
職場復帰プログラム
リラクゼーション機器、健康機器、フィットネス機器
アロマセラピー、フラワーセラピー
ヒーリング音楽CD/DVD
e-ラーニング教材、教育研修関連ソフト・ツール
健康食品、健康飲料、サプリメント
その他メンタルヘルスケア関連サービス

【主催者】
メンタルヘルスケア・ジャパン実行委員会
【後 援】
厚生労働省、東京都、社団法人日本産業カウンセラー協会、独立行政法人労働者健康福祉機構
【協 賛】
特定非営利法人ハートランド
【連絡先】
株式会社アムス 事務局
〒160-0008 東京都新宿区三栄町18-8
TEL:03-3341-4591 FAX:03-3341-4590
E-MAIL:info@ams-c.co.jp
【公式ホームページ】http://www.ams-c.co.jp/

2008年4月15日(火)~16日(水)

関西健康産業フェア2008

■2008年4月15日(火)~16日(水)
■10:00~17:00
■マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋2-5 マイドームおおさか 3階展示場)
■入場料 連絡先へお問合せ下さい。
■テーマ 「新規流通ルートの開拓と市場の活性化を」
※同時開催「第1回関西シニア・シルバー健康生活フェア」

【主催者】
ニューマガジン社
【企 画】
健食流通新聞・関西健康産業フェア2008実行委員会
【後 援】
NPO全日本健康自然食品協会、(財)日本健康・栄養食品協会、日本健康食品規格協会、日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会、正食協会、日本CI協会、NPO医薬品・食品品質保証支援センター
【連絡先】
2008関西健康産業フェア事務局
〒530-0047 大阪市北区西天満3-5-4アカシヤビル(ニューマガジン社内)
TEL:06-6365-8024 FAX:06-6365-6306
E-Mail:imai@newmagazine.ne.jp
【公式ホームページ】http://www.newmagazine.ne.jp/sko-fea2008.html

2008年3月26日(水)

4月健診スタートで期待されるメタボビジネスの可能性

■2008年3月26日(水)
■13:00~17:00 ※受付開始13:00
■東京・文京区 文京シビックセンター4階シルバーホール
■受講料 10,000円(税込み)
■定員 72名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

[内容]
第1講座 13:30~14:50
「特定健診および特定保健指導制度の開始で活性化するメタボリック・シンドローム対策市場」
(1) 特定健診および特定保健指導制度に関する動向と市場への影響
(2) メタボリック シンドローム対策市場の現状
(3) メタボリック シンドローム対策市場の特徴と考え方
三菱UFJリサーチ&コンサルテイング
政策研究事業本部 大阪本部
研究開発第1部研究員(健康産業・医療・産業政策)
有元 裕美子氏

第2講座 15:00~16:20
「脱メタボリック シンドローム 保健指導者に求められるスキルは何か?」
城西国際大学薬学部医療薬学科教授
太田 篤胤氏
「『食・健康』業界に特化した、人材サービス」
(株)RDサポート 代表取締役 大澤 裕樹氏

【主催者】
株式会社ヘルスビジネスマガジン社
【連絡先】
株式会社ヘルスビジネスマガジン社
〒101-0021  東京都千代田区外神田6-13-10 ミクニイーストビル9F
TEL:03-3839-0751 FAX:03-3839-0753
E-mail:info@health-mag.co.jp
【公式ホームページ】http://www.health-mag.co.jp/b-semi-03.26.htm

2008年3月14日(金)

【ヘルスケア・フロンティア】癒し・抗疲労ビジネス創出セミナー~アンチ・ファティーグのモノ・コトづくり

■2008年3月14日(金)
■13:00~17:00
■ホテルモントレ大阪7階「アマリエ・パルフィ」(大阪市北区梅田)
■定員 500名(満席になり次第、締め切ります)
■参加費 1,000円 ※当日受付にてお支払い
■対象 「抗疲労」「癒し」をテーマに新商品、新サービス開発など新たなビジネスに取り組みたい経営者、研究・開発・商品企画担当者など

[内容]
今回のセミナーでは、「疲労」のメカニズム、評価法に関する最新の研究成果を解説するとともに先進企業による『癒し・抗疲労』商品開発の取組みについて紹介します。また、テレビや雑誌などで活躍中のタレント向井亜紀さんによるゲスト講演も併せて行います。

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08266

2008年2月27日(水)

【ヘルスケア・フロンティア】健康・予防医療シーズ発表会~大阪市立大学 立命館大学 近畿大学~

■2008年2月27日(水)
■13:00~17:00シーズ発表、個別相談、17:15~交流会
■大阪産業創造館 3Fマーケットプラザ
■参加費 無料 ※交流会参加は2,000円必要

[内容]
消費者の健康意識の高まりや、次年度からの医療制度改革により国を挙げてメタボリックシンドローム対策に乗り出すなど、健康・予防医療分野の市場はますます拡大傾向にあります。
そこで、大学で研究されている健康・予防医療分野で事業化の可能性が高いシーズや商品開発のサポートとなるシーズを広く発表する「健康・予防医療シーズ発表会」を開催します。

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=07930

2008年2月27日(水)~29日(金)

健康博覧会2008

■2008年2月27日(水)~29日(金)
■10:00~17:00
■東京ビッグサイト 東2・3・5・6ホール
■入場料 2,000円(税込)
※同時開催「シニアライフエキスポ2008」(東4ホール)

【主催者】
CMPジャパン株式会社
【後 援】
農林水産省、 経済産業省、 東京都、 日本貿易振興機構 (予定)
【共 催】
(財)日本健康・栄養食品協会、 (財)日本健康スポーツ連盟、 (財)日本ウェルネス協会、 (社)日本ホームヘルス 機器協会、(社)日本栄養士会、 (社)シルバーサービス振興会、 (社)日本通信販売協会 (予定)
【連絡先】
CMPジャパン株式会社
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-8-3 神田91ビル2F
TEL:03-5296-1025 FAX:03-5296-1018
【公式ホームページ】http://this.ne.jp/index.php

2008年2月9日(土)

いつまでも健康人 健康が気になりだした人のための OTC医薬品とヘルスケア

■2008年2月9日(土) 
■13:00~16:00(開場12:00)
■東京商工会議所ビル4F 東商ホール
■参加費 無料 (参加申込みが必要です)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
※招待状の発送をもって発表にかえさせていただきます。(1月下旬より順次発送予定)

[内容]
総合司会:松田 輝雄氏(元NHKアナウンサー)
講演 「健康を守るための改正薬事法について」
 永井宏忠氏(厚生労働省医薬食品局総務課 薬事情報専門官)

特別講演:「私の健康管理法~セルフメディケーションのすすめ」
 生島ヒロシ氏(キャスター)

パネルディスカッション 
「自分のからだを守り、維持するためのヘルスケア」
 宮崎滋氏(東京逓信病院内科部長)
 望月眞弓氏(共立薬科大学医薬品情報講座教授)
 生島ヒロシ氏  大江方二(日本大衆薬工業協会広報委員長)

【主催者】
日本大衆薬工業協会、朝日新聞社
【後 援】
厚生労働省
【連絡先】
日本大衆薬工業協会「市民公開講座」運営事務局 
TEL:03-3781-8397 (開設時間 10:30~17:30 ※土・日・祝を除く)
【公式ホームページ】http://www.jsmi.jp/event/index.html

2008年2月6日(水)

メンタルヘルス担当者のための無料体験研修

■2008年2月6日(水)
■13:30~17:00
■都立産業貿易センター(東京・浜松町)地下1階会議室
■定員 40名(1社2名までの参加とさせていただきます)
■参加料 無料 ※同業者の参加はお断りさせていただきます。
■参加対象 人材育成担当者、メンタルヘルス対策担当者

[内容]
自社のメンタルヘルス対策をどのように推進するか考慮中の担当者に提案する体験研修のご案内

プログラム:
1.管理者メンタルヘルスマネジメント研修を導入して
 日本水産株式会社 人事部人事課長 長田 邦博

2.管理者メンタルヘルスマネジメント研修プログラム詳細
 ・なぜこのような研修を実施するのか・・・社会的背景
 ・労災にならないために
 ・ケーススタディ・・・早期発見・早期対処・復職の事例
 ・傾聴スキルの習得とは・・・管理者のコミュニケーションスキルの向上とは

3.質疑応答
4.個別相談

<講師>
 ・板垣 栄子 株式会社アムス 契約講師
 ・石野かおり 株式会社アムス 契約講師

【主催者】
株式会社 アムス
【連絡先】
株式会社 アムス
〒160-0008 東京都新宿区三栄町18-8
TEL:03-3341-4591 FAX:03-3341-4590
E-MAIL:info@ams-c.co.jp
【公式ホームページ】http://www.ams-c.co.jp/

2008年2月2日(土)

第9回一般公開セミナー「健診でメタボリックシンドロームといわれたら」

■2008年2月2日(土)
■12:30~16:00(開場12:00)
■よみうりホール(千代田区有楽町1-11-1 読売会館7 階)
■受講料 無料(当日会場にて受付)
■定員 先着800名
■主な内容 「メタボリックシンドロームとは」門脇 孝 (臨床栄養プログラムリーダー)、「特定健康診査と特定保健指導」関 英一(厚生労働省健康局 生活習慣病対策室長)、「効果的な運動方法」宮地 元彦(健康増進プログラム運動ガイドラインプロジェクトリーダー)、「健康食品の利用について」永田 純一(食品保健機能プログラム食品分析プロジェクトリーダー)

【主催者】
独立行政法人国立健康・栄養研究所
【公式ホームページ】http://www.nih.go.jp/eiken/

2008年1月29日(火)

【「コラボdeタマゴ」交流会】転ばぬ先の杖!自分でケアする健康管理ビジネス集合!<サービス編>

■2008年1月29日(火)
■ 14:00~16:00
■大阪産業創造館 6F会議室E
■参加費 500円 (消費税込み、交流会費込み) ※当日受付にてお支払い
■定員 40名(満席になり次第、締め切ります)

[内容]
2008年4月の医療保険制度の改革や健康に対する意識の向上などから、職域ヘルスケアやセルフメディケーション(自己治療)といったキーワードが生まれ、新たなマーケットとして注目を集めています。
そこで、自分で健康管理を行う人たちに対するサービスをテーマに交流会を開催。施設・店舗を運営する企業、サービス提供事業者などを募集します。

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=07755

2008年1月24日(木)

<企業が必要とする>薬物動態の知識入門

■2008年1月24日(木)
■12:30~16:30
■中小企業振興公社3階第4会議室(東京都千代田区神田佐久間町1-9 東京都産業労働局秋葉原庁舎)
■受講料 1名39,900円(税込、資料代含) ※1社2名以上同時申込の場合、1名につき29,400円
■講師 日本化薬株式会社 医薬研究所 薬物動態チーム 研究員 丹羽 誠 先生

【セミナーポイント】
最先端の薬物動態研究は分子レベルの研究への移行が著しいが、その一方で医薬品の開発においては動物モデルを用いた薬理・毒性データを解釈するために、 in vivoの薬物動態試験が必要とされている。特に、開発の実務においては、データを読み、診断し、考察することが必要である。こういった背景から、特に入門者を対象とし、in vivoデータの診断のスキルに基礎知識を加えて解説を行う。
●録音・撮影行為は固くお断り致します。
●講義中のパソコン・携帯電話の使用はご遠慮下さい。

【主催者】
株式会社 情報機構
【連絡先】
株式会社 情報機構
東京都品川区大崎3丁目6番地4号 トキワビル3F
TEL:03-5740-8755 FAX:03-5740-8766
【公式ホームページ】http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA080109.php

2008年1月19日(土)

女性のための漢方セミナー~更年期とつきあうための処方せん~【東京】

■2008年1月19日(土)
■13:00~15:30(12:30開場)
■東京厚生年金会館 (東京都新宿区新宿5-3-1)
■参加費 無料 (参加申込みが必要です)
※女性を対象にしたセミナーですので、男性のみのご参加はご遠慮くださいますようお願いいたします。

[内容]
第1部 キーノートスピーチ
「月経とのつきあい方、別れ方」
国立成育医療センター 婦人科[女性診療科] 医長  藤井 絵里子先生
「漢方は更年期の心強い味方」
表参道福澤クリニック副院長 福澤 素子先生
第2部 トークセッション
「更年期と漢方」
解説:藤井 絵里子先生、福澤 素子先生
ゲスト:RIKACO(タレント)

【主催者】
朝日新聞社広告局
【後 援】
(社)日本医師会、(社)東京都医師会
【協 賛】
株式会社ツムラ

【公式ホームページ】http://www.asahi.com/ad/clients/kampo/

2008年1月18日(金)

大阪市立大学(OCU)ニューテクガイド2008 ~新材料・新技術紹介~

■2008年1月18日(金)
■13:30~17:15<展示・発表会> 17:30~18:30<交流会>
■大阪産業創造館 3Fマーケットプラザ
■受講料 無料(交流会参加の場合は2,000円必要となります。)

[内容]
■第一部 【新素材・ナノテク】
フォトクロミック材料の現状と将来展望
大学院工学研究科 准教授  小畠 誠也  他
■第二部 【環境・エネルギー】
浮体式津波避難シェルターの開発
大学院工学研究科 准教授  重松 孝昌  他
■第三部 【バイオ】
免疫賦活能を有するグルカン露出酵母の開発と食品産業への応用
大学院工学研究科 教授  東 雅之
ミネラルの吸収を高める茶葉化学成分に関する研究
大学院工学研究科 助教  舘 祥光
■第四部 【医療・医学】
降圧薬(カルシウムチャネルブロッカー)の抗炎症作用の解明:新規薬剤の開発にむけて
大学院医学研究科 教授  北川 誠一  他

【主催者】
大阪産業創造館
【連絡先】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899
E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月~金 10:00~18:00 (祝日除く)
【公式ホームページ】http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=08085




TOPページ > 健康・美容イベント情報 : カテゴリ「健康全般」
■注目カテゴリ・コンテンツ
■注目カテゴリ・コンテンツ

健康食品自然食品健康用品・器具美容ハーブ・アロマ団体・学会介護・福祉ビジネス商材

ホーム  |   プレスリリース  |   サイトマップ  |   全研本社 会社概要  |   ヘルプ
利用規約  |   プライバシーポリシー  |   お問合わせ  |   プレスリリース・ニュース受付

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に

Copyright© 2005-2016 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.